新入荷ワイン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


超限定ブルゴーニュ(3/20火アップ)

おすすめスパークリング
(5/16木、待望のビュジェ・セルドン・ロゼ’18ARファッシュ!)


オリーブオイル、食後酒(4/6土アップ)

※誠に恐れ入りますが、長期キープをお断りさせていただいております。




  クール便の場合に限り重量制限の為、1箱10本までとなります。



※在庫確認~メール、FAXの返信に少しお時間をいただきます。

キープの短いご注文を優先させていただく場合がございます。


クール便の場合の計10本以上お買いあげにて対象商品5%OFFサーヴィス終了 → ドライ便で計12本以上の場合のみ適応継続とさせていただきます → 電気代や梱包資材、クール代等の値上がりなどあらゆるコストアップでそろそろ止めざるを得なくなりそうです、、、

ドライ便指定で、もし吹きこぼれや熱劣化などあった場合、当店もヤマト運輸さんも一切保証できません




5/17(金)アップ~蔵出しクロ・デ・フ’15プール・マ・ギュール最後の再入荷!

よく出来たピノノワールのようなブルゴーニュ通にとっての最高のデイリー!!!







 



2018.4月下旬にご来店いただきました~!!!
その後、白石区のおいしくフランスのビストロのような雰囲気も良い
『 BISTROT PETITE REGION (ビストロ・プティット・レジョン) 』さまで一緒に食事するチャンスに恵まれまして、さらに理解が深まりました。ペドロ・パッラさん人間的にもいい人で楽しかったです。
話がすごくて写真撮っておりません。最後は時間もおしていた(笑)

コント・リジェ・べレールで働いたのち、あらゆる国で大活躍!
ムルソーのドメーヌ・ルーロのコンサルタントも!地質学の権威でもあり、繊細な味わいとミネラルを理解できる日本を大切なマーケットと考えてくれております。
ご本人が新樽と強い抽出が嫌いで、黒い実の果実よりも赤い実の果実の方を好む。その上、冷涼な畑でビオロジックによる
英語でのテイスティング・コメント上の『 テンション 』を重要視している。

ミッシェル・ラファルジュとミュニュレ・ジブール、エンビナーテ(スペイン)が大好きで
おいしいと思ったら女性生産者(醸造家)だったということも増えているようで、そこも当店と好みが似ているかも

地味に凄い情報:ペドロ・パッラさん曰く、
DIAM コルク採用ボトルは、横に寝かせて保存する必要がないそうです。
’17ヴィンテージくらいから採用決定。
現在流通しているワインにはごく一部のみ採用中。

無灌漑で自根であることよりも、畑の地質と場所の方がより重要と言っておられました。

どうりで昔のチリのイメージを完全に覆すバランス感なわけですね。その上、全ワインが大幅に価格を超える繊細・高貴系。逆にチリのまだ無名な畑主体であるために実現できているだけの実は価格と全然合っていない高品質。お安くおいしいワインを飲みたければ本当にもう先入観は捨てるべき。

今ではもう注目されてしまっているイタタ・ヴァレーに最初に目を付けたのは
ペドロ・パッラさんとレジェンド故マルセル・ラピエール氏!!!
さすが才能ある方は違う!



スターレーン、グラハム・ベック、セレシン・エステイトなどを発掘して大ブレイクさせた凄腕ニューワールド・バイヤー(女性)による超おすすめ品です!

特に新着のアレナリアに関しては『 背筋が、ゾクゾクっとするくらい素晴らしい品質で、酸もまったく低くない!熟成も可能 』とのことです。

デカンター誌絶賛のテロワリストが造るスーパープレミアム・チリ産ピノノワール!

TOCAO’13が、ジェームス・サックリング 2016年度TOP100入り、
リアルワインガイドの表紙のワインとなるなど評価も上がってきております!





デカンター誌パワーリスト50に2009、2011、2013年と3回も選ばれた!
クロ・デ・フのペドロ・パッラ自身のドメーヌ
無農薬・無灌漑・ほぼすべて自根

USの人気ワイン・コラム the guardian でも高評価される!


より詳しく知りたい方は、輸入元HPこちらをクリック


http://mot-wine.mottox.co.jp/winery/publish/html/1607.html






Clos des Fous, Pour Ma Gueule '16

クロ・デ・フ、プールマギュール’16

(チリ・イタタヴァレー・辛口赤)

税別¥1350

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン91点!!!(2018~2022年)

「2019.2月下旬に飲みました。期待通りデイリーの枠を超えたほとんどよく出来たピノノワールという素晴らしいワインをまた造ってくれた!ただし’15よりも冷涼感は控えめで(おそらく気候条件よりも全房発酵比率を上げて酸が下がったため)トップノーズと中域に濃密感が出ている。昔の全房発酵ではなく、今の全房発酵。ちょっとニコル・ラマルシュさんの下位銘柄を連想させるようなピュアな赤い実の果実香があり、ほのかに甘い豊かな果実味、滑らかでやや複雑、よく溶け込んだタンニン。低めの温度でグルゴー二ュ・グラスがおすすめ。デイリーワインの価格帯が濃いだけでつまらないワインが多い時代は終わりつつあるのか?抜栓の次の日も非常においしい。温度を下げることや食事と合わせることで酸の低さは気にならなくなる。’15との違いも面白く、この価格でこんなにも楽しめる最強デイリーの一つ」

’16は、サンソー 79%、パイス 13%、カリニャン 8%




クロ・デ・フ、プール・マ・ギュール’15

(チリ・イタタヴァレーD.O.辛口赤)


税別¥1350

<あと21本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド60号 87+・88点!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2018 ゴールド受賞!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2017 シルバー 受賞!

パーカー90点!
(A red you want to buy by the case, one of those thirst wines is the 2015 Pour Ma Gueule. It is a complex blend from Cauquenes (Maule) and Itata, with some 50% Cinsault and one-third Carinena, plus small amounts of Syrah, Pais and Malbec from old, dry-farmed vineyards. The grapes were separately harvested, fermented and aged in stainless steel and concrete vats and then were blended. It's juicy, ripe and balanced, terribly tasty, not terribly complex but greatly satisfying. All the varieties are nicely assembled, easy but not banal, with the granite minerality in the palate, which is so difficult to find in wines and even more so at this price level. A bargain!
2017~2019年、Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト230号)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

110本完売!!!~※ついに’15は再入荷不可能!

「2018.4月下旬に再度試飲しました。’16以上に冷涼で繊細で、まさにブルゴーニュ通のための最強デイリーワインの一つと言えそうです!!!」



「2017.8月下旬に試飲しました。トップノーズだけごくわずかに癖のあるスパイス香が含まれるが、味わいがあまりにも価格を超えた上質で冷涼で滑らかでうまみとミネラルの多い素晴らしい内容。明らかに質感・バランスがデイリーワインのレベルにない。決して濃厚ではないが、シンプルではないというセンスの良さ」

アルコール%

サンソー52%、カリニャン33%、シラー8%、パイス4%、マルベック3%



クロ・デ・フ、プール・マ・ギュール’14

(チリ・イタタヴァレーD.O.辛口赤)


超特価・税別¥1200

↑17%OFF!
当店通常価格・税別¥1450

輸入元定価・税別¥1,650

<売り切れ>

パーカー89点(~It's quite fruit-driven, fresh, juicy and tender, really accessible. A Chilean quality Beaujolais to buy by the case (or serve by the glass).
2016~2018年、Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト222号)


デカンター・オンライン89点(グレイト・ワイン・アンダー20ポンド特集)

最新インターナショナルワインセラー91点!!!(2017~2020年)

Clos des Fous, Pour Ma Gueule '14

樹齢50年!!!
(スペインから最初にワイン用ブドウが持ち込まれ栽培が行われた歴史的な産地なので樹齢が高く、農薬や灌漑も使わず栽培されている!しかも冷涼な畑!)

細かな水晶を多く含む古生代の花崗岩土壌

マルベック 37%、シラー 18%、サンソー 15%、パイス 14%、カルメネール 10%、カリニャン 5%、ポルトゥゲ・ブルー 1%

醗酵:ステンレスタンク
熟成:88%ステンレスタンク、12%フレンチオーク樽熟成 12ヶ月間(新樽比率50%)

プール・マ・ギュールとはブルゴーニュで使用される表現で、醸造家がプライベート用に造る特別なワイン。自家消費したくなるようなとっておきのイタタブレンドをお楽しみ下さい。



5/17(金)アップ~<※値下がり!>蔵出しアラン・ルナルダ・ファシュ’18

思わず笑ってしまうしかないおいしさ!ナチュラルな甘さと酸、クリーミーな泡




ラシーヌ輸入の貴重な蔵出し正規品!




’08からビオロジックを実践
2009年には、自社畑の一部プルサール4haとガメィ8haを「AB=アグリカルチュール・ビオロジック」に申請中!




アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’18

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2300

<あと34本>

「2019.5月中旬に飲みました。」

アルコール8%

ユーロリーフあり!
おそらくEPAによる嬉しい値下がり!



アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’17

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

’17は、春の霜とその後の雹被害で、生産量激減だったそうです。

24本完売。ありがとうございました

「2018.5月上旬に飲みました。状況を考えるとよくこの値上がり幅で収まったなかなり無理しているんだろうなぁという。肝心の香りと味わいは例年通りの素晴らしさで、透明感とピュアさのある全体像。凝縮感・果実・酸・バランスとミネラルもすべて上質な非常に良い出来!美しい酸とミネラルがアフターに残るためにクドさゼロで極めて心地よく杯が進む。いつも通りの艶やかなストロベリー、白桃ネクター、ミネラルなどのよい香り。抜栓の次の日も最高においしい。シャンパン・ストッパーを何度も開け閉めさえしなければ、次の日もまったく泡弱くならない(飲食店さまでは無理な話ですが、ご自宅なら可能)。風呂上がりにもビールじゃなくてセルドン!抜栓の2日後も最高においしい。言うまでもなく大量生産型雑味カヴァのような悪酔いしません」

アルコール8%

ユーロリーフあり!

裏ラベルにドゥミ・セックの文字が入っています。




アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’16

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2017.6月中旬に飲みました。’16は’15’14よりもさらに少しだけ甘さ控えめで酸しっかりのバランスに感じられた。透明感があり、ピュアでバランスのよい清涼感で非常に杯が進む。このくらいの甘さなら、サンテベルトーニのオリーブオイルと塩(もしくはマジックソルト)をかけただけのレタスとハムのシンプルサラダなどにも相乗効果があるくらい非常に合う。やや甘口くらいまでの甘さは意外に必ずしも食事を邪魔しない場合がある。ましてや’16は特にサラダと合いやすい香りとバランス。抜栓の次の日も非常においしい。全体が少しやわらかくなって甘みがわずかに増した印象。いつも抜栓後わずかに向上するが今回も同じ」

アルコール7.5%

裏ラベルにドゥミ・セックの文字が入っています。




アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’15

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

36本完売。ありがとうございました

「2016.7月初旬に飲みました。今回は輸入直後のボトルではないため、’14を飲んだ時よりもさらにおいしく感じられるが、基本的な品質は同レベル。’14同様わりと甘さ控えめでキレイな酸。泡の質もとても良い。やはりごく近年からミネラル量が増えて質感がよりピュアでバランスよくなったように思う。このワインの特性を最大限に生かすには、特に暑くて体がお疲れ気味の日に開けること(笑)おいしすぎてたくさん飲み過ぎてしまうのでマグナムでもよいくらい?抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール8.5%

’07 ワイン王国50号『春のフレンチ・スパークリング100本』に選ばれる!

フランス国内と日本で主に消費され、あまり他国に輸出されていないそうです

メトード・アンセストラル製法

(醗酵途上のワインを瓶に詰め、密閉して、残りの醗酵を瓶内で行なう。メトード・リュラルともいう)

現在ではエコセール認証ありのビオロジック



リュット・レゾネ(減農薬)を実践、有機肥料のみを使用

平均樹齢20年(’08リリース時の資料ですので、現在はもっと上がっています)

手摘みのガメイ主体、プールサール

標高は300メートルを超え、南向きの斜面が多い

2008年は、例年より酸味がのった当たり年!

ラ・ヴィーニャ、カーヴオジェ、レ・ガラド、シェ・ミッシェルなどでもオンリストされている!


5/17(金)アップ~蔵出しリタ・ウント・ルドルフ・トロッセン’16トロッセッコ

『トロッセン・ナイト』を開催するほどノーマ御用達のドイツ!


 


ラシーヌ輸入の超限定品!


格付けとか畑を拡大するとかにまったく興味がないらしく、とにかく小規模で優れたワインを造る生産者。なので生産量~輸入量極少!

毎年、ワインの個性によってラベル・デザインを変えるようで同じ銘柄が毎年同じくらいの糖度(甘さ)とは限らないとのことです。実際に飲んだことがある人しか売れない難しいワインということになります、、、

土壌 : 灰色及び青色スレート粘板岩(シーファー)

収穫は全て手作業で行われ、フレッシュな状態でプレスされます。総SO2量は30~50mgで、添加する場合でも最小限に抑えています。SO2を低くして問題なければ、これからも低くしていく方向です。








リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン、トロッセッコ’16

(ドイツ・モーゼル・辛口白微泡)


税別¥2750

<あと12本>絶対おすすめ!

「2019.4月下旬に飲みました。開けた直後のおいしさがすごい!さすがブドウ品種変わっても甘旨酸塩のバランスが傑出したうまみ塩たっぷりのみずみずしいおいしさ。キレキレでも重くもないが単調ではなく、何故か物足りなくない。抜栓の次の日も若干緩くはなったが、おいしい。抜栓の2日後には、少し泡が弱くなってかなりおいしい。管理だけ気を付ければ開けた後、急速に酸化したり全くしない」

アルコール11.5%

’16’17は、リースリング100%ではなく
リースリング、ピノブラン、ミュラートゥルガウ1/3ずつのブレンド

ECOVIN(エコヴァン、ドイツのビオ醸造家からなる団体)、ユーロリーフあり!




リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン、トロッセッコ’15

(ドイツ・モーゼル・辛口白微泡)


税別¥2750

<売り切れ>

アルコール11%

ユーロリーフあり!

ECOVIN(エコヴァン、ドイツのビオ醸造家からなる団体




リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン、トロッセッコ’14

(ドイツ・モーゼル・辛口白微泡)


税別¥2750

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!
今までで一番くらいおいしいようです!
甘旨酸ミネラル泡のバランスが非常によく、カルパッチョにオリーブオイルをかけたものなどと非常によく合うそうです

24本完売。ありがとうございました

「2017.2月下旬に飲みました。いやびっくりしました。’13より明らかにおいしい!やっぱりドイツとアルザスはヴィンテージによって糖度と酸のバランスが毎回違うので微妙に印象変わるわけですが、この’14は甘旨酸塩のバランスが傑出しており、弱めのガス圧とピュアでみずみずしくミネラリーな質感と相まってかなりの完成度です。ほのかな甘みを感じるが酸とミネラルが低くない為に、杯が進み過ぎてしまうがぶ飲み可能なバランス感。そしてアフターには豊富なうまみ成分と合わさったはっきりと強めの塩ミネラル(’13はこれがわずかしかなかった)が残る。コクと重さ以外のおいしさがすごい!抜栓の次の日も最高においしい。青りんご、グレープフルーツ、シトラス、ミネラル、わずかにアンズなどのうっすらオイリーでフレッシュ(ヴァン・ナチュールにありがちなもやもやしていないキラキラ系)なよい香り」

アルコール11.5%

王冠キャップ

リースリング100%

トロッセンとセッコ(辛口)を繋げたネーミング

「2013.5月下旬に’11を飲みました。緑がかった明るいイエロー。グレープフルーツ、シトラス、ミネラルなどの香り。ガス圧弱く、あっさり心地よいタイプ、ごくほのかな苦みを伴うアフター。酸とミネラルにキレはないがどちらも低くはない。温度が上がってくると青いメロン的な香りが出て、味わいにもうまみが出る。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後は飲むのを忘れていて冷蔵庫にいれたまま、抜栓の3日後もまったく落ちていなかった。ラシーヌさんによると落ち着かせるともっとおいしくなるとのことです」


ドイツ国内でも数少ない、完全にビオで栽培醸造しているワイナリー

1967年創業、1978年からは古くからの家族経営の醸造所から方向転換をし、ビオディナミを取り入れた高品質なワイン作りを目指し始めました。2010年には初めて酸化防止剤ゼロワインに挑戦しています。

ECOVIN(エコヴァン、ドイツのビオ醸造家からなる団体

100%手摘み、自然酵母を使用、SO2最小限

ちなみに各ボトルのラベルは、デザインをドゥッセルドルフに住む知人にお願いしており、それぞれのワインを飲んでみて湧いてくるイメージに基づいてデザインされています。


3年連続レストラン世界1位に選ばれたデンマーク・コペンハーゲンのnomaにオンリストされている数少ないドイツワインであり、Trossenのみのワイン会(トロッセン・ナイト!)をnomaで行った事が有るほど数多く販売され、高く評価されているワイナリー!

また、NOMA(ノーマ)のシェフであるRENE REDZEPI(ルネ・レゼッピ)が世界の最優秀レストランに選ばれた際の、記念のディナーのワインにも採用されました。


5/17(金)アップ~蔵出しカール・エルベス’18QbA再入荷

蔵出しカール・エルベス’16クランクライ・シュペトレーゼ

急斜面、最高の畑にある自根の超古樹!!!

名声と実力があるにもかかわらず、もっとも良心的な生産者のひとり!




※↑クランクライ表示が、見えやすいようにアップ画像です。






 

かなり前から扱っています。店頭では常に人気です!

<最新情報!>
モーゼルではまだ他国からの投機マネーの影響が少なく、畑の値上がりも少ないのでエルベスさんも少しずつ畑を買い足しているそうです。
リースリングに適した素晴らしい急斜面の畑が、機械が使えずに手間がかかりすぎるという理由で、荒れたまま手つかずで放置されている場所も多く存在するそうなので、やる気と実力のある人にとっては逆にチャンス?

カビネット’15が、ついにリアルワインガイド62号にて絶賛される!





急斜面の畑画像


ユルツィガー・ヴュルツガルテン動画


http://www.inaba-wine.co.jp/blog/?id=1501228478-967924&ca=1




エルベス氏は、この区画に大きな敬意と誇りを持っていて、ラベル上他との識別するために、ワイン法に基づいて、畑名標記の下に“Klanklay”(←昔のスペル)の文字を表示している。

<優れた単一畑、接ぎ木なしの自根で高樹齢、有機栽培、天然酵母




Karl Erbes, Urziger In der Kranklei Auslese Riesling '16 (Mosel)

カール・エルベス、ユルツィガー・イン・デア <クランクライ> アウスレーゼ’16

(ドイツ・モーゼル・極甘口白・750ml)


税別¥4800

<あと4本>超限定品!
初入荷!

最新パーカー96点!!!(Stephan Reinhardt、
まさに当店在庫と同じAP#14に対する評価。

The 2016 Urziger In der Kranklei Riesling Auslese (AP #14) opens very clear, pure and flinty on the nose where a perfectly ripe and fine raisin flavor is displayed. It is lush and elegant, very fine and light, with just the perfect amount of sweetness that is balanced by finely racy and vivacious acidity. The finish is tensioned, tight and salty, indicating great aging potential.
2018~2050年!、ワイン・アドヴォケイト236号)

ラインラント・プファルツ州品評会 金賞受賞!

コルク

アルコール7.5%

残留糖度:106.5g/l
酸度:9.1g/l

葡萄が黄金色になった状態で摘み取り、アウスレーゼ用に厳しく選別します。発酵は12度に温度コントロールされたステ ンレスタンクで40日間行います。その後、翌年の3月まで熟成させています。甘く心地よいピーチを思わせるアロマがあり、 洗練された味わいです。甘く心地よい余韻が続きます。
(輸入元資料より)




Karl Erbes, Urziger In der Kranklei Spatlese Riesling '16 (Mosel)

カール・エルベス、ユルツィガー・イン・デア <クランクライ> シュペトレーゼ・リースリング’16

(ドイツ・甘口白・750ml)


税別¥2600

<あと16本>絶対おすすめ!
超限定品!

最新パーカー93+点!!!(Stephan Reinhardt、
~The Kranklei is somewhere between the spiciness and purity of the Wurzgarten and the exotic generosity of the Pralat. But whatever it is,
it's a beautiful Spatlese.
2020~2050年!、ワイン・アドヴォケイト236号)


VINOUS 88点(2017~2024年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

20本完売。

「2018.10月初旬に試飲しました。やっぱりここはトロッケンよりも果実と酸のバランスに甘旨味が加わる絶妙バランスの方が自分にとっては上質。何回も飲みたい味!」



「2018.3月末に飲みました。今の時期はトップノーズが閉じ気味で、’15より香りがおとなしいが、味わいは圧倒的に素晴らしい。これ本当に難しかった年の味?大げさではなくこの価格のドイツでこれ以上はないんじゃないかというおいしさの難しい年の大成功例!どんな年でもおいしく仕上げるのは一流生産者の証。レモネード、うっすらマスカット、ハーブ、ミネラル、少しバルサミックな香りも含む。ペトロール香は少ないがオイリーさはある。ピュアな果実味、美しい酸、みずみずしくクリーンでミネラルの量と質も良く、うまみエキスののった甘さは、キレイでしっかりめの酸のおかげでクドさゼロの上、意外に幅広く食事に合う。完璧な相乗効果というより、さっぱりさせる効果主体ではありますが、日常の食卓でも使い勝手も良い。抜栓の次の日も最高においしい。ブドウのうまみ強く、傑出バランスにより、全く飲み飽きずに杯が進み過ぎてすぐなくなる。抜栓の2日後は、わずかに落ちたが、まだおいしい」

アルコール7%

スクリューキャップ

残留糖度:91.0g/l
酸度:9.1g/l

ドイツ全体でも珍しいフィロキセラの影響を受けない接ぎ木のない自根リースリングの畑。
樹齢は100年以上!!!特に困難なヴィンテージでは、古木のためその環境にうまく適応し、常に高品質の葡萄を育てる。
断崖絶壁の急斜面にある特に優れた畑!

土壌とその特徴:
赤粘板岩とペルム紀火山流紋岩を含む赤色礫岩(セミプトライト)。水はけがよく、熱の吸収率が高い。土壌層が深く、主根は深層部に張り廻り、水分保持が有効。

収穫:
エルベスの最後の方で収穫。

醸造:40~50年の古いフーダー(モーゼルの1000L大樽)で2/3、残りの1/3はステンレスタンクで醗酵。

味わいの特徴:
素晴らしく透明感があり、集約している。繊細なスレート(粘板岩)とリースリングのフレーバーからくる豊かなフィネスが果実のジューシー感とエレガントな味わいを導いている。旨みのあるミネラルを豊富に含む酸は、見事なシュペートレーゼの味わいを見せ、長い余韻がある。

<過去のワイン・アドヴォケイト評価>
’13 94点!(AP#09 14)
「2013年のクランクライは、偉大なテロワールを表した偉大なシュペートレーゼである。・・・
・・・最もお買い得なヴィンテージであり、このワインは正に特価品・・・。」





カール・エルベス、ユルツィガー・ヴュルツガルテン・QbA・リースリング’18

(ドイツ・モーゼル・中辛口~ほのかな甘口白)


税別¥1550

<あと13本>絶対おすすめ!

「2019.4月初旬に試飲しました。いつもながら本当に今この価格でよいのでしょうか?他の生産者のシュペトレーゼクラスと大差ない満足度、酸とミネラルの質が素晴らしく極めて心地よく杯が進む上に、癒しまである。良心的すぎる赤い粘板岩」

アルコール9.5%

残留糖度:57.0グラム/リットル

酸度:7.3グラム/リットル

スクリューキャップ

ユルツィヒのヴュルツガルテン「スパイスの庭」。香り優しく、調和がとれ、まさにエルベスのワインに対するしっかりとした姿勢を感じさせるワインで、クーベーアーの品質としてはずば抜けています。エルベスの所有しているこの畑に実際に立ってみると、多くの人はその想像を絶する急斜面に驚かれると同時に、いかにお値打ちワインかお分かりいただけることでしょう。


世界No.1レストラン連続選出されたデンマークの「ノマ」で、オンリスト

創設者のカール エルベスは、30年余り有名なクリストフェル ベレス家のケラーマイスターをしていました。所有する葡萄畑のすべてが非常に厳しい農作業を強いられる急斜面で、耕作や収穫など殆どの作業が手で行なわれています。息子で現当主のシュテファンは、注意深い葡萄の選別により★から★★★ ゴールトカプセルまでの異なったレベルのアウスレーゼを造ることで、中部モーゼルのトップ生産者としての評価を得ることを目指しています。これまでは澱引きのため樽移しをしていましたが、これを新たに瓶詰の2週間前まで澱と寝かせるようにしました。ワインがストレスを感じなくなり、澱がアロマをもたらします。ただし、フィルターにかける手間が数倍大変になるそうです。2009年にニューマティックプレスを導入しました


歴史
1967年 カール エルベスが設立

オーナー
シュフテファン エルベス : 1970年生

葡萄園
5ha  ユルツィガー ヴュルツガルテン、エルデナー トレプヒェン(0.3ha)、エルデナー プレラート
80%がスレート(灰色と青)、20%が赤い岩。
接木をしていない100%リースリング。 70~80年樹齢を最高に、多くが古木。

栽培
ずっと前から有機栽培
(モーゼルでは村単位で厳格に行うため、隣の畑の農薬が飛んでくるとかはないそうです)
肥料は土壌の検査に基づき、毎年違った成分を補充。石灰、葡萄の搾りカス、木の皮、家畜の糞など、有機肥料を使用。


5/17(金)アップ~<※EPA値下がり!>蔵出しアンセルミ’18

このレベルでスタンダード品?濃密で塩ミネラルもあり、抜栓後かなり長持ち!






息子さんがカンティーナで手伝いを始めましたが、変わらずレジェンド・ロベルト・アンセルミさんが全てを仕切っています。すべてのワインについて言えることは、ソアヴェのテロワールを尊重しつつも、規制から外れてた(ソアヴェを名乗ることよりも上質なワインを造ることを優先している)ので、より気兼ねなく自分たちが飲みたいワインを醸すようになり、よりソフトでよりエレガントな食事に合うワインを目指しています。その為にワインにストレスを与えない熱の発生しにくい液体で液体を押すポンプや布のフィルターを導入したりと、毎年毎年かなりの設備投資をしています。実際にインポーターさんが訪れてもいつもどこかしから、カンティーナの改修を行っています。

栽培においては畑には銅しか使用せず、実際は完全にビオロジック
また樹齢の高まりとともに、以前より、よりミネラルが出るようになったそうです。




ANSELMI, San Vincenzo '18 Veneto IGT

アンセルミ、サンヴィンツェンツォ‘18

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2200

↑EPA値下がり!

税別¥2400

<あと20本>





ANSELMI, San Vincenzo '17 Veneto IGT

アンセルミ、サンヴィンツェンツォ‘17

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

48本完売。ありがとうございました

「2018.6月上旬に飲みました。昔はソアヴェといえばロベルト・アンセルミだったのですが、今はそれほど流通していないようですね。せっかくコンディションよいイタリアを飲めるのにもったいないということで、かなり久しぶりに飲みましたが、予想以上のエネルギーがある果実の厚みに驚かされた!やっぱり孤高の生産者だなぁ~ということで、スタンダードのソアヴェは軽くみずみずしいという先入観で開けると濃密で、コクと余韻があり、非常にきめ細かな苦みとともに、最後にはっきりと塩ミネラルまで残る。みずみずしいリンゴ、ハーブ、芝生、柑橘類、わずかにアーモンド、ミネラルなどのよい香り。他の生産者でいうところの最上級ソアヴェ¥3500の品質。しかもソーヴィニヨン・ブランは昔はブレンドしていなかったように思いますが、(’08くらいからブレンドしている模様)これがさわやかさとキレを表現しているのか?まるで北海道余市町のケルナーやソーヴィニヨンを思わせるニュアンスも含まれる。札幌で全然流通していないのが不思議?しっかり冷やしてもおいしいが、少し温度が上がってからの濃密感こそが美点だろうか?抜栓の3日後までまったく落ちない。抜栓の4日後も非常においしい。抜栓の6日後わずかにアルコールが浮いただけでまだ楽しめる」

アルコール12.5%

スクリューキャップ

ガルガーネガ70%、シャルドネとソーヴィニヨン・ブラン合わせて30%

’15 スペクテーター90点
(Smart Buys!、さらに2016年度TOP60/100位に選ばれる!)

イタリアの北東部に位置するヴェネト州、ヴェローナの西、20kmほどのところにあるソアーヴェ地区にそのアンセルミは居を構えている。当主のロベルト・アンセルミ氏は、法的に高収量が許され、凡庸なワインが多く醸されることの多いソアーヴェの名称を自身のラベルに使用することを好まず、
1999年にDOC脱退を決意した。
(1999年以降、アンセルミのワインは全てIGT)


父親の経営するカンティーナに1975年に加わって以来、常にロベルト氏はソアーヴェにおけるワイン造りの根本を覆し、革新的な造り手として世界中から高い評価を受けてきた。高品質の葡萄を求め、栽培には芽数がコントロールしやすく、結果として低収量に収めることが出来るコルドーネ・スペロナート・ペルマネンテ式を採用。また醸造においてもソアーヴェの発酵に初めて、フランス産オークの小樽を使用した。
(輸入元資料より)


5/17(金)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ’15ブーズロン

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)の共同経営者が造るお買い得ブルゴーニュ!

デカンター誌2010年度マン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!


 

※画像は’06です。

 






アリゴテ・ドレ(L'Aligote Dore)画像

例年結構複雑性があり、冷やしすぎないほうがおいしい




ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ、ブーズロン・アリゴテ’15(750ml)

超特価・税別¥2600

↑なんと35%OFF!!!

輸入元定価・税別¥4,000

<あと9本>絶対おすすめ!

※再入荷すると税別¥3,200となります。

スペクテーター90点(NOW~2020年)

デカンター・オンライン87点
(2016~2026年、William Kelley)


ブルゴーニュ・オージョルディー2016年6/7月号 17/20点!!!

MVF(旧クラスマン)2018年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15/20点

「2018.11月に試飲しました。最近’14’15’16と試飲する機会に恵まれましたが、昔より畑の状態がさらによいのかピュアで透明感と複雑性があり、温度を上げたほうがおいしいアリゴテであり、酸も尖っておらず、酸以外の要素が優れた飲み飽きないタイプでした。近年はどのヴィンテージを選んでもはずさないと言えそうですね」

アルコール%




ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ、ブーズロン・アリゴテ’14(750ml)

超特価・税別¥2600



輸入元定価・税別¥3,750

<売り切れ>

※再入荷すると税別¥2,900となります。

ワイン王国101号 あなたの知らないブルゴーニュ57本にて取り上げられる!

ワイン&スピリッツ誌 90点!

バーガウンド・コム 88点!

ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 15/20点


MVF(旧クラスマン)2017年度版14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

アルコール%

60本完売!ありがとうございました




ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ、ブーズロン・アリゴテ’13(750ml)

税別¥2900

<売り切れ>

ワイン&スピリッツ誌 90点!

バーガウンド・コム 88点!(Outstanding!)

ゴーミヨ誌14.5/20点

ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 15.5/20点


MVF(旧クラスマン)2017年度版14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16.5/20点!(クープ・ド・クー!)




ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ、ブーズロン・アリゴテ’12(750ml)

税別¥2900



輸入元定価・税別¥3,750

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー88点(2014~2018年、ワイン・アドヴォケイト213号)

バーガウンド・コム 88点!

スぺクテーター89点(NOW~2017年)

ゴーミヨ誌15.5/20点

ブルゴーニュ・オージョルディー2013年6月/7月号15/20点


MVF(旧クラスマン)2015年度版14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版15/20点

36本完売。ありがとうございました

1年経過して例年通り大分おいしくなっているはず!



「2014.10月に短時間で試飲しました。この時点では’11の方がおいしいが、少し休ませれば同レベルになるだろうというやはりおいしいワイン。冷やし過ぎない方がおいしい。じっくり温度を上げている時間がなかったので細かいところまで見れなかったが、香りよく酸とミネラルが上質」

アルコール12.5%

 


5/17(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ジェローム・ガレイラン’16マルサネ

4/9(火)アップ~蔵出しドメーヌ・ジェローム・ガレイラン’16

蔵出しドメーヌ・ジェローム・ガレイラン’15

北のコートドニュイ・ヴィラージュ的味わい!














これもソシエテ・サカグチ・セレクション!!!

’12からビオロジック

’15からビオディナミ

収穫から醸造中は亜硫酸を使用しない
瓶詰時のみ最小限で添加する

ワイナート93号 2018年冬発売
にて大きく取り上げられました!




Domaine Jerome GALEYRAND, Cotes de Nuits Villages Les Retraits Comblacien VV '16

ドメーヌ・ジェローム・ガレイラン、コートドニュイ・ヴィラージュ <レ・ルトレ> コンブラシアンVV’16

税別¥9200

<あと10本>超限定品!

ワイナート93号 92点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点!(クープ・ド・クール!!!)

印象的で映えるよいラベル!
滅多にラベルすら見かけることのできない入手難の逸品!

JFミュニエ、1級クロ・ド・ラ・マレシャルに隣接する南側の区画!
地質や斜面の向きまで同じだそうです。

樹齢80年!!!

0.63haの所有

手摘み、低収量、天然酵母のみ使用

昔は完全除梗派でしたが、今ではヴィンテージによって30%程度全房発酵
強すぎない抽出

新樽最大でも20%までで約16ヶ月熟成

亜硫酸最小限

あのベッキー・ワッサーマン女史も早くからこのドメーヌに目を付けていたようですね。

’15 VINOUS 88~91点

’15 パーカー89点




Domaine Jerome GALEYRAND, Marsanney La Combe du Pre '16

ドメーヌ・ジェローム・ガレイラン、マルサネ・ルージュ・ラ・コンブ・デュ・プレ’16

特価・税別¥6000



輸入元定価・税別¥7,200

<あと22本>絶対おすすめ!
超限定品!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版14/20点

「2019.4月下旬に飲みました。マルサネとしては高価であるため、タイプは違えどもシルヴァン・パタイユよりもおいしくないと買わないぞ!とハードル上げて試飲しましたが、びっくりするくらい上質だったので即買いました(笑)トップノーズは果物屋さんに入った時のようなフルーツ香があり、ピュアでややフローラルな甘すぎない赤い実主体の果実。クラシックでエレガント、冷涼感があるよい酸、予想より重心が高く、旨味とミネラルが豊富で、タンニン少なくないが質が非常によい。アフターは塩味もあるミネラルを伴いかなり長い。平均的な村名ジュヴレよりも明らかに上質なので、飲んだ後だと高くない&全く飲み飽きないおいしさ。亜硫酸の減らし方もセンス良く現実とピュアさのバランスが取れている気がする。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまだおいしいが、ごくわずかに揮発酸出た」

アルコール13%

’15 VINOUS 88~90点

樹齢40年

わずか0.3haの所有

手摘みで低収量
ビオディナミの畑

無濾過&無清澄





Domaine Jerome GALEYRAND, Bourgogne Rouge Antonin '15

ドメーヌ・ジェローム・ガレイラン、ブルゴーニュ・ルージュ・アントナン’15

税別¥4200

<あと6本>おすすめ!
限定品!

VINOUS 88~90点
(2017~2021年、アントニオ・ガローニ)


「2018.7月上旬に飲みました。涼しげでプチ・ジュヴレシャンベルタン的な骨格とタンニンがあり、完全に南ではなく北のコートドニュイ・ヴィラージュ的な香りと味わい。’15でもまったく酸が低くなく緩みがなくクラシック。樽も強くない。まだアフターにわずかにタンニンが残るが、まぁ大体飲み頃NOW~と言ってもよさそう。抜栓の3日後まで非常においしい。ACブルとしては高価だが、品質がCNVなので価格的にも悪くない」

アルコール%

樹齢35年

0.95haの所有

石灰質の多い土壌

ルモンタージュは行うが、ピジャージュはほとんど行わない

’02が、初ヴィンテージ

アラン・ビュルゲやロブレ・モノで働いた経験あり

ギィ・サヴォワなどの3つ星フレンチでもオンリストされている!


5/17(金)アップ~蔵出しシャトー・ド・サントネ’16メルキュレ

やっと買えました~!やはり’16もおいしかった!
さらに蔵出しシャトー・ド・サントネイ’15レ・ピュイエ






 

2017.10.19(木)
醸造責任者であるGerard Fagnoni(ジェラール・ファニョーニ) 氏にご来店いただきました~!




すごくお話し好きの明るく楽しい方(笑)
完熟で最高のブドウだけ得られるように振動で振り分ける最新選果台を導入、重力に逆らわない果汁の移動、それぞれの畑でミクロクリマを熟知した上での収穫時期の決定など常に改善と向上を繰り返している!基本的にすべての赤ワインのタンニンの質が非常に良い。
ものすごい面積の自社畑を持ち、超清潔で広大な地下セラーを持つので、おそらくバック・ヴィンテージのストックもかなりあるのでしょう!



ごく近年から本格的な販売を意図して人事的にも刷新され、醸造設備もほぼ100%最新式のものに入れ替える工事が始まっている。800樽を貯蔵できるセラーはすでに完成し、その他にも200樽貯蔵できるスペースがあるという。また、醸造、発酵設備もタンク設置スペース、設備、タンク自体も最新式のものに入れ替え中で、’13白から品質向上がみられるとのことです




ドメーヌの歴史は古く、景観も素晴らしい

2004年に取得済みのテラ・ヴィティス認証の他に
さらに2015年からHautes Valeurs Environnementales (HVE 3)取得!




Chateau de SANTENAY, Mercurey Rouge Les Cheneaults '16

シャトー・ド・サントネイ、メルキュレ・ルージュ・レ・シュノー’16

税別¥3000

<あと16本>絶対おすすめ!

20本完売。※近日さらに再入荷決定!

「2019.4月上旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。予想より少しだけ強い樽の焼き栗とコーヒー香。凝縮したチェリーなどの赤い実の果実、濃く淹れたウーロン茶、ごくわずかにミント、胡椒などの香り。凝縮してやや濃い果実味、低くない酸、タンニン多めだが丸く、エキスも厚め、きめ細かなほろ苦を伴うコクがあります。今でも充分価格以上においしいが、1年後以降がベストではありそう。余談ですが、グラスの種類によって結構樽香が強くなったり、弱くなったりしますね。自分にとって本質をつかみやすいグラス選びも日常の満足度自体を底上げできるので大事かもです。抜栓の次の日も非常においしい。重心低めでグリップあり、絶対薄いとは言われない味。抜栓の2日後もまったく落ちない。抜栓の4日後もまだ楽しめる!」

アルコール13%

VV表記がなくなったから若木のみということではなく、同レベルの品質で非常においしいとのことです。







Chateau de SANTENAY, Mercurey 1er Cru Les Puillets Rouge '15

シャトー・ド・サントネイ、メルキュレプルミエクリュ・レ・ピュイエ・ルージュ’15

税別¥3300

<あと2本>絶対おすすめ!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2017年 シルバー 90点!

バーガウンド・コム 89点

Wine Enthusiast 91点(2019~)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017年度 ゴールド&トロフィー受賞!!!

ソムリエ・ワイン・アワード2017年度 シルバー受賞!


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

46本完売。

「2017.6月初旬に飲みました。信じられないほどのお買い得品!縁が紫がかった中程度~わずかに濃いくらいのルビー色。抜栓直後だけ少し固さがあるが、20分程度でうまみが増してタンニンが溶け込んでゆく。あと少しで溶け込む樽のロースト、熟して骨格のある赤い実の果実、胡椒、ミネラルなどの香り。タンニン、ポテンシャル、複雑性に優れ、クロ・デ・ミグランよりもさらに長く熟成しそう。ジェラール・ファニョーニさん本人から聞きましたが、丘にある表土の薄いやせた畑。タンニンの質がノーブル(キメ細かく高貴)。いつも骨格と複雑性のあるワインができる。つい最近、この1級の’90を飲んだがちょうど飲み頃だった。まったく下っていない状態で、リリース直後からおいしいし、長い熟成も可能なワイン。つい最近どこかの国の航空会社ビジネスクラスでこの’15がオンリスト決定したそうです」

アルコール13%

『 南南西向きの斜面に位置するメルキュレイの1級畑。ドメーヌの所有面積は7.3ha。粘土石灰質の土壌で水はけは良好。摘房によって収量を制限し、果実の凝縮感を求める。ワインは赤や黒の果実の香りとともに、複雑でスパイシーなニュアンス。 (輸入元資料より) 』



ブルゴーニュ公国、初代公王のシャトーが醸す
ビオロジック農法のワイン


『 ブルゴーニュ公国の初代公王、フィリップ・ル・アルディ(豪胆公)が1395年に発した勅令は、その後のブルゴーニュにとってたいへん画期的なものとなった。
公王はブルゴーニュの畑からガメイを引き抜き、より高貴なピノ・ノワールを植えるよう奨励したのである。当時はディジョンに玉座を置いていたフィリップ豪胆公だが、公王が所有していた城のひとつに、サントネイ村の”シャトー・ド・サントネイ”がある。人々は愛着を込めてこの城を、”シャトー・フィリップ・ル・アルディ”と呼ぶ。

今日、シャトー・ド・サントネイはクレディ・アグリコール・グループの傘下となり、潤沢な資金の元で発展を続けている。ブドウ畑は、お膝元のサントネイのほか、ボーヌ、アロース・コルトン、ポマール、サントーバン、オート・コート・ド・ボーヌに広がり、さらにコート・シャロネーズのメルキュレ、そしてグラン・クリュのクロ・ド・ヴージョまで、ドメーヌの総面積は97ヘクタールにも達する。

ドメーヌでは、この広大な畑を除草剤に頼らず耕作するとともに、草生栽培を施して、土壌の微生物層を活性化。”カリテ・フランス”と”テラ・ヴィティス”の認証を受けたビオロジック栽培を実践しているのだ。

また、ワイン醸造は伝統的な手法を取りながらも、空気式圧搾機や自動ピジャージュなど、つねに最新の設備を投入。醸造責任者であるジェラール・ファニョーニの監督下、アペラシオンごとにテロワールの特徴を最大限引き出すべく、最適な醸造が行われている。細心の注意をもって栽培、醸造されたシャトー・ド・サントネイのワインを味わえば、4人の公王により繁栄を誇った、14世紀から15世紀の偉大なブルゴーニュを思い描くことができるだろう。 (輸入元資料より) 』


5/17(金)アップ~<※値下がり!>蔵出しアルノー・シェ’16ラ・ヴィ・ダルノー

まだまったく無名な超お買い得コルビエール!

コンサルタントは、シャトー・ラ・ネグリの醸造責任者







 



アルノー・シェ、コルビエール・ルージュ<ラ・ヴィ・ダルノー>’16

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1200

<あと10本>絶対おすすめ!

「2019.4月初旬に試飲しました。’15同様明らかに価格を超えた熟してジューシーなフルーツ感たっぷりで、酸は低すぎず、タンニンの質は非常によくバランスのよい飲み頃NOW~。値下がりでさらにお買い得に!」

アルコール14.5%

当たり年!
EPAで¥108値下がり!




アルノー・シェ、コルビエール・ルージュ<ラ・ヴィ・ダルノー>’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1300

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

120本完売!!!ありがとうございました

「2016.11月上旬に飲みました。やはり非常によい出来で、明らかに価格を超えている!熟してジューシーな豊かな果実味はそのまま’14よりも少しコクがある印象。タンニンの質は丸く、バランスよく、香りも開いているので飲み頃NOW~。やはり温度を上げ過ぎない方がおいしい。バスケットいっぱいのブルーべリー、肉、甘苦系スパイス、鉄分ミネラル等のよい香り。とにかく果実味豊かで、アルコールの浮きはなく杯が進む。鼻に抜けるブルーベリー風味の戻り香あり!抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール14.5%




アルノー・シェ、コルビエール・ルージュ<ラ・ヴィ・ダルノー>’14

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1300

<売り切れ>絶対おすすめ!

第19回ベルリン・ワイン・トロフィー2015年 金賞受賞!

輸入元担当者さま絶賛の1本!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

24本完売。ありがとうございました~※もう少しで’15に移行致します。

「2016.10月上旬に試飲しました。よいときのマ・デ・ブレサドのような徹底してジューシーなわかりやすくある意味シンプルながらも陽気なおいしさ・喜びに溢れる楽しい個性。極めてフルーティーで意外に余韻が長くこれは大変に貴重な個性。※買いブドウではなく、なんと出来上がったワインを買ってブレンドしたものらしく、それでこれほどの完成度を出せるのは驚き以外の何物でもない!」

アルコール14%

Arnaud-sie, La Vie D’Arnaud Corbieres Rouge '14

unter der Schirmherrschaft der OIV

シラー65%、グルナッシュ35%

アルノー シェとシュマン ド マルキエールを手掛けるグザヴィエ ロジェが、ワインを買い、ブレンドして造ったワインです。この地域の代表的な葡萄、シラーとグルナッシュを使っています。収穫は畑で選別しながらすべて手摘みで行います。除梗、破砕し、発酵タンクに入れます。約4~5週間の発酵期間中、苦みが出ないよう優しく果帽を沈める作業を行います。チャーミングなカシスのアロマに、リコリスやブラックペッパーの要素が混ざっています。口当たりは、非常にフルーティで深みがあり、長い余韻が感じられます。


アルノーのワインのただ一つの残念な点は生産量が少ないこと。そのため、いつも需要に対して供給が追い付きません。その問題を解決すべく生まれたのが、このラヴィ ダルノー コルビエールです。このワインは、アルノーとコンサルタントのグザヴィエとの共同プロジェクトによるもので、アルノーとグザヴィエがテイスティングして、品質の良かったワインを購入し、ブレンドしています。ネゴシアンと言っても、全て畑で選別し手摘みで収穫したシラーとグルナッシュを使用しており、非常に丁寧な造りをしています。アルノーのドメーヌワインとも共通する葡萄のピュアさ、チャーミングな果実味があり、気負いなく飲め、それでいて物足りなさは皆無です。

ワイン名のLa Vie(ラ ヴィ)とは「人生」、つまり「アルノーの人生」という意味で、スタンダードのワインに「自分の人生」と名付けるところにアルノーの意気込みを感じられます。

私は、アルノーのワインには共通して、(過熟ではない)適切な熟し方をしたナチュラルな果実味があり、それでいてエレガントなワイン、という認識を持っていました。そして、それはどちらかというと「都会的で洗練された味わい」という印象でしたが、今回実際に訪問し、畑やセラーを見ると、その洗練されたワインの裏側には、厳しい環境下で長きに渡り葡萄を育み、日々弛まぬ努力を続けるアルノーの姿がありました。そして、それを感じさせないアルノーの人柄にもすっかり惚れ込んでしまいました。

厳しい環境下でこそ生まれるカリテ プリ。アルノーの魂のワインをぜひ皆様もご賞味ください。
(輸入元資料より)


歴史
1988年 設立。
2000年 農協で働いていたアルノー シェが、祖父から引き継ぐ。

オーナー
アルノー シェ : 6代目。1973年生。大学では歴史専攻、博士号を取る。ワイン造りは祖父に習う。

葡萄園
20ha  コルビエール14ha、V.d.P. ロード6ha。
タレイラン村12ha、トニソン村8ha。
カリニャン(82~100年樹齢)4ha、グルナッシュ(30~50年)4ha、シラー(5~20年)5ha、サンソー(コルビエール ロゼ用)1ha、白6ha。

栽培
リュット レゾネ

コンサルタントを務めるクロ―ド・グロは、ラングドックNo.1のエノロジストと言われ、ロバート .パーカー Jr.が5ッ星を付けるシャトー・ネグリの醸造責任者でもあります。

彼はアルノー・シェを評して、「とても頭が良く、教えた事を一回で覚えてしまう。とても優秀。」と評しています。栽培はゴブレ式で、グリーンハーベストをしています。ドメーヌのあるタレイラン村は標高400mのため完熟が遅くなりますが、その中でもアルノー シェが1番最後です。そのためマセラシオンの時期も遅くなり、長いマセラシオンが必要となります。その結果、タンニンがソフトになります。収穫は手摘み、テロワールによって別々に醸造します。清澄は軽くおこないます。

ドメーヌ名「トレヴィアック」は地名で、3つの道に由来しています。ローマ時代に、このドメーヌの前に3つの道がありました。一つ目が採掘した鉱物を運ぶ道。二つ目が修道院への道。三つ目が、城へ繋がる道です。

アルノー シェは、フランス南部の人らしい底抜けに明るい性格。造るワインのスタイルにもその明るい性格が感じられます。つまり、はつらつとしてはっきりとした果実味が、アルノー シェの造るワインに共通して感じられるのです。



5/17(金)アップ~蔵出しラファエル・カンブラ’17エル・ボン・オム・ブランコ

さらに’14ドス


みずみずしく、ちょっぴりほろ苦いリンゴジュースのニュアンスの白と
涼しげでバランスよくエレガントな赤!




(※かわいい系デザインのラベルは2種類あり、ランダムに発送されますので、店頭以外ではどちらかお選びいただけません。)





 


2001年よりビオディナミによる栽培を開始。
2012年に認証取得予定。
ピュアでクリアなブドウを得るため、人の手の介入は最小限にとどめる。




Rafael Cambra 2017 El Bon Homme Blanco

ラファエル・カンブラ、エル・ボン・オム・ブランコ‘17

(スペイン・バレンシア・辛口白)


税別¥1600

<あと7本>




Rafael Cambra 2016 El Bon Homme Blanco

ラファエル・カンブラ、エル・ボン・オム・ブランコ‘16

(スペイン・バレンシア・辛口白)


税別¥1600

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

インポーター様曰く、特に女性に大人気!

36本完売。ありがとうございました

「2019.4月初旬に試飲しました。本当に新樽100%?というフレッシュでみずみずしくよいバランス。ストレートな果実感、酸も低くなく、ちょっぴりほろ苦いリンゴジュース+熟成香ではないドライハーブ的ニュアンスで、非常に心地よく杯が進むおいしさ。冷やし過ぎないほうがおいしい。無名で優れた生産者だからこその価格以上の満足度。メディアでは赤ワインしか評価されていないようですが白も高品質」

アルコール12.5%

樹齢35年

手摘みのマルヴァジア100%

標高が高い畑で白亜質土壌

オーク樽(500L、新樽100%)&ステンレスタンク4ヶ月

洋ナシや柑橘類の爽やかな果実に白い花、ハーブ、スパイスのヒント。フレッシュなアタックに美しい酸と繊細なミネラルが続く。アフターには心地良いキメ細かな苦みが感じられ、ドライなフィニッシュへと誘う。フレッシュかつ爽やかな果実と端正に表現された緻密さをぐっと身近に楽しめる1本。
(輸入元さんコメント)




Rafael Cambra 2014 Dos

ラファエル・カンブラ、ドス’14

(スペイン・DOヴァレンシア・辛口赤)


税別¥1800

<あと9本>絶対おすすめ!

パーカー91点!(2016~2019年
~Quite impressive and very good value.
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト225号)

VINOUS 90点(2020~2025年)

ファルスタッフ 90点


「2019.5月上旬に飲みました。輸入元資料はカベルネソーヴィニヨン50%、カベルネフラン50%となっていましたがどう考えても違うスパイスとドライハーブやルバーブのような香りあるなぁと思っていたらやはりモナストレルがブレンドされていましたね。紫色の弱い明るいルビー色。濃すぎず重くなく冷涼感と清涼感のある赤い実主体の果実香に花、ミント、控えめな樽などの上品に甘い香り。味わいはほのかに甘い程度でクドさはまったくなく、タンニンの質がサラサラで非常によく、エレガントで酸が低くない。時間とともに香りが少し華やかに発展して味わいにうまみが増してくるので、もう明らかに価格を超えた満足度があります。抜栓の2日後までまったく落ちない」

アルコール14%

D.O. Valencia

30% Monastrel - 35% Cabernet Sauvignon - 35% Cabernet Franc
(昔は樹齢25年のカベルネソーヴィニヨンとカベルネフランが半々でしたが、ごく近年から樹齢55年のモナストレルの比率を増やしています。)

フレンチオークのバリック10ヶ月

’12 スペクテーター90点

恐るべき発見!スペインのシュヴァル・ブランだ!BYロバート・パーカー

『 ブルーベリーや黒スグリの表情豊かなアロマにバニラの香りが隠れている。完熟しており、奥行き深くエレガント。ベルベットのような舌触りと長い余韻が楽しめる。スペインのトップメーカーが信頼を寄せる優れたブドウの株、そして何より、人生の大半をブドウとともに過ごした栽培者としての経験から導き出したブドウ品種の最高の組み合わせとブレンド比率から生まれた秀作。 (輸入元さんコメント) 』



スペインの若いワインメーカーの中で最も革新的と評されるラファエル・カンブラは、文字通りブドウの樹に囲まれて育ってきた人物である。彼の両親はスペインでも指折りのブドウの苗木の栽培家であり、ベガ・シシリア、マリアーノ・ガルシア、アルバロ・パラシオス(レルミタ)といった、スペインを代表するトップメーカーに苗木を納めている。ラファエル自身もブドウの栽培者としての道を歩んできたが、若い頃からの夢であったワイン造りを諦めきれず、リオハの名門C.V.N.E.社の5代目ヘスス・マドラーソが指揮を執るコンティーノにて、氏に3年間師事した後は、更なる修業のためフランスへ。数年後、バレンシアに帰郷してしばらくは家業を手伝う傍ら、ワインメーカーとしての道を模索していたが、遂に理想の畑と運命の出会いを果たし、自宅裏の小さなガレージを改装してワイン造りを始めるに至った。
(輸入元資料より)


5/17(金)アップ~蔵出しジラード’16

凝縮感のある当たり年!







HPには今回初めて載せますが、店頭では前から人気です!




Girard Cabernet Sauvignon Napa Valley '16

ジラード カベルネ・ソーヴィニョン ナパ・ヴァレー’16

税別¥4800

<あと15本>

パーカー90点(2019~2030年)

VINOUS 89点(2018~2026年)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

12本完売。

先日某ゲーム系テレビで某タレントさん達がセレブな自宅でおいしいおいしいと飲んでいた銘柄がこれだったはず!
(一瞬しかラベルが映らなかったので、、、)
実家とかホームパーティーへの手土産には、こういったわかりやすくおいしいワインが最適な場合が多い!

アルコール%

当たり年!

90%カベルネソーヴィニョン、5%カベルネフラン、2%メルロ、
2%マルベック、1%プティ・ヴェルド

ワインは紅茶の葉、黒い果実、なめし皮、スパイスのアロマが感じられ、口に含むとブラックベリー、カラント、シナモン、ナツメグ、クローヴが感じられ、後味にヴァニラ、タバコの葉が感じられます。
(輸入元さんコメント)

ジラードのカベルネ・ソーヴィニョンはナパ・ヴァレーの高品質なぶどうを産出するいくつかのサブ・アぺレーションのブドウから醸造されます。産地の多様性は味わいにインパクトを与える幾層にも重なる複雑味を生み出すと考えています。この複雑味は樽によるところもあります。私達は 40 以上にもなる樽メーカーと取引があります。このカベルネの最終的なブレンドを行う時、私達はロットの選別だけでなく、ワインを熟成する樽の選別まで行います。この選別を行う事で樽熟成からくる幾層にもなる複雑味も得ることができます。

樽熟成: フレンチオーク 100 %(新樽 40 %) で 20 ヶ月
醸造家: グレン・ ヒューゴ


ジラード・ワイナリーがナパ・ヴァレーの素晴らしい品質を反映するワイン造りを始めたのは、その畑に最初にブドウが植えられて 30 年経った時でした。ナパ・ヴァレーはその品質によって世界で最も有名なニュー・ワールドのワイン産地になりました。ジラードがその地に自分の根を下ろした復興の頃と時を同じくしてナパ・ヴァレーの名声は上がっていきました。
ナパ・ヴァレーのベンチマーク年となった 1976 年はフランス人審査員によって自国のワインとナパの新興ワインとのブラインド・テイスティングが行われた年です。そこで皆が驚いたのは、白・赤両方のカテゴリーでカリフォルニアワインが一番に選ばれた事でした。フランスの猛反発をよそにこの有名なパリ・テイスティングはカリフォルニア・ワインがオールド・ワールドと対等に肩を並べるワインになった事を証明しました。

今日、ジラードはその頃と同じような復興の道をたどっています。カリフォルニアで長年ワイン造りに携わってきたパット ・ ロニーは新しい世紀に入ってまもなくワイナリーを購入しました。パットのワイン業界でのキャリアはシカゴにある有名なレストラン 『 パンプ ・ ルーム 』 のソムリエから始まりました。その後出身地であるカリフォルニアに戻り、最終的にはソノマにあるシャトー ・セント ・ ジーンの社長にまで上り詰めました。
ジラードでのパットはシャルドネとカベルネベース等の今までのワイン造りを続ける一方で、ナパで一世紀にもなる樹齢のジンファンデルやプティット ・ シラーの品種にも注目したワイン造りをしています。また、ヴァレーの西と東の端にそれぞれ位置するダイヤモンド ・ マウンテンとハウエル ・ マウンテンの新しい畑の植樹も進めています。 ジラードのゴールは今までと同じようにリッチで完熟したブドウ、そしてナパ・ ヴァレーのフレーヴァーを十分に表現することです。
(輸入元資料より)


5/5(日)アップ~<※極少量!>蔵出しアズッカ・エ・アズッコ’18’17

リアルワインガイド65号にて高評価される!

自社畑100%で優れた品質とスタイル

シャントレーヴさん同様、毎年着実に進化しており追いかけるのがとても楽しい!




※すべての値引き対象外となります。下記条件をよく読んでいただきました上でご注文お願い致します。


























































 




実力と品質・スタイルに驚いて~取引開始です!!!

常に全てのワインが一瞬で完売!ここのワインが扱えるだけですごいことかも?!

100%自社畑の愛知県豊田市にある小規模ワイナリー

農薬や化学肥料は最大限使用しない、SO2最小限

ヴァン・ナチュールのニュアンスを感じる銘柄もありますが、品質を追求した結果そうなっているという感じで、不快なニュアンスはゼロ。好感が持てます。


リアルワインガイド53号にて(すべて店頭のみで完売分の前リリース分が)大絶賛される!!!

過去にもリアルワインガイド65号、61号、57号、53号、49号、45号、41号、37号、32号にて取り上げられる!


2000年からシチリアとトスカーナ(キャンティ・クラシコとヴァル・ディ・コルニア)にて修行後、帰国!
2003年から日本の農業社会へ、地道な努力を続け
2008年が、初ヴィンテージ!
2014年は、某所での委託醸造から卒業して、初めて『風の丘のワイナリー』で醸造!


アズアズワインは、毎年味わいもコンセプトも変わっていきます。
それは、自然の中で生き物が生まれ、成長してゆくように・・・。



今回も国産としては珍しい自社畑100%、
完成したばかりだった自社醸造所での仕込み100%です。


ラベルデザインは北海道江別市出身『村野千草』さん



アズッカの須崎ご夫婦や農楽蔵の佐々木ご夫婦のように長く修行・勉強した上で強い思いをもって真剣にワインを造っている方達はやっぱり違いますね。
そして年々進化&理想的な環境(自社畑や醸造所など)が整ってきているということで今後もさらなる期待が持てます。
シャントレーヴさん同様、毎年少しずつ着実に進化しているところが追いかけていてとても楽しい。わくわくします。



今回の’17’16もいつも通りすでにワイナリー在庫すべて完売済み。
<半年以上次のリリースがない予定>
ですので驚くほど入手難となっております。


※1
すべての値引き対象外となります。店頭決済の場合カード決済不可となります。
ご注文が集中した場合、1通のメールで確定いただけますお客様と(今回もおそらく特に手に入りにくいと思われる)優先させていただきます。

※2
レア系のワイン販売の際は日常業務に支障が出てしまう場合が多い為、お電話ではなく、メールかFAXにてご注文お願いいたします。





アズッカのみのご注文はご遠慮いただいております。

全銘柄カード決済、ギフト券関係決済不可となります。


前回入荷分もやはりリアルワインガイド65号にて高評価されました!

前々回入荷分の一部もやはりリアルワインガイド61号にて高評価されました!




R.W.C.
アズッカ・エ・アズッコ、理由なき反抗’18
(辛口白)


税別¥3334

<あと3本>超限定品!

※赤と白どちらをご希望かはっきりと明記お願い致します。

去年まではイイ子だったのにナゼ?
動揺ばかりでヒステリックな親役アズアズ2名

~連夜のケモノ攻撃に耐えつつ‘純情一直線’
ほらぶどう達の心の声聞こえるよ
「別にワインになりてぇわけじゃないし」
エッ
芳香専科学園2年

シャルドネ & ゲヴェルツトラミネル
白ワイン/750ml




R.W.C.
アズッカ・エ・アズッコ、理由なき反抗’18
(辛口赤)


税別¥3149

<売り切れ>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
赤と白どちらをご希望かはっきりと明記お願い致します。

去年まではイイ子だったのにナゼ?
動揺ばかりでヒステリックな親役アズアズ2名

~荒れ狂った天候に耐えつつ‘純情一直線’
古樽熟成で只今若味あふれる
苺ヨーグルトな乳感と
ほんのりミンティーな青春香
酸アルゼ

ランブルスコ・グラスパロッサ
赤ワイン/750ml




That's My Room
アズッカ・エ・アズッコ、だってマイ・ルーム’18【セーラー編】
(辛口白)


税別¥3334

<あと3本>超限定品!

大型台風が折角整えた畑を荒らす
~こんなタイミングで大切なカレがくるなんて!

畑は自分のお部屋~キレイにしてたいの

ホールバンチでギュッと
ステンレス・バレル熟成の香る系女子
ソーヴィニョン
白ワイン/750ml

ケモノ劇場

♪ガヤガヤ
ワイワイ♪
ところで
タヌキとアライグマの見分けつく?

当たり前じゃん
タヌキはタンタンタヌキでしょ
アライグマは日曜劇場見てたし

んじゃ
ムジナは?

ウッ、ムジナ・・・同じ穴の・・・




Esperiaia
アズッカ・エ・アズッコ、エスペリアイア’17
(辛口赤)


税別¥4260

<あと4本>超限定品!

Time goes by~
トラットリア花咲く“アイア”の90年代:
今いる「私」の原点
成熟・品格のプティ・ヴェルドが囁く
~さ今度はキミが若者を導く番よ

プティ・ヴェルド
赤ワイン/750ml




アズッカ・エ・アズッコ、M’17
(辛口赤)


税別¥4815

<あと4本>超限定品!

畑列も樽並びも仲良く隣
熟スピードは異なれど
共に歩んだ2人
2017ランドセル最後は、
共に働いた仲間のお話とともに

マルベック & メルロ
赤ワイン/750ml




★スプマンテの世界へ #4-1★

In Bocca al Lupo !
アズッカ・エ・アズッコ、オオカミのスプマンテ’17『キミに幸あれ!』
(辛口白泡)


税別¥5186

<あと6本>超限定品!

シロツメクサいっぱいの畑で花冠編む
‘硬派’オオカミ

ドサージュ・ゼロで辛口なくせに照れてら
手工業的瓶内2次発酵のRMスプマンテ

華やか香る「ブラン・ド・ブラン」
シャルドネ100%
白・スパークリングワイン/750ml

“オオカミの世界”へようこそ???
あ オスが花冠編んで悪いかよ
あ 照れるなよ




アズッカのみのご注文はご遠慮いただいております。

全銘柄カード決済、ギフト券関係決済不可となります。






2017 Pi'angelina

アズッカ・エ・アズッコ、ピアンジェリーナ“ビアンカ”’17 『泣き虫天使』

税別¥3149

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
カード決済不可となります。
アズッカのみのご注文は、ご遠慮いただいております。


桜遅く春先のよーい、ドン!で花振るった
我が園の優等生シャルドネ
どんな顔して秋のゴールを迎えよう
朝に夕にふっと不安げ泣き虫天使が騒ぎだし
・・・ねぇヴィオニエ助けてよ

~最初の還元はご愛敬

40%減、、、古樽熟成

シャルドネ & ヴィオニエ

白ワイン/750ml




2017 Occhi di Daniella

アズッカ・エ・アズッコ、ダニエラの瞳“ビアンカ”’17

税別¥3334

<あと4本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
カード決済不可となります。
アズッカのみのご注文は、ご遠慮いただいております。


クラスの自己紹介でナゼ日本人の僕らに向かってあんなこと言ったんだろう
お気楽に見えた?
緊迫感のレベルは違えど一つ一つのワイン達と向き合いながら
必死の決断しているよ、ダニエラ

ポンコツヴァスラン’88のホールパンチプレス

ステン&オーク古樽熟成

麗しくって、ソーヴィニョン

白ワイン/750ml






小さな男の子の目が輝いている。
「うちもお店やろう」
今、“情熱”の連鎖。
幼い目に映ったものは何か。おとなの目に映ったものは何か。
『 アズッカ エ アズッコ 』は思う。
多様な“個性”を潰してはならない。


■ PASSO A PASSO ■
一歩ずつ上り階段を


アズアズさんの歴史は、こちらをクリック


http://azu-azu.sakura.ne.jp/



愛知県豊田市勘八町

form : 丘陵地:森
alti : 170m
espo : 多方向斜面
vede 猿投山麓~乙部


私たちは知っている。
ここには先住者がいる。私たちは後から来た存在だ。
この美しい空間を支配しているのは、
あまた獣たち、鳥たち、虫たち。
雰囲気。
そこへ甘い果実を持ち込めば、結果は見えている。
『結果』のための果樹のナーヴァス、私たちのナーヴァス。


一生のうちで出会う本の数はどれほどだろう。
作家の思いの詰まった無数の本たち。
ワインは本に似ていると思う。
様々なストーリーを秘め、
静かに開かれる時を待っている。
人の一生で『偶然』が占める割合は大きい。



5/5(日)アップ~蔵出しドニ・バシュレ’16

スタイル変化以降、素晴らしい品質!長熟も可能

※全銘柄すべての値引き対象外となります。

 

他のジュヴレシャンベルタン1はこちら




『 2016年産は生産量で1/3減産となったが、自分が造ったヴィンテージの中ではベストヴィンテージと言える程の出来!(当主のドゥニ・バシュレ本人談) 』。2017年には孫が生まれておじいちゃんに!

ドニ・バシュレは間違いなく良いワインではあるものの、
長く寝かせる必要がある上に、10年前より結構価格が上がってしまったので買うつもりなかったのですが、
最新リアルワインガイドでありえないほど大絶賛された上に、まさかのほぼすでに飲めると書かれていたので無理して買うことにしました!




ドニ・バシュレ、コートドニュイ・ヴィラージュ’16

超特価・税別¥5700

<売り切れ>

パーカー90~92点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

デカンター・オンライン89点

VINOUS 88~91点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding Top Value!)


リアルワインガイド65号 91・92点!!!(まさかの今~)

MVF(旧クラスマン)2019年度版16.5/20グラス

フィサン1級クロ・デ・ペリエールにも近く、村名ジュヴレシャンベルタンは名乗れない畑

『 ジュヴレ・シャンベルタンの北、ブロション村の畑クー・ド・アレンから。ヴィエイユ・ヴィーニュとはないものの樹齢60年になる古木。高い標高からミネラリティが感じられ、無駄のない筋肉。コート・ド・ニュイ・ヴィラージュというとプレモー以南のソフトなワインが多い中、これは別格のクオリティだ。 (輸入元資料より) 』




ドニ・バシュレ、シャルム・シャンベルタンVV’16
+コートドニュイ・ヴィラージュ’16


税別¥55700

<あと4セット>幻の超限定品!

パーカー96~98点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

デカンター・オンライン95点

VINOUS 93~96点!(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 92~94点

リアルワインガイド65号 95・97点!!!

MVF(旧クラスマン)2019年度版19/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

『 バシュレのシャルム・シャルム・シャンベルタンは、マゾワイエールではなく本当のシャルム。樹齢100年という超古木がもたらすとてつもない集中度。グリオット(モレロチェリー)の香りが涼しげに感じられ、フレッシュさを醸し出す。ストラクチャーはしっかりしているが、シャルムだけにエッジがきれいに削がれて柔らかくさえある。余韻の長さは計り知れない。 (輸入元資料より) 』



 

自然な農法、低収量、無濾過

昔は、酸が強くバランスが悪い造りに感じましたが

’02’04のジュヴレVVを飲んで凝縮感と複雑性が増して、かなり進化していて驚かされました!特に’02は、価格を考えると完璧な出来でした。’06のジュヴレVVも試飲済みですが、’04より固い印象でした

1級レ・コルボーも’04を試飲しましたが、’04とは思われないほどの長熟型でした


5/5(日)アップ~蔵出し特価クロ・ド・タール’16ラック輸入もの

’16’15は天才ジャック・ドゥヴォージュさんによる作品!

ベタンヌ&ドゥソーヴが選ぶ2007年度ワインアワード最高のワインに選ばれました!

最新MVF2019年度版にて3つ星生産者に昇格しました~!!!



 



「 つややかに咲き誇る、ブルゴーニュの花!誰もが魅惑される、官能美に溺れる! (ワイン王国61号より、クロドタール’05に関するコメント) 」

平均樹齢60年以上!
(樹齢100年を超える樹を含む)


まだ知らない方も多いと思いますが、
ついにラック・コーポレーション輸入開始です!!!




モメサン、クロドタール’16

(マグナム・1500ml・モノポール・辛口赤)


特別価格・税別¥135,000



輸入元定価・税別¥180,000

<あと5本>ラック輸入の幻の超限定品!

二度と手に入らないでしょう!当然再入荷不可能!
日本にごく僅かしか割り当てがない家宝にできるワインです(笑)




モメサン、クロドタール’16

(モノポール・辛口赤)


特別価格・税別¥65000



輸入元定価・税別¥85,000

<あと10本>ラック輸入の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

最新VINOUS 99+点!!!(ニール・マーティン、2019年2月試飲)

VINOUS 93~96点!(ステファン・タンザー、2018年1月試飲)

デカンター・オンライン95点

最新パーカー97点!(William Kelley、2024~2060年!)

パーカー97~99点!!!
(ニール・マーティン、過去最高のクロ・ド・タールのひとつ!
2022~2060年!、ワイン・アドヴォケイト234号)

最新バーガウンド・コム 94点!!!(Issue 73)


MVF(旧クラスマン)2019年度版20/20グラス満点!!!(クー・ド・ラネ!!!)

リアルワインガイド65号 95・98点!!!(2025~2065年)

’16は、ビオディナミを導入した初ヴィンテージ!
(今まではビオロジック)

手摘みで低収量

’16は、約60%全房発酵

新樽80%、1年使用樽20%で18ヶ月熟成

ビオディナミ・カレンダーを参考にして瓶詰

天才ジャック・ドゥヴォージュさんが100%造った年!!!
’19から隣のクロ・デ・ランブレに移籍してしまったので、、、
さらに’15~’18の価値が上がってしまいました!




Clos de Tart '14 (Monopole)

モメサン、クロドタール’14

(モノポール・辛口赤)

特別価格・税別¥47000



輸入元定価・税別¥70,000

<あと5本>限定品!

デカンター・オンライン96点!(2022~2032年、
Top Burgundy 2014 Primeur scores、
Gerard Basset、マスター・ソムリエ&世界No.1ソムリエのひとりによる評価)


最新デカンター・オンライン95点!(Andrew Jefford、2016年4月試飲)

パーカー95~97点!(ニール・マーティン、2020~2045年、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新インターナショナルワインセラー93+点!

最新バーガウンド・コム 93点!(Issue 65)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版18/20点

リアルワインガイド57号にて大絶賛される!
95・97点!!!(2022~2055年!)

アルコール%

’14は、低収量約31hl/ha

樹齢約60年以上!

手摘み

今ではビオロジックを取り入れ、重力による移動

天才ジャック・ドゥヴォージュさんが100%造るのは’15から
’14は瓶詰めのみらしいです。

’13 スペクテーター94点


クラスマン3つ星生産者

’02’03’04’07を試飲しました。’02は異様に固かった印象がありますが、’03’04は、香りだけは開いていました。いずれにしても大きな構造で、タンニンが多く、特に当たり年は熟成が必要です

1本の樹に5房まで

低収量27hl/ha

2005年は、選果台を使用する必要がないほど健全で完熟したブドウが収穫できた、明らかに偉大なヴィンテージだそうです!

「強さとエレガンスが融合する傑出したテロワール(ワイン王国16号、ジャッキーリゴーが選ぶブルゴーニュワインベスト50より)」

12世紀ベネディクト派修道尼によって拓れたボンヌマールに接する7.5haの歴史ある畑!

「たぐいまれな濃い色調と深いテクスチャーを誇り、複雑なアロマはボンヌマールの果実味とシャンベルタンのたくましさを兼ね備えている。(ワイン王国29号、クラスマン、ミッシェル・ベタンヌ氏のコメント)」


5/3(金)アップ~蔵出しクロスバーン(ポール・ホブズ)’15

天才醸造家による優れたナパ・カベルネ!


 




ポール・ホブズ氏は、世界有数の経済誌であるフォーブス誌が
「ワイン界のスティーヴ・ジョブズ」と書いた人物!




クロスバーン(ポール・ホブズ)、カベルネソーヴィニョン・ナパヴァレー’15

税別¥7000

<あと6本>大人気!

パーカー91点(2017~2030年、ワイン・アドヴォケイト234号)

Antonio Galloni(VINOUS) 91点(2019~2025年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!




クロスバーン(ポール・ホブズ)、カベルネソーヴィニョン・ナパヴァレー’14

税別¥7000

↑2017年8月から輸入元値下げ!

特価・税別¥8000

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー92点!(2017~2026年、ワイン・アドヴォケイト233号)

Antonio Galloni(VINOUS) 89点(2016~2020年)

デカンター・オンライン90点(2018~2035年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

31本以上完売!

「2017.7月中旬に試飲しました‘13が完熟の当たり年だったので少し心配していましたが’14も凝縮感とある程度の重さもあり、甘すぎずバランスよく複雑性が高い飲み頃NOW~という素晴らしい出来でした!タンニンの質が非常によく、酸が低すぎずエキス感があり、冷涼な地域のワインが好きなワイン通の方でも納得してしまうようなセンスの良い香りと味わいで同時にわかりやすさもある」

アルコール%




クロスバーン(ポール・ホブズ)、カベルネソーヴィニョン・ナパヴァレー’12

特価・税別¥8000

<売り切れ>大人気!

第46回インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション2015年度 銀賞(+Outstanding!)受賞!

パーカー90点(2014~2034年、ワイン・アドヴォケイト215号)

Antonio Galloni(VINOUS) 89点(2014~2020年)

Wine Enthusiast 89点

66本以上完売!!!ありがとうございました

手摘み

’12は、新樽比率14%のフレンチオークとアメリカンオークで20ヶ月熟成

お客様から『 開けたてからすごくおいしくて、甘すぎず、タンニン丸くて驚いた! 』と絶賛の声をかなり数多くいただいております!




クロスバーン(ポール・ホブズ)、カベルネソーヴィニョン・ナパヴァレー’11

特価・税別¥6100

<売り切れ>

パーカー88点(2013~2018年、ワイン・アドヴォケイト209号)

スぺクテーター88点(NOW~2020年)


Wine Enthusiast 91点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!




クロスバーン(ポール・ホブズ)、カベルネソーヴィニョン・ナパヴァレー’10

税別¥5300

<売り切れ>絶対おすすめ!

超大人気!

パーカー91点(2012~2022年、ワイン・アドヴォケイト204号)

インターナショナルワインセラー91点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

’09以上にリピートしていただけるお客様続出です!!!

「2013.9月に試飲しました。’10も素晴らしくよい出来!凝縮してモダンでわかりやすさがありつつもコンディションが抜群によい為、透明感もあり重すぎない。酸も低過ぎず余韻が長い。ホーニッグよりもさらに上質で通の方にもおすすめできる内容の価格を超えた高い品質!」

105本完売!!!ありがとうございました



クロスバーン(ポール・ホブズ)、カベルネソーヴィニョン・ナパヴァレー’09

税別¥5300

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(2012~2017年、ワイン・アドヴォケイト198号)

インターナショナルワインセラー90点

ジャシス・ロビンソン16.5/20点


デカンター・ワールドワインアワード2012年度 シルバーメダル!

Wine Enthusiast 92点!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

35本完売!ありがとうございました~※’09は再入荷不可能!

「2012.4月に試飲しました。典型的な果実味豊かでわかりやすいナパ・カベルネという印象ですが、このやり過ぎまではいかないチョコレート+ブラックベリー+スパイスの香りは素直に時々飲みたくなってしまうタイプの質の高さで味わいも噛めるようなしっかりした果実味、やや多めだがすでに溶け込んだタンニンでコクと深みがあり、低すぎない酸でよいバランス。長めのアフター。1万円のワインと言われても納得してしまいそうな満足度の高さがあります」

アルコール14.1%

天然・培養酵母で発酵、
フレンチ&アメリカンオーク樽(23%新樽)で18ヶ月熟成、無清澄・無ろ過

’08 インターナショナルワインセラー90点

’07 Wine Enthusiast 94点!


ポール・ホブズは、1978年ロバート・モンダヴィで最初に醸造に携わった人物で天才醸造家と言われています!
翌年にはオーパスワンのファースト・ヴィンテージを仕込み、
1981年には醸造チームリーダーとなり4年間を過ごします。その後ソノマのシミ・ワイナリーの副社長兼醸造責任者を経て、醸造コンサルタントとして独立。
その後1991年に自身でワイナリーを設立


『 ポールは家族が経営するニューヨーク州の農場で育ちました。自然の中で育った彼のお気に入りの遊び場は農場の真ん中にあった「クロス・バーン(納屋)」でした。土地への愛情や厳しい労働の後に獲る喜び・働く家族への尊敬を学んだ場所でもありました。この思いを環境保全型農法やPaul Hobbs Winery で培われた栽培・醸造技術で表現したのがこのクロスバーン・ワイナリーです。 (輸入元資料より) 』


5/3(金)アップ~蔵出しエレンシア・アルテス’17クパージュ

蔵出しシンフォニア’17テンプラニーリョ

’14が、リアルワインガイド56号旨安大賞!!!

すべてが高品質でお買い得!しかも果実味強調型ではなく、ちゃんとそれぞれの地域やブドウのよさを表現出来ている!

さらに自身のワイナリーであるエレンシア・アルテスも!










 



アバニコ・セレクションとは?

地域の多様性と独自のブドウ品種により、個性溢れるワインの宝庫であるスペイン。ワイン商として様々な造り手と交流を重ねる中でその魅力に目覚めたラファエル・デ・ハーンは、スペイン各地からの心浮き立つようなワイン・コレクションを生み出すべく2006年にボデガス・アバニコを設立。大学で農業を学び、テッラ・アルタでブドウの品質管理を監督していた妻のヌリア・アルテスをパートナーに、各生産地を代表するトップ・メーカーとのコラボレーションを通じて、テロワールと土着のブドウ品種のキャラクターにあふれたワインを世界に発信している。

ただ伝統を踏襲するだけでなく、その本質を若い感性で洗練・昇華させる現代スペインの表現者であり、まだ設立間もないながらも、彼らのワインは専門各誌で高い評価を受けている。

アバニコ・セレクションもラファエル夫婦のワインもHPに載せる前からずっと店頭では扱っており、はっきり言ってはずれなし!大人気でリピーターも続出です!





アバニコ、シンフォニア・テンプラニーリョ’17

(スペイン・辛口赤)


税別¥850

<あと8本>

アルコール13.5%



アバニコ、シンフォニア・テンプラニーリョ’15

(スペイン・辛口赤)


税別¥800

<売り切れ>

最新VINOUS 89点!!!(2018~2022年、2017.5月試飲)

アルコール13.5%

48本以上完売。ありがとうございました

テンプラニーリョ100%

ステンレスタンク熟成

粘土質土壌

’14 リアルワインガイド56号 旨安大賞!!!

セントロ地方カスティーリャ・ラ・マンチャ地区

『 品種の特徴を余すところなく表現したシンフォニア。ラズベリーや桑の実などの赤果実の芳醇な香りと、果実の凝縮した旨味ときれいな酸を感じるバランスの良い赤ワインです。 (輸入元さんコメント) 』




アバニコ、シンフォニア・シラー’17

(スペイン・辛口赤)


税別¥850

<あと2本>

アルコール13.5%



アバニコ、シンフォニア・シラー’14

(スペイン・辛口赤)


税別¥800

<売り切れ>おすすめ!

シラー・デュ・モンド2015年度 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

150本完売!ありがとうございました

「2016.4月上旬に試飲しました。軽すぎず熟して凝縮した果実味で、青さや雑味やエグみなく、バランスよくおいしい。非常によく出来たお買い得品。DSLアルテバンNVよりも少ししっかりしている」

アルコール13.5%

シラー100%

ステンレスタンク熟成

コルク

セントロ地方カスティーリャ・ラ・マンチャ地区

『 完熟したシラーならではの黒果実やスミレの花のニュアンスを持つ芳醇な香りと、柔らかなタンニンの甘みを感じる飲み応えのある赤ワインです。 (輸入元さんコメント) 』



『 テッラ・アルタを世界に! 』をテーマにアバニコ・セレクションを成功に導いたラファエル夫妻が独自に造ったワイナリー

テッラ・アルタの魅力に着目し、樹齢100年以上の古木を含むブドウから造られるガルナッチャには目を見張るものがある。エチケットは妻ヌリアの幼少時代の日常の風景を描く。




エレンシア・アルテス、クパージュ’17

(スぺイン・D.O. Terra Alta・辛口赤)


税別¥1600

<あと12本>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリング 90点

VINOUS 90点(2020~2025年)

パーカー88点(2018~2020年、ワイン・アドヴォケイト236号)

ファルスタッフ 89点


「2019.4月初旬に試飲しました。この’17はすでにビオロジック100%の自社畑100%となっています!やはり味わいも進化したように思います。赤い実主体の果実香、花、ヨード、ミネラル、スパイスなどのよい香り。フルーティーでバランスよく、タンニンの質が非常によく、酸が低すぎず、重くないが不足はなく楽しめるよい出来」

アルコール14.5%

海抜450m、主に石灰岩の土壌

ガルナッチャ・ネグラ60%、シラー20%、カリニェナ20%

バリック熟成

CCPAE(ホアン・ダンゲラの裏ラベルなどにも付いているスペインの有機栽培認証)とユーロリーフあり!




エレンシア・アルテス、ガルナッチャ・ネグラ’15

(スぺイン・D.O. Terra Alta・辛口赤)


税別¥1500

<あと2本>限定品!

※次のヴィンテージ輸入まで一切買えません。

パーカー87点
(~The palate shows austere tannins, medium bodied with a good length. Impressive for the price.
2016~2017年、ワイン・アドヴォケイト227号)


’16 ジェームス・サックリング 91点!



エレンシア・アルテス、ガルナッチャ・ネグラ’14

(スぺイン・D.O. Terra Alta・辛口赤)


税別¥1400

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー87点(~It is certainly a great value!2015~2017年)

VINOUS 90点(2016~2020年)

「2016.6月下旬に試飲しました。この時点では’13より果実とタンニンが強く感じられ、わずかに固さの残るおいしさでしたが、すでに約10ヶ月経過しているのでもう充分おいしく飲めるのではないでしょうか?」

アルコール%



エレンシア・アルテス、ガルナッチャ・ネグラ’13

(スぺイン・D.O. Terra Alta・辛口赤)


税別¥1400

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー・オンライン90点(2014~2016年)

インターナショナルワインセラー91点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

120本完売!!!ありがとうございました~※もう少しで’14に移行致します。

「2015.9月に再度試飲しました。何故か?5ヶ月前に試した時よりも酸が強く、酸っぱいというほどではないにしても相対的に他の要素がやや弱く感じられる。今ならブルゴーニュ・グラスで飲んだ方がよいかも。時間かグラスで調整したいところ」



「2015.4月に短時間で試飲しました。香りがよく、酸とミネラルが低くなく、程よくジューシーさもある果実味でタンニンは丸く、この価格帯の赤ワインとしては飽きの来ない上質な味わい。個性・質感がよく、100%有機栽培になったらさらに大きく向上するかもしれない!」

アルコール14%

ガルナッチャ・ネグラ100%

熟成:コンクリートタンク

’10 リアルワインガイド40号にて高評価される!

初ヴィンテージ以来、そのクオリティとコストパフォーマンスの高さで専門各誌を驚かせてきたガルナッチャ。甘く熟したブラックチェリーやラズベリー、クランベリーの豊かな香りに鮮やかなミネラルのニュアンス。ジューシーな濃い赤の果実に満ちた味わいは力強くリッチだが、テッラ・アルタでも標高が高く冷涼な気候がもたらすフレッシュさや精緻さも備えている。



オーナー:Rafael de Haan & Nuria Altes

パニャルと呼ばれるテッラ・アルタによく見られる石灰質土壌。表土は砂質。

将来的には有機農法での栽培を目指しており、現在それに向けて畑を整備している。

ブドウは全て手作業で収穫後、20kgの容量の箱でセラーに運ばれる。発酵前に4度以下の温度で一晩冷蔵し、ブドウとマストの酸化を防ぐ。その後選果台で選果。ブドウが非常に冷たいため、選果チームは指先がかじかまないように手袋をはめてブドウをより分けている。 白:プレス後、ワインに応じてステンレスタンクもしくはコンクリートタンクでアルコール発酵。熟成にはコンクリートタンクを用いる。 赤:破砕後、ステンレスタンクで発酵を行い、圧搾。熟成にはワインに応じてコンクリートタンクやバリックを使い分けている



『 地域の多様性と独自のブドウ品種がもたらす個性溢れるワインの宝庫であるスペインにて、今までにない斬新な方法でその実力を世界に知らしめたプロジェクト、アバニコ。設立者であるラファエル・デ・ハーンとヌリア・アルテス夫妻は、各生産地を代表するトップ生産者とのコラボレーションを通じ、そのテロワールと土着ブドウのキャラクターを現代的な感性で表現してきた。テッラ・アルタ、トロ、ルエダ、バルデオラス、リオハ、プリオラート…知名度ではなく、土地のポテンシャルに焦点を当て、多彩なD.O.から生み出されるアバニコのワインは、専門各誌で高い評価を受けている。

しかし、スペイン各地で数々の優良産地を経験しても、彼らの心は常にテッラ・アルタにあった。ここはアバニコの最初のワインを手掛けたD.O.であり、ヌリアの故郷でもある。アバニコのプロジェクトは、彼らのワイン造りの原点となるこのテッラ・アルタで醸造所を設立するという長年の夢を実現するための重要なステップとなった。スペインワイン自体のマーケットを広げることができたこと、そして無名の産地でもクオリティを示せば広く受け入れてもらえることが証明されたことが、彼らに大きな勇気を与えたのである。

スペイン南部に位置するテッラ・アルタは、カタルーニャ州最大の栽培面積を持つD.O.のひとつだ。その総生産量の50%を占める重要な村、バテアに代々続く栽培家の家系にヌリアは生まれ育った。彼女はテッラ・アルタとそのワインに対する情熱を見込まれ、地元の協同組合で輸出マネージャーとして働いていた時に、ラファエルと出会った。イギリス出身のラファエルは当時、スペインワインの魅力に目覚めたばかりの駆け出しのワイン商だった。彼らを結びつけたのはヌリアが働く協同組合の1本のワイン。「こんな素晴らしいワインができるのに、テッラ・アルタが無名なのはおかしい」。テッラ・アルタを世界のワイン地図に載せるために、その本当の実力を表現したワインを自ら手掛けたい…。意気投合した彼らは、その夢に向かって公私ともに将来を共にすることを決めたのである。

彼らが考えるテッラ・アルタの魅力とは、株仕立てのガルナッチャの古樹が多くあることだ。クオリティと『その土地らしさ』という点で、この地は最高の産地のひとつであるとラファエルはいう。しかし現実には、テッラ・アルタではブドウの大半が協同組合や外部の大規模ワイナリーに売られており、長らくクオリティは二の次となっていた。収穫前に灌漑をして収量を増やすことが当然のように行われ、ブドウの実を多く結ばない古樹の畑は打ち捨てられていた。

ラファエルとヌリアはこの悪しき慣習に反し、古樹の真のクオリティを表現するため、2013年に彼ら自身の醸造所となるエレンシア・アルテスを設立した。< 40haの所有畑は、ヌリアが実家から相続した樹齢90年の古樹の区画に加え、新たに購入した樹齢100年の区画を含む。 >ただ、その半分以上が長年放置されており、再植樹が必要な畑だ。これらの畑の整備を進める傍ら、ヌリアの実家や周辺の信頼できる栽培家からブドウを購入しているが、出来るだけ樹齢の高いものを選んでいる。

また、ラファエルは、彼らの畑は他の栽培家の畑よりも標高が高いことを利点のひとつに挙げる。テッラ・アルタは地中海性と大陸性の混合気候で、内陸から吹く冷たい北西風と、温暖な海風の2種類の風が特徴となる。コンスタントに強い風が吹くことは、ブドウ畑の彼方に風力発電のタービンが多数設けられていることからも分かる。標高の高さによりこれらの風の影響をより強く受けるおかげで、十分な日照を受けつつブドウがゆっくりと成熟するため、彼らのワインは一般的なテッラ・アルタのワインよりもフレッシュでエレガントなものとなる。パニャルと呼ばれる石灰質の土壌もこのキャラクターを引き立たせる。加えて、糖度だけではなく自然な酸の高さも考慮して収穫を行うため、この地域では珍しく補酸をせずに醸造を行っている。

醸造施設は非常に小さいが、選果台や、ステンレスタンクやコンクリートタンク、バリックなど、クオリティのワインを造るための必要最低限の設備は揃っている。ラファエルとヌリアは、これまでと同じくアバニコを通じて『今飲むべきスペインワイン』の発信を続けると同時に、エレンシア・アルテスでテッラ・アルタの真のポテンシャルを広めようとしている。初ヴィンテージから既にそのクオリティの高さとコストパフォーマンスで注目を集めており、2014年からは、地中海沿岸地域のワインのスペシャリストであるクロード・グロがコンサルタントに就任。「グルナッシュの経験は他に並ぶものがいない」とラファエルが評する敏腕醸造家により、更なる成長が見込まれる期待の新星である。

因みに、ブドウ畑の中で戯れる少女が描かれた印象的なラベルは、ブドウとともに育ったヌリアの幼少時代の日常の風景をモチーフにしている。テッラ・アルタをルーツとするヌリアに対するラファエルの敬愛が伺えるデザインだ。 (輸入元資料より) 』


 

5/3(金)アップ~蔵出しパスカル・クレマン’17’14ブルゴーニュ・ブラン

3/21(木)アップ~蔵出しパスカル・クレマン’17’16’15’14

11/29(木)アップ~蔵出しパスカル・クレマン’16

コシュ・デュリ直伝の素晴らしい品質!強烈な塩ミネラル!






 




2018.11月下旬にパスカル・クレマン氏ご来店いただきました~!




すべてのワインが、温度を下げ過ぎないほうがおいしいみずみずしく塩ミネラルが強いタイプで、樽と抽出は常に控えめだが、緩みはなく果実もピュアで透明感あふれるもの。ビオロジックの一流ドメーヌの品質。
複雑性を維持したままのピュアでミネラリーは、かなりのセンスを感じさせる。
すでにフランス国内レストランでのオンリスト率急増中らしいですが、すぐに有名になって入手難となってしまいそう。
DIAMコルクの採用を増やしている途中。

輸入元さんでの欠品が長く、やっと買えました~!




Pascal Clement, Bourgogne Blanc '17

パスカル・クレマン、ブルゴーニュ ブラン’17

税別¥2800

<あと10本>絶対おすすめ!

最新パーカー88点(2018~2028年、
William Kelley、2019年4月試飲)

※↑あのトマ・モレ’17ブルゴーニュ・ブランよりも高い評価となりました!

「2019.4月下旬に試飲しました。濃いだけの樽が効いたブルゴーニュ・ブランが未だにもてはやされる中で、やさしさのなかに強いミネラルと高級感があり、ブルゴーニュ通であるほど高評価されそうなこのスタイルが素晴らしく、今ありえないほどうまい。この日試飲したたくさんのワインの中で文句なしに当店的No.1でした。果実・うまみ・バランスにも優れ、アフターには強めの塩ミネラルを伴い長い。この価格帯の最高峰の一つ。昔、ドメーヌ・ド・ベレーヌがサンロマンをたくさん格下げして造っていたブルゴーニュ・ブラン(今は別々に造っているので格下げしていない)が大好評でしたが、酸の厳格さはあちらよりやさしいが、同レベルのものすごい内容」

アルコール12.5%

ピュリニー・モンラッシェ、サヴィニー・レ・ボーヌ、ルイィ各村内の畑より
平均樹齢50年のVV。ステンレスタンクで発酵後、8ヶ月間熟成




Pascal Clement, Bourgogne Blanc '14

パスカル・クレマン、ブルゴーニュ ブラン’14

税別¥2800

<あと7本>

飲み頃の当たり年バック・ヴィンテージ!

アルコール12.5%




Pascal Clement, Savingy-les-Beaune Guetottes Blanc '15

パスカル・クレマン、サヴィニレボーヌ・ゲトット・ブラン’15

税別¥4300

<あと6本>限定品!

貴重な自社畑!

0.2ha。樹齢35~40年のVV
樽で発酵後、新樽率25%で16ヶ月間熟成




Pascal Clement, Pernand-Vergelesses Les Combottes Blanc '17

パスカル・クレマン、ペルナン・ヴェルジュレス レ・コンボット・ブラン’17

税別¥5000

<あと10本>




Pascal Clement, Pernand-Vergelesses Les Combottes Blanc '16

パスカル・クレマン、ペルナン・ヴェルジュレス レ・コンボット・ブラン’16

税別¥5000

<売り切れ>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2018.11月下旬に試飲しました。ミニ・コルトンシャルルマーニュという感じの複雑性と強烈塩ミネラルがインパクト大!透明感のあるみずみずしさで樽を感じさせないバランスの飲み頃NOW~。相当なセンスと実力がないとこうはならないので皆さんぜひ驚いてください。よい個性かつ価格以上のワイン。温度は絶対に冷やし過ぎないほうがおいしい」

アルコール%

平均樹齢40年のVV。樽で発酵後、新樽率20%で12ヶ月間樽熟成。




Pascal Clement, Saint-Romain Blanc '16

パスカル・クレマン、サン・ロマン ブラン’16

税別¥4700

<あと22本>絶対おすすめ!

輸入元社長大絶賛の1本!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

26本完売。~※’16は、再入荷不可能!

「2018.11月下旬に試飲しました。計8種類ここの白ワインを飲みましたが、すでに超一流生産者のレベルにありほぼ全銘柄が価格を超えていました。当然当店が買ったワインはその中でも特にずば抜けて優れていたという判断です。酸だけみるとキレキレではないが、果実・骨格があり、ミネラルが強靭で塩味も強い為、総合的にはキレがある硬質な印象で余韻が長い。温度は絶対に冷やし過ぎないほうがおいしい。キレだけあって中身は薄いよくあるサンロマンとは全くの別物であり+¥3000の品質。決してミネラルだけのワインではなく、予想よりフルーツ感も強く、まろやか厚みとグリップもありつつ、やはり最終的にはビシッと引き締まる。時間とともに強く感じられてくるはっきりした塩味。リンゴ、白桃、花、洋ナシなどの香り。樽は控えめであくまでみずみずしさをキープしている。抜栓の2日後でもまったく落ちない」

アルコール13%

区画はEn Poillange。平均樹齢45年のVV。樽で発酵後、新樽率25%で11ヶ月間樽熟成。




Pascal Clement, Saint-Romain Blanc '14

パスカル・クレマン、サン・ロマン ブラン’14

税別¥4500

<あと7本>超限定品!




5/3(金)アップ~蔵出しドメーヌ・コルディエ’16プイィフュイッセVV

<4年間値上がりなし!!!>の超お買い得品!完熟フルーツの厚みコク!


 





ドメーヌ・コルディエ、プイィフュイッセVV’16

税別¥4100

<あと9本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!!!

パーカー91点!(2018~2026年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

バーガウンド・コム 90点

VINOUS 90点
(2018~2023年、ステファン・タンザー)

スペクテーター89点(NOW~2021年)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

15本完売。

「2019.4月初旬に試飲しました。値上がりがないこともあって特にお買い得感が強い!例年通りのよく凝縮して厚みと粘性のある果実味、同時に酸も低くない為バランスよく飽きない。樽こそ強くないものの昔のスタイルのムルソーがお好みの方にもおすすめできる内容で余韻も長め。黄桃、洋ナシ、樹脂、バタークリーム、蜜などのよい香りで、冷やし過ぎないほうがおいしい。オマール海老なんかはもちろん幅広く食事に合いそう」

滅多にないことに’13からずっと値上がりなし価格で頑張り中!

例年、超低収量!




ドメーヌ・コルディエ、プイィフュイッセVV’15

税別¥4100

<売り切れ>

パーカー92点!(2018~2027年、
~The palate is well balanced with crisp acidity, very harmonious in the mouth with attractive orange zest, tangerine and strawberry notes toward the finish. There is a lot going on in this multifaceted and really delicious Pouilly-Fuisse this is a superb wine.
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト232号)


インターナショナルワインセラー90点(2018~2023年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

’14から値上がりなし!

60本完売!ありがとうございました




ドメーヌ・コルディエ、プイィフュイッセVV’14

税別¥4100

<売り切れ>

最新バーガウンド・コム 91点(Issue 64)

インターナショナルワインセラー91点!(2015~2024年)

スペクテーター89点(NOW~2019年)

Wine Enthusiast 90点(Drink now, but better from 2017~)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

アルコール13%

Domaine Cordier 2014 Pouilly-Fuisse Vieilles Vignes




ドメーヌ・コルディエ、プイィフュイッセVV’13

税別¥4100

<売り切れ>限定品!

ブルゴーニュ・オージョルディー18.5/20点!!!

インターナショナルワインセラー89点(2015~2022年)

スペクテーター・オンライン88点(NOW~2021年)

Wine Enthusiast 90点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15/20点

アルコール13%

超低収量20hl/ha!!!

’12 リアルワインガイド50号にて高評価される!

熟成:350L特注バリック12ヶ月

平均樹齢60年を超えるブドウから造られるヴィエイユ・ヴィーニュ!
上品なオークの香りとリッチで粘りけを感じさせる上品な凝縮味と秀逸な余韻の長さを誇る。以前は別のキュヴェとして作られていた上質の区画のブドウをブレンドするようにしたことが このキュヴェの品質を向上させている。



オーナー&醸造責任者
Christophe Cordier

栽培方法
グイヨ仕立て。ブドウ栽培にはリュット・レゾネを採用。
畑は緑に覆われている。「機械にはそれなりの利点はあるが、ブドウにとっては人の手の方が好ましい」という信念のから、除葉はもちろん、収穫も手作業。収量は極めて低く、ブドウが最良の状態に熟成するまで収穫を遅らせる。

醸造方法
空気圧で圧搾後、木製の発酵桶もしくはステンレスタンクで自然酵母を用いてアルコール発酵。マロラクティック発酵と熟成は澱引きせずに行う。清澄はしないが、軽くフィルターを掛ける。


1930年代に創業されたコルディエ。マコネ地区の老舗であり、その牽引者としての役割は偉大である。ブルゴーニュ・ワイン専門誌『ブルゴーニュ・オジュルデュイ』で、2005年のブルゴーニュNo.1のヴィニュロンに選ばれるなど、その名は広く知られ、ラフォン、ルフレーヴを始め、近年マコネ地区に注目し生産を開始したブルゴーニュ屈指の生産者でさえも、教えを請いに彼の元を訪れる。

現在の当主、1967年生まれのクリストフ・コルディエは大変意欲的で、1995年から数多くのキュヴェに分けて販売し、マコネの細やかなテロワールを表現することに注力している。彼が手がけるワインは、ブドウが最良の状態に熟成するまで収穫を遅らせるため完熟した味わいが特徴的で、ブドウが育まれた環境を如実に物語っている。低収量のブドウから生み出されるワインは時としてコート・ド・ボーヌのグランクリュ・クラスをも凌駕する。
(輸入元資料より)


4/30(火)アップ~蔵出しドメーヌ・ドニ・キャレ’17’16

’16が、リアルワインガイド64号にて大絶賛される!








 



Denis Carre, Bourgogne Hautes Cotes de Beaune Rouge La Perriere '17

ドニ・キャレ、オートコート・ボーヌ・ルージュ・ラ・ペリエール’17

税別¥3100

<あと7本>おすすめ!

「2019.5月初旬に飲みました。縁が紫がかったやや明るいルビー色。抜栓直後は予想以上に濃密なスミレ香!他にミニ・トマト、胡椒、ミネラルなどの香りで樽は控えめ。いかにも’17らしいキレイな酸をベースにした甘酸っぱい味わいで、エレガントだが決して薄くはなく、あと少しで溶け込むタンニン。すでにおいしいがベストは1~2年後くらいだろうか?時間とともにスミレ香が弱くなりアセロラ系の赤い実果実香が前に出てくる。ある程度うまみとコクがあり、全く重くはないが弱くもない。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール12.5%

ピノノワール100%
Meloisey ムロワゼ村の区画より
面積1.1ha
平均樹齢35年
リュット・レゾネ

新樽5%で1年間熟成
生産本数:7000本
赤系ベリーのニュアンスでエレガントなワイン。タンニンがなめらかにとけこんでいます。




Denis Carre, Beaune 1er Les Tuvilains Rouge '16

ドニ・キャレ、ボーヌプルミエクリュ・レ・チュヴィラン’16

税別¥6000

<あと10本>おすすめ!
限定品!

リアルワインガイド64号 92・93点!!!

「2019.5月初旬に飲みました。一番飲んでみたかったポマール・ノワゾンの輸入が今回なかったようなのでこちらを開けました。リアルワインガイドさんではこのボーヌが最も高く評価されました。紫色の弱いやや濃いルビー色。今は香りが閉じておりそっけないが味わいはなかなかのもの。あえて言えば、熟成香ではないドライフラワー、土系ミネラル、胡椒などの樽は控えめでクラシックな印象。味わいは凝縮して意外に重心低め。生産量大幅減で結果的に残ったブドウがかなり凝縮したパターンなのだろうか?艶やコクもあるので、2~3年後にかなり向上するかもしれない。もし’17がこれに酸とミネラルを少しプラスするような味だったら相当期待できそうだ。この’16は今はエレガントというより、やや濃い味わいに感じられる。抜栓の次の日も香りは開かなかった、、、そこだけそっけないが味は良いです」

アルコール13%

やはりこのドメーヌも生産量大幅減だった年、、、


【リアルワインガイド64号で「突出したワインを造った生産者」に選ばれる!】
名著「ブルゴーニュワイン大全」(ジャスパー・モリスMW)でも、オート・コート・ド・ボーヌの「主要生産者」と紹介されている優れたドメーヌ。
そこに書かれている通り、派手さは無いが、綺麗でピュアなワインを造り続けており、ギド・アシェットには20年連続(!)で掲載されている。その内クード・クールは9回。

ブルゴーニュに育ち、 子供のころからぶどう農家の手伝いをしていたというドニ ・ キャレは、 1975 年、 ボーヌの西に位置する小さな村、 ムロワゼ村に自身のドメーヌを設立しました。 設立時はまったく無名の存在でしたが、 年を追うごとにその評判は上がり続け、 これまでギド ・ アシェット誌に 20 年連続掲載、 クード ・ クーに 9 回選出という驚嘆すべき評価を得、 地元では毎年完売必至の人気を獲得するに至っています。 規模も徐々に拡大し、 現在ではオート・コート・ド・ボーヌの中でもムルソーの真下に位置する良区画 「スー・ラ・ヴェル」 を拠点とし、 ムルソー、 ポマールなど、 13 アペラシオンを所有するまでになりました。

ドメーヌの経営は娘のガエターヌが仕切り、 醸造には息子のマルシャルが関わるなど、 家族ぐるみで情熱的にワイン造りに取り組んでいます。 キャレ夫妻にワイン造りへのこだわりを訊ねると、 「ぶどうが一番大事!」 と即答。 「畑での仕事が、 その年のワインの出来に直結しますから。 目指すワインは、 みんなが喜んでくれるワイン」。 その潔いまでのシンプルなスタイルは、 むしろ自信の表れといっていいかもしれません。 ドメーヌの施設内はきちんと整理整頓されており、 清潔そのもの。 家族全員が誇りを持って家業に取り組んでいることが、
こんなところからも伝わってきます。

オート・コート・ド・ボーヌ、ムルソー、ポマールなど13アペラシオン、計13ヘクタールを所有。栽培はリュット・レゾネで、農薬はどうしても必要があるときにだけ使用。 手がける13アペラシオンすべてにおいて、ぶどうは手摘み収穫。果汁の十分な濃度を得るために、ぶどうが完璧に熟すのを待ってから行います。発酵には天然酵母を用い、熟成は、おのおののキュヴェにもっとも適したバランスに落ち着くよう、細心の注意をもって行われています。
(輸入元資料より)


4/30(木)アップ~蔵出しG・ロブロ・マルシャン’15レ・フエ

いきなり入手難の大型新人!やや細身でクラシックな造り、正統派の上質な味わい








↑’12からラベルデザイン激変しました。


 

 





当主のフレデリック・ロブロさんと奥様のアンドレ・マルトノさん
ず~っと真面目に畑仕事をしていてプロモーションで海外に行くこと自体が初めてだとか!試飲会場では緊張感のある固い表情でしたが、当店ではニコニコしていたかなり感じのよいご夫婦。
他に栽培のベテラン従業員がいるそうですが、基本的に二人で栽培も醸造もやっています。なので奥様もすでに現場で働く凄腕アシスタントで経験豊富ということです。

輸入開始の’06からずっと扱っていると言うと喜んでくれました。
厳格なリュット・レゾネで、畑に大きな問題がなければ結果ビオロジー。
人が手をかけ過ぎない自然な造りであるため、
コールド・マセレーションをしない、
ピジャージュをほとんどしない、ルモンタージュのみで強い抽出を避ける。
当店でおなじみのドミニク・ル・グエンさんやクリストフ・ルーミエさんだけでなく、シャンボール村が本拠地の生産者全員と仲が良く、しょっちゅう情報交換しながら飲むそうです。
フレデリックさんはピエール・ブレさんと親友、アンドレさんはアメリー(ドメーヌ・ベルトー)さんやアレクサンドリーヌ(マルク・ロワ)さんとも仲が良いそうです。

シャンボールミュジニィ村とヴォーヌロマネ村は特に値上がりの激しい村ですが、ここは驚くほど良心的な価格設定で、本当は樽ですぐにネゴシアンに売った方が高く売れてしまう場合があるにもかかわらず、強い意志とこだわりでドメーヌ元詰めを頑張っているというからにはブルゴーニュの未来のためにも応援せねばなるまい!

ワインは一貫してクラシック。リリース直後は固く果実感が伝わりにくい為、やや細身でアフターが若干タニックに感じられることも多いですが、3~4年の瓶熟成でちゃんと化ける。




G. Roblot-Marchand, Chambolle-Musigny 1er Les Fuees '15

G・ロブロ・マルシャン、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・フエ’15

税別¥10000

<あと19本>絶対おすすめ!
限定品!

※’15は、再入荷不可能!
’16を買うと¥1080値上がり致します。

「2019.4月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。エマニュエル・ルジェ的な複雑なブランデー香を含む完熟でよく凝縮してほのかに甘く華やかなよい香り。樽香は控えめで、赤い実果実のフレーバーティー、ルイボスティー的な土系ミネラル、花束、ごくわずかにミント、甘すぎないイチゴ・ショートケーキ、超控えめなヴァニラとスパイスなどの香り。最適ではないグラスを使うとヴァニラ香が少し前に出ることもある。果実とグリップも充分で、’15としては酸とミネラルがしっかりしており、タンニン多いが丸く、さすがにまだ少し固いが、大きく化けそうなポテンシャルと余韻・骨格がある。2022~だろうか?抜栓の次の日も非常においしい。やはり’15でも繊細性とミネラリティがある。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13.5%

わずか0.2haの所有

石がちな粘土石灰質土壌

平均樹齢50年!

新樽30%、1~2回使用樽70%で14~16ヶ月間の熟成。グランクリュの Bonnes Mares に接する優良畑で、「僕の4つのプルミエ・クリュの中で、最も薫り高く、繊細なワインです」

 


5/2(木)アップ~蔵出ポール・ウンブレシュト’11クレマン

並のシャンパーニュを凌駕する品質!傑出した甘旨酸塩バランス!














’95からビオロジック(エコセール認証あり)
’99からビオディナミ(デメテル認証あり)




Paul Humbrecht, Cremant d'Alsace Millesime <Clara> '11

ポール・ウンブレシュト、クレマン・ダルザス ミレジメ’11

(アルザス・辛口白泡)

税別¥3300

<あと8本>絶対おすすめ!

「2019.5月初旬に飲みました。これから高く評価される造り手。ここは辛口白リースリングもおいしいが、泡はさらに格別においしく、クレマンでは滅多にないことに並の¥4000台のシャンパーニュよりおいしい。トップノーズからもうすでに強烈なミネラルを連想させるキラキラ感があり、ピュアでナチュラルかつ、各要素が思いのほか細かく複雑。甘旨酸塩のバランスが傑出している。冷やし過ぎないほうがおいしい。亜硫酸少なそうだが緩みがなく、コクもあり、余韻に長く持続するミネラル感。鱈焼きにもアスパラ炒めにも合うし。ラタトゥイユにかなり合う。ちなみに<Clara>はその年ごとのキュヴェ名であり、味のイメージで変えるのか?それほど意味はないらしいです。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

デメテル、ユーロリーフあり!

ピノブラン60%、リースリング20%、ピノグリ20%

粘土石灰質土壌
樹齢25~30年
ステンレスタンクで醸造
ビオロジーのMCRによるドザージュは0.5g/l

コルマール市より南に10km、「オー・ラン」(ライン川上流)のプファッフェンハイム村に1620年より続くぶどう栽培家です。1945年に自社ビン詰めを開始し、1980年に3代目ピエール・ポールが継承。2011年より息子の4代目マルクが運営しています。

 ピエール・ポールは早1995年から完全ビオロジー栽培を開始し、1999年にはビオディナミに転換しています(2002年「demeter」認証)。
 「ビオディナミとは、「願い」です。環境を守りたいという願い。自分たちが心から納得できる仕事をしたいという願い。美味しいワインを飲みたいというお客様の願い。すべての願いの結晶なのです」。

 ウンブレシュト父子は、彼らのワインが美味しいお料理とのマリアージュの真髄を発揮できる本当の飲み頃を迎えるまで、自社カーヴで貯蔵してからリリースすることを哲学としています。彼らのプロフェッショナリズムとそのワインの美味しさに心を打たれたフランスの多数のソムリエ達が、誇りを持って自店にオンリストしています。

 印象的なラベルデザインは、本職のジュエリーデザイナーがこのドメーヌのために製作した実物の金細工から立体的に起こしたもので、ビオディナミストとしての彼らの仕事の精緻さ、きめ細かさを表現したものです。

ドメーヌ継承年
2011年

醸造における特記事項
天然酵母のみで発酵。白は除梗しない。ステンレスタンクによる醸造

販売先
フランス国内80%(個人のワイン愛好家、ミシュラン3つ星「ピエール・ガニェール」等レストラン、ワインショップ)

ビオディナミのブドウから生まれる液体の力強さ!長期瓶熟成からくる複雑な香りときめ細かい泡立ち、うまみ!いくつものお花の香、カスタードやアップルパイなどの香ばしさもあり、また味わいは非常にドライな誰が飲んでもおいしい!と言って頂ける自身の作品です!
(輸入元さんコメント)


4/26(金)アップ~蔵出しラファエル・バルトゥッチ’18

入手難!ビュジェ・セルドン最高の生産者!

思わず笑ってしまうしかないおいしさ!ナチュラルな甘さと酸、クリーミーな泡

 

 

2010年からAOCビュジェ・セルドンを名乗れるようになりました!

数社輸入しているようですが、当店在庫はラシーヌ輸入の限定品!




ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’18

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品!

「2019.4月下旬に飲みました。’18もやっぱり素晴らしい!アタックだけなら中辛寄りのほのかな甘口だが、アフターの最後に上質な甘旨粘性のある残糖感が残り、うまみ塩ミネラルを伴って極めて心地よい。キレイな酸で一切クドくない。リンゴと洋ナシのネクター、ミネラルなどの癒しの香り。いかにも連休とか週末の自宅飲みに最適な銘柄。抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール8%

ABマーク、ユーロリーフあり!
おそらくEPAによる嬉しい値下がり!




ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤンNV(’15)

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥3000

<売り切れ>

アルコール8.5%



ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤンNV(’14)

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥3100

<売り切れ>絶対おすすめ!

去年と同じ価格を実現できました!

36本完売。ありがとうございました※すでにラシーヌ輸入もの’14は再入荷不可能!

数年熟成可能なまったく落ちないワインです

「2015.8月中旬に再度飲みました。前回とほぼ変化なし。やはりセルドンとしては凝縮して少しの重さがある。ミネラルとエキス感は常に強い。酸はヴィンテージやその時の温度等のバランス感で、わずかに低く感じられる場合もありますが、抜栓の次の日以降に泡が少し抜けてくると飲みやすさと酸が少し伸びる場合が多いです。抜栓の2日後まで非常においしい」



「2015.4月中旬に飲みました。今年も素晴らしい品質!例年よりもわずかにヨーグルトの香りが強く、泡のクリーミーさが抜群!あとは凝縮感や余韻など例年通りの高品質ですね。今年は何故か?アラン・ルナルダとの泡の質の差が現時点では大きい。このジャンルでは完成されており、何杯飲んでも飽きないのでつい飲み過ぎてしまう(笑)抜栓の次の日も最高においしい。べったり感やクドさゼロの上質な甘み」

アルコール8%



ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤンNV(’13)

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥3100

<売り切れ>絶対おすすめ!

36本完売。ありがとうございました

「2014.5月初旬に飲みました。やはり最高の造り手らしくどんな年でも非常においしい。’10の時ほどのすごい凝縮ではないもののしっかり凝縮して少しの厚みと粘性があり、うまみとミネラルの量が凄い。リンゴジュース的な上質な天然の甘みがあるが、それでも酸は低いと感じない。アフターにかけて限界まで凝縮したリンゴっぽいうまみとミネラルが多く残り極めて心地よい。ほとんど赤ワインの色調。洋ナシと白桃のネクター、リンゴの皮、花、ミネラル、ラムネ、ほのかにシトラス等のよい香り。’13は例年よりもリンゴ・ジュース的なニュアンスが強く、相変わらず真夏に最高の選択肢のひとつで、こんなに杯が進む甘口は他にはない。個人的には高価なソーテルヌよりも断然ビュジェ・セルドン!!!抜栓の次の日も最高においしい。抜栓の2日後もまったく落ちない。瓶内2次醗酵ではないわりに泡持ちがいい」

アルコール7%

’08 ゴーミヨ誌18/20点!


生産量&輸入量極少!

ラファエル・バルトゥッチ わずか2haの所有!

フィリップ・バリヴェ 7haの所有

アラン・ルナルダ 12haの所有

ガメイ90%、プールサ-ル10%

エコセール認証ビオロジック栽培

収穫は、20人で朝3h、午後3hを5日間。

他の生産者とは違う浅い容器に平にブドウを並べ、潰れないよう気をつける。

果皮にキズが付いて酸化が始まると、酸化防止剤が必要になるのを防ぐため。

『 イタリアで電気関係の仕事をしていたバルトッチは、ある日旅行でビュジェイ・セルドンを訪れます。その土地に数年後に引っ越して自らがワイン造りをすることになろうとは・・・。

彼を一目で魅了したメリニャ村は、静かな美しい町。そして、一度飲んだら忘れられないやさしいワイン「ビュジェイ・セルドン」の産地です。1983年に畑を購入し、2~3年ごとに少しづつ増やしています。ひとりで作るには2haが精一杯と言う彼がワイン造りにおいて大事にしている事は「補糖せずにワインをつくる事、幸いセルドンは日照が少なくても待つ事が出来るからね。」と語ります。

畑は、標高450m、傾斜70度の場所に1980年と90年に植えたプルサールが、その他南西と東向きの場所にガメィが植えられています。2~3年に1回荒地を購入し、1年目にブドウの木を植え、2年目に杭(40cm埋める)とワイヤーを張る作業をしています。朝露に濡れた粘土質の畑は、スニーカーで見学すると靴底がすぐに3cmは泥で厚くなるほどです。うさぎが来るので電流の流れるワイヤーを貼りぶどうを守っています。メリニャの4件の生産者が共同で使用する瓶詰所の機械のメンテナンスは、前職を生かしたバルトッチがほとんどメンテナンスを請け負っており、他の生産者からも頼りにされています。 (輸入元資料より) 』


4/26(金)アップ~<※値下がり!>蔵出しポール・ガローデNV

驚きのリピート率の高さ!!!






 




輸入元さんですごい人気!
やっと再入荷が決まりました~!
中身は変わらないのですが、『 ビュル・ド・クリスタル 』という名称は使えなくなってしまいました。誰か先に商標登録していてこの名前を使うと訴えられる可能性がある?とかそういった理由のようです。




ポール・ガローデ、クレマン・ド・ブルゴーニュ・メトード・トラディショネル・ブリュットNV

(ブルゴーニュ・辛口白泡)


特価・税別¥2400

↑値下げ!

税別¥2650

<あと17本>絶対おすすめ!

ワイナート69号 90点(フレンチ・スパークリング50本試飲特集第1位!)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

アルコール12%

ピノノワール70%、シャルドネ30%

平均樹齢40年

258本完売!!!

「2014.3月に試飲しました。今回も出来がよくおいしい。同時に飲み比べた同じ価格のギィ・アミオのクレマンNVよりも果実味があり、若干複雑。酸も低くなくドサージュもちょうどよい感じ」



「2013.10月に試飲しました。何度も飲んでいますが今回のロットは特に出来がよいと感じた!たまにあっさりした中身の時もあるのですが、今回は非常に果実味豊かで、少しだけ温度を上げるとコクも出ます。バランスよく、酸も低くなく価格以上の満足度で、現地で飲んだ時のイメージに近い出来のように思います」



『 非常に果実味豊か!予想以上においしく、価格以上の品質だと感じた。やや甘さを感じるくらいの果実実で、全体的にはそれほどコクはないが、バランスよく杯が進む。輸入されたら絶対買おうと思っていたのでうれしい。つい最近造り始めたばかりの銘柄で今回が初輸入となります。 (2009.10月当店ドメーヌ訪問時) 』


『 モンテリーを代表する造り手のポール・ガロデ。このクレマンはなんと、モンテリーのピノ・ノワール70%にムルソーのシャルドネ30%という贅沢な構成です。柑橘と蜂蜜の香りとリッチな味わい。まさに食中酒向け。 (輸入元資料より) 』


4/26(金)アップ~<※入手難!>蔵出しドメーヌ・デリアンスNVクレマン

高樹齢の自社畑ブドウから造られる贅沢仕様!






◇自社畑のブドウのみを使用

メルキュレイとジヴリの間に位置する、
トラシー・ル・フォール村とメルセ村にある僅か2haの自社畑のブドウを使用。
石灰岩土壌で平均樹齢は40年。収穫を含めほとんどを手作業で行うことで、
「ワインの品質は畑で決まる。畑での作業と収穫中の選果に重点を置く」
という信念を貫いている。




Domaine Deliance N.V. Cremant de Bourgogne Brut Reserve NV

ドメーヌ・デリアンス、クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット レゼルヴNV

税別¥2400

<あと6本>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。

デカンター・オンライン93点!!!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.4月上旬に飲みました。冷やし過ぎないほうがおいしい。グレープフルーツ、少しブリオッシュ、ミネラルなどの香り。ややキレのあるよい酸と予想より少しコクがあり、よいバランスでキメ細かな苦みを伴う長めの余韻もちゃんとある。全く知らない生産者でしたが、明らかに価格以上のよい出来。抜栓の次の日も非常においしい」

18本完売。~※すでに再入荷不可能!


ステンレスタンクで10日間の発酵後、無濾過で瓶詰。

『 おそらくあなたはシャンパーニュではないかと困惑する!
純粋に素晴らしい、エクセレントなワイン。美しいバランス、エレガンスに刺激的なフレッシュさがあり、これらの要素は果実のリッチさと奥深さによってさらに強調されている。 』 by Decanter

瓶内熟成:18か月
ドサージュ:5.5g/L
品種:ピノノワール50%、シャルドネ30%、アリゴテ20%

ドメーヌの歴史は1935年に遡る。1972年には先代が自社畑の植樹に着手。
現在は創業者の曾孫にあたる4人が少しずつドメーヌを発展させて行き、
合計17haの自社畑を所有する家族経営のドメーヌに成長している。


◇クレマンに特化する最高のドメーヌのひとつ

現在、流通しているクレマン・ド・ブルゴーニュは大手が手掛けるものがほとんどだが、少しずつ高品質なクレマンの生産にフォーカスする造り手が現れている。
その代表格がドメーヌ・デリアンスである。彼らは自社でスパークリングワイン醸造設備を持ち、大手の委託醸造とは一線を画すクオリティとコストパフォーマンスを実現している。

彼らの拘りは最高レベルの品質を目指し、
クレマン・ド・ブルゴーニュの最高の生産者として広く認知されること。


◇デゴルジュマンを手作業で行う稀有な生産者

このBrut Reserveは手作業に拘り、
デゴルジュマンも1本ずつ手作業で行っている。
そのため生産本数は12,000本とクレマン・ド・ブルゴーニュとしては希少である。


4/26(金)アップ~蔵出しストーニー・ライズ’15

ブルーベリー・ヨーグルト風味の飲み飽きないピノノワール!



 


2018年5月にオーナーでワインメーカーである
Joe Holyman / ジョー・ホリマン氏にご来店いただきました~!






Stoney Rise, Holyman Pinot Noir '15 Tamar Valley

ストーニー・ライズ、ホリマン・ピノノワール’15

(オーストラリア・タスマニア州・辛口赤)


税別¥4300

<あと21本>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン95点!!!(2017~2025年)
Tasted by Sarah Ahmed、Part of Tasmania: small is beautiful

「2019.4月中旬に飲みました。実は去年の5月にJoe Holyman / ジョー・ホリマン氏にご来店いただいた(感謝!)際に’14を試飲して気に入っていたのですが、この’15はさらにおいしかったので(当店側のタイミングもあり)ようやく今回入荷となりました。ピノノワール・ノークローズを飲んでここはヴァン・ナチュールの生産者だと認識している方もいると思いますが、そういったワインも造れるということであって本流はこのホリマン・ピノノワールだと僕は思っています。縁がほのかに紫がかった中程度~やや濃いルビー色。ブルーベリー・ヨーグルト、グリオット、スミレ、ラベンダー、ミネラル、控えめな樽などのよい香り。果実味豊かでうまみエキス厚めだが、酸が全く低くなく、甘さは控えめで、ある程度コクがあるエレガンスで、タンニンの質が非常によく、アフターに酸が伸びる飲み頃NOW~。戻り香にも少しブルーベリー・ヨーグルトがあり若干さっぱりする。センスも感じるよい出来&よいバランスでオーストラリア産ピノノワールとしては珍しく飲み飽きない。亜硫酸少なそうなピュアさがあるが、抜栓の2日後まで非常においしい。変に酸化が進んだりしない」

スクリューキャップ

アルコール13%

トップキュベHolyman Pinot Noirに使われるブドウは僅か0.6haの特別な区画で収穫されたものです。55%は全房にて野生酵母による醗酵を待ちます。
マセラシオンの後ワインはバスケットプレスされ、タンクで落ち着かせてからオーク樽(228L、30%新樽)にてマロラクティック醗酵・熟成を行った後ボトリングとなります。


<タスマニア州/ タスマニア北部>
James Halliday Australian Wine Companion 2012 ★★★★★
2000年に設立されたストーニーライズ ヴィンヤードは、ブティックワイナリーが連なる豪州・タスマニア北部のテイマー川沿の緩やかな北西斜面に広がっています。
3.2haのピノ・ノワール、0.75ha のシャルドネ、そして最近植えられた0.2ha のグリュナーフェルトリーナーからなる、年間生産量がトップキュベのHolymanとセカンドラベルのStoney Riseを併せても僅か1,500ケースの小さなヴィンヤードです。 ha あたり4,500本という高い密植度に加え、1梢あたり1.5房に抑えることにより低収量を実現しています。(4.5 tonnes / ha )
オーナーワインメーカーのJoe Holyman(ジョー ホリマン)はニュージーランド、ポルトガル、フランスそして南オーストラリア州クナワラやタスマニアで栽培・醸造の経験を積んだ後、彼の理想である、フードフレンドリーでエレガントなワインを造るべくテイマー側沿いのこの地にヴィンヤードを設立したのです。
(輸入元資料より)


4/26(金)アップ~蔵出しポデーレ 414 ’17フラワー・パワーついに最後の再入荷!

素直にうまいと感じるバランスのよいロゼ!

蔵出しポデーレ 414 ’16モレッリーノ・ディ・スカンサーノ









ユーロリーフあり!
ICEA Biologico



Podere 414, IGT Toscana Rosato - Flower Power '17

ポデーレ 414、トスカーナ・ロザート・フラワー・パワー’17

(イタリア・トスカーナ州・辛口・ロゼ)


税別¥1650

<あと14本>絶対おすすめ!

去年、輸入元さんで大人気だった銘柄!
輸入元担当者さま絶賛の1本!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
出来れば夏に売りたいと思っていたのですが、皆様寒い季節でもこのワインを飲みたいとのご要望が多くまたまた再入荷となりました~!!!

69本完売。~※’17は再入荷不可能!

「2018.10月初旬に飲みました。明るいサーモンピンク。微々発泡が残っており、わかりやすいフレッシュ果実味、酸とミネラルはしっかりうまみも多めでバランスが非常によいみずみずしさから、アフターにはしっかり塩ミネラルが残り極めて心地よい飲み頃NOW~。ピンクグレープフルーツ、シトラスなどの香りで、必ずしも真夏じゃなくてもハードな仕事の後の癒し系としても飲み飽きずにおいしいし、日常の食事との相性も幅広いと思われる軽旨。抜栓の次の日以降うまみ塩感が少し増した。抜栓の4日後まで落ちない」

アルコール13%

サンジョヴェーゼ100%

土壌:砂岩質

標高:185~220m

ステンレスタンク醗酵&熟成

モレッリーノ・ディ・スカンサーノの造り手

◆ワイン名の由来
“FlowerPower”「フラワー・パワー」(花の力)というロザートの名は、詩人アレン・ギンスバーグの詩からとったもので、1960年代に隆盛した「カウンター・カルチャー/ヒッピー」文化が刻印されている表現です。

このワインが似合う場所は、野外です。プールの脇で、友だちどうしが和気あいあいとバーべキューを楽しんでいる情景がふさわしいでしょう。

◆生産者コメント
色調は、明るく輝く、型どおりの淡いピンクです。
このロゼの風味の特徴は、まず最初にグレープフルーツやパイナップルといった、トロピカルフルーツが顔を出したあと、アプリコットや野生の花々の軽い風味が続きます。

アペリティフに最適なワインですが、それに劣らずシャルキュトリー、チーズ、パスタやピッツァ、肉や魚料理など、なんでもござれです。冷しめでどうぞ。
(輸入元資料より)




Podere 414, Morellino di Scansano '16 DOCG

ポデーレ 414、モレッリーノ・ディ・スカンサーノ’16

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2600

<あと6本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 88点

「2019.2月下旬に飲みました。たぶん’15濃すぎて’16の方がおいしいだろうということでこちらを買いましたが大正解でした。縁が紫がかった濃いルビー色。かなり凝縮した赤い実と黒い実の果実香、甘草、ほのかにヴァニラ、鉛筆の芯、うっすら漢方系スパイス、熟したサンジョベーゼによくあるムワッと香る花などの香り。色とトップノーズのイメージより濃くない味でよく凝縮しているが重すぎないよいバランス。果実味艶あり、酸が低すぎず、厚みのある旨味エキス、コクとキメ細かなタンニンがあり、樽は控えめで甘みはほんのり程度。時間とともに梅ジュースのニュアンスが出てとてもおいしい飲み頃NOW~。温度は上げ過ぎないほうがよさそう。かなり価格を超えたワインだと感じました。
抜栓の3日後までまったく落ちずに非常においしい」

アルコール14%

サンジョヴェーゼ85%、
チリエジョーロ/コロリーノ/アリカンテ・ブーシェ/シラー合わせて15%

天然酵母のみ使用

土壌:いろいろな成分からなる。主に粘土質
畑の標高:250m
畑の向き:主に東、西向き

熟成容器:1~2年使用樽
熟成期間:木製樽(25 hl)と、トノー(5hl)で12ヶ月

’14 VINOUS 88点

’07 インターナショナルワインセラー91点




4/26(金)アップ~蔵出しドメーヌ・デ・オー・ペミオン’14

飲み頃に入った上級クリュの熟成ミュスカデ!
これはもう新しいムーヴメントになり得る衝撃の個性と素晴らしさでした!






 

 



※フィネス輸入の蔵出し正規品!

フィネスさんは、蔵元~船~国内倉庫までの完璧な低温輸送はもちろん、
ブルゴーニュのグランクリュ~ヴァン・ド・ペイなどのデイリーワインまですべてのワインが14℃に設定された国内低温倉庫で保管されているため、
(↑実はこれはすごいことで、デイリーワインは18~20℃の倉庫で管理しているインポーターも多いのです)

このドメーヌ・デ・オー・ペミオンもエマニュエル・ルジェのクロ・パタントゥやトラぺのシャンベルタンと同じ管理がされているということです!




Christophe Drouard(Domaine des Hauts Pemions), Muscadet de Sevre et Maine <Monnieres Saint Fiacre> '14 Loire

ドメーヌ・デ・オー・ペミオン(クリストフ・ドルーア)、ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ <モニエール・サン・フィアクル>’14

(ロワール・辛口白)


特価・税別¥2700

<あと15本>絶対おすすめ!
超限定品!

「2019.3月中旬に飲みました。’14はDIAM10コルク。トップノーズはオレンジ、ハーブ、ミネラルなどのよい香り。熟成感とまろやかさのある果実味、うまみ・酸・塩ミネラルの質が圧巻!ややしっかりの酸で癒しもあり全く飲み飽きない伸びのある極めて上質なアフター。やはりコンディション抜群の熟成クリュ・ミュスカデはブルゴーニュのグランクリュと一部分が共通した要素が主にアフターにあるような気がする。あり得ないほどの価格を超えた高い満足度!抜栓の次の日も最高においしい。しっかり冷やしてもおいしいが、やや冷えがベストだと思う」

アルコール12.5%




Christophe Drouard(Domaine des Hauts Pemions), Muscadet de Sevre et Maine <Monnieres Saint Fiacre> '12 Loire

ドメーヌ・デ・オー・ペミオン(クリストフ・ドルーア)、ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ <モニエール・サン・フィアクル>’12

(ロワール・辛口白)


税別¥3000

<あと16本>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン93点!!!(2017~2030年、2017年2月試飲)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

34本完売。~※ついに再入荷不可能となりました!

「2018.8月初旬に飲みました。ミュスカデとしては濃いイエロー。抜栓直後のトップノーズとアタックは予想より少しやさしく上品。そこからすぐに複雑なまろやかさを伴いつつ意外と流速が遅くゆっくりと伸びてゆくこの稀有な持続性はなんだ?という初めての経験。同時期に何種類か飲み比べた熟成クリュ・ミュスカデのなかでダントツで一番おいしかった!そして他にない個性もある。単純に余韻が長いという話ではない複雑性。上品なオレンジ、アンズ、白桃などの香りで、温度が上がってくるとクドさゼロのほのかな甘みを伴うオイリーなまろやかさとうまみが増す。キメ細かなかすかな苦みも極めて心地よく、何より酸の量より質が傑出している。抜栓の次の日も非常においしい。酸が少し伸びて、柑橘類の香りが強くなる。抜栓の2日後も非常においしい。まったく落ちないし、アルコールの浮きが初日からずっとゼロのまま。ここまでおいしければ夏だけではなくオールシーズンいけます」

アルコール12.5%

ムスカデ種100%。スタンダードのムスカデに使われているHauts Pemions(オー・ペミオン)の区画の中でも樹齢や成熟度などで厳しく選別した葡萄のみを使用し、1haあたりの収穫量も制限しています。

基本的な醸造は変わりませんが、熟成期間がスタンダードのムスカデは8ヵ月間なのに対 し、こちらは36ヵ月間ととても長くなっていま す。また、バトナージュ(撹拌)も行ってより旨味を引き出しています。南国フルーツのアロマ豊か、オイリーでマイルドな口当たり、余韻も長くしっかりとした味わいです。
(輸入元資料より)

上級クリュに認められる予定の特に優れた区画!


『 前当主ジョゼフ ドルーア氏から約22haの畑を引き継いだ息子のクリストフ ドルーア氏は、アサンブラージュを第一に考えたワイン造りを行っています。ムスカデの葡萄品種はもちろんMuscadetですが、別名をMelon de Bourgogneと(ムロン ド ブルゴーニュ)呼び、名前の通り元々はブルゴーニュ原産の白葡萄品種でしたが、ブルゴーニュ地方は気候的に寒くて育ちが悪かった為、大西洋からの海風の影響で暖かいこの地方で植えられるようになりました。 畑の仕立てはギュイヨ・ナント式と呼ばれ、片翼式のギュイヨ方式とほぼ同じです。葡萄の木の樹齢は50~70年の物が多く、凝縮した葡萄が収穫されます。土壌は区画によって多少違いがありますが、基本的に珪素粘土質になります。

収穫後、選別をしてから区画ごとに空圧式圧搾機でプレスします。毎年6~7つのキュヴェに分けて醸造し、9月から翌年の4月まで約8ヵ月間、澱の上で熟成させます。区画ごとにそれぞれフルーティ、コク、ミネラル、香りなどの特徴があり、アサンブラージュを何度も繰り返してワインは完成します。醸造タンクはガラスのタイルで出来たもので地中に造られており、温度が安定していて熟成するのに適した環境になっています。 (輸入元資料より) 』


4/26(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ロラトワ―ル・サン・マルタン’16

べタンヌ&ドゥソーヴ3つ星生産者に昇格!!!


 


2009年 アグリカルチャー ビオロジク(AB・有機栽培)取得
2011年 ビオディナミ
2014年 デメテールを取得

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)
Palmares Les Meilleurs Producteurs BIO 第1位に選ばれる!!!




Domaine L'Oratoire ST-Martin, Cairanne Blanc Reserve des Seigneurs '16

ドメーヌ・ロラトワ―ル・サン・マルタン、ケランヌ・ブラン・レゼルヴ・デ・セニョール’16

(ローヌ・辛口白)


税別¥2600

<あと21本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー90点(2017~2019年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版14.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

すでに’16は再入荷不可能!

「2019.4月初旬に飲みました。昔より亜硫酸少ないトップノーズ。明らかに冷やし過ぎないほうがおいしい。ピンクグレープフルーツ、ハーブ、ミネラルの香りから、時間とともにハチミツに漬けた青い梅の香りが出てくる。果実味しっかりで酸も低くなく、キメ細かな心地よい苦みコクとミネラルがあって、最後にミツの厚みがぐっと出る傑出バランス!冷やし過ぎるとこの絶妙なバランスが崩れたり苦みが目立ったりする。適切な価格帯だと甘旨エキス増して最高のバランスとなるので探ってみてください。抜栓の次の日も非常においしい。’16は過去に試したどのヴィンテージよりも出来がよいと感じた!」

アルコール13.5%

デメテル、ユーロリーフあり!


AOCコートデュローヌ・ヴィラージュ・ケランヌ

ルーサンヌ主体、クレレット(樹齢70年!)、ヴィオニエ

『 毎年、極僅かしか入手出来ない稀少なワインです。畑は、石灰岩粘土土壌。収穫量は45hl/haで、平均樹齢は30年です。手摘みで収穫後選別を行います。すぐに圧搾して、タンクで醗酵します。熟成はタンクで6ヶ月間おこないます。黄金色ががった緑色。白い花やアカシアの香り。洋梨やトロピカルフルーツの風味が感じられます。 (輸入元さんコメント) 』

’09からABマーク認証あり

オーナー:フレデリック &フランソワ アラリー

評価:「ラ ルヴュ ド ヴァン ド フランス」で、2003年の『 ローヌのチャンピオン 』の10軒の中の1軒に選ばれる!


『 私どもが初めてこのドメーヌを訪問したのは今から10年以上前でした。そのころはまだフレデリック アラリーのワインもケラーヌ村もあまり知られていませんでした。しかし、その後数年で、彼のワインは南部ローヌにおいてその名をとどろかせ、ケラーヌがローヌの村名ワインの中でも最もクオリティの高いワインであることを知らしめました。彼は今や国際的にもその名が知られる存在となり、ワインがまったく足りない状態です。そのため「ギイド アシェット」などを見てやってくる訪問者に売るワインが全くなく、壁には「ワインは全て売り切れです」と案内がでています。

ドメーヌの主となる部分は、ラストーの丘から200mあまりの、ケラーヌ村の北東にあります。それらは急斜面で、キャタピラを必要とするところもあります。訪問して、キュヴェ プレステージ、オー クスティアの畑を見に行きましたが、丘の日当たりの良い美しい場所です。彼の父親は、他の誰も気付かない頃からこの場所は素晴らしい可能性があると信じていました。土壌はとても石が多く、表面は黄色い粘土、深くなるに従って青い粘土となり、活性石灰岩の比率が高くなります。栽培には、農薬や化学肥料は使いません。全体で28haあり、18haが一ヶ所にまとまっています。7haはギャリーグの畑で、A.C.ローヌ主体に造っています(他の人はケラーヌとして売っています)。つまり、全ての畑がA.O.C.ケラーヌにあり、全てのワインはケラーヌで出せるものです。栽培する葡萄品種の構成は、赤はメインとなるグルナッシュが60%、最も得意とするムールヴェードルが30%、シラーが10%です。また、白の主となるマルサンヌが50%、ルーサンヌが30%、クレレットが15%、ヴィオニエが5%です。

畑に関しては、ビオディナミに限りなく近い方法で栽培していています。祖父母や父は、いつも月と星を気にした農作業をしていました。アラリーにとっては、先代のこの農法は小さい頃から教えられてきた当たり前の方法であり知識です。2009年ヴィンテージからアグリカルチャー ビオロジクAB(オーガニック)のロゴが入る予定です。ほとんどの畑が斜面にあるため、作業にはより手間がかかります。このドメーヌの強みは40年以上の古い樹齢の葡萄樹の比率が高いことで、一部には100年を超えるものもあります。収穫は手で行います。選別は3度、収穫時に1度、タンクに運ぶ時に1度、最後にアラリー本人がタンクに入れる時に行います。除梗してタンクに入れる際に、SO2の代わりにドライアイスを入れて、酸化を防いでいます。発酵においては、ケラーヌでは開放タンクを使いピジャージュを行い、コート デュ ローヌでは密閉タンクを使いルモンタージュを行なっています。人工酵母は使わないため、時間はかかりますが、パワフルなワインとなります。清澄せず、フィルターも通しません。彼は成功に甘んじることなく、さらに上を目指しています。新たに、ミストラルによる乾燥を防ぐために、セラーにミストの発生する冷却装置を導入しました。さらに、柔らかいタンニンを得るためにピジャージュの仕方を工夫し、果帽が浮かないように網で押さえるようにしました。また、白ワインに使用する樽をより大きな600Lに変え、赤は大樽を使うようになりました。

「ラ ルヴュ ド ヴァン ド フランス」で、2003年の『 ローヌのチャンピオン 』の10軒の中の1軒に、サンタ デュックと共に選ばれました。 (輸入元資料より) 』


5/18(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ジャン・コレ’17

有機栽培の割合を増やしている、強いミネラル



 


現時点ですべての畑で100%有機栽培ではないが、
徐々に有機栽培の割合を増やしている




Jean Collet, Chablis 1er Montee de Tonnerre '17

ジャン・コレ、シャブリプルミエクリュ・モンテ・ド・トネル’17

税別¥4000

<あと11本>

パーカー91~93点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点!!!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 銅賞受賞!


アルコール12.5%

1級ヴァイヨンの方を高く評価するメディアもありますが、個人的にシャブリにヴァニラの香りは一切いらないですし、より骨格のありそうなこちらを買いました。

樹齢33年

キンメリジャン(石灰質の粘土)

『 シャブリ・グラン・クリュサイドに位置するモンテ・ド・トネールの畑からはグラン・クリュに匹敵する濃縮感の高いシャルドネが収穫される。そのためコレではモンテ・ド・トネールをグラン・クリュと同じく、228リットルの小樽とフードルを併用し発酵・熟成。新樽の使用率は30%。熟成期間は10ヶ月間。 柑橘系や洋梨や桃等の濃厚な香り、厚みのある口当たり、果実味の中に、シャブリらしいしっかりとしたミネラル分が感じられる。長期熟成により味わいは更に複雑味を増す。上手に保管すれば15年~20年は見事な熟成感のあるシャブリを味わえる。 (輸入元資料より) 』




ジャン・コレ、シャブリ’17(750ml)

税別¥2500

<あと28本>絶対おすすめ!

パーカー90点!(2018~2028年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

バーガウンド・コム 86~89点!


インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 銅賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

50本以上完売。

「2019.1月下旬に飲みました。DIAM5コルク。数年前よりもさらにおいしくなってきている印象。当然’15より酸がしっかりで、’17は酸とミネラルにキレがあり上質で、みずみずしく、うまみ塩ミネラルが強い価格以上の満足度。果実にもエネルギー感じる。ゴマ、レモンキャンディ(うっすら砂糖漬け風味も)、リンゴ、ミネラルなどの香り。ミネラルは無味無臭と言われるが、だったらこの明らかにミネラルとうまみが豊富だとわかるトップノーズは何?どう説明するわけ?ということになるので科学より実体験・経験と比較対象の積み重ねの方が重要度上のことがあるのだと思います。抜栓の4日後まで非常においしい。そして特筆すべきは意外に力強さとコクも兼ね備えているので相当に幅広く肉を含む料理に合う。田舎風テリーヌやサーモンとクリームチーズのテリーヌでも豚キムチ鍋でも合う。和食でも寿司でも基本的には問題なさそうだ。重宝するなぁ~」

アルコール12.5%

’13 SAKURA Japan Women's Wine Award 2015 シルバー受賞!

平均樹齢15年以上

ポートランド系石灰質土壌

’10 デカンター・ワールド・ワイン・アワード2012年度 銅賞受賞!

『 温度コントロールされたステンレスタンクで発酵・熟成。発酵温度は18℃に保たれ果実の味わいを見事に表現する。発酵・熟成後、収穫年の翌年4月にボトリング。~白い花の香り、シトラス系のフルーツ香、豊かな果実味ときれいな酸味のバランスがとてもよく、またシャブリの土地や空気までをも表現したようなミネラル感のある味わい。(輸入元資料より) 』


4/26(金)~蔵出し千歳ワイナリー’18




実際にその場に立つと荘厳な雰囲気も感じられる木村農園さんの畑
畝(土壌)は有機栽培と聞きました、葉はレゾネということなのでしょう

ユドロ・バイエさんから話を聞いたときと同じく、ミネラルを最大限表現しようというアプローチというより、よいものを造ろうと努力したその結果としてミネラルを表現出来ているとのことでした














※↑’16からスタンダードのケルナーがラベル変更
今後他の銘柄にもキムラ・ヴィンヤードの表記が入ってゆきます。

 





2015.7月下旬
やっと木村農園さんを訪問出来ました

ただでさえ広い畑を少人数で管理している上に、収穫が近付いてきて花カス落としや剪定作業で大忙しの中、木村幸司さん(さらに三澤社長と黒須さんにまで)に貴重な時間を割いていただきまして本当に恐縮です。ありがとうございました

(言うまでもなく千歳ワイナリーさんと木村農園さんにアポを取り、許可をもらっての公式訪問です)

<いろんな畑を見てきたベテランさん達がみんな言うのは、畑に入った時の感覚が重要とのことです!まだ畑を見る見聞色の覇気が足りない僕ですら感じるものがありました!>

フランスなどと違って、ぶどうの樹間が広い

実際に栽培を始めてみないと虫の被害とか、花ぶるいが何故かおこりやすい区画があったりなどデータだけではわからないことだらけだそうです。先人の皆さまが失敗を繰り返しながら諦めずに継続して努力し続けた成果!


契約栽培農家の木村農園さんは、かなりの栽培の達人らしく、北海道の真冬の樹へのダメージを最小限に留めることが出来ている(まっすぐ上ではなく、斜めに仕立てて、冬には本格的な降雪前に剪定作業を終えた後、樹を下向きにしならせて積もった雪の下で凍結ダメージを防ぎ越冬させる)ようで、農作物ですので天候次第、運次第の要素はあるものの、木村さんの力で樹齢の高い樹が生き残ることが出来ているようです。





日本の宝!厳しい冬を何度も乗り越えた樹齢30年以上のピノノワール
樹齢が高いとこんな太い樹になるんですね!
今後、この存在感、雰囲気が味わいにも反映されてくればすごいことになりそうです




近年の千歳ワイナリーさんは、品質の高さだけではなくその安定具合も抜群で、最初はおいしいと感じたが早期酸化がすごいとかボトル差が激しすぎるとか、
抜栓後の落ちが激しいとか揮発酸が出過ぎとか、スパークリングがあまりにも激しく吹きこぼれるとか現状の日本ワインにまだある欠点がありません。
でも毎年似た味すぎるとそれはそれで面白くないので、SHIROのチャレンジを含め今後も期待大ですね!




千歳ワイナリー、KIMURA VINEYARD <SHIRO> ’17

(北海道・余市町・辛口白・750ml)


税別¥3000

<あと7本>絶対おすすめ!超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

2018/6/21 初リリースもの!
この銘柄を造り始めた事自体、まだ知らない方が多いと思われます!!!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

53本完売!~※再入荷不可能!

「2018.6月下旬に試飲しました。スタンダードのケルナーより香りが弱いですが、この銘柄の美点は酸とミネラル・アフターにあると思います。まだ閉じ気味で骨格もあり、透明感があり、ピュアでわりとインパクトのあるうまみを伴う塩ミネラルが強い、キレのある辛口。美しく上質な酸。凝縮感と厚みは、ケルナー・プライベート・リザーブがすでにその分野の高みにある為、そちらにまかせておいて、この銘柄は違う方向性を表現しているのでぜひどちらも飲んでみるべきだと思います。アルザス、オーストリア好きにおすすめできるのはもちろん、サントーバン1級レミリーやムルソー1級ペリエールなどのと縦ラインの共通性?多少感じるのではないでしょうか。日本のワインにはまだ珍しいことに、はっきりと縦に伸びるアフターがあります。さすが木村農園さん日本の宝だなぁ~先駆者だなぁ~と感じること請け合い。個人的には、平川ワイナリーさんの『 Solitude Grande Cuvee 2017 』にも似ている方向性だと感じました」

木村農園の個性を追求
フリーランジュースのみで、プレスワインを加えない
補糖なしによって均一化させない造り

今しか手に入らない極小生産もの
’17は、500本程度しか造れなかったそうです
今後、輸出も考えているようです





千歳ワイナリー、ケルナー’18

(余市町・辛口白・750ml)


税別¥2300

<あと11本>

例年よりも少ない生産量
例年よりも少し収穫日を遅くして糖度と凝縮感の上がったブドウを収穫できた年!

タンク発酵・タンク熟成約 4 ヶ月
アルコール度数: 12.5%




千歳ワイナリー、ケルナー甘口’18

(余市町・甘口白・750ml)


税別¥2550

<あと21本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

DIAM5コルク。みずみずしく、キレイな酸があり、甘さ控えめに感じられるバランス。

タンク発酵・タンク熟成約 1 ヶ月
アルコール度数: 10.5%

’18の生産量:わずか732本のみ!!!




千歳ワイナリー、北ワイン・ケルナー甘口’17

(北海道余市町・やや甘口白・750ml)


税別¥2482

<売り切れ>絶対おすすめ!
24本完売。ありがとうございました
超限定品!

レイトハーヴェストものより糖度と粘性こそ低いですが、その分酸にキレがあるままなのでバランスはむしろこちらの方が良いですね!

「2018.5月初旬に飲みました。DIAM5コルク。アロマティック系白ワインはボトリング・ショック強そうですので、まだ香り変わると思います。今は、樽熟成していないソーヴィニヨンブランによくある香りが強めで、少し砂糖漬けにしたグレープフルーツなどの柑橘類、キウイ、芝生、ハーブに加えて、青いメロン、スモーク、マスカット、少しムスクなどのオイリーでごくわずかに還元的なニュアンスを含む香りも。香りの要素が強くて全部書いても意味がないくらい。味わいはまず凝縮感がありみずみずしくクリーンで、ややキレのある酸にいい感じでうまみ塩がのっており、冷やし過ぎない温度である程度の厚みも楽しめる。アフターはいつも通り塩っぽく清涼感も残すバランスのよいやや甘口。骨格に緩みがなく、背骨がありGood Tension。熟成で今後オイリーなムスクが前面に出そうな予感があるので、飲み頃NOW~だけど熟成ポテンシャルもあると思う。さすが安定して高品質なワインを造り続けている安心と信頼のブランド。抜栓の次の日も非常においしい。カール・エルベスのシュペトレーゼがお好みの方でも違和感なく楽しめるだろうなぁという上質な酸味と甘み。ということは普通に世界で勝負できる価格以上のワインということ!抜栓の2日後よく冷やしてみたが非常においしい。複雑なマスカットの香り主体となる。甘みと酸味のバランスが絶妙。抜栓の3日後は飲む時間なかった、、、抜栓の4日後もほとんど落ちていない。今度はライチの香り主体」

北海道余市町登地区 木村農園
収穫:2017 年 11 月 2 日
醸造地:北海道千歳市 千歳ワイナリー
醸造法:タンク発酵・タンク熟成(約 2 ヶ月)
アルコール度数: 10%

’17の生産本数:わずか720本のみ!

’17は、糖度23.4度まで上がった年

秋の天候に恵まれた 2017 年は 11 月 2 日まで収穫を待って遅摘みしたケルナーを得ることができました。 酸味と甘味のバランスに優れたほどよい甘さの甘口ワインに仕上がっております。

※レイトハーベスト・プライベートリザーブとの違いは?

千歳ワイナリーさん自社基準で
糖度25度を超えないとレイトハーベストを名乗らない(滅多に造れない)
長めに熟成させた後リリースするものしかプライベートリザーブを名乗らない
ということです。
だから必ずしも格下の銘柄ということではなく、あくまでも甘さと酸味のバランスが重要なのでしょう。この’17は自信作で熟成も可能なやや甘口とのこと。




『 余市町の契約栽培家、木村氏が垣根方式で栽培した完熟ケルナーを使用しました。ケルナー種ならではの芳醇な香りを生かしつつ、数か月間シュール・リー状態にすることにより、味わいに厚みのある辛口の白ワインに仕上げました。色合いは輝きある澄んだイエロー。青リンゴ、ライム、ハーブなどの清々しい香りとオイルなど品種特有の熟成香を感じます。すっきりとした酸味と芳醇な香りからコクのある深い味わいをお楽しみ下さい。

~千歳ワイナリーは1988年の創業来、ワイン造り一筋に歩んできました。 北の大地が育てた芳醇で果実味豊かなワインを醸しています。北海道の大切な文化でもある石蔵造りのワイナリーです。(ワイナリーによるコメント) 』


北海道中央葡萄酒 株式会社

北海道千歳市高台1丁目7番地


1988年 中央葡萄酒㈱の第2ワイナリーとして北海道千歳市で製造開始

2011年 中央葡萄酒㈱から北海道中央葡萄酒株式会社千歳ワイナリーに改称


4/17(水)アップ~蔵出しショウ&スミス’16’15

複雑な味わいのシラーズ!







 


標高が高く冷涼な畑で
二人のマスター・オブ・ワインと最強の醸造チームが造る

サステーナブル農法




Shaw + Smith, Shiraz '16

ショウ&スミス、シラーズ’16

(オーストラリア・アデレードヒルズ・辛口赤)


税別¥3400

<あと3本>絶対おすすめ!

ジェームス・ハリデー 97点!!!

Cambell Mattison The Wine Front 96点!

Winewise 5stars!

John Lewis 5stars!


インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018年度 銀賞受賞!

「2019.4月初旬に試飲しました。個人的な好みでは、下記バルハンナよりもこちらの方がスタイルが好き。遥かに価格を超える驚異的な満足度があり、力強く複雑だが、重すぎない飲み頃NOW~で、家でもゆっくり飲んでみたいと思わせるジャミーで重いだけではまったくない多少涼し気で緩甘ではなくバランスもよいシラーズ」

アルコール%

スクリューキャップ

シラーズ100%

アデレード・ヒルズG.I.

手摘みで低収量

鉄鉱石、珪岩、頁岩の母岩の上に粘土、ローム層が広がる

醗酵:開放式発酵槽(一部全房醗酵/天然酵母)
熟成:フレンチオークで12カ月(500L/新樽15-30%)

シラーズらしいダークベリーなど濃縮な果実味を持ちながらも、力強さの中に抑制のきいたエレガンスを持つシラーズ。
(輸入元さんコメント)

’15 デカンター・オンライン95点!!!

’15 パーカー92+点!

’13 VINOUS 92点




Shaw + Smith, Balhannah Vineyard Shiraz '15

ショウ&スミス、バルハンナ・ヴィンヤード・シラーズ’15

(オーストラリア・アデレードヒルズ・辛口赤)


特価・税別¥6500

<あと2本>絶対おすすめ!
限定品!

ジェームス・サックリング 98点!!!

ジェームス・ハリデー 97点!!!

グルメ・トラベラー・ワイン 96点!


インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018年度 銀賞受賞!

「2019.4月初旬に試飲しました。香りにも味わいにもインパクトがあり、過熟ではなく凝縮しつつもすでにかなり滑らかで複雑。ごくごくわずかに全房の青さも感じるが、飲み頃NOW~の複雑滑らかなおいしさの方が上回る。今まで飲んだことがないタイプのシラーズ」

アルコール%

スクリューキャップ

シラーズ100%

鉄鉱石、珪岩、頁岩の母岩の上に粘土、ローム層が広がる
the soils are loam over clay, ironstone, quartzite, and shale

特に優れたシングルヴィンヤード

アデレード・ヒルズG.I.

手摘みで低収量

醗酵:開放式発酵槽(約70%全房醗酵/天然酵母)
熟成:フレンチオークで12カ月(500L)

フローラルなアロマと凝縮感が魅力のシラーズ。複雑味と端正なテクスチャー、緻密なタンニンが見事な一本。
(輸入元さんコメント)


4/17(水)アップ~蔵出しカール・ローウェン’17

急激に評価を高めている話題のリースリング!












 


大躍進の2017VT!

留まることを知らない成長、増え続ける高評価・・・
今、最もアツイ辛口リースリング

ドイツ版N.Y.タイムズFAZにて、
『Winery of the year』を獲得!
息子クリストファーは醸造家としては
史上最年少での受賞という前人未到の偉業を成し遂げる。

James Suckling.com TOP100 GERMAN WINESで
15位にランクイン!(モーゼルワインとし
てはエゴン・ミュラーを抑え1位という快挙!)

数多くの評価誌にて、高評価連発!

◎ジャンシス・ロビンソン: 19/20点
◎ロバート・パーカー: 4つ星生産者
◎Mosel Fine Wines:オフ・ドライ・ワイン・オブ・ザ・イヤー
◎Eichelmann : 4.5星生産者
◎Falstaff Wine Guide:ベスト・コレクション・オブ・ザ・イヤー

「私達はほとんど古木で作業を行っている。古木でない畑には、
接ぎ木をしていない100年以上の古木よりマッサル選抜したものを植えている。
ブドウ栽培における私達の最大の目標はブドウ栽培自体を規制することだ。」by 生産者


プレスした果汁はポンプを使わずにタンクに移す
天然酵母のみ使用




Carl Loewen 2017 Riesling Alte Reben (Mosel)

カール・ローウェン、リースリング・アルト・レーベン’17

(ドイツ・モーゼル・やや辛口白)


税別¥2300

<あと9本>絶対おすすめ!

限定品!※すでに再入荷不可能!

James Suckling 94点!!!

Falstaff 91点


「2019.4月中旬に飲みました。DIAM10コルク。大抵この価格帯はキレのあるレモネード系が多いと思いますが、このワインは明らかに凝縮感がある。やや濃いイエロー。レモンの皮と花の香りが強く印象的で個性的。みずみずしいが、かなり凝縮している分、キレキレではなくアフターには超キメ細かな苦みがうっすらありつつミネラリー。わりとしっかり冷やしても厚みを感じることが出来る。逆に温度を上げ過ぎると酸が低く感じられやすくなるかもしれない。いずれにしてもよい出来。抜栓の次の日しっかり冷やしてみたらバランスと心地よさ改善。凝縮感と厚みは損なわれない。レモンタルトと花のよい香り。何故タルトかというとリースリングとしては珍しく味わいの後半部分にわずかにバタークリームが感じられるため。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール12%

樹齢50~70年の古樹のみ使用!
この価格では有り得ない凝縮感と深み

古樹のブレンドから生まれるアフターの深み、旨みが口いっぱいに広がる。

リースリング100%
熟成:フーダー樽6カ月

ライヴェン村にあるクロスターガルデンの区画、特に樹齢40年以上のブドウのみを使用しており、中には第1次世界大戦直後に植えられた樹もある。「古樹」を意味するアルテ・レーベンは、熟したピーチを思わせるリッチなアロマ。クアントよりもしっかりとしたストラクチャーを持ち、古樹に由来するアフターの深み、旨みが口いっぱいに広がる。




Carl Loewen 2017 Riesling Maximin Herrenberg “1896”Erste Lage Alte Reben (Mosel)

カール・ローウェン、リースリング・マクシミン・ヘレンベルク 1896 エアステ・ラーゲ・アルテ・レーベン’17

(ドイツ・モーゼル・辛口白)


税別¥4300

<あと5本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

James Suckling 97点!!!

Falstaff 93点


アルコール12.5%
赤いロウキャップ

1896年から接ぎ木していない樹齢100年超の古木。
世界最古の畑が生み出す、複雑でスケール感あふれる最上リースリング!!

「とてもエキゾチックだが、うっとりとするエレガントさを持ち合わせた
非常にクリーンなワインでもある。フィニッシュの余韻はとても長く複雑で、
ずば抜けたミネラルを伴っている。今飲んでも。熟成させてもいい。」James Suckling

リースリング100%
熟成:フーダー樽6カ月

年産は約4000本。南向きの赤いスレートの土壌。





Over 100 year old, ungrafted vines for Maximin Herrenberg




Carl Loewen 2017 Riesling “1896” (Mosel)

カール・ローウェン、リースリング・1896 ’17

(ドイツ・モーゼル・辛口白)


税別¥7000

<あと6本>幻の超限定品!

※すでに再入荷不可能!

James Suckling 97点!!!

Vinum 95点!

Jancis Robinson 19/20点!

Falstaff 93点

アルコール12.5%

<1896年当時の栽培・醸造方法>を用いて造られるもう一つのマクシミン・ヘレンベルグ。
出来上がったワインはリースリングの力強さを完璧に表現しており、
目まぐるしい世の中において不変性を提示する唯一無二のワインと言える。

「まだ生産されてから5回目のVTでしかないのに、
世界で最も素晴らしいドライな白ワインの一つだ。」FAZ

「最高ランクのオフ・ドライ・ワイン」Vinum

「オフ・ドライ・ワイン・オブ・ザ・イヤー」Mosel Fine Wines

James Suckling.com Top 100 German wines of 2018 モーゼル最高ランク獲得

リースリング100%
熟成:フーダー樽6カ月


「我々はワイナリーであってビジネスマンではない。」元来、ローウェン家はビジネス・マーケティングといったことではなく、畑仕事により多くの時間を費やしてきた。そのため彼らは、品質は裏切らないということを知っており、良いワインは自然に売れていくという確信があるのだ。実際、カール・ローウェンのワインは素晴らしい品質であるにもかかわらず、幸いにも価格が高騰していない。今まさに注目すべきであり、絶対に抑えておくべきワイナリーの一つなのである。
(輸入元資料より)


4/17(水)アップ~蔵出しキューリング・ジロー’17

かなり実力あると感じました!






 



ドイツのワイン雑誌「ファルスタッフ」で、
女性初となる2015年最優秀醸造家賞に選ばれた
カロリン・シュパーニア・ジローが運営している。




Weingut Kuhling-Gillot, Qvinterra Riesling trocken '17 RHEINHESSEN

キューリング・ジロー、クヴィンテッラ・リースリング・トロッケン’17

(ドイツ・ラインヘッセン・辛口白)


税別¥2570

<あと10本>

3年前から値上がりなし!!!

アルコール12%

スクリューキャップ
ユーロリーフあり!



Weingut Kuhling-Gillot, Qvinterra Riesling trocken '14 RHEINHESSEN

キューリング・ジロー、クヴィンテッラ・リースリング・トロッケン’14

(ドイツ・ラインヘッセン・辛口白)


税別¥2570

<売り切れ>絶対おすすめ!

VINOUS 87点(2016~2017年)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

スクリューキャップ

24本完売。ありがとうございました

「2017.4月初旬に飲みました。近年、実力とセンスを兼ね備えた女性醸造家が世界で増えています!勉強不足で初めて飲みましたが、かなりよいです!果実・酸・ミネラルいずれもしっかり。オイリーで樽ではないスモーキーなニュアンスもうっすらありつつグーズベリー、グレープフルーツ、オレンジ、ミネラルなどの香り。尖っていない酸、中域にこのクラスとしては稀な厚みのあるエキス感があり、みずみずしくクリーン一辺倒ではないやや高級感も感じさせる味わいのバランスが良い飲み頃NOW~。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール12%




Weingut Kuhling-Gillot, Nierstein Riesling trocken '14 RHEINHESSEN

キューリング・ジロー、ニアシュタイン・リースリング・トロッケン’14

(ドイツ・ラインヘッセン・辛口白)


税別¥3600

<あと3本>限定品!

VINOUS 90点(2016~2020年)

ファルスタッフ 90点


コルク

アルコール12%

ユーロリーフあり!


何世紀にもわたり女性が運営してきたワイナリーで、2002年にカロリン・シュパーニア・ジローが引き継いだ。2006年、ハンス・オリバー・シュパーニアと結婚した後に会社を設立。ナッケンハイムとニーアシュタインの間にある「赤い斜面」と呼ばれる場所に、最高の畑3ヵ所を所有しており、ほとんどのリースリングを植えている。VDPグローセ・ラーゲのニーアシュタイン・エールベルク、ニーアシュタイン・ペッテンタール、ナッケンハイム・ローテンベルクである。洗練されてエレガントで調和のとれた女性的なリースリングが造られている。

リースリングは最高の表情を現わし、ワインに固有の果実のアロマ、エレガンス、爽やかだけでなく、ボリューム感や調和のとれた、絹のように滑らかな舌触りを与える。特に水分の供給が良かった年には、とても良い熟成能力を備えている。
ブドウ栽培は、ビオディナミを少し取り入れた有機栽培を行っており、必要な時にわずかに堆肥は使用するものの、肥料は使っていない。
99%は辛口ワイン。
(輸入元資料より)



4/17(水)アップ~蔵出しキリ・ヤーニ’15ラミニスタ

リピーター続出!やっと人気が出てきました~!

癖のない明らかに価格を超えたギリシャ・ワイン!







 




創業者ヤーニ・ブリタス氏とその息子で醸造家のステリオス氏とミハリス氏

キリ・ヤーニでは、ワインの売り上げによる利益の一部は野生動物保護に還元されています!

(環境問題の取り組みの一つが、現在ヨーロッパで絶滅の危機に瀕する熊の保護です。日本の月輪熊ほどのサイズの野生熊ですが、ギリシャのアミンデオン、ナウサでの生息数は他のヨーロッパ地域よりも随分多く、彼らの活動が野生熊の保護に役立っています。)


大橋健一氏(MW)とカヴィータ・フェイエーラ女史のギリシャ・セミナーに行ってきました

ギリシャ・ワインは、品質が高くかつ(ギリシャ経済が良くない影響などから)今はお買い得価格であることからも世界中のマスター・オブ・ワインを含むジャーナリスト達から注目され、すでにドイツやアメリカでは広く厚くオンリストされ当たり前のように流通しているそうです。
当店では日本で流行る前2017年4月から扱っております!
あとだしジャンケンじゃないよ(笑)




キリ・ヤーニ、ラミニスタ’15

(北ギリシャ・辛口赤)


税別¥2800

<あと6本>絶対おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 94点!!!

最新パーカー91点(2021~2040年!、
Mark Squires、2019年4月試飲)

パーカー91点(ワイン・アドヴォケイト237号)

ファルスタッフ 91点

Wine Enthusiast 91点

TEXSOM International Wine Awards 2019年度 金賞受賞!

Grand International Wine MUNDUS VINI 2018年度 銀賞受賞!

Balkan International Wine Competition 2018年度 銀賞受賞!

Decanter World Wine Awards 2018年度 銀賞受賞!


「2019.4月初旬に試飲しました。’12’13と同等の非常によい出来。まるで¥6000台のバローロを飲んでいるかのような凝縮したレーズンバター風味で、深みのある重さとコク、タンニンは多いが固すぎず、デキャンタOR注いで少し放っておくでもう飲めてしまいそうなバランス。アルコールの低さも好印象。やっぱり凄いな!」

アルコール13%



キリ・ヤーニ、ラミニスタ’13

(北ギリシャ・辛口赤)


税別¥2800

<あと1本>絶対おすすめ!

パーカー92点!
(2021~2040年!、ワイン・アドヴォケイト226号)

ワイン&スピリッツ誌 93点!

Hong Kong International Wine & Spirits Fair 2017 シルバー受賞!

Thessaloniki International Wine&Spirits Competition 2017
GRAND GOLD MEDAL!!!

TEXSOM International Wine Awards 2017 シルバー受賞!


デカンター・ワールド・ワイン・アワード2017年 90点シルバー受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

150本完売!!!~※再入荷すると’15に移行致します。

「2017.10月上旬に飲みました。抜栓の2~3日後のボトルを試飲。まったく落ちていないどころか’12同様力強く、重め深めのコクのある味わいで¥5,000以上のバローロのような品質。抜栓直後は固かっただろうなぁ~。月曜日抜栓のグラス・ワインで土曜日の夜でもたぶん落ちずに売れてしまいますね」

アルコール14.5%




キリ・ヤーニ、ラミニスタ’12

(北ギリシャ・辛口赤)


税別¥2900

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!

英国ソムリエ・アワード2017年度 ゴールド!


ジャパン・ワイン・チャレンジ2016年 銀賞受賞!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2016年度 シルバー受賞!

最新パーカー91点(2016~2032年!、ワイン・アドヴォケイト226号)

パーカー91点(2016~2030年!、ワイン・アドヴォケイト221号)

TEXSOM International Wine Awards - Award of Excellence Greek Red gold 2016 受賞!

Thessaloniki International Wine Competition 2016 銀賞受賞!


International Wine & Spirit Competition (IWSC) 2016 銀賞受賞!

Balkan International Wine Competition
TROPHY - Best indigenous red wine gold 2016 !!!

Concours International Sélections Mondiales des Vins Canada 銀賞受賞!


2017春の輸入元東京・大阪大試飲会にて
プロが選ぶ赤ワイン部門 人気第2位!!!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

日本でもすでに各メディアなどで掲載されておりますように、世界のマスター・ソムリエさん達からも絶賛されている銘柄です!

135本完売!!!~※再入荷すると’13に移行致します。

「2017.4月上旬に再度試飲しました。やはり非常においしいフルボディ。抜栓後もかなり長持ちするし、熟成が進むスピードも遅そうなのでかなり長熟可能でしょう。今すぐ開ける場合は、デキャンタしたほうがよさそうですが、逆に言えばグラスワインとして面白い可能性もある。これがグラスワインになっていたらセンスよいイメージ」



「2016.11月中旬に再度試飲しました。基本的にピノノワール<ネッビオーロ<クシノマヴロとタンニン量が約1.5倍になってゆくそうです。前に試した時よりも完全に高額バローロとブラインドで区別不可能な香り。レーズンバター、スモーク、甘草、黒い実の果実、ビターオレンジ、スパイスなどの凝縮して高級感のあるよい香り。明らかにフルボディでコクとタンニンがあるが、不思議と重すぎないのはタンニンの質が良いことと海が近く標高が高いからなのでしょうか?長く熟成できそうな大きな骨格で余韻が明らかに価格を超えて長い!これは個人の好みを超えてどんな方でも認めざるを得ないワインと言えそうですね。ラム肉ととてもよく合うそうです」



「2016.8月下旬に試飲しました。まだ固くタニックながらもタンニン以外の要素も強くバランスが悪くないのでデキャンタすればある程度もう飲めてしまいそう。意外にクセが少ない香りと味わいで、エキス感があり、アフターにはタナやネッビオーロを連想させるタンニンが残る。樽は予想より溶け込んでおり、レーズンバター、数種類のスパイスなどの深い香り。余韻も長め。この価格で買えるのは結構すごいという品質」

アルコール%

シングルヴィンヤード

地区 マケドニア 村 ナウサ

品質分類・原産地呼称 PDO ナウサ

Kir Yianni, Ramnista '12

『 「ラムニスタ 2011」はナウサのフラッグシップ。7区画からの選抜。タバコ、レッドチェリー、黒キノコの華やかな香り。タンニンはアグレッシブだが、暴力的ではない。色調は淡く、強烈なグリップ、しっかりした骨格に支えられ、ミッドの豊かさと余韻の長さは際立っている。ジュゼッペ・マスカレッロら伝統的バローロのファンなら、とりこになるだろう。価格はお値打ち。 (山本昭彦さん、ワイン・レポートより) 』

品種 クシノマヴロ 100%

樹齢25~40年

土壌:砂、粘土ローム

標高300~350m

エーゲ海から50km距離の冷涼な地中海性気候

礫を多く含み、重い粘土質が表土で、その下は石灰岩質土壌

醗酵:ステンレスタンク

熟成:フレンチオーク樽225-500L 18ヶ月(新樽比率50%)

固有品種クシノマヴロの魅力を余すところなく捕らえた1本。プラムやブラックオリーブ、生姜、スパイス、オーク、タンニン、酸と最全ての要素が最高のバランスでまとまります。

’11 WEIN impuls 2015 金賞受賞!

’11 Thessaloniki International Wine Competition 2015 金賞受賞!

’11 ワイン・レポート(山本昭彦さん)にて絶賛される!

’11 ワイン&スピリッツ誌 93点!!!

’10 ワイン&スピリッツ誌 93点!!!

’10 Wine Enthusiast 90点




ナウサ地区のクシノマヴロ古樹




パーカーのみならず、
世界のマスター・オブ・ワイン有資格者達も絶賛!
ジャンシス・ロビンソン女史、大橋健一氏、Konstantinos Lazarakis氏など

1997年設立

まさに伝統とモダンの融合で、癖の強い赤ワインが多いギリシャにおいて日本人にも受け入れられるわかりやすさもありながら上質でお買い得!


4/17(水)アップ~蔵出しファゾーリ・ジーノ’15ピエーヴェ・ヴェッキア

トロみのあるムルソーの代役が出来てしまうガルガーネガ!




 




この銘柄だけは、基本的に高めの温度、大きなグラスで
抜栓後ある程度時間が経ってから本領発揮!




AZ. AGR. Fasoli Gino, Pieve Vecchia '15 I.G.T

ファゾーリ・ジーノ、IGT・ピエーヴェ・ヴェッキア’15

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2700

<あと6本>

ムンダス・ヴィニ2019年度 金賞受賞!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

18本以上完売。




AZ. AGR. Fasoli Gino, Pieve Vecchia '14 I.G.T

ファゾーリ・ジーノ、IGT・ピエーヴェ・ヴェッキア’14

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

ルカ・マローニ2018年度版 92点!

ムンダス・ヴィニ2018年度 金賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
今までで一番リピート続出のヴィンテージ!!!

「2018.4月初旬に試飲しました。ビックリするほど出来が良かった’12以上に素晴らしい内容!抜栓直後だけはトップノーズに樽が少しだけ強いが、それをさらに上回るエネルギー溢れる分厚い果実味、粘性とエキス感たっぷり、コクと余韻があり、はっきりと塩ミネラルも残る長いアフター。どう考えても価格を超えた品質。ムルソーの代用ができるワインで、高めの温度で大きめのグラスがベスト。グラス売りしても1週間程度落ちないでしょう。説得力のある強いエネルギー感。黄桃、蜜、コンポート気味のオレンジ、スパイスなどの少し甘く豊潤なよい香り」

151本完売!!!ありがとうございました

生産者自身曰く、この銘柄は10年くらい熟成可能!




AZ. AGR. Fasoli Gino, Pieve Vecchia '13 I.G.T

ファゾーリ・ジーノ、IGT・ピエーヴェ・ヴェッキア’13

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2700

<売り切れ>

輸入元さんで人気が高まってきたようで、前回すぐ完売でした!
皆さんこのおいしさに気が付いてしまったのか、、、




AZ. AGR. Fasoli Gino, Pieve Vecchia '12 I.G.T

ファゾーリ・ジーノ、IGT・ピエーヴェ・ヴェッキア’12

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

※この銘柄のみモトックス輸入の蔵出し正規品です。

輸入元担当者さま絶賛の1本!抜栓後かなり長持ち!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
1度でも飲んだら99%リピートという感じで皆さんびっくりしたとおっしゃいます!

53本以上完売!!!ありがとうございました~※再入荷すると’13に移行致します。

「2016.と8月下旬と10月下旬に2回試飲しました。8月のしっかり冷えた状態ではたしかに樽が強めに感じられ厚みがあり、品質の良さと余韻の長さ以外はわかりませんでしたが、たまたま10月に抜栓の3~4日後のボトルを高めの温度で試す機会をいただき、本当の実力がわかりました。この状態なら明らかに樽よりも果実のエネルギーが勝っており、よく凝縮して粘性があり、甘旨みとミネラル、エネルギーに満ちたすごい内容!香りとアタックだけではなくアフターでも樽よりも果実や塩ミネラルの方が勝っているかなり長いアフター。黄桃、蜜、バナナなどのオイリーな厚みと豊富なエキスを連想させる良い香り。色だけ見るとオレンジワインだと勘違いされてしまいそうですが、味わいでも証明されているようにオレンジワインではありませんし、まだ飲み頃ピークにも達していません。温度だけ気を付ければレストランで少し熟成したトロみのあるムルソーの代役ができそうです。ということはこの価格は凄すぎる!」

アルコール14.5%

ソアヴェ地区最高レベルのガルガーネガ100%ですが、ヴェロネーゼIGT

平均樹齢30~50年!

ブドウの収穫を熟すタイミングを見計らって3回に分け収穫。より複雑な味わいを出すために手間と時間をかけ、ガルガーネガ種の魅力を存分に楽しめるワインになっています。

醗酵:ステンレスタンクにて主醗酵後、トノーにてマロラクティック醗酵

熟成:オーク樽熟成にて16~18ヶ月熟成(トノー500L、新樽比率70%)瓶熟6ヶ月以上

輸入元シールで隠れていますが、ICEA認証ビオロジック

『 光り輝く濃いイエロー。滑らかな口当たりで、トロピカルフルーツのような甘み広がる味わい。アフターにはアーモンドのような香ばしさが広がり、個性豊かなワインとなる。 (輸入元さんコメント) 』

’09 スペクテーター90点

他にも過去のヴィンテージが何度も金賞受賞、ガンベロロッソ2グラスなど







1980年にビオロジック農法による栽培を実験的に導入

1985年にはビオロジック農法をすべての畑に導入

1990年にはA.I.A.B.から認証を受ける


4/15(月)アップ~蔵出しローラン・シュミット’17

ハチミツ・オレンジ風味が長く持続!うまみとミネラルが豊富で、酸の伸びまである逸品!

3/31(日)アップ~<※値下がり!>蔵出しローラン・シュミットNVクレマン

キメ細かなほろ苦コクからの酸とミネラルで引き締める極めて心地よいアフター!














2004年よりビオロジー栽培開始。2010年ECOCERT認証

ユーロリーフ、ABマークあり!




Roland Schmitt, Cremant d'Alsace Brut NV

ローラン・シュミット、クレマン・ダルザス ブリュットNV

(フランス・アルザス・辛口白泡)


税別¥2750

<売り切れ>絶対おすすめ!

※今回入荷分からEPAで¥270値下がり!

ゴーミヨ誌15.5/20点

「2019.3月初旬に飲みました。やや濃いイエローで、一瞬ナチュール系のクセがわずかにあるか?と思ったが、味わいが非常によかったので買いました。明らかに亜硫酸少ない香りで、海のミネラル、ヨードも。果実味はあるが、美点はキメ細かなほろ苦コクの残るミネラリーアフターで癖にある味わい。これで酸とミネラルがあと少し低かったら緩い感じだったと思いますが、ちゃんと最後にいい感じでドライに引き締めてくれる結構絶妙なバランス。個性も品質もある銘柄。食事との相性が幅広そうなイメージで、アスパラ、山菜の天ぷら、さらにルッコラ、カブ、紫キャベツなどのサラダにオリーブオイル塩などにもよく合いそう。抜栓の次の日も非常においしい。余韻自体も長め」

アルコール12.5%

自家醸造のクレマンです。ピノ・ノワール、ピノ・ブラン、ピノ・オークセロワが3分の1ずつのピノ・クレマン。
隠し味として0.5%程度シャルドネもブレンドされています。
平均樹齢20年。ドザージュは6g/l。

ドライでミネラリーなスタイルながら、豊かなコクと旨味があります。極めて上品で、満足度の高いクレマンだと思います。
(輸入元さんコメント)

収穫はすべて手摘み。除梗はしない。
天然酵母のみで発酵。澱引きをしないシュール・リー熟成




Roland Schmitt, Riesling Glintzberg '17

ローラン・シュミット、リースリング・グリンツベルグ’17

(アルザス・辛口白)


税別¥2700

<あと3本>絶対おすすめ!

「2019.4月上旬に飲みました。予想以上においしくてびっくりでした。冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓直後は青いメロン、白桃、少しミント、花、ジンジャー、ミネラルなどのよい香り。亜硫酸少ないが揮発酸や緩みはないセンス抜群のバランス。果実味があり、低くない伸びのある酸と豊富なうまみ、石を舐めているような系の強いミネラル、アフターにハチミツのような粘性がぐわっと現れて、戻り香にハチミツ・オレンジ風味が長く持続。そのあとはずっとオレンジとレモンの砂糖漬けとハチミツの強く華やかな風味が続く。香りは甘いが味は辛口。わりと涼しく細身な年はハチミツ・レモンで、果実がしっかりの年はハチミツ・オレンジなのかも?上質で個性もあり、ほろ苦さ控えめ。明らかに価格以上に楽しめる。抜栓の3日後までまったく落ちない!抜栓の6日後もまだ楽しめる!」

アルコール13%

2区画合計で2.28ha。平均樹齢25年。

泥灰土石灰質土壌で、土中深くにこの地特有の石膏層があります。

「グリンツベルグ」は、グラン・クリュの「アルテンベルグ・ド・ベルグビエテン」に隣接する優良区画です。レモン・ジャムを思わせる、甘さと酸味が絶妙に調和した風味が、余韻まで続きます。魚介類や、チキンやポークなど白身の肉料理との相性はことさらに抜群で、最高級レストランが長年に渡ってオンリストしているのも大きくうなずけます。「ぜひデキャンダージュして召し上がってください」(生産者より)。
辛口。 レモン・ジャムを思わせる、甘さと酸味の絶妙な調和。
(輸入元資料より)




Roland Schmitt, Argentoratum '17

ローラン・シュミット、アルジャントラトゥム’17

(アルザス・辛口白)


税別¥3500

<あと12本>限定品!

’17は、リースリング80%、ピノグリ20%
基本的にグリンツベルグ・リースリングより少し力強い個性

1950年代以前は、ストラスブール市近郊の生産者たちが造るアルザスワインのほとんどは同市のレストランで消費されていたそうです。この作品は、同市近郊の生産者有志11社が当時の地産地消のエスプリを今に復活させることを目指し、各社が同じアサンブラージュ(リースリング80%、ピノ・グリ20%のブレンドで残糖4g/l以下)、同じラベルでワインを造り、同市のレストランに販売するという特別企画作品です。(少しだけなら、と日本に分けてくれました!)。

作品名の「アルジャントラトゥム」はローマ時代におけるストラスブール市の名前で、ラベルの背景には同市のシンボルであるストラスブール大聖堂がデザインされています。Roland Schmittバージョンは、上記の「リースリング・グリンツベルグ」と「ピノ・グリ」をブレンドしたものになります。



ミシュラン3つ星「オーベルジュ・ド・リル」「ランスブール」「ギー・サヴォワ」「レジス・エ・ジャック・マルコン」、2つ星「ル・クロコディール」、「エレーヌ・ダローズ」、「リュカ・キャルトン」等多数の高級レストラン及びホテル、ビストロでオンリストされている!!!

お買い得価格帯のアルザスワインとしては、フランスの「ミシュラン」3つ星、2つ星をはじめとして異例ともいえる数の高級レストランが採用しているのがこのローラン・シュミットのワインです。
 ストラスブールの西、ベルグビエテン村に17世紀から続くこの生産者は、アルザス最北部のグランクリュのひとつ「アルテンベルグ・ド・ベルビテン」の盟主として知られます。まだあまり日本に紹介されていないこの地域のワインは、アルザスの中でもとりわけ繊細で薫り高いことで知られ、ことさらに料理を引き立てます。
 地元アルザスの3つ星レストラン「オーベルジュ・ド・リル」のシェフソムリエで1989年度世界最優秀ソムリエに選ばれた大御所セルジュ・デュプスから、フランス最高の女性シェフとも言われるエレーヌ・ダローズがパリに経営する同名の2つ星レストランの女性シェフ・ソムリエ、セリーヌ・ストレンタまで、幅広い世代のトップソムリエから激賞されているのも大きくうなずけます。
 また、ミシュランと双璧を成すグルメガイド「ゴー・ミヨー」が年1回発行するワインガイド(2010年度版)は次のように評しています。
 「繊細な彼らのワインは(アルザスワインの)真実を語っている。極めてデリケートで、力強いというよりも華やか。主張を押し付けるのではなく、それとなくほのめかすようである」。

 一代で品質と名声を大きく高めたローラン・シュミット氏が1993年に亡くなってから今日まで、このドメーヌは、旦那さんに負けない情熱をワイン造りに注いでいる奥様のアンヌ・マリーさんと、誠実な2人の息子ジュリアンとブルーノによって運営されています。彼らは、当時から環境に優しいリュット・レゾネ栽培を厳格に実践していたお父さんの意志をしっかりと受け継ぎ、2004年にはそれをさらに発展させる形で完全無農薬栽培に移行しました。

 「美しい酸とミネラルのコクをなによりも大切にし、美味しい料理をさらに美味しくするワイン造りを目指しています」(ブルーノ・シュミット)。
 尚、友人でもあるアルザスの画家ルイ・ダニシェが描いたラベルの花には7枚の花びらがありますが、これはアルザスの7つの貴品種(リースリング、ピノグリ、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノブラン、シルヴァネール、ピノノワール)を表しています。
(輸入元資料より)


4/13(土)アップ~蔵出しBKワインズ’18カーボニック・ピノノワールと’18ペティヤン

おそらく世界でもっともお買い得なピノノワールである上にそのスタイルとミネラルが抜群の1本!

複雑な風味とナチュラルな味わい&低いアルコール!

コンディションも抜群!新スタイルのオーストラリア!








※↑わざと擦れ傷がついたようなデザイン。右の画像のようにそっち系のセンスのようです。

↓如何にもヴァン・ナチュール系濁りのある色調のペティヤン。





※↑ラベルデザイン変更。





 


ナチュラルで味付きしっかり、オフフレーバーがなくアルコールも低め、唯一無二の個性があるまったく新しいタイプのオーストラリア。それを管理のいいインポーターが輸入しているのでこれは買うしかない!

オーストラリア = 暑くてジャミーでアルコール高い
という価値観はもはや過去のもの

Jamie Goode氏や各ワイン・コンペティション等でも絶賛されております!








BK Wines, Carbonic Pinot Noir '18

BK ワインズ、カーボニック・ピノノワール’18

(オーストラリア・辛口赤)


税別¥2900

<あと11本>

「2019.4月中旬に飲みました。」

アルコール%

’18は、春先の結実不良で生産量減により少し蔵出し価格が上がってしまいました、、、




BK Wines, Carbonic Pinot Noir '17

BK ワインズ、カーボニック・ピノノワール’17

(オーストラリア・辛口赤)


税別¥2750

<売り切れ>絶対おすすめ!

48本完売!ありがとうございました~※再入荷不可能!

見事なまでに賛否両論、感じ方に個人差が大きい銘柄のようで
スキン&ボーンズ・ピノ’16以上に
大絶賛の声と好みと違ったの声をどちらもいただいております!
今のところ当店のお客様からは絶賛の声の方が多いですが、やはり話題作。

「2017.10月初旬に飲みました。同シリーズの白もおいしかったが、赤はさらにすごかった!ブルゴーニュ通の方ほど驚くであろう内容かつ、明らかに大幅に価格を超えている。大げさではなく価格と味わいの内容の差が現代では滅多にないレベルのもの。はっきりと濁ったルビー色。小粒の甘い赤い実の果実、バナナ、ブラッド・オレンジ、チェリー、ごくごくわずかな青さを含みこれが複雑性を増しているような非常に良い香り。基本はピュアでジューシー。当然少しもジャミーではなく酸も低くない。ミネラルは低くないどころか、味わいがかなりうま塩!アフターもうま塩!みずみずしくきわめて心地よく、杯が進みすぎるが、悪酔いしないタイプで非常に楽しめる。ブレンダン・キースさん才能あると思うなぁ~。抜栓の次の日も最高においしい。梅ガム、赤い実の果実、うま塩。すごい!
見方を変えればコンディション完璧なブルゴーニュ古酒の出汁系の酸のとがっていないまろやかな味わいから熟成香を無くした感じ。これは売るためのコメントではなく飲んだ方にしかわからないかもの部分。この造り、もしかしたら今後世界中で流行る可能性ある?温度は上げすぎないこと」

アルコール12.5%

スクリューキャップ

サウスオーストラリア州・アデレードヒルズ

スクリューキャップ プラスチックバッグにブドウ(100%全房)を入れカーボニック・マセレーション。野生酵母による醗酵。ステンレスタンクへプレスし、ノンフィルター・清澄 無しでボトリング。SO2は20ppmになるように調整




BK Wines, Skin n Bones White 15

BKワインズ、スキン&ボーンズ・ホワイト’15

(オーストラリア・辛口白)


税別¥3300

<あと1本>おすすめ!

限定品!

VINOUS 92点!(2018~2023年)

スペクテーター・オンライン86点(NOW)


リアルワインガイド59号 88+・89点(今~2033年)

「2017.7月中旬に試飲しました。こちらも他にない個性がありおいしい。キレと深みよりも真ん中の味わいが結構強く、ナチュラル感ありつつ、厚みのあるエキス分。面白く、おいしい ※シェリー風味ではないサヴァニャンです。念のため」

アルコール12.5%

スクリューキャップ

サウスオーストラリア州・アデレードヒルズ
スティル・白 ドライ
サヴァニャン 98%、シャルドネ 2%

深い赤色粘土層の上に砂混じりの石灰層。
除梗された後、ステンレスのオープンファーメンターで25日間のスキンコンタクト。フレンチオークのパンチョンで12か月熟成。澱引き後ブレンド。醗酵は野生酵母。補酸はしていない。130ケースのみの生産。

パンチョン樽とは?
主にラムやシングルモルト・ウイスキーの熟成に使用される480リットルのずんぐり型

豊満かつふくよか、生命力に溢れたスタイルとなった2015年。ドライシトラス、ハチミツ、白い花や煎られたナッツ類などを想起させるような野生的で強 烈な香り。フィニッシュは石を想わせ、梨の皮の香りがいつまでも続き、活き活きとしたハーブを感じる長い余韻が楽しめます。





BK Wines, Petillant Naturel 18

BKワインズ、ペティヤン・ナチュレル’18

(オーストラリア・辛口白泡)


特価・税別¥3000

<あと10本>限定品!

’18は、春先の結実不良で生産量減により少し蔵出し価格が上がってしまいました、、、



BK Wines, Petillant Naturel 17

BKワインズ、ペティヤン・ナチュレル’17

(オーストラリア・辛口白泡)


特価・税別¥2800

<売り切れ>限定品!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました

アルコール11.5%

王冠キャップ



BK Wines, Petillant Naturel 16

BKワインズ、ペティヤン・ナチュレル’16

(オーストラリア・辛口白泡)


特価・税別¥2800

<売り切れ>おすすめ!
限定品!

Jamie Goode 90点

「2017.7月中旬に試飲しました。これは深くはないが、非常に心地よく楽しいワイン。酸にキレはないが、ナチュラルなフツール感が好印象のやわらかいがそれほど緩くはないおいしさ。超お買い得という言葉が使えないだけでシチュエーションによってはかなりの力を発揮するタイプ。外で飲むときのよく冷えた最初の1杯や夏の暑い日にスポーツ観ながらとかに最高でしょう」

アルコール11.5%

王冠キャップ

サウスオーストラリア州・アデレードヒルズ

泡・白 ドライ シャルドネ 98%、サヴァニャン 2%

バスケットレンジで収穫されたシャルドネとわずかのサヴァニャンを全房のままプレスし、そのまま1800Lのコンクリート製エッグタンクへ。残糖が15gの時に瓶詰をし打冠。

酸化防止剤は使用していませんので特に低温保管が必要

焼いた洋ナシ、青りんごのタルトのような香り。海に現れるふわふわの泡のようなムース。上質のシャンパーニュのように焼いたパンやビスケットのニュアンスも。



南オーストラリア州アデレード・ヒルズ / バスケットレンジ
BK ワインズ 2007設立 年産3000ケース。

オーナーワインメーカー/ブレンダン キース Brendon Keys

ニュージーランド生まれのブレンダン キースは、アルティザンなクラフトワインの造り手が集まる、今、オーストラリアのみならず世界で一番ホットな産地、南オーストラリアのバスケットレンジで、その名声の一翼を担うに値する作品を産み出しています。

NZのギズボーンでワインメーカーとしての歩みを始めたブレンダンは、カリフォルニアに移り、かつてオーパス・ワンの醸造ヘッドを務め、その後ロシアンリヴァーヴァレーに自分の名を冠したワイナリーをスタートしたポール・ホブスの元でスキルを磨きます。その後2004年にはポールに乞われアルゼンチンのヴィーニャ コボスの設立に参加しました。

その後もジュラやアルザス、ブルゴーニュのナチュラルでありながらモダンなスタイルのワインに傾倒してゆくことになります。

また昨年秋には、Le Grappin(Andrew Nielson)とブルゴーニュでコラボしたガメイを醸造しました。醸造に立ち会ったChanterevesの栗山さんは「Brendon のプロフェッショナルな仕事ぶりには学ぶところが大きいです。SO2を最小限に抑えても破綻の無い作りで、あの品質を保てるのですから凄いです。」と絶賛しています。


4/9(火)アップ~蔵出しジャン・ルイ・ヴェルニョンNVミュルミュル再入荷!

蔵出しジャン・ルイ・ヴェルニョンNVコンヴェルサション

何故か?まだ無名ですが、非常に上質!

コンディション抜群で、うまみとミネラルの広がるアフター




 



個人的に大好きだったリンゴ入りヨーグルトの透明感のある乳酸香トップノーズは、今ではもうなくなってしまいました(特に若いうちは)が、味わいはやはりおいしいです。


これはマロラクティック醗酵してる銘柄かどうか、デゴルジュマンからどのくらい熟成しているかで変わるようですね。

ここもアルチザン(職人的栽培醸造家)グループのひとり

<※重要な情報>
ヴェルニョンの品質をググっと押し上げた
カリスマ『 クリストフ・コンスタン 』さんが離れてしまいました
(才能を評価されて、すごいところに引き抜かれたのか?)。
今後しばらくすると味わいが変わってしまいます。



もともとビオロジックですが
<HVE3> Haute Valeur Environnementale
環境に配慮した農法認定も取得済み





Jean-Louis Vergnon, Champagne Blanc de Blancs Brut Nature Premier Cru <Murmure> NV

ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・ブリュット・ナチュール・プルミエ・クリュ <ミュルミュル>NV

特価・税別¥5800

<あと12本>ラシーヌ輸入の限定品!

最新スペクテーター91点(2018.11月試飲)

バーガウンド・コム 93点!!!(2017年11月試飲、
Issue 68、2016年2月デゴルジュマンものに対する評価)


VINOUS 88点(アントニオ・ガローニ、
2016年2月デゴルジュマンものに対する評価、2016年12月試飲)


輸入元担当者さま絶賛の1本!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
リピート率、急激に上がっております!

「2019.3月末に飲みました。今の当店在庫はまだ<クリストフ・コンスタン>さんによる中身ですのでご安心くださいませ。味が落ちていたり変わっていたら買わないつもりでシビアに試飲。トップノーズだけでもう合格(笑)透明感のある極めてピュアなよい香り。味わいもコンディション最上の美しさと艶のある舌ざわり。酸の質が傑出しており、強いうまみと塩ミネラルが残る伸びのある長いアフター。これさえあれば他の生産者によくあるマーケティングの産物的な上級ミレジメ必要ないというくらいの1万円強の満足度があります。ぜひ皆様お試しください。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい。複雑性のある塩グレープフルーツのニュアンス」

アルコール12%

173本完売!!!

ブリュノ・ナチュール表記で、ドサージュ・ゼロ

ヴェルテュのシャルドネ100%

この銘柄は基本的にマロラクティック醗酵しない

『 Murmure 』 = ひそひそのような意味の造語
上質なシャンパーニュのキメ細かな泡立ちをイメージしたもののようです



ラシーヌ輸入の限定品!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版にて2つ星生産者→3つ星生産者に昇格!

このドメーヌに関しては、中身のヴィンテージが変わった途端にリザーブワインの比率が下がって味わいが大きく落ちたというような心配は無用です


『 1950年創立のジャン=ルイ・ヴェルニョンは、1985年からビン詰めを始めました。2002年にクリストフ・コンスタンが醸造責任者になって、栽培・醸造のすべてが根本的に改められ、年を追うごとに目覚しい向上をしてきています。クリストフ・コンスタンもまた、アンセルム・セロスから大きな影響を受けた一人です。特に、メニル村はアンセルムが住むアヴィーズと同じコート・デ・ブラン地域にありますから、収穫期が近づくと頻繁にアンセルムと情報交換をしているそうです。 「ル・メニルでは、マロラクティック発酵をしないで仕上げるには、10~11グラムのドザージュが大前提になっている。もし、ドザージュしないで仕上げようとするなら、マロラクティック発酵をしなければバランスがとれない」と一般に言われています。けれども、「ブドウを完熟させて収穫すれば、マロラクティック発酵は必要ない」というのが、アンセルムとクリストフの意見なのです。ル・メニルの真髄を表現する正統派シャンパーニュの登場です! (輸入元資料より) 』


4/9(火)アップ~蔵出しラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール’17ラ・リュンヌ(750ml)


 





ラシーヌ輸入の限定品!


2002年にカベルネソーヴィニョンとガメイの栽培をやめ、シュナンブランに植えかえた

大小4つの垂直型木製のプレスを使い分けている。10haの畑すべてでビオディナミを実践。225リットル樽で熟成、いずれも補糖しない

エコセールとデメテル認証ビオディナミ、SO2極少

近年、評価が高すぎます。昔は変人扱いもされたでしょうが、やっと時代が追いついてきた?ヴァン・ナチュール好きでラ・リュンヌを飲んだことがないとかはあり得ないこと!




ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、VDF・ラ・リュンヌ’17

(ロワール・辛口白)

税別¥4200

<あと11本>限定品!

アルコール13%

いつもの薄いロウキャップ
やっと買えましたが、もうすでに再入荷できないようです、、、

La Ferme de la Sansonniere (Mark Angeli),




ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、VDF・ラ・リュンヌ’14

(ロワール・辛口白)

税別¥3700

<売り切れ>

最新パーカー92+点!!!(2019~2029年、ワイン・アドヴォケイト227号)

デカンター・オンライン92点!(For the weekend: Great wines under 20ポンド.)

MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

アルコール13%

ロウキャップ

’13 パーカー92点!


「2011.7月末に’09を再度飲みました。今回は抜栓直後よりも抜栓の次の日の方が明らかにおいしく感じられた。あくまで上品さと高貴さを残したほのかな甘さが心地よく、杯が進む。貴重な個性を持ったワイン。意外なことに少し温度を上げてもダレずに酸不足は気にならずに楽しめた。そもそもの酒質がハイレベルなのでしょう」

「2011.5月に’09を飲みました。緑色の弱いやや濃いイエロー。この手の薄いロウキャップは気にせずそのまま上からスクリューを刺すのがおすすめ。かるくすりおろした蜜リンゴ、ミネラルの香り主体。キレはないがバランスの中で意外に低くはない酸。豊富なうまみとミネラルで、予想よりかなり長いアフター。そして完全な辛口というよりほのかな心地よい甘さの残る中辛口よりの辛口で、シュナンブラン特有のタンニンはすでに溶け込んでおり、よいバランス。例年よりも少し熟度が高く酸が低めなのかもしれない。なので’09は温度を上げすぎない方がおいしく楽しめると思う。香りやアタックのイメージよりも余韻が長くて驚かされた!抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後は、抜栓直後と比べると大分違う風味(冷蔵庫の野菜室に立てて保存)ですが、相変わらずおいしく余韻が長い。少しトロみもあり、かなり楽しめた!」

※透けて見えるような薄いロウキャップです。

手ごろな価格でこの造り手の実力とシュナンブランの本当の素晴らしさを試せる1本なので、常に人気が高い銘柄

’07 ワイナート54号 90点

ヴァン・ド・フランス、モノポール

樹齢20~30年

シュナンブラン100%

低収量約22hl/ha!

年間生産量:わずか2500本程度!

耕作:馬による土寄せ、土崩し。トラクターによる夏の整備

無清澄

醸造中のSO2添加なし、瓶詰め時に必要最小限添加

 

 

『 マルク・アンジェリが手がける絶品のシュナン・ブランは、すっかりおなじみになりました。軽やかさ、官能的でかつ上品な味わいは、ひと口味わった瞬間に、飲み手を深い感動へと導いてくれます。目を閉じて余韻を味わう一瞬の、なんと幸せなこと。端正な美しさに秘められた力強さは、後述するようにマルクの人となりを映し出しているのです。

マルクは、いまやトレードマークとなったハンチングをかぶり、日暮れまで畑に出て自らを“paysan polisson ”「おちゃめな農夫」とでも訳せばいいでしょうか、とふざけ半分に自称しています。ご存知のようにINAO (l’Institut National des Appellations d’Origine 国立原産地呼称機関)と論争を繰り返し、「AOCが求める生産地の特徴など、あまりにもいい加減で、ナンセンスこの上ない」とINAOをl’Institut Negativiste de l’Apathie Organoleptique(生理学的に感覚が鈍くて無為無策な、消極的機関)と決めつけ、誇りをもってヴァン・ド・ターブルを名乗っています。

原子力発電所建設に反対し、核開発や戦争に怒り、純粋に平和のために祈り、つねに古の叡智に耳と心を傾け、精神をとぎすまし、マンネリと不断に戦い、思索しつつワインを造っているような人物です。純粋なひたむきさと強い意志、高い志と繊細な感覚が、醸造を始めて10余年という経験から練りあげられた技と一体になって、丹精した畑の力を引き出すことに成功し、味わいに現れているのではないでしょうか。数年来、彼のシュナン・ブランをこよなく愛し、ひたすら楽しんできたわたしですが、2001年を境にその作風が大きく変ったように実感しています。

一般的にいって、エキスが閉じ込められた辛口のシュナン・ブランは、えてしてアーモンドの核めいた苦さが残りがちで、タニックなニュアンスが感じられることが多いのですが、2001年以降の彼の作には、まるで宙を舞う天使を思わせるような、無上の軽やかさがあります。まさしく彼のワインは、しみじみと苦しみを超えた人生の喜びをかみしめることができる、大人の飲みものではないでしょうか。いまや人知の域を越えて「芸術品」ともいうべき境地に達した趣のある極上のアンジュを味わって、幸せなひと時に浸っていただきたいと思います。 (輸入元資料より) 』

 


4/6(土)アップ~蔵出し正規品ワイ・バイ・ヨシキ’16オークヴィル

超入手難!
















10th Anniversary Special Edition
Y by Yoshiki, Cabernet Sauvignon Oakville Napa Valley '16

ワイ・バイ・ヨシキ、ナパヴァレー・オークヴィル・カベルネソーヴィニヨン’16

(カリフォルニア・辛口赤・750ml)


税別¥28000

<あと1本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

再入荷不可能!

ついに入荷!しかも当たり年!
やっと極少量手に入りました。お早めにご検討くださいませ。


カリフォルニアの銘醸地と言われるナパ・ヴァレー。その地で「アイコンワイン」、「カルトワイン」と呼ばれる赤ワインを多く産出するのがナパ・ヴァレーの中心に位置する「Oakville(オークヴィル)」。

2008年、YOSHIKIとロブ・モンダヴィJr.が「Y by Yoshiki」プロジェクトをスタートして10年。
ついにオークヴィルのブドウだけから造られた10周年記念特別限定品「Y by Yoshiki」が完成致しました。

多品種をブレンドする事で複雑味を表現するボルドー系赤ワインのスタイル。
その中で敢えてカベルネ・ソーヴィニョン100%で造られたこのワインにオークヴィルで栽培されたブドウへの自信とクオリティの高さが感じられます。
フレンチオーク樽の中でゆっくりと熟成を重ねたワインがこの冬、門出を迎えます。

芳醇な香りと、力強さの中にある複雑味とふくよかさを感じるこのワインはYOSHIKIの追求する一流の芸術性を表現し10年の時を経てようやく生まれた最高傑作と言えるでしょう。


ティスティング・ノート
ナパ・ヴァレーの中でも最も畏敬の念をもって称賛されるブドウ栽培地区「オークヴィル」。その土地から選び抜かれたこのブドウは、オークヴィルの土壌だけが持つ象徴的な個性である、完熟したフレーバー、奥深い重厚さ、滑らかな舌触りをワインに与えます。このカベルネ・ソーヴィニョンは、切りたてのチェリー、フレンチプラム、乾燥ハーブ、トーストしたオーク樽、なめし皮等のアロマが美しいハーモニーを奏でています。口に含むと、リッチなマホガニーや赤いチェリー、カシスが堂々とした主旋律のように響き、挽きたてのココアのフレーバーが、スムーズで複雑な舌触りと圧倒的で印象深い後味に導きます。

ロブ・モンダヴィJr.からのコメント:
「このY by Yoshikiオークヴィル・カベルネ・ソーヴィニョン2016の生み出す果実味と舌触り、そして多くのアロマが奏でるハーモニーに感動しました。口に含んだ直後・その後・終わりとそれぞれの部分で、ユニークさや、スムーズなボディと豪華さがうまく溶け合っている味わいが感じられます。この味わいが調和して溶け合っている事と滑らかさは、YOSHIKIにとってこの上なく重要な事です。ミュージシャンとして、ハーモニーを作りバランスを取ることは、それが音楽であろうとワインであろうと、彼にとってはとても重要なのでしょう。私自身、YOSHIKIとワインをティスティングする事を楽しんでいます。彼は真の熱狂的ワイン愛好家であり、ワインのそれぞれの側面に対する彼の見方を私は高く評価しています。それはまるで魅力的な交響曲を造り上げる音符のようです。」

熟成:フレンチオーク樽(85%新樽、15%1年使用済)で21か月
pH: 3.64
総酸度:6.5g/L
残糖:0.25g/L
醸造責任者:ロブ・モンダヴィJr.

生産本数:4,320本






Y by Yoshiki, California Cabernet Sauvignon '16

ワイ・バイ・ヨシキ、カリフォルニア・カベルネ・ソーヴィニョン’16

(カリフォルニア・辛口赤・750ml)


税別¥5500

<売り切れ>超限定品!

アルコール13.5%

4月入荷銘柄とは違う畑のブドウです。
よりお求めやすい価格の高品質ワインをということで『 ナパ・ヴァレー 』を名乗れませんがよいブドウを使用しているということになります。
例の『ふるさと納税』の返礼品として某市がこのワインを使っていました


カベルネソーヴィニョン100%

輸入元ティスティング・ノート
真紅の色合いで、ダークチェリー、ベリー、黒い果実のアロマが感じられます。味わいは黒い果実のフレーバーにコーヒーやチョコレートにニュアンスにかすかなバニラが感じられ、絹のようなしなやかなタンニンを持ち合わせています。

生育期
前年2015年から続く干ばつの年で、引き続き暖かく雨の少ない冬から始まり、結果的に芽吹きも早く訪れました。干ばつに加えて春の低温と開花期が長くなったことで結実が均一に行われなかった為、ブドウの房は小ぶりで収穫量も前年に続き例年より減少してしまいました。生育期を通して気温のアップダウンが激しく、そんな環境の中でブドウは完熟を迎えました。このような天候と低収量の年でしたが、私達は凝縮感のある素晴らしいブドウを収穫する事が出来ました。

手摘みでブドウを収穫後、除梗・破砕され、温度コントロールされたステンレスタンクで発酵されます。 発酵終了後、醸しが行われ、フレーバーとタンニンが溶け合い、継ぎ目のない滑らかなカベルネ・ソーヴィニョンの舌触りが生まれます。マロラクティック発酵は小樽の中で行われ、そのまま12ヶ月間樽熟成されます(45%新樽)。凝縮感のあるレッド・チェリーやブルーベリー、スパイス、かすかなコーヒーのフレーバーが感じられ、ダークチョコレートのフレーバーが長い後味に続きます。
(輸入元資料より)




ストーリー
2008年に誕生した「ワイ・バイ・ヨシキ」は、日本のミュージシャンでありアーティストであるYOSHIKIと、ナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の4代目であり醸造家でもあるロブ・モンダヴィ Jr.とのコラボレーションにより造られたワインです。 2011年ヴィンテージはナパ・ヴァレーの優れたブドウ畑のみから造られ、このユニークなパートナーシップの芸術性や豊かな創造性を表現しています。
(輸入元資料より)


4/9(火)アップ~蔵出しベーレンス・ファミリー・ワイナリー’13

超カルト・カベルネ!








Behrens Family Winery, BEHRENS MOULDS CABERNET SAUVIGNON '13

ベーレンス・ファミリー・ワイナリー、ベーレンス・モールズ・カベルネ・ソーヴィニヨン’13

(カリフォルニア・オークノールAVA・辛口赤)


税別¥18000

<あと6本>幻の超限定品!

パーカー96+点!(2016~2041年、
~This is a killer effort from Les Behrens and Lisa Drinkward.
ワイン・アドヴォケイト222号)

VINOUS 92点(アントニオ・ガローニ、
~ The combination of ripe, sweet fruit in this relatively cool site yields a Cabernet Sauvignon of distinction.
2016年12月)


アルコール14.8%

伝説のナパ・ガレージ・ワインが遂に日本へ!
1つの銘柄が少量生産ゆえ、アメリカ国内のメーリング・リストとレストラン、ワインショップで全て完売してしまう為、
正規蔵出しでは日本に一度も輸出された事のないワイナリー!

カベルネ・ソーヴィニヨン88%、カベルネ・フラン12%

カベルネ・ソーヴィニヨンは、ナパ・バレー屈指のブドウ園として知られるオーク・ノールのモールズ・ファミリー・ ヴィンヤードで栽培されたもの。 

フレンチオーク樽22ヶ月熟成

生産量:196ケース

栽培家最高の栄誉、2018年Grower of the Year受賞!

非の打ちどころのないブドウ栽培、細部への行き届いた配慮、モールズ・ファミリー・ヴィンヤードは折り紙つきの栽培農家で ある。2002年より、私たちはスティーヴ、ベッツィ、ロベルトとの交流を楽しみ、彼らのすばらしい労働の成果を享受してい る。 グリーンペッパーの刺激的な香りが特徴的なクラシックなカベルネ。 カシス、アルファルファ(牧草の新芽)、スミレ、森 の下草、森林のローム土、スグリのニュアンスを思わせるアロマがグラスから豊かに立ち昇り、滑らかに溶け込んだタンニン は、カカオ、エスプレッソ、チェリー、アニスの風味を漂わせている。 ワインは凝縮感のある完璧な仕上がりで、しっかりとし たコクと優美さを兼ね備えている。 まさに完璧な、濃厚で粘性の高いワイン。 レスが“今までで最高のモールズ・カベルネ だ”とつぶやくのを耳にしたが、確かに最高傑作、しかし今後も大いに楽しみである。
(輸入元資料より)


4/11(木)アップ~蔵出しドメーヌ・フィリップ・ジャノ’17

激しく価格を超えたサントネ!




※上の画像は、1級パスタン。
下の画像は、’14です。




 


正確には’16から息子カンタン・ジャノ(Domaine Quentin Jeannot)氏の代に世代交代したようです




Domaine Philippe Jeannot, Santenay Vieilles Vignes '17

ドメーヌ・フィリップ・ジャノ、サントネVV・ルージュ’17

税別¥2900

<あと7本>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

18本完売。~※近日さらに再入荷決定!

「2019.3月下旬に飲みました。DIAM5コルク。紫色の弱い明るいルビー色。例年よりキレのある酸とキレイな赤い実の果実で樽香も控えめ。アタックは一瞬ブルゴーニュ初心者にとっては酸っぱい酸か?と思いきや旨味を伴うほのかな甘みが同時にあり結局のところ甘酸っぱいおいしさ。決して濃くなく薄くなくいい感じに甘酸っぱさを極めているバランス(笑)あまりの心地よさに杯が進むがおいしくて飽きない酔わない。完熟ミニトマト、アセロラ、胡椒などの香り。凝縮感は’16の方が上だが、’17の方がアフターに酸が伸びてこちらの方が優れていると判断するブルゴーニュ通の方は多いでしょう。それにしても半端じゃないお買い得感!抜栓の2日後までまったく落ちない。抜栓の3日後もまだ楽しめる」

アルコール13%




Domaine Philippe Jeannot, Santenay Vieilles Vignes '16

ドメーヌ・フィリップ・ジャノ、サントネVV・ルージュ’16

税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

67本完売!ありがとうございました

「2018.9月下旬に飲みました。DIAM5コルク。ACブルゴーニュの値段で買えてしまうサントネ。よく凝縮してほのかに甘いチェリー、控えめな樽、少しスパイス、ミネラルなどのよい香り。果実味豊かで、コクがありつつバランスがよく酸とミネラルが低くない。’14を飲んだ時より少し甘いが、あくまで甘酸っぱいイメージでクドさはなく非常に杯が進む飲み頃NOW~。コクはあるが重すぎないところも好印象。自分の中ではリュシアン・ミュザールより好み。非常によく出来ておりお買い得感もかなりある。抜栓の次の日も非常においしい。香りが少し開いてキレイな赤い実の果実というイメージになった。何故いまだに無名?」

アルコール13%

’15 Wine Enthusiast 90点

バリック10-12ヶ月

海抜約400mにある単一区画

樹齢50年以上!

熟した赤系果実の豊かな香り。押しが強く荒削りなワインが多いとされるサントネだが、しなやかな果実、クリアな酸、細かなタンニンを備えた味わいは非常に女性的。余韻にかけてじわりと広がる旨みが心地よい。
(輸入元さんコメント)

’15 24本完売。

’14 24本完売。


行政区画上の県としてのコート・ドールの最南端の村となるサントネは、生産されるワインの85%が赤という、赤主体のアペラシオンである。かつての評価は今よりもはるかに高く、19世紀前半には現在の約1.5倍となる500ha近い畑からワインが造られ、ヨーロッパ各地で楽しまれていた。今日では、その栄光は忘れられがちだが、シャサーニュ・モンラッシェの丘陵から地続きの地勢や、コート・ド・ニュイに似た地層を持つサントネが、ブルゴーニュが誇るピノ・ノワールの銘醸地であることは疑いようがない。
マット・クレイマーは著書の中で、サントネはおいしい赤の産地であり、その価値は食事との相性での中ではかられるべきだと述べている。


素直な果実の風味を追求

1995年に設立されたフィリップ・ジャノは、所在地こそ近隣のサン・セルナン・デュ・プランとなるが、サントネを中心にワインを手掛けるドメーヌである。
設立者のヴァレリーとフィリップ・ジャノ夫妻は、彼らの叔父の一人が運営する醸造所で醸造家として働きつつ、ワイン造りのノウハウを学び、少しずつ畑を買い足し、独立を果たした。現在では、所有畑は10haまで広がり、2人の息子のカンタンもワイン造りに参加している。

栽培では土壌の自然なバランスを尊重し、リュット・レゾネを採用。殺虫剤などの薬剤の使用は最小限に抑え、畑の余分な雑草は除草剤ではなく草刈り機で除去する。

また、収量制限のために、全ての区画でグリーン・ハーヴェストや除葉を実施している。健全でクオリティの高いブドウを得るためには、1年365日、畑仕事は欠かせないという。

醸造面では抽出はあくまでソフトに行い、単純な濃さではなく、素直な果実の風味を追及している。畑とセラーで計2回選果した後、基本的に完全除硬したブドウをステンレスタンクで約1週間低温浸漬させ、自然酵母で10-14日間アルコール発酵。低い圧力でプレスした後、バリックで10-12ヶ月間熟成させる。

温泉地としても知られるサントネは、きらびやかな発展を遂げる前のコート・ドールの風景を思い起こさせる村ともいわれる。フィリップ・ジャノのワインはまさしく、古き良きブルゴーニュの面影を今なお残すサントネそのものの味がする。どこか素朴な雰囲気が漂う、素直なおいしさを備えた香り高いピノ・ノワールだ。彼らのサントネは、「望み通りのピノらしいサントネ」というコメントともに、初掲載のギド・アシェット2015年度版で1ツ星を獲得している。
(輸入元資料より)


4/9(火)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・トラペ’16

さらに’15’14キャピタと’14オストレアも!

アメリカ以外でどんどん評価を高めているドメーヌ!ワイナート69号43号でも絶賛されました!

MVF(旧クラスマン)2011年度版にて2つ星→3つ星生産者に昇格!




2012.10.29(月)フィネス主催試飲会にてトラぺご夫婦と。詳しい説明をいただきながら試飲できました。物静かな感じの紳士トラぺさん。2010年の出来には自信があるようでした。当店の予想通り’09よりも酸とタンニンが多く、より長い熟成が可能。基本的にしっかりした酸とタンニンがあり、ややクラシックなスタイルに感じられることの多い超熟タイプの’10(熟成のポテンシャルを含めた出来は相当によい!)ですが、造り手によっては時々予想以上に早熟なワインもみられます。トラぺさんは少し寝かせた方がよさそうな長熟タイプだと感じられました。シャンベルタンの複雑性とポテンシャルは圧倒的!2010年は天候というよりも土壌の質が違った(理想的な状態の畑だった)とのことです。








↑’15からラベルデザイン大幅変更あり。










 

 

他のジュヴレシャンベルタン2はこちら

 

当店扱いのドメーヌ・トラペは、すべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!

たまに並行ものの安いトラぺが流通していますのでお気を付けください


いまやドメーヌ・トラぺさんは、失敗の可能性が低いかなり優れた生産者といえます

予想通り’12’13はかなり数が少なかったですね、、、

トラぺさん(ブルゴーニュ’14とアルザスGC’12)は
前のヴィンテージ買わなかったアイテム等はわかりにくいと思いますが、
全体的に少し値下がりしました!




ドメーヌ(ジャン・エ・ジャン・ルイ)トラペ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・キャピタ’14

超特価・税別¥17000

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’14は、再入荷不可能!

パーカー92点(2018~2030年、
ニール・マーティン、~wonderful!)

最新VINOUS 92点(2014~2034年)

バーガウンド・コム 90~92点


MVF(旧クラスマン)2017年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

この銘柄の’11は圧倒的なおいしさで、満足度はグランクリュ以上のレベルでした!

※1級畑のCorbeaux(コルボー)、Combotte(コンボット)、Ergot(エルゴ)の3区画のブレンド




ドメーヌ(ジャン・エ・ジャン・ルイ)トラペ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・キャピタ’15

税別¥22000

<あと4本>超限定品!

※’15は再入荷不可能!

パーカー91~93点(2019~2032年、
ニール・マーティン、2016年12月試飲、ワイン・アドヴォケイト228号)

最新VINOUS 90点(ニール・マーティン、
2021~2032年、2018年11月試飲)

VINOUS 90?点(ステファン・タンザー、2018年1月試飲)

最新バーガウンド・コム 93点!!!(Outstanding!)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2018年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5/20点





ドメーヌ・トラぺ、ブルゴーニュ・パストゥグラン・ア・ミニマ’16

税別¥3100

<あと12本>限定品!

パーカー88点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

VINOUS 88点

バーガウンド・コム 86~88点(Outstanding Top Value!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15/20点




ドメーヌ・トラぺ、コートドニュイ・ヴィラージュ・メ・フランゲ’1

税別¥5300

<売り切れ>限定品!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15.5/20点




ドメーヌ・トラぺ、マルサネ・ルージュ’16

税別¥5700

<あと5本>限定品!

パーカー89~91点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

VINOUS 87~88点

バーガウンド・コム 87~89点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15.5/20点




ドメーヌ・トラぺ、ジュヴレシャンベルタン・オストレア’16

特価・税別¥12000

<あと2本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー90~92点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

VINOUS 88~90点

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding Top Value!)


MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点

「2019.5月初旬に飲みました。」

アルコール%




ドメーヌ・トラぺ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・アレア’16

特価・税別¥24000

<あと3本>超限定品!

VINOUS 90~92点

バーガウンド・コム 90~93点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17/20点




ドメーヌ・トラぺ、シャンベルタン’16

税別¥74000

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー95~97点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

VINOUS 93~95点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 93~96点!


MVF(旧クラスマン)2019年度版20/20グラス満点!!!(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版19/20点



4/9(火)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・アンリ・ノーダン・フェラン’15








SAKURA Japan Women's Wine Award 2014にて

Best Wine produced by a Woman winemaker 受賞!




Domaine Henri Naudin-Ferrand, Echezeaux '15

ドメーヌ・アンリ・ノーダン・フェラン、エシェゾー’15

特価・税別¥28000



輸入元定価・税別¥33,000

<あと6本>幻の超限定品!

※当然再入荷不可能です!

リアルワインガイド60号 93~94点 2017年6月試飲時の暫定点

アルコール12.5%

「2012.10月に’09を試飲しました。昔よりもナチュラルな全体像で、トップノーズはパカレやビゾーと共通した複雑な風味を感じる。最近では試飲出来ないワインとなってしまったビゾーのエシェゾーよりも少し小柄で早熟な味わいという感じでしょうか?球体系の全体像で、樹齢がそれほど高くない割に、すでに深みは充分!予想以上&価格以上においしい。’09としてはジャミーではなく、あくまで完熟のよいバランス。すでに香りが予想以上に開いているところは’09的。非常に丸い質のタンニンだがその量は多く、2016以降に空ければ少し色気も加わって相当に複雑だろうと思います ~※このワインは同時に試飲した、ドメーヌ・マルシャン・フレール、グリオット・シャンベルタン’10とシャルム・シャンベルタン’10、ジョルジュ・シコト、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・サンジョルジュ’09、ドメーヌ・フランソワ・ベルトー、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レザムルーズ’10よりも明らかに格上という印象でした」

ジャン・イヴ・ビゾー(Domaine Bizot)の奥さんクレール・ノーダンによるドメーヌ

’15の生産量:1,306本(例年より少し多く出来た)

低収量20hl/ha

’15時点で 平均樹齢36年
Les Rouges du Bas の区画

ほとんどビオディナミのリュット・レゾネ

手摘み、天然酵母を使用

’15は、新樽61%のアリエ産とヴォ―ジュ産の樽(228リットル)で15ヶ月熟成

無濾過、SO2最小限



4/9(火)アップ~蔵出し超特価シャトー・ド・ラ・トゥール’05

日本ではまったく無名ですが、本当に素晴らしいワインです!






シャトー・ド・ラ・トゥール、クロヴージョ’05

超特価・税別¥17900

<あと19本>超限定品!

バーガウンド・コム 91~93点(Issue 25、2007年1月試飲)

最新インターナショナルワインセラー92点
(ステファン・タンザー、2008年3月試飲)

インターナショナルワインセラー92~94点

ワイナート41号 91点

ゴーミヨ誌19.5/20点!!!

クラスマン2008年度版18/20グラス


「ここ数年、このドメーヌのVVは、DRCの最高品質のものと肩を並べる出来ではないかと思われる。元々スタイルが似ているのだが、~醸造法も類似しているからである。~このドメーヌのVVこそクロヴージョの模範である。そこにはブーケの素晴らしさ、奥行きの深さ、そしてテクスチャーの格調の高さなど、このグランクリュの資質が余すところなく表現されている。(クラスマンより)」

無濾過&無清澄

Gルーミエ、アルマン・ルソー等と同じクラスマン2つ星生産者


4/9(火)アップ~蔵出しデュガ・ピィ’12コルトン・シャルルマーニュ、’15モルジョ・ブラン、’15ペルナン・ブラン

滅多にメディアには出てこない超濃密な白!

1/11(金)アップ~<※3本限定!>蔵出しデュガ・ピィ’16マジ・シャンベルタン

蔵出し超特価デュガ・ピィ’13
シャルム・シャンベルタン

久しぶりに飲んだら特に赤ワインのスタイル変化が見られます!

※全銘柄が、全ての値引き対象外となります。









 

 

 



このページ内のデュガ・ピィは、
100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!




シャルム・シャンベルタン’15のブドウ画像



’70年代からずっと化学肥料を使用していない

’03から100%ビオロジックに移行済み
ビュロー・ヴェリタス認証あり、ABマークあり
昔から天然酵母を使用、全房発酵主体

現在ではビオディナミも一部導入

’11からはさらに
Corton Charlemagne
Pernand Vergelesses 1er Cru Sous Fretille
の畑も買い足す!

’17でベルナールさんが引退予定
’18から10年以上一緒に働いているビオディナミ導入派のロイックさんに世代交代予定
ベルナールさんはロイックさんを手伝いつつ、ホテル経営を始めるらしい?




デュガ・ピィ、マジ・シャンベルタン・トレ・ヴィエイユヴィーニュ’16

税別¥72000

<あと1本>幻の超限定品!

※再入荷不可能!

最新パーカー99点!!!(2028~2075年!
デュガ・ピィ過去最高の作品の一つ!!!、William Kelley)

パーカー96~98点!!!(2026~2050年
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 94~96点!

スペクテーター97点!!!
(Highly Recommended!、2020~2040年)

VINOUS 93~96点!(ステファン・タンザー)

デカンター・オンライン96点!(2030~2060年!)


MVF(旧クラスマン)2019年度版19/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

アルコール13%

樹齢70年以上!

年間生産量:普通の年で約800本程度!

無濾過

AB、ユーロリーフ、ヴェリタス認証あり!

100%全房醸造。極めて濃厚な色調。熟しきったカシス、ブラックベリー、ダークチェリーなど、黒い果実のアロマが支配的。そこに甘草やバニラがスパイシーに折り重なる。ビッグな果実の膨らみに、ミネラルと微粒子のタンニン。余韻に香ばしくカカオの風味。偉大なワイン。
(輸入元さんコメント)





デュガ・ピィ、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥6200

<売り切れ>超限定品!

※輸入元在庫一瞬で完売でした、、、






デュガ・ピィの白は、何度か飲みましたが驚かなかったことがない!
評価が載らないのは生産量が非常に少ないのでベルナールさんとロイックさんが意図的にメディア試飲の場に白は出さないようにしているんだそうです。
強い樽と無理な抽出ではなく、なぜこんなにも濃密で噛めるように分厚いエキス感と巨大な構造・長い余韻を表現できるのか謎?



DUGAT-PY, Corton-Charlemagne Grand Cru Vieilles Vignes '12

デュガ・ピィ、コルトン・シャルルマーニュVV’12(辛口白)

税別¥32000



輸入元定価・税別¥40,000

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.3月上旬に試飲しました。酸とミネラルは決して低くないのですが、それよりなにより果実味の濃密感が凄すぎて一体どうやったらこうなるの?という樽も強くないし過剰な抽出という感じもしないのに一流生産者のバタール・モンラッシェよりも分厚いエキスと巨大な構造と長い余韻。飲んだことがある方が少な過ぎるので評価が定まっていない感があるだけでデュガ・ピィは白も凄すぎる!まさに噛めるようでほぼ固体?の粘性とエネルギーが強い液体。常温まで上げてもまだ少し固く緩みゼロ。熟して濃いが早期酸化劣化しなそうなバランス。肉料理にも負けない。デュガ・ピィはいつも飲む前は高いが、飲んだ後は高くない。コシュ・デュリよりは現実的に手に入るので、冗談抜きで買えるうちに買っておいたほうが良いと感じました」

アルコール13.5%

偉大なワイン。樹齢45年のシャルドネを使用。100%新樽を使用し、18~20ヶ月熟成。レモンオイルや白系の花の芳香がグラスから溢れるようで、酸味とミネラルのエネルギーが詰まっているよう。大変長熟なタイプなので忍耐強く待つか、飲む数時間前にデキャンタージュすると良い。
(輸入元資料より)




DUGAT-PY,
Pernand-Vergelesses 1er Cru Sous Fretille Blanc Vieilles Vignes '15

デュガ・ピィ、ペルナンヴェルジュレスプルミエクリュ・スー・フレティーユ・ブランVV’15(辛口白)

超特価・税別¥14000



輸入元定価・税別¥18,000

<あと3本>超限定品!

アルコール14%

樹齢45年
60%新樽を使用し、18~20ヶ月熟成します。若いうちはサーヴィスの数時間前にデキャンタージュすると良いです。
(輸入元資料より)




DUGAT-PY, Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot Blanc '15

デュガ・ピィ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ブランVV’15(辛口白)

お試し超特価・税別¥25000

↑なんと29%OFF!

輸入元定価・税別¥35,000

<あと2本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
二度とこの価格では手に入りません!!!

アルコール13.5%

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2017.3月末に’13を飲みました。噛めるくらいに異様に厚みと粘性がある強烈な密度の液体ですが、甘すぎず酸とミネラルが低くない為に、温度とグラスさえ間違えなければ、ある意味今でも非常においしい。一番は酸が厳しくないこととアフターのタンニンがきつくない為です。超一流生産者の当たり年のバタール・モンラッシェというようなの個性で、コクのあるフルボディ、果実が強すぎて樽が控えめに感じられる。明らかに樹齢の高い重心の低い味わい。長い余韻。通常赤ワインと合わせる料理でも負けない強さでありながらもアルコールの浮きはないバランス。不思議とすでにうっすらムスクやモカマロン系の熟成香によくあるかなり複雑な風味が含まれているが、PMO系の不自然な酸化はまったく感じられないのでご安心ください。これほどのワインにほとんど評価が付いていないのが逆に謎?」

新たに買った畑で’04から造り始めている銘柄!

樹齢65年!

生産量:通常の年で800本程度!

基本的に新樽100%で約18ヶ月熟成、無濾過

『 デュガ・ピィの造るモルジョは、このクリマらしい力強さ。凝縮感に溢れ、粘り気があり、堅牢なストラクチャー。がっしりとしたミネラルがバックボーンを支えている。西洋サンザシ、グレープフルーツ、ピーチ、そしてスモーキーなミネラル香にバニラが香ばしい。 (輸入元さんコメント) 』




Bernard DUGAT-PY, Charmes-Chambertin Grand Cru '13

デュガ・ピィ、シャルム・シャンベルタン’13

超特価・税別¥51000



輸入元定価・税別¥71,300

<あと1本>絶対おすすめ!

超限定品!在庫限りのお試し超特価です。

パーカー90~92点(2022~2040年、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新バーガウンド・コム 94点!(Issue 61号、2016.1月試飲)

バーガウンド・コム 91~94点(Issue 57号、2015.1月試飲)

最新インターナショナルワインセラー93+点!
(2025~2040年、2016.3月試飲)

インターナショナルワインセラー91~94点(2015.1月試飲)


MVF(旧クラスマン)2017年度版18.5/20グラス

「2017.3月末に飲みました。シャルム’11などデュガ・ピィ5種類を飲み比べるという大変貴重な機会に恵まれました。固すぎて全然楽しめないことだけは避けたかったわけですが、結果的に非常によかったです。クール・ド・ロワが優れた1級の品質、1級プティ・シャぺルが完全に特級の品質でしたが、シャルム・シャンベルタンはまだその上があるの?というすごさ!’11はまだまだ固く(あくまで現時点ではというお話です)わずかに樽とタンニンが浮いているように思われ、総合的なバランス・体感ニュアンス的に同じ樽を使っているとは思えないくらい違っていました。当然それでも普通ではない相当なおいしさでした。’13は昔の強い樽香としっかり抽出ではなく、渇きやエグみのまったくない樽とバトナージュを明らかに減らしているようなかなり凝縮しているがまったく無理な濃さではない香りと艶やかで偉大な味わいで、果実のみならず酸・うまみ・タンニン・ミネラルいずれも上質で当然余韻は驚くほど長くちゃんと樽よりも強くミネラルが残る!自分の中では完璧に想定外だったのですが、今飲んでも深いなめらかさ、うまみ、おいしさが出ている。これは絶対に濃いだけのワインではないです。かなり高価ですが、同じ価格帯のブルゴーニュ特級(そういう意味では今のラ・グランド・リュ’14も高過ぎるとは言えないかも?)でこれ以上の満足度のものはそう多くないと思われます。驚いてください!」

樹齢40年

0.47haの所有

生産量:通常の年で1000本程度

手摘み、天然酵母

例年全房発酵比率50%程度

基本的に新樽100%で約16ヶ月熟成、無濾過

※もっともややこしい点

最初に所有したマゾワイエールはシャルムと近接した区画で、土壌的な差が見られなかったため、シャルムに混ぜてひとつのキュヴェとした。

一方、 別にマゾワイエール単独キュヴェも造っており、
そちらは2004年に新たに買い足したまったく違う性格の区画、コンブ・ド・グリザールから流れ出た洪石土により畑の表面を大きな石が覆う。



『 2/3が本来のシャルムで1/3がマゾワイエール。スミレのようなフローラルさにフレッシュなラズベリー、赤スグリ、カシスなどの果実。色合い深く、凝縮感溢れる一方、タンニンはまろやかでしなやかな味わい。酸味とのバランスも優れる。 (輸入元資料より) 』


4/9(火)アップ~蔵出しドメーヌ・キャピタン・ガニュロ’14

豊潤なコクと強いミネラルを伴い長く伸びるアフター!








 




人為的介入を出来るだけ控えるアグリキュール・レゾネ
(当然農薬・化学肥料を出来るだけ使用せず、長期にわたって周辺の環境に配慮する)
を基本にビオディナミも導入中

2005年から高価で良質なコルクを採用!




DOMAINE CAPITAIN GAGNEROT,
LADOIX 1er Cru LES HAUTES MOUROTTES BLANC '14

ドメーヌ・キャピタン・ガニュロ、ラドワ・ブラン・プルミエ・クリュオート・ムーロット‘14

超特価・税別¥6000



輸入元定価・税別¥8,000

<あと9本>絶対おすすめ!

16本完売。

「2019.3月下旬に飲みました。Ardeaseal Cork(※ブショネがなく、人工心臓に利用されている素材の人口樹脂コルク)。まだ飲み頃になっていないコルトンシャルルマーニュよりこのワインの方が遥かにおいしいというトップクラスの1級。昔からのブルゴーニュ通の皆さんは結構名前を知っていると思いますが、一般的には超無名。メディア嫌いなんですかね?中程度のイエロー。程よいナッツ、控えめな樽のバタークリーム、洋ナシ、きのこ、ミネラルなどの艶がありクラシックなよい香り。ものの20分くらいで急に香りが濃密になってきて味わいもうまみと塩味が増す。果実味豊かで豊潤、焦点ピッタリ合ったキレのある酸とミネラル、温度を上げても全然緩くならない骨格があり、長く伸びる余韻が、非常に素晴らしくあと半歩で特級クラスというかなり高い満足度があります。ラベルはありえないくらい地味ですが(笑)、味は相当おいしいですよ!抜栓の3日後まで一貫して伸びやかなアフターを堪能できます」

アルコール13.5%

ラドワ・セリニ村のコルトン・シャルルマーニュの畑に隣接している非常に優れた1級畑「オート・ムーロット」自社畑

手摘み~厳しい選果
樽発酵~新樽約10%にて約6ヶ月熟成

メゾン・ガニュロは、1802年設立のラドワ・セリニ村に本拠地を置く家族経営のドメーヌでした。 1864年、ジャン-バティストの一人娘であるマリーと、ブルゴーニュ-フランシュコンテ圏に位置するChamplitte(シャンプリット村)出身で、ネゴシアンを運営していたキャピタン・フランソワと結婚。 それを機に、ジャン-バティストと、フランソワ・キャピタンにより、メゾン・キャピタン・ガニュロが誕生しました。
(輸入元資料より)

16haもの優れた自社畑を所有!

1998年 ロジェ・キャピタン氏が引退~二人の息子パトリスとミッシェルが継ぐ
2009年 パトリスの息子ピエール・フランソワの代となり娘デルフィーヌとともにさらなる進化中


4/9(火)アップ~蔵出しドメーヌ・ティエリー・ヴィオロ・ギマール’16

リアルワインガイド64号にて大絶賛されました!

昔よりさらに洗練され、高品質となっています!

 




’12’13’14と3年連続で生産量激減!
特に’13は壊滅的、、、
長男のジョアネス・ヴィオロ・ギマールさんが後継者に決まったそうです

毎年リアルワインガイドさんで絶賛されており、
輸入元さんも試飲会に出すたびに大好評!
当店も品質は良いと知っていながら値上がりもあり買っていませんでしたが、
久しぶりの入荷です!

実は’15も買おうと思っていて、まさか予約で完売しないだろうと思って発注しないでいたら一瞬で消えてしまって買えませんでした、、、いつの間にそんな人気ドメーヌになったのかとかなりびっくりでした!




ドメーヌ・ティエリー・ヴィオロ・ギマール、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・メゾン・デュー’16

税別¥3900

<あと16本>

バーガウンド・コム 87~89点!(Outstanding Top Value!)

リアルワインガイド64号にて絶賛される! 90・90点!

ユーロリーフあり!

やはり’16は生産量大幅減でした、、、


’10 156本完売!!!

購入した翌年の1937年にAOCポマールから降格されてしまったという不運なポマール村内の畑!

’08は素晴らしく、’09も高品質でした!





ドメーヌ・ティエリー・ヴィオロ・ギマール、ポマールプルミエクリュ・レ・リュジアン’16

税別¥15000

<あと3本>超限定品!

デカンター・オンライン94点!
(2026~2045年、William Kelley)


バーガウンド・コム 91~94点!(Sweet Spot Outstanding!)

MVF(旧クラスマン)2019年度版16.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点

リアルワインガイド64号にて絶賛される! 94・95+点!!!

ユーロリーフあり!

’16はリュジアンも生産量50%ダウン、、、


「2012.10月初旬に’10を飲みました。すでに縁がピンクがかった予想以上に明るいルビー色。色のイメージよりもタンニン多めだが、この畑としては明らかに早熟でエレガントな個性。骨格と深み、エキス感ではモンティーユに敵わないものの、ほのかな甘みののったエレガントな個性ですでにとてもおいしい!キレはないがまったく低くない酸、うまみもすでにかなり表現されている。この価格ならとても上質といえます。フルーツトマトや赤い実主体の甘い果実香、甘いコーヒー、胡椒、ミネラルなどの香りで’05よりも抽出と樽がかなり控えめ。抜栓の次の日も非常においしい。さらにうまみが少し伸びた」

樹齢60年以上!

ギマール本人いわく、ポマールのグランクリュ!

何度か飲んでいますがいつも上質&ハイポテンシャルです


1981年創業

2000年からビオロジックを実践
(認証を取ることに興味がないが、10年以上前からずっとビオロジック!)

全体のわずか5%程度しか輸出されないドメーヌ

弟は、今やネゴス主体となったらしい別の生産者クリストフ・ギマール

近年、明らかにさらによくなっています!


4/9(火)アップ~蔵出しクリスチャン・モロー’17クロ



 



2015年収穫直前のブドウ画像

以前からリュット レゾネを実践、2002年からは徐々にビオロジックに移行し、2010年にはすべての畑がビオロジックとなりました。


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!




クリスチャン・モロー、シャブリグランクリュ・レ・クロ’17

特価・税別¥7900

↑27%OFF!

輸入元定価・税別¥10,800

<あと6本>

デカンター・オンライン97点!!!
(2021~2030年)

バーガウンド・コム 92~94点

パーカー92~94点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン、2020~2038年)

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点


インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 金賞受賞!

毎年大人気!

’16 ワイン&スピリッツ誌 96点!


収穫は手摘みで行われ、選果台をかねた収穫用の車を畑に横付けして、収穫と選果を同時に行っています。

「1ダースの生産者しかいない」という手摘み収穫にこだわり、「2人しかいない」というテーブル上での選果を行う。

25~50hlの小さめのタンクで区画ごとに醸造。発酵にはすべて天然酵母を使用しています。ファビアンがワイン造りに参加してから、オーク樽を使って発酵されるようになりました。オーク樽で発酵させる比率はグラン クリュで約50%、プルミエ クリュで約30%。但し、新樽比率は2%と低く抑え、テロワールの特徴を隠してしまわないようにしています。


『 キンメリジャンの粘土・石灰質土壌で、南向きの日当たりの良い斜面の上から下まで幅広く所有しています。レ クロらしい引き締まった酸味と豊かなミネラル分を持ち、柑橘系の香り豊かな凝縮感のあるワイン。(輸入元資料より)』


4/9(火)アップ~蔵出しフォンテーヌ・ガニャール’13飲み頃!シャサーニュ赤

3/7(木)アップ~蔵出しフォンテーヌ・ガニャール’16カイユレ

’16ブルゴーニュ・ルージュと’16パストゥグランも!

意外にも赤の品質が、予想をはるかに超えるものでした!長く寝かせると白の方がより大化けします!





 

 




熟成前早期酸化劣化を防ぐためにも
高価で上質なコルクを採用している!




※下記はすべてコンディション抜群&入手難のフィネス輸入ものです!

昔シャサーニュモンラッシェの赤ワインは、ブルゴーニュでもっとも人気のない銘柄のひとつでしたが、現在主流となっているエレガント&ミネラリーでうまみ溢れるフィネスを重視したスタイルにぴったり合う個性のものが多く、造りの変化を含め時代に合ってきた感があります。ただ軽く薄い飲み飽きるものもまだ存在しますが、ここのドメーヌはうまみと肉づき、ポテンシャルもあり、最高レベルの品質ですので、ぜひ1度お試しくださいませ!

 



フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェ・ルージュ’13

(ハーフ・375ml・辛口赤)


税別¥3000

<あと22本>絶対おすすめ!

限定品!



フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェ・ルージュ’13(辛口赤)

税別¥5400

<あと8本>絶対おすすめ!

フィネス輸入の限定品!

’12より少しだけお安くできました~!

リアルワインガイド62号にて絶賛される!88+・89+点(今~2033年)

パーカー88~90点(2017~2022年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト216号)

バーガウンド・コム 89点(Outstanding Top Value!)


28本完売。

2年半以上経過してかなりおいしくなっているはず!



「2016.8月上旬にハーフ’13を飲みました。驚くほどおいしかった’12と同程度の素晴らしい品質。3人で飲んで全員絶賛でした!到着後当店セラー内で数ヶ月休ませたもの。抜栓直後から予想よりアフターのタンニン固くない飲み頃NOW~。紫色の弱いやや明るいルビー色。赤い実と黒い実の果実、トマト煮込み、胡椒などのスパイス、ミネラル、ほぼ溶け込んだ樽などのよい香り。あまり固くないが骨格は十分にあり、クラシックで上質な本格派。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後が一番おいしい!うまみ増してやわらかさもありさらにおいしくなった。そして同時にさわやかで上質な酸味。抜栓の3日後も非常においしい」

アルコール13%




フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・レ・カイユレ’16(辛口白)

税別¥12500

<あと3本>超限定品!

パーカー92点(2019~2032年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 93点!(Sweet Spot Outstanding!)






フォンテーヌ・ガニャール、バタール・モンラッシェ’14(辛口白)

税別¥32000

<あと1本>超限定品!

パーカー95点!(2018~2038年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新インターナショナルワインセラー94点!

インターナショナルワインセラー92~94点

バーガウンド・コム 94点!





フォンテーヌ・ガニャール、クリオ・バタール・モンラッシェ’14(辛口白)

税別¥31000

<あと2本>超限定品!

パーカー94点(2017~2033年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

インターナショナルワインセラー90~93点

バーガウンド・コム 94点!






フォンテーヌ・ガニャール、ブルゴーニュ・パストゥグラン’16(辛口赤)

税別¥2700

<あと5本>限定品!

バーガウンド・コム 86点


シャサーニュモンラッシェ村の東にある『 Les Saugeots (レ・ソージョ) 』という区画にある樹齢約45年のピノノワールとガメが一緒に植えられています。ブレンド比率は50%ずつで最初から混ぜて醸造。醸造方法は基本的に他の赤ワインと同じですが、フレッシュな果実味を活かすために新樽は使わず旧樽のみで熟成。

色調淡くチャーミングな果実味と酸味、軽やかでバランスよく飲みやすい味わい。ブルゴーニュ・ルージュ同様、パストゥグランとしては高いレベルの造りになっています。




フォンテーヌ・ガニャール、ブルゴーニュ・ルージュ’16(辛口赤)

税別¥3700

<売り切れ>超限定品!

バーガウンド・コム 87点






フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・レ・カイユレ’15(辛口白)

税別¥12500

<あと6本>限定品!

パーカー90~92点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

VINOUS 92点!!!
(↑なんとバタール・モンラッシェ’15と同じポイント!)

バーガウンド・コム 92点(Sweet Spot Outstanding!)

デカンター・オンライン92点





フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェ・ルージュ’15(辛口赤)

税別¥6000

<あと3本>限定品!

パーカー87~89点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 88点

デカンター・オンライン88点





フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ルージュ’15(辛口赤)

税別¥9000

<あと3本>超限定品!

パーカー89~91点
(2018~2024年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 89点

デカンター・オンライン91点(2024~2050年!)


例年、1級クロ・サン・ジャン・ルージュよりも力強く深い味わい





フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・ラ・マルトロワ’14(辛口白)

税別¥10000

<あと6本>限定品!

パーカー90点(2016~2026年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

インターナショナルワインセラー89~92点

バーガウンド・コム91点(Outstanding!)


果実味豊かで丸みがあり、リッチなタイプ




 


4/9(火)アップ~<※極少数!>蔵出しアンドレ・ペレ’16

コンドリュー最高の生産者の一人!

 

※’13’14’15’16は、豊通輸入の蔵出し正規品!やっと手に入りました~!!!

シャトー・グリエに指導を与える程の造り手




Andre Perret, Condrieu Chery '16

アンドレ・ペレ、コンドリュー・シェリー’16

(北ローヌ・辛口白)


税別¥8000

<あと8本>超限定品!

※全ヴィンテージ再入荷不可能!

パーカー96点!
(2018~2025年、ワイン・アドヴォケイト240号)

VINOUS 95点!(2019~2025年)


デカンター・オンライン94点

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)




Andre Perret, Condrieu Chery '15

アンドレ・ペレ、コンドリュー・シェリー’15

(北ローヌ・辛口白)


税別¥7800

<あと10本>超限定品!

パーカー94~96点!(2016~2020年、
Not yet bottled, the blockbuster-styled 2015 Condrieu Coteau du Chéry is a big, full-bore beauty that doesn’t pull any punches with its decadent pineapple, tangerine, orange blossom, powdered rock and rose garden aromas and flavors. However, like all great wines, it stays light and lively on the palate, with beautiful freshness.
ワイン・アドヴォケイト228号)

インターナショナルワインセラー94点!(2018~2022年
Limpid yellow. Penetrating aromas of fresh citrus and pit fruits and violet are complicated by suggestions of ginger and dusty minerals. Juicy and deeply concentrated on the palate, offering intense white peach, pear nectar and orange zest flavors that show outstanding clarity. The floral note repeats emphatically on the penetrating finish, which lingers with superb focus and tenacity. )


デカンター・オンライン93点
(2017~2027年、John Livingstone-Learmonth)

MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

アルコール%




Andre Perret, Condrieu Chery '14

アンドレ・ペレ、コンドリュー・シェリー’14

(北ローヌ・辛口白)


税別¥7400

<あと8本>超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー93~95点!(2016~2020年、ワイン・アドヴォケイト222号)

インターナショナルワインセラー93点!
(~Smells like a serious white Burgundy. Minerally and sharply focused on the palate~、2017~2021年)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20グラス

アルコール14.5%

14本完売。

’13’14連続でインポーター在庫一瞬で完売。’13は当店在庫の動きも早かったですね!


『 ヴィエンヌの南15kmのシャヴァネィ村ヴェルリュー地区を拠点にしています。ペレ家は代々アプリコットのなどの果樹栽培も手がける複合農業を営んでいましたが、1982年にアンドレ氏がドメーヌに戻るとドメーヌの規模・ワイン生産の割合とともに拡大。アンドレ氏が家を継いだ当時1.5haに過ぎなかった所有地は、土地の購入と所有地のブドウの植栽により今では11haにまで拡大されています。土地の購入に当たっては、所有面積を増やすことが目的ではなく、テラス状になった斜面の好条件の区画だけを選択しています。果樹栽培はアンドレ氏の父が今でも続けており、氏自身はワイン生産に専念しています。1950年代よりドメーヌ元詰めを開始、当初は規模も小さく、1986年までは手作業で瓶詰めを行っていました。

~今では当たり前のように行われているコンドリューの新樽発酵は、このドメーヌで1983年に初めて行われました。今でも、コトー・ド・シェリーで60%が新樽(残り40%はステンレスタンク)、単独所有畑のクロ・シャンソンでは100%樽発酵が行われています。
クロ・シャンソンは、その全てがサン・ジョセフとコンドリューの双方にACとして認められており、1.5haにシラー、0.5haにヴィオニエが栽培されています

~栽培には有機肥料を使い、対処農薬農法を取り入れています。一部斜面の厳しい区画では、除草剤を使用しています。収穫後、赤ワイン用ブドウは90~100%除梗され、赤ワイン用ブドウも白ワイン用ブドウも破砕。赤は24時間、白は12時間デブルバージュされ、ステンレスタンク(サン・ジョセフは100%、コンドリューの2/3)または木樽(コンドリューの1/3)で発酵。白は12ヶ月、赤は12~18ヶ月熟成され、澱引きは白は1回、赤はマロラクティック発酵後と翌年9月の2回行い、白はベントナイト、赤は卵白で清澄されます。 (輸入元資料より) 』



『 コンドリューの中で最も高貴なワインが生み出されるシェリー。所有者は僅か3人だが純粋にシェリーの名前で出荷しているのはアンドレ・ペレのみ(所有者の内の一人はメテヤージュでペレが作っている)。七色の輝きを持つ酸が特徴。 (輸入元資料より) 』

ヴィオニエ100%

優良区画『 コトー・ド・シェリー 』

※ラベルにはシェリーとだけ表記があります。

南南東向き斜面、花崗岩質土壌に雲母、片岩が混在

樹齢約50年

手摘み~すべて手作業

1/3ステンレスタンク、2/3樽発酵~12カ月樽熟成

力強く濃厚で余韻が長く、長い熟成も可能なタイプ

『 柑橘系の果物やあんずのアロマで、南国フルーツのような果実味とそれに負けない酸味があり、非常にオイリーで凝縮感のある、余韻がいつまでも残るワインです。フォアグラや雌鳥のクリームソース、オマールや伊勢海老などの甲殻類と美味しくマリアージュします。(輸入元さんコメント) 』

’06 パーカー96点

’06 スペクテーター94点


4/9(火)アップ~<※12本限定!>蔵出しボーカステル’98エノテーク

4/1(月)アップ~蔵出しクードレ・ド・ボーカステル’15ブラン

さらにエノテーク’08も!
<※6本限定!>飲み頃隠れ成功年のレイト・リリースもの!


シャトーヌフの品質レベルのコートデュローヌ!







 


2016.11月に札幌で
Francois Perrin氏にお会いすることが出来ました~!

もの静かな紳士だけどワインに関して語ると熱い方でした。
買いブドウのラ・ヴィエイユ・フェルム、自社畑のファミーユ・ぺランも高品質。
シャトー・ド・ボーカステルの出来には圧巻!凝縮して深く、決して濃いだけではないのでこれはアメリカ人でなくとも皆絶賛せざるを得ないというもの。
コート・デュ・ローヌ・ルージュ(クードレ・ド・ボーカステル)がすでに出来の良いシャトーヌフデュパプの香りと味わい!


ワイナート63号フランス偉大なる造り手南編10人に選ばれる!!!







Chateau de Beaucastel, Chateaudeuf-du-Pape Rouge '15

シャトー・ド・ボーカステル、シャトーヌフデュパプ・ルージュ’15

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥11600



輸入元定価・税別¥14,000

<あと13本>超限定品!

※1回だけ再入荷できましたので
20190223 全条件撤廃しました!

最新パーカー96点!(2018~2035年、
Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト233号)

パーカー93~95点(Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト227号)

スペクテーター97点!!!(Collectibles!、2020~2045年)
さらに2018年度TOP100第18位に選ばれる!!!

ジェームス・サックリング 97点!

デカンター・オンライン95点!(2025~2035年)

ファルスタッフ 94点

VINOUS 93~95点

ゴーミヨ誌17/20点

ジャンシス・ロビンソン18/20点!


MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17/20点

’15のブレンド比率
Grenache : 30%
Mourvedre : 30%
Syrah : 10%
Counoise : 10%
Cinsault : 5%
Vaccarese, Terret Noir, Muscardin, Clairette, Picpoul, Picardan, Bourboulenc, Roussanne : 15%

全13品種すべてが1960年代から50年以上ずっと有機栽培!!!





Chateau de Beaucastel, Chateaudeuf-du-Pape Rouge Oenotheque '08

シャトー・ド・ボーカステル、シャトーヌフデュパプ・ルージュ・エノテーク’08

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥15000

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

下記評価はただのシャトーヌフデュパプに対するものです。

Jeb Dunnuck 92点(2011年9月試飲)

最新パーカー90点(2010~2020年、
ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト191号、2010年10月試飲)

スペクテーター93点(NOW~2024年)

インターナショナルワインセラー91点(2011年3月試飲)

Jamie Goode 95点!(2014年9月試飲)

ジャンシス・ロビンソン16.5/20点(2009年11月試飲)

ゴーミヨ誌18.5/20点!

ワイナート63号 90点

MVF(旧クラスマン)2011年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点

’08のブレンド比率
Cinsault : 5%
Counoise : 10%
Grenache : 30%
Mourvedre : 30%
Syrah : 10%
Vaccarese, Terret Noir, Muscardin, Clairette, Picpoul, Picardan, Bourboulenc, Roussanne : 合わせて15%




Chateau de Beaucastel, Chateaudeuf-du-Pape Rouge Oenotheque '98

シャトー・ド・ボーカステル、シャトーヌフデュパプ・ルージュ・エノテーク’98

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥23000



輸入元定価・税別¥30,000

<あと12本>超限定品!

※再入荷不可能!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

下記評価はただのシャトーヌフデュパプに対するものです。

ワイナート63号 95点!

Jeb Dunnuck 93点(2015年8月試飲)

パーカー92点(ロバート・パーカー、
ワイン・アドヴォケイト189号、2010年6月試飲)

スペクテーター95点!
(NOW~2027年、2007年1月試飲)

インターナショナルワインセラー93点(2001年1月試飲)

Wine Enthusiast 96点!!!(2001年12月試飲
、偉大な年で20年は熟成する)

ジャンシス・ロビンソン18/20点(2012年10月試飲)


Jamie Goode 94点!(2013年8月試飲)

’98のブレンド比率
Cinsault : 5%
Counoise : 10%
Grenache : 30%
Mourvedre : 30%
Syrah : 10%
Vaccarese, Terret Noir, Muscardin, Clairette, Picpoul, Picardan, Bourboulenc, Roussanne : 15%

リリースから18年経過のドメーヌ・エイジングもの!!!
ラヤスだけではなく、優れたバランスのよいシャトーヌフは、長く寝かせるとブルゴーニュのようになることが多い!

<エノテーク>は、ドメーヌの理想的な地下セラーで熟成させてからレイト・リリースされる特別な銘柄!





Chateau de Beaucastel, Coudoulet de Beaucastel Blanc '15

シャトー・ド・ボーカステル、クードレ・ド・ボーカステル・ブラン’15

(南ローヌ・辛口白)


特価・税別¥3900



輸入元定価・税別¥5,000

<あと14本>絶対おすすめ!

パーカー87点(2016~2018年、ワイン・アドヴォケイト227号)

スペクテーター91点(NOW~2021年)

Wine Enthusiast 89点


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
『 非常においしかった赤よりもさらに白の方がおいしくてびっくり!!! 』
などなど

10本完売。~※あと1回だけ再入荷が決まっております!

「2019.3月上旬に飲みました。本当に素晴らしい華やかな香りで味わいも平均以上。その上、個性がある飲み頃NOW~。やや濃いイエロー。まずはっきりと強い花とビスキュイのトップノーズで、それこそ上品な甘さの高級焼き菓子そのままの香り!他にも洋ナシ、オレンジ、グレープフルーツ、アーモンド、バタークリームなどの香りも含まれ華やか~。アタックはそれほど力強さと厚みを感じないが、みずみずしく、超キメ細かな苦みと塩味が感じられアフターの最後には少し焦がしバターの極めて心地よい戻り香あり!冷やし過ぎないほうがおいしく、飲み始めて20分くらいでオレンジの香りが前に出てくる。濃厚な味わいではないが、心地よさのレベルが凄い。アルコールの浮きもなく好印象。なんと抜栓の1週間後までまったく落ちない!」

アルコール13%

’15は、マルサンヌ30%、ヴィオニエ30%、ブールブーラン30%、クレレット10%

良いブドウだけを厳選しながら手摘みで収穫。空気圧を使ったプレスで圧搾し澱引き。

発酵は一部オーク樽で、残りはステンレスタンクで行います。8ヶ月間オーク樽とステンレスタンクで別々に熟成させた後、ブレンドして瓶詰。





Chateau de Beaucastel, Coudoulet de Beaucastel Rouge '15

シャトー・ド・ボーカステル、クードレ・ド・ボーカステル・ルージュ’15

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥3800



輸入元定価・税別¥4,500

<あと8本>

ワイン&スピリッツ誌 93点!!!

パーカー92点!(2017~2025年、
~So complex, lush and rich, it can compete with many producers' Chateauneufs.
Jeb Dunnuck 、ワイン・アドヴォケイト233号)

スペクテーター91点(NOW~2020年)

Wine Enthusiast 91点(2025年くらいまで)

デカンター・オンライン90点(2017~2022年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

16本完売。

アルコール14%

’13から値上がりなし!

’15のブレンド比率
Grenache : 40%
Mourvedre : 30%
Syrah : 20%
Cinsault : 10%

手摘み
フードルで6ヶ月熟成

「2016.11月に’13を試飲しました。AOC上はただのコートデュローヌとなりますが、品質はこの時点でとてもよく出来たシャトーヌフデュパプのレベル!果実味とコクがあり、思いのほか複雑な飲み頃NOW~。タンニンの質が良く、酸は丸いがエキス感とほのかな甘苦さがあり、アルコールの浮きもなく、バランスは整っている。上級品との価格差を考えるとこの銘柄のお買い得感は凄いものがある!やっぱり優れた畑&優れた生産者ですね」

シャトー・ドゥ・ボーカステルの所有する土地の一部で、道路を挟んだ最も東の部分に30ヘクタールの畑が広がります。土壌はボーカステルと同じ、アルプスの洪積層に覆われた中新世(第三紀)の海洋性砂岩。

ブドウは手摘みされ、ワイナリーで選別されます。ブドウの果皮は、果実のまま80度まで加熱後、20度まで冷却されます。マセラシオンはコンクリート・タンクで12日間行われます。自然に流れ出たジュースは分離され、残りの果実は空気圧のプレス機に掛けられます。それぞれのぶどうは別々に発酵され、マロラクティック発酵の後にブレンドされます。6ヶ月間大きなオーク樽の中で熟成させ、卵白での清澄後、瓶詰めされます。
(輸入元資料より)

非常に深い赤色でカシスやマルベリーのアロマがありスパイスやタバコのヒントも。大変凝縮しておりドライでまろやか。タイムやリコリスを思わせる味わい。グルナッシュとサンソーがワインに色・強さ・ソフトさを与え、ムールヴェードルとシラーが熟成感と深いクラシックな印象を与えています。シチューやローストしたお肉と一緒に。
(輸入元さんコメント)



ず~っと昔から有機栽培、かなりの古樹主体

シャトー・ドゥ・ボーカステルは70ヘクタールの 畑を所有しています。アルプスの洪積層に覆われた中新世(第三紀)の海洋性砂岩の土壌。ブドウは手摘みされ、熟練した職人の手によって選別されます。ブドウの果皮は、果実のまま80℃まで加熱後、20℃まで冷却されます(フラッシュ・ヒーティングシステム)これにより殺菌。マセラシオンは古典的な手法で、シラーとムールヴェードルは蓋のない木製の大樽で、他の品種はコンクリート・タンクで行われます。マロラクティック発酵の後、ブレンド作業を行います。その後、ワインは1年間大きなオーク樽の中で熟成され、卵白での清澄後、瓶詰めされます。更に最低1年間セラーで瓶熟されリリースされます。 非常に深みのあるビロードの様な赤色です。幅の広い複雑なアロマで、赤いベリー系の果物、なめし皮、トリュフやジャコウの香りを含みます。コショウ、甘草等の香辛料のシャープな雰囲気も感じられます。

シャトーヌフ・デュ・パプのAOCで認可された13ブドウ品種全てを使用。
ムールヴェードル30%、グルナッシュ30%、シラー10%、クノワーズ10%、サンソー5%。他(ヴァケラス、テレ・ノワール、ミュスカルダン、クレレット、ピクプール、ピカルダン、ブールブーラン、ルーサンヌ)

ペラン・ファミリーは南ローヌの主要アペラシオンに300ヘクタール以上の畑を所有し、個々の品種が最も適したテロワールを見極め、古くからオーガニック栽培を実践しています。その歴史は1909年にシャトー・ド・ボーカステルを購入したことから始まり、3代目のジャック・ペランが全ての基礎を築きました。4代目のジャン・ピエール・ペランはコストパフォーマンスの高いネゴシアン・ブランド、ラ・ヴィエイユ・フェルムを発売し、1989年にはカリフォルニアのボーカステルとも言えるタブラス・クリークをリリースしました。時代とともに革新を続けながらも、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統を受け継いでいます。 (輸入元資料より)


4/9(火)アップ~蔵出し超特価シャトー・アンジェリュス’13









15年以上前から周囲の環境に配慮したエコシステムを目指して有機栽培比率も上げているようです。

Hautes Valeurs Environnementales (HVE 3)取得!

2012年からステファニー女史(Stephanie de Bouard-Rivoal)が参加してさらに進化中!




Chateau Angelus '13 Saint-Emilion Grand Cru
PREMIER GRAND CRU CLASSE “A”

シャトー・アンジェリュス’13

(サンテミリオン・プルミエ・グランクリュ・クラッセA・辛口赤)


超特価・税別¥34000

↑32%OFF!!!

輸入元定価・税別¥50,000

<あと4本>限定品!

デカンター・オンライン17.25/20点
(2020~2030年)

パーカー90~93点
(ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト214号)

VINOUS 90~92点(アントニオ・ガローニ)

スペクテーター91点(2018~2025年)

Wine Enthusiast 94点!(2022~、Cellar Selection!)

ファルスタッフ 92点

ゴーミヨ誌17.5/20点


MVF(旧クラスマン)15.5/20グラス(最高の3つ星生産者)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)18/20点(最高の5つ星生産者)

’13は、М62%、CF38%

基本的に新樽100%で約9ヵ月熟成

樽香と果実香豊かで、風味のバランスも比較的早くととのう、しなやかなワインを算出していますが、近年は重厚味も増しています。

もうこの価格では二度と出てこない可能性があります。例年より早くから飲める年。




Chateau Angelus '14 (St-Emilion Premiers GC Classes A)

シャトー・アンジェリュス’14

(サンテミリオン・プルミエ・グランクリュ・クラッセA・辛口赤・750ml)


税別¥43000

<売り切れ>限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインは5大シャトーではありません。

最新パーカー93点!(2020~2040年、
ニール・マーティン、2017年4月試飲)

パーカー94点(ロバート・パーカー、
2015~2045年、ワイン・アドヴォケイト218号)

最新スペクテーター95点!(2026~2040年)

最新 VINOUS 96点!!!(2022~2055年!、
ニール・マーティン、2018年3月試飲)

VINOUS 94点(2026~2040年、
アントニオ・ガローニ、2017年2月試飲)

デカンター・オンライン95点!(2022~2040年)

Wine Enthusiast 97点!!!(Cellar Selection!、2027~)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版18.5/20点(クープ・ド・クール!!!)


評価と格付けが上がり、いつの間にか全然買えなくなりました。

ぶどうの収穫: 10月2日~22日
アッサンブラージュ: メルロ50 %、カベルネ・フラン50 %

グレートヴァンテージになったこの年は、気むずかしい春に始まり、手厳しい夏が続いた。絶えず迷いに苛まれたが、あきらめずにぶどうの樹の声に耳を傾け、必要としているものを与えることに務めた。すると、8月25日をすぎて安定した良い気候となり、自信を取り戻すことができた。リスクをとってぶどうの収穫を待つことにした。やがて暑く素晴らしい黄金の10月がやってきた。これで古株のメルロの収穫を数日伸ばし、カベルネ・フランを完熟まで待つことができた。

香りは極めて純粋で、エレガント。アタックは的確で、ストラクチャーは徐々にパワーを増していく。素晴らしい質のタンニン、肉付き、緊張感と爽やかさのバランスが絶妙である。50%のブレンドされたカベルネ・フランによって、タンニンの骨格は優雅さを増し、ファイナルに複合性と持続性を与えている。

’12からステファニー・ド・ブアール=リヴォアル女史に世代交代済み

サンテミリオン西側のコート地区の低い斜面に位置します。


3/31(日)アップ~<※値下がり!>蔵出し1+1=3シグナスNV

2ランク上のカヴァ!年ぶりの入荷です~!!!





↑ラベルデザイン変更


 




 

 



1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)、カヴァ・シグナス・ブリュット・レゼルバNV

(750ml・辛口白泡)

税別¥2000

↑※EPA値下がり!

税別¥2300

<あと8本>大人気!

最新VINOUS 90点(2019~2024年、2019.4月試飲
2018年10月デゴルジュマンものに対する評価)


VINOUS 90点(2017~2021年、2017.5月試飲
2016年6月デゴルジュマンものに対する評価)


スペクテーター87点(2017年11月試飲)

今回入荷分から¥324値下がり!

アルコール11.5%

ユーロリーフあり!


※下記は昔、ドサージュ・ゼロだった頃の評価です。

パーカー91点(ワイン・アドヴォケイト194号)

Wine Enthusiast 89点(2017.1月試飲)

スペイン・オーガニックワイン・コンクール2013 金賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

180本完売!!!

『 2007年から完全オーガニック栽培を開始した区画のみから造られる特別限定品です(CCPAEによる正式認証は2010年度に取得)。パレリャーダ44%、チャレッロ32%、マカベオ24%。平均樹齢約35年。「オーガニック栽培によってよりくっきりと表れる、ぶどう本来の旨味を味わっていただきたいので」、ドザージュは8グラム。「シグヌス」はラテン語で、「白鳥座」の意味。北半球の夜空にひときわ明るく輝く白鳥座の星々をカヴァの泡に見立て、また、白鳥のように優雅なカヴァを造りたいという思いを込めて命名されました。「理想的な土中微生物構成をもつ完璧な区画で、畑にとって理想的なことは全部やった」という、求道者ジョセップ・ピニョル入魂の作品です。 (輸入元資料より) 』

 

 


 

『 Guardiola de Font-Rubi といういわばカヴァの聖地で、長年に渡ってカヴァ最高品質のぶどうを栽培してきたピニョル家。わずか30ヘクタールの畑で収穫量が少ないこともあって、そのぶどうは現地ワイナリーの間で「幻のぶどう」と言われ、高値で取引されてきました。一方、スペイン最高のメルローと言われるスーパー・スパニッシュワイン「カウス・ルビス」を擁するペネデスのトップワイナリー、「カン・ラフォルス・デルス・カウス」のエステーベ家。2000年、両家は手を結び、共同でこのワイナリーを設立しました。栽培・醸造をトップレベルで一貫させた相乗効果として誕生した、従来のものとは次元が異なるカヴァ。これぞ「1+1=3」。

 「栽培に、秘訣とかノウハウとかはありません。すべてを完璧にやるだけ」。「この世のものではないような、言葉では表現できないような”幻想的な”カヴァを造りたい」というジョセップ・ピニョルは、趣味も持たず余暇もとらず、シーズン中は1日4時間睡眠でほとんどぶどう栽培のみに生きる求道者です。「幻」と言われるにはそれだけの理由があります。 (輸入元資料より) 』


3/31(日)アップ~蔵出しドメーヌ・サント・バルブ’16レピネ

リアルワインガイド62号にて大絶賛される!

完熟したトロみのある果実味と丸い酸、しっかりしたミネラル




※↑微妙にラベル・デザイン変更あり。


 









ドメーヌ・サント・バルブ、ヴィレクレッセVV・レピネ’16

税別¥3000

<あと4本>絶対おすすめ!

パーカー90点(2018~2023年
、William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

VINOUS 90~91点!


リアルワインガイド62号 91+・92点!(今~2038年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

48本完売!
※’17を買うと¥324値上がり致します。

「2018.8月下旬に試飲しました。トップノーズからすでにキラキラ感と特別感あり、本当にこの価格帯のワインですか?という感じ。果実味もミネラルも強く、酸が全く低くないのであくまで上品さのある厚みと余韻。’08を飲んだ時よりさらに進化しているように思える近年で一番良い出来のはず!」





サント・バルブ(ジャン・マリー・シャラン)、マコン・レクセプション・デュ・シャルドネ’17

税別¥2150

<あと2本>

アルコール13%



ドメーヌ・サント・バルブ、マコン・レクセプション・デュ・シャルドネ’16

税別¥2050

<あと2本>大人気!

リアルワインガイド62号にて絶賛される!89+・89+点(今~2033年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

重要な情報
’17は、被害が大きく生産量が少なすぎたので、同じマコンの有機栽培の違う生産者から買ったブドウを混ぜたという厳密に言えば違うワインとなります。


539本完売!!!
※’16は、再入荷不可能!
’17に移行すると¥108値上がり致します。




ドメーヌ・サント・バルブ、マコン・レクセプション・デュ・シャルドネ’15

税別¥2050

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド58号 90・90点(今~2030年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
大人気だった’14よりもさらにリピーター続出!!!

すでに329本完売!!!ありがとうございました~※再入荷すると’16に移行致します。

「2016.10月中旬に飲みました。抜栓直後だけあれ?’14の方が多少ミネラル強くて上質だったかも?となりましたが、短時間ですぐうまみが増してバランスも良くなり’14と同レベルのところまで向上しました。温度はやっぱり冷やし過ぎない方がおいしい。アルコールの浮きがなく、相変らず透明感も果実味もあり、ミネラルのおかげで緩くなく、ロアリー同様この価格では滅多にない内容。心配だった熟してファットでバランス悪い感じは皆無。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール12.5%

 

『 ミネラルに富むブルゴーニュの南の生産地、マコン地区。最近話題のアペラシオンである、ヴィレ・クレッセは非常に熱いが、その中でも最近注目を集めているのが、このサント・バルブである。 ワイナリーの歴史としては修道院の時代である900年にまで遡る。 両親のドメーヌであるドメーヌ・デ・シャゼルから独立する形で、2001年にサント・バルブとしてデビューを果たした彼は、完全主義者。2002年よりビオロジック、2003年から完全にビオディナミへと移行した(彼の使うプレパラシオンは、ピエール・マッソンで購入)。 彼のワイン哲学とは、自然のサイクルを尊重すること。それには微生物の動き、畑に咲き乱れる花や、テロワールの正確な知識なども全て含まれる(実際に彼と畑を歩くと、数え切れない植物の名前が出てきて困ってしまうくらい)。

2000年からは、「GEST」(ブルゴーニュの土壌を研究する組織)に加入。フランスのワイン雑誌はもちろんのこと、ブルゴーニュワイン専門誌である、「Bourgogne Aujourd’hui」でも大きく取り上げられ、素晴らしい品質価値、と高い評価を獲得してる。(輸入元資料より) 』


3/28(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・フェラン’16シャトーヌフ

毎年必ず蔵元在庫が一瞬で完売!

 

毎年、蔵元在庫が一瞬で消えるほど世界中で大人気のドメーヌ!

当たり年は芳醇で凝縮した味わい、他の年はエレガントな若干ピノノワール的個性でそれぞれおいしい。個人的にはハズレ年スタイルの方が遥かに上質だと思っております




たくさんの古樹!



Located in the northern sector of Chateauneuf du Pape, these classic, traditional efforts are made by Philippe Bravay. They always emphasize purity and finesse, and are highly recommended.
(Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト209号より)





ドメーヌ・ド・フェラン、シャトーヌフデュパプ・ルージュ’16

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥4500

<あと8本>超限定品!

ジェームス・サックリング 98点!!!

パーカー94点!
(2018~2030年、ワイン・アドヴォケイト238号)

VINOUS 92~94点


グルナッシュ 85%、ムールウ゛ェードル 4%、ブールブラン 4%、シラー 4%、サンソー&クノワーズ 3%

醗酵:コンクリートタンクにてマロラクティック醗酵
熟成:コンクリートタンク熟成、ステンレスタンク熟成 19カ月

’06で低収量28hl/ha!

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

ドメーヌの在庫は、常に予約で完売!

『 オランジュにあるこのドメーヌは1860年には既に存在していたといいます。現在は4代目のフィリップ・ブラヴェイ氏が運営、平均樹齢90年以上の古木から素晴らしいパプをつくっています。(輸入元さんコメント) 』

ワイン・スペクテーター2006年7月号にて、シャトーヌフデュパプの“押さえておくべき9つの生産者”の1つに選ばれ、大きく取り上げられる!

’04’05’07 スペクテーター94点

’06 スペクテーター93点

’07 何故か?1本も入手できませんでした、、、

’06 完売。

’05 完売。

’00 30本完売!

’99 12本完売。


3/28(木)アップ~蔵出しドメーヌ・シガラス’09

自根で無灌漑、高樹齢による深みとエネルギーのギリシャ産ヴィンサント!








イタリアワインで有名な甘口の天日干ししたブドウから生まれる
「VINSANTO - ヴィンサント」
実は、このワインの起源は、何を隠そうギリシャ、サントリーニ島にあります。ギリシャでのワイン造りの歴史は遡る事、3000年以上も前に始まり、温暖な島でのワイン造りは特に盛んで、古くからヨーロッパ各地で愛されてきました。

2012年には、多くの歴史的資料から「ヴィンサント」の発祥がサントリーニ島であることが正式に認められ、EUのワインの法律が新たに改正。

産地保護として、原語で「Vinsanto /VINSANTO」とラベルに表記できるのは、

ギリシャ、サントリーニ島で造られる、天日干しをしたワイン(アシルティコ種51%以上を原則とし、残りもサントリーニ島の地ブドウのみ使用可能)のみと新たに規定が設けられました。




Domaine Sigalas, Santorini Vinsanto 2009

ドメーヌ・シガラス、ヴィンサント’09

(ギリシャ・サントリーニ島・極甘口白・500ml)


税別¥5600



輸入元定価・税別¥7,000

<あと5本>絶対おすすめ!

パーカー94点!!!
(2017~2050年!、ワイン・アドヴォケイト232号)


ジャパン・ワイン・チャレンジ2017年 金賞受賞!

18th INTERNATIONAL WINE COMPETITION, THESSSALONIKI 金賞受賞!

TEXSOM INTERNATIONAL WINE AWARDS 銀賞受賞!


17th INTERNATIONAL WINE COMPETITION, THESSSALONIKI 銀賞受賞!

BALKAN INTERNATIONAL WINE COMPETITION,
TROPHY FOR Best Indigenous variety Trophy for sweet wine!

KOREA WINE CHALLENGE トロフィー受賞!


2017春の輸入元東京・大阪大試飲会にて
一般のワイン愛好家が選ぶ赤ワイン部門 人気第5位!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

2年以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2017.1月末に飲みました。あれ?今までに何度か飲んだイタリア・トスカーナ産のヴィンサントよりもおいしく複雑!という、、、実際に試していなければ絶対に買っていないが、あと半歩で感動レベルというすごい内容。凝縮したエキス分、甘みと深みがありつつも同時に酸とミネラルが低くない(特に酸の量は素晴らしい!それによってフィネス、高貴さが生まれる。一般的に甘さと酸度の高次元での両立は難しい)飲み続けてもまったく飽きないバランス、大きな構造で、色こそ少し茶色がかっているもののまだまだ長く熟成可能。アンズのリキュール、レーズンなどのドライフルーツ、カラメルなどの深くよい香り。抜栓の5日後までしか試していないが、やはりまったく落ちなかった」

アルコール9%

アシルティコ 75%、アイダニ 25%

超低収量4~6hl/ha!

樹齢約60年!

火山岩由来の土壌で、軽石、大小様々な岩と溶岩の堆積物からなる

残糖:319.2グラム/リットル

醗酵:仏オーク樽
熟成:仏オーク樽熟成5年(旧樽のみ)

平均年間生産量:わずか3,000本

レーズンやアプリコットなどのドライフルーツや砂糖がけフルーツのアロマ。見事なストラクチャーと高い酸味、フィネスに溢れ、豊かな余韻が深く長く伸びます。
(輸入元さんコメント)


■平均収量僅か4-6hl/haは世界最小の極上贅沢ワインが生まれるまで■

ヴィンサントは、収穫量がただでさえ少ないアシルティコ(51%以上)と島の地ブドウを、約15-20日陰干し乾燥させます。

この結果、1本(500ml)のワインを造るのに4kg(ドライワインの4倍以上)のブドウが必要になります。法律で最低2年オーク樽の熟成が定められていますが、シガラスでは6年の熟成を行い、アシリティコの魅力を引き出します。

この結果、質感はトロリとし、黄金色の深味のある濃厚な果実、熟成香、更には美しく酸が溶け込んだ最高のハーモニーを生み出します。
太陽の恵み一杯に育った、真のヴィンサントの魅力をご堪能下さい。

※ブドウを乾燥させ糖度を高め醸造。果汁を小振りの樽(150~200リットル)で発酵させ、アルコール添加はせずに、自然にアルコール発酵が止まった後、密閉し5年以上熟成後のリリース。
基本は甘口だが、辛口も造る生産者もいる。
イタリア・トスカーナ州産のヴィン・サントは、大抵アルコール15%前後

’04’05 パーカー95点!

’03’04 ワイン&スピリッツ誌 93点







◆ワイン&スピリッツ2016 世界TOP100”ワイナリーにランクインする
ギリシャ、サントリーニ島の銘醸ワイナリー

世界で最も美しい景観を持つ島は

世界で最も高貴な白ワインを造りだす

世界が認めるサントリーニ島最高峰の造り手



地中海に浮かぶ、白い建物と青い屋根のコントラストが美しいサントリーニ島で、この地に古くから伝わる固有品種「アシルティコ」を世界的に有名にした、ギリシャ最高峰の醸造所の一つが「ドメーヌ・シガラス」です。サントリーニ島北部、イアの町近くに醸造所を構えるワイナリーは、代々シガラス家によって運営され、現当主で醸造家であるパリス・シガラス氏によって、1991年「ドメーヌ・シガラス」として新しく生まれ変わりました。パリス氏は当時甘口ワインが主流であったサントリーニ島において、いち早く辛口の赤ワインを生み出した造り手でもあります。今日では、サントリーニ島の固有品種から卓越したワインを生み出し、世界各地のワインコンペティションで高い評価を獲得しています。また、ニューヨークやロンドン、香港、シンガポール、シドニーなどの世界のワイン産業をリードする国々の著名なレストランやホテルでは、ギリシャ最高峰の白ワインとして「シガラス」社のアシルティコが提供されています。

サントリーニにクリュの概念を持ち込んだ先駆者
元フランス語教師という経歴を持つ、パリス・シガラス氏。代々シガラス家で受け継がれてきたワイン造りを1991年に引き継ぎ、同年テロワールに特化したブティックワイナリーとして新たなスタートを切りました。
 (輸入元資料より)


3/21(木)アップ~蔵出しサン・ジュースト・ア・レンテンナーノ’16’15’14’10

トスカーナ最峰の一つ!













このページ内のサン・ジュースト・ア・レンテンナーノは
すべて貴重なラシーヌ輸入の蔵出し正規品!

ラシーヌさんは、1995年からサン・ジュースト・ア・レンテンナーノとの付き合いがあり
23年の時を経てようやく2018年、念願の初輸入となりました。
最高の状態で最高のイタリアワインを楽しめるという喜び!

ガイオーレ・イン・キアンティにある、サン・ジュースト・ア・レンテンナーノは、イタリアワインの熱狂的なファンにとって、間違いなく最高峰の一つです。10年以上美しく熟成した、100%サンジョヴェーゼから生まれるPercarloに、幾たび魅了されたかわかりません。
(ラシーヌさんコメント)

農園は全体で160haの広さがあり、標高は平均して海抜270m。31haはブドウ畑、11haはオリーブ畑で40haは森、78haは農地や牧草地となっている。この土地は様々な土壌から成り、砂、粘土、石灰、アルカリ塩類、火山灰、陶土、カルシウムといった多様なミネラル成分を豊富に含んでいる。微小気候は顕著な昼夜の気温差と、収穫期に多い熱波に特徴づけられている。
ブドウ畑はすべて他に類を見ないほど日当たりのよい場所にある。7月と8月に自然に実ったブドウの房を30~50%を間引く、いわゆる「グリーンハーヴェスト」を行うが、これがブドウをパーフェクトな完熟へとむかわせている。われわれの農作業の大半が手作業であり、認証を取得した有機農法のみで栽培している。

ユーロリーフとCertificazione Biologicaあり!




San Giusto a Rentennano, Chianti Classico '16

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、キャンティ・クラシコ’16

税別¥3300

<あと10本>

パーカー92点(2018~2028年、ワイン・アドヴォケイト239号)

VINOUS 92点!(2020~2036年
、最高のキャンティ・コラシコのひとつ!)

Vini Buoni d'Italia Golden Star!


アルコール14.5%

サンジョベーゼ95%、カナイオーロ5%

10ヶ月の樽熟成




San Giusto a Rentennano, Chianti Classico Riserva - Le Baroncole '15

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、キャンティクラシコ・リゼルヴァ・レ・バロンコーレ’15

税別¥5000

<あと2本>限定品!

パーカー94点(2019~2033年、ワイン・アドヴォケイト239号)

VINOUS 95点!(2020~2035年)

ファルスタッフ 94点!


この銘柄の’15は、例年より少し肉厚かもしれませんね

’12’13 ヴェロネッリ93点

サンジョベーゼ97%、カナイオーロ3%




San Giusto a Rentennano, IGT Toscana - Percarlo '14

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、ぺルカルロ’14

税別¥10000

<あと3本>限定品!

パーカー92点(2018~2030年、ワイン・アドヴォケイト239号)

VINOUS 96点!(2022~2039年)

スペクテーター93点(NOW~2025年)

ファルスタッフ 94点!


’08’11’12 ヴェロネッリ95点!

サンジョベーゼ100%

コンディションさえよければもっともはずさないイタリアワインの一つ!
過去に何度か飲んでいますが素晴らしかったです!
HPに載せるのは初ですが、実は店頭で結構売れています!






San Giusto a Rentennano, La Ricolma '15 1500ml

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、ラ・リコルマ’15(マグナム・1500ml)

税別¥20000

<売り切れ>幻の超限定品!

※マグナムのみ上記画像のオリジナル木箱入りです。



San Giusto a Rentennano, La Ricolma '15 750ml

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、ラ・リコルマ’15

税別¥9000

<あと8本>超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー98点!!!(2020~2045年、
Wow, the 2015 La Ricolma is wine that leaves you speechless quite literally because you'll want to focus all your attention on drinking it. This pure expression of Merlot from one of Italy's most blessed growing sites is an outstanding wine. ~
ワイン・アドヴォケイト239号)

VINOUS 100点!!!(2025~2040年)

メルロ100%

225リットルのフレンチオークで22ヶ月熟成

’10’13 ヴェロネッリ97点!




San Giusto a Rentennano, Vin San Giusto '10 375ml

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、ヴィン・サン・ジュースト’10

(甘口・食後酒・ハーフ・375ml)


税別¥10000

<売り切れ>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
再入荷不可能!

パーカー99点!!!(2020~2050年!
~ I just tasted one of those unforgettable gems.
、ワイン・アドヴォケイト239号)

VINOUS 98点!!!(2018~2028年

The 2010 Vin San Giusto is one of the best editions of this wine I have ever tasted. A magical wine, the 2010 is captivating for so many reasons, including the way it delivers serious fruit intensity while also staying fresh and light on its feet. ~ Stated simply, the 2010 Vin San Giusto is a total pleasure bomb.)

ヴィノテーク2019年3月号 18/20点!

マルヴァジーア約90%、トレッビアーノ約10%

※この’10は、アルコール9.5%しかないのでヴィン・サントを名乗れなくてIGT・トスカーナとなっています。
2,282本のハーフ瓶しか造られなかった年!
基本的に亜硫酸は添加しない

昔1度だけ某レストランで食後酒として飲んだことがありますが、本当に素晴らしかったです!

’02’03’07’08 ヴェロネッリ97点!



3/21(木)アップ~蔵出しルー・デュモン’16

リアルワインガイド65号にて高評価される!

近年、少しずつ進化しております!発酵や樽も変えています。

超貴重な自社畑100%のドメーヌもの入荷!!!









 





※ついにNHK『 プロフェッショナル仕事の流儀 』に
NHK総合 2018年 18日(月)
仲田さんが出ました!!!




2018.1.22(月)仲田さん来札にて再びお会いできました!


2016.1.25(月)仲田さん来札にて再びお会いできました!

少し質感が変わってきた&おいしくなってきたと感じていろいろ聞いてみました。

全房発酵比率を少しずつ増やしている。有機栽培やビオディナミのブドウを使用する比率が増えてきている。仲田さん自身の好みも年齢とともに重すぎないエレガントでナチュラルなものに変わってきているということも理由の一つのようです。。そして奥様(ジェ・ファさん)が韓国の方であることもあり、韓国への輸出も多く大変な人気だそうで、今後自社畑をさらに買えるといいですね!



2014.12.1(月)仲田さん来札にてやっとお会いできました!

’11の出来がとてもよく、ヴィンテージのマイナス面がまったく感じられませんでした。ブルゴーニュでの栽培者等との信頼関係もまったく問題ないようです

’11は生産量例年の約20%減

’12は生産量例年の約40%減

リアルワインガイド49号にて’12が高評価される!

リアルワインガイド45号にて’11が高評価される!

ブドウ買いのネゴシアンもの(オレンジラベル)は、基本的に毎年同じ畑(区画)のブドウを購入している

先日ご来店いただきました韓国のお客様曰く、
『 ルー・デュモンは、韓国でも人気があり非常に有名だ。何度も飲んだことがある。おいしいよね! 』
とのことでした。嬉しいですね

’12から急に輸入元さんの在庫の動きが早くなっております!

’16は生産量が減り過ぎてドメーヌもののアリゴテを造れなかったそうです、、、





ドメーヌ・ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュVV’16

税別¥5800

<売り切れ>幻の超限定品!

※メゾンものを最低でも3本以上同時にお買い求めくださいませ。すべての値引き対象外となります。
お一人様1本までとさせていただきます。


割り当てまさかの2本のみ
あまりにも生産量が減った年のようですので、しょうがないですね、、、

『 2012年7月に購入した自社畑のピノ・ノワール100%。ニュイ・サン・ジョルジュ近郊の2区画で、「レ・ザルジリエール」(0.24ha、1908年植樹)と「レ・コルニロ」(0.24ha、平均樹齢約50年)からのブレンド。2012年より即ビオロジー栽培を開始(2016年に「ビュロー・ヴェリタス」認証取得予定)。収穫量13hl/ha。除梗率50%。天然酵母のみで発酵。マルサネ社製ジュピーユ森産(シャトー・ディケムでも使用している貴重な名樽)の新樽100%内で一次発酵&2次発酵(樽を立て、蓋を外して実施)。その後マルサネ社製ジュピーユ森産の新樽50%、カヴァン社製ジュピーユ森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。ファーストヴィンテージ2012年の生産本数は582本。 (輸入元資料より) 』






ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ブラン’16(辛口白)

税別¥3300

<あと12本>限定品!

ムルソー村内のACブルゴーニュ40%、ピュリニー村内のACブルゴーニュ20%、ACオート・コート・ド・ボーヌ40%のブレンド。

平均樹齢30年。収穫量40l/ha。天然酵母のみを使用し、樽で一次発酵、マロ発酵。セガン・モロー社製サントル森産の新樽40%、ベルトミュー社製ネヴェール森産の1~3回使用樽60%で18ヶ月間樽熟成した「本気印」のブルゴーニュ・ブランです。




ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥3300

<あと19本>限定品!

中身も樽も変わっています
ニュイ・サン・ジョルジュ村内のACブルゴーニュが約58%、ビオディナミによるメルキュレー村内のACブルゴーニュが約20%、自社畑もの(「Bourgogne Rouge Vieilles Vignes」)が約2%、残りの約20%はAOCジュヴレ・シャンベルタン及びACオート・コート・ド・ニュイを格下げしてブレンドしています。平均樹齢30年以上。収穫量35hl/ha。天然酵母のみで発酵。
フランソワ社製サントル森産(4年間天日干し物)の新樽率20%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。






ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュ’14

税別¥3300

<売り切れ>超限定品!

リアルワインガイド57号にて絶賛される!

ニュイ・サン・ジョルジュ村内のACブルゴーニュが約40%、ビオディナミによるメルキュレー村内のACブルゴーニュが約32%、自社畑もの(「Bourgogne Rouge "Vieilles Vignes"」)が約2%、残りの約26%はAOCジュヴレ・シャンベルタンとAOCオート・コート・ド・ニュイ、及びビオディナミのAOCメルキュレーを格下げしてブレンドしています。平均樹齢30年。収穫量45hl/ha。天然酵母のみで発酵。マルサネ社製ジュピーユ森産(シャトー・ディケムでも使用している貴重な名樽)の新樽率20%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。






’15が、リアルワインガイド61号にて絶賛される!




Lou Dumont, Nuits-St.-Georges Vieilles Vignes '15

ルー・デュモン、ニュイサンジョルジュVV’15

税別¥6000

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

リアルワインガイド61号 90+・91+点(2019~2040年)

※再入荷不可能!

「2018.4月末に飲みました。モレサンドニ・ルージュ’15と同時に飲み比べました。こちらは飲み頃2021~?という凝縮して重心が明らかに低く、タンニンが多くコクがある肉に合うタイプ。重いといってもやり過ぎ感はゼロで、酸が低くなく樽も強くなくバランスは悪くない将来化けそうな予感強い類のもの。初めて試した銘柄だと思うが非常に良い出来。ブドウが有機栽培になったことだけではなく生産者の実力自体が上がっている印象。紫色の強くない中程度のルビー色。黒い実の果実主体、粒黒胡椒、コンテみたいなナッツ香あるチーズ、少し甘いコーヒー牛乳、ヨードなどのまだ少し閉じ気味の香り。少し噛めるようなエキス感があり、すでに余韻が長いどっしりしっかりタイプ。酸とミネラルは低くない。いつもしっかり造っている村名ジュヴレと同程度の凝縮重さコクではないでしょうか?抜栓の2日後までおいしいが、ほとんどやわらかくはならなかった」

アルコール13%

区画は仲田さん御用達の「レ・ザルジラ」で、とりわけ石灰質に富む斜面畑です。樹齢50年以上(平均75年)のVV。収穫量30hl/ha。天然酵母のみで発酵。カヴァン社製ジュピーユ森産の新樽50%、マルサネ社製ジュピーユ森産の1回使用樽50%で18ヶ月間熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。




ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’16

税別¥5800

<あと10本>超限定品!

ある意味これが一番おいしいと思います。

樽など変わっています
天然酵母のみで発酵(一部、一次発酵も樽内)。シャサン社製「グラン・ファン」の新樽50%、カヴァン社製ジュピーユ森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成。




ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’15

税別¥5800

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド61号 91・91+点(今~2038年)

※再入荷不可能!

「2018.4月末に飲みました。ニュイサンジョルジュVV’15と同時に飲み比べました。こちらは飲み頃NOW~で日本人がシャンボールミュジニィに求める要素がたくさん含まれているワインで、香りよく、やわらかく上品な味わい。’15でも例年とさほど変わらないバランス。まったくジャミーではないほのかな甘みがありつつあくまで上品。果実味豊かで、すごい量のうまみがすでにあり、少し鉄分と塩分も感じるようなしっかりしたミネラルと酸による縦伸びも感じられる。紫色の強くない中程度のルビー色。コーヒー、焼き栗、赤い実と黒い実の果実、スパイスなどのクリーミーさもあるすでに開いたよい香り。数年前まではここの樽のコーヒー香があまり好きではなかったのですが、今では昔より樽が弱く感じられる分、ピュアさとナチュラル感があり、重くはないが濃密感はあり、とてもキメ細かなタンニン。温度は上げ過ぎないほうがおいしい。抜栓の次の日には香りが香水系に発展して、味わいもうまみのグランクリュ的心地よさ。抜栓の2日後まで非常においしい。華やかうまみ~。珍しく当店社長も絶賛!試飲後、大量に買うつもりだったのに全然買えなかった、、、」

アルコール13%

「トレ・ジラール」の単一区画より。平均樹齢35年

収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵

セガン・モロー社製ジュピーユ森産(シャトー・ディケムでも使用している貴重な名樽)の新樽40%、フランソワ社製アリエ森産(3年間天日干し物)の1回使用樽60%で18ヶ月間樽熟成

無清澄、ノンフィルターでビン詰め




Lou Dumont, Marsannay En Combereau Rouge '15

ルー・デュモン、マルサネ・アン・コンブロー・ルージュ’15

税別¥4700

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

リアルワインガイド61号 90・91点(2019~2040年)

※再入荷不可能!

アルコール%

クシェ村の区画「アン・コンブロー」より。平均樹齢50年。収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵(一部、一次発酵も樽内)。マルサネ社製ジュピーユ森産の新樽50%、同社製同森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。




Lou Dumont, Ladoix Rouge '15

ルー・デュモン、ラドワ・ルージュ’15

税別¥4500

<あと1本>

リアルワインガイド61号 89+・90+点

※再入荷不可能!





ルー・デュモン、ジュヴレシャンベルタン’16

税別¥7400

<あと9本>超限定品!

区画は「ラ・プラティエール」(樹齢70年以上)、「オー・コルヴェ」等。平均樹齢55年!

収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵

区画や樹齢は数年前までと同じで樽は変えたようです
カヴァン社製ジュピーユ森産の新樽50%、同社製同森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成(新樽分はすべて、一次発酵も樽内で行いました)。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。

無清澄、ノンフィルターでビン詰め

仲田さん入魂の看板商品です










ルー・デュモン、ムルソー・ブラン’14(辛口白)

税別¥7800

<あと16本>絶対おすすめ!
限定品!

※近年人気が高くなりすぎていつでも買えるワインではなくなりました。

リアルワインガイド57号にて絶賛される!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2018.1月下旬に試飲しました。’13よりもさらにアフターのミネラル感が強く、香りもにキラキラ感さえあり、はっきりと縦に伸びる、緩みのないくっきりアフター。果実味自体も’13より少し強い。新樽比率を低くしたことと有機栽培のブドウが増えたこともあるのだろうと、仲田さんに直接聞いてみましたが、一番の要因は、この畑(銘柄)に関しては3~4年前までは完熟と凝縮を重視していたところを今では酸とミネラルを重視して栽培の段階から微調整を行い収穫も斜面上部のブドウを主体に考えているそうです。<※新樽比率は全く変えていないそうです。→それでもこれほどの違いが出るのですね!>アタックのインパクトと厚みは昔のほうがありましたが、今のほうがルイ・カリヨンのピュリニー1級コンベット的方向性の骨格とミネラルと熟成した後の美しく複雑な姿を予想出来て楽しい。今やっと飲み頃の入口にさしかかったばかりの時期。今後かなり向上すると思う。冷やし過ぎないほうがおいしい」

アルコール13%





ルー・デュモン、コルトン・シャルルマーニュ’16(辛口白)

特価・税別¥16000

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド65号 92・93点(2021~2048年)




ルー・デュモン、コルトンシャルルマーニュ’15(辛口白)

税別¥17000

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

リアルワインガイド61号 92+・94点(2020~2045年)




ルー・デュモン、コルトン・シャルルマーニュ’14(辛口白)

税別¥16000

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド57号 91・93点(2020~2040年)



ルー・デュモン、コルトン・シャルルマーニュ’13(辛口白)

特価・税別¥13700

<売り切れ>超限定品!

初入荷!再入荷不可能!

リアルワインガイド53号 90・93点(2022~2045年)

平均樹齢40年。収穫量35hl/ha。天然酵母のみを使用し、樽で一次発酵、マロ発酵。セガン・モロー社製センター森産の新樽100%で18ヶ月間樽熟成。ノンフィルターでビン詰め。


3/21(水)アップ~<※極小量!>蔵出しドメーヌ・ニコラ・フォール’17

極少生産量、多くの生産者やメディアが絶賛する期待の新人!!!

リアルワインガイド62号、58号、54号、51号にて絶賛される!

※全銘柄がすべての値引き対象外となります。







※上記画像は’13なのでピノノワール表記があります。






販売を開始したばかりの新人ながらあのド・ヴィレーヌ氏が認めた造り手であり、シャントレーヴのお二人からも大変優秀だと聞きました!さらにワイナート73号『 ブルゴーニュ今をときめく!ライジングスター13軒 』でも掲載!


リアルワインガイド54号にて絶賛される!

リアルワインガイド51号にて絶賛される!

’14は全ワインが輸入元さんで一瞬で完売!!!

’14’15はすべてロウキャップ

2014年には、極少面積ながらも念願の自社畑(コトー・ブルギニヨンとACブルゴーニュ)を取得し、正真正銘のドメーヌとなりました。
醸造所などの部分でもこの’14からが本格稼働でより理想的な仕事ができた模様です

2015年3月、DRC社の共同経営者のひとりであるアンリ・フレデリック・ロック氏当人より熱烈なラブコールを受けて、氏自身のドメーヌ「プリューレ・ロック」でも
(醸造担当者:ヤニック・シャン氏、その下にAntonio QUARI氏(イタリア人)、その下の3番手くらいらしい)働いております。



2017年7月、「プリューレ・ロック」を円満退社し、
「ベルトー・ジェルベ」の栽培長になったそうです。




Nicolas Faure, Bourgogne Aligote La Corvee de Bully '17

ドメーヌ・二コラ・フォール、ブルゴーニュ・アリゴテ・ラ・コルヴェ・ド・ビュイ’17(辛口白)

税別¥5000

<売り切れ>超限定品!

VINOUS 89点




Nicolas Faure, Hates-Cotes de Beaune Blanc La Corvee de Bully '17

ドメーヌ・二コラ・フォール、オートコート・ド・ボーヌ・ブラン・ラ・コルヴェ・ド・ビュイ’17(辛口白)

税別¥4700

<あと1本>初入荷の超限定品!

この’17が、ファーストヴィンテージ!

ペルナン村内の区画より、シャルドネ80%、ピノブラン20%

0.13ha。2015年3月に植樹
(より複雑な味わいを求めて、ピノ・ブランもこの時新たに植えました)
2回使用樽で発酵&11ヶ月間熟成




Nicolas Faure, Coteaux Bourguignons Rouge Mes Gamays '17

ドメーヌ・ニコラ・フォール、コトー・ブルギニヨン・メ・ガメイ’17

税別¥3800

<あと2本>超限定品!

’14から自社畑!




Nicolas Faure, Nuits-Saint-Georges Les Herbues Rouge '17

ドメーヌ・ニコラ・フォール、ニュイサンジョルジュ・レ・ゼルビュ・ルージュ’17

税別¥8700

<あと4本>超限定品!

VINOUS 90点




Nicolas Faure, Aloxe-Corton '17

ドメーヌ・二コラ・フォール、アロース・コルトン’17

税別¥9300

<あと1本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。






極めて厳格なリュット・レゾネ栽培(化学肥料、除草剤、殺虫剤、防腐剤は一切使用しない)。馬で耕作

原則として除梗しない。天然酵母のみで発酵。無清澄、ノンフィルターでビン詰め


『 ニコラ・フォールは、DRC社の現役正社員です。

アニェス・パケの下で1年間、ローヌの雄ジャン・ルイ・シャーヴの下で1年間の修業を終えた彼は、2010年5月にDRC社に入社。以来、同社で栽培を担当しています。

2011年3月、ヴォーヌ・ロマネに接するニュイ・サン・ジョルジュ北東端のリウ・ディ「レ・ゼルビュ」の樹齢約50年の区画をフェルマージュによって賃借できる好機を得て、同年より、自身によるワイン造りを開始しました。

栽培と醸造はDRC社の手法を随所に採り入れ、また、「ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ゼルヴュ」の樽熟成には同社の1回使用樽を使用しています(AOCは厳に非公開だそうです)。

「芳香、複雑味、長い余韻の3点を追求しています」(ニコラ・フォール)。
新たな畑の賃借機会も探しているそうで、将来を嘱望される新星の誕生です。
(輸入元資料より) 』


3/21(木)アップ~蔵出しジャン・グリヴォー’13レ・ボーモン

1/18(金)アップ~蔵出しジャン・グリヴォー’15

デカンター誌2007年2月号にてブルゴーニュ・ワイン生産者TOP10に選ばれました!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。

 

 




100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品!




ジャン・グリヴォー、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボーモン‘13

税別¥16800

<あと2本>絶対おすすめ!
限定品!

最新パーカー92+点(ニール・マーティン、
2021~2038年、2016年12月試飲)

パーカー93~95点(2014年12月試飲)

VINOUS 92+点(2020~2029年、
ステファン・タンザー、2016年3月試飲)

スペクテーター92点(2019~2030年、2016年試飲)

最新バーガウンド 92点(Outstanding!、Issue 61)

バーガウンド 91~94点(Outstanding!、Issue 57)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

リアルワインガイド53号 90・92点(2015年6月試飲)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

23本完売。

「2019.3月中旬に試飲しました。3年前に発売されたリアルワインガイドさんで酷評された影響で輸入元在庫がまだ残っていました。今飲むと誰でもわかるレベルでまったくの別物ですのでご安心ください。実際にワイン会で好評でした。ぜひご自身のフィルターを通して判断してみてください。いかにもヴォーヌロマネ村という複雑で官能的なよい香りが開いており、味わいも滑らかで艶とフィネスがあり、無駄な重さや引っ掛かりがなく、酸が低くなくうまみが多くタンニンは丸いがコクはある、ほぼ特級の満足度。そして今後まださらに向上します。昔、若い時にガチガチに固くて品質自体が日本で過小評価されていた気がしますが、今はわりと若くてもおいしく複雑性や骨格は損なわれていない素晴らしさですので、もっと注目されるべき生産者の一人ではないでしょうか」

アルコール13%





ジャン・グリヴォー、ヴォーヌロマネ ‘15

税別¥9400

<あと12本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

ワイン&スピリッツ誌 93点!
(~ it’s simultaneously rich and juicy, finishing with a clean focus.
The best kind of magic from Burgundy.

パーカー89~91点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

VINOUS 89~91点(ステファン・タンザー)

スペクテーター93点!(2020~2035年)

バーガウンド 88~91点


グリヴォ家がヴォーヌ・ロマネの各地に所有する区画をアッサンブラージュした村名ワイン。まさにヴォーヌ・ロマネの典型ともいえるスタイルをもち、力強さ、豊満さ、そしてエレガントさをすべて兼ね備える。数年の熟成によってさらに開花することは言うまでもなく、エティエンヌ・グリヴォによれば、恵まれない年であっても熟成のポテンシャルは高いという。




ジャン・グリヴォー、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボーモン‘15

税別¥24000

<あと12本>超限定品!

パーカー95~97点!(ニール・マーティン、
2020~2050年!、ワイン・アドヴォケイト228号)

パーカー94点(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト239号)

VINOUS 94+点!(ステファン・タンザー)

スペクテーター96点!

バーガウンド 93点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点

わずか0.93haの所有

特級エシェゾーの近くに位置する1級畑。ラズベリーやチェリーなど赤い果実が甘美に香り、豊満でまろやかな風味。さほど熟成させずとも、若いうちから充実感のある果実味を堪能できるクリマ。その一方でもちろん、長期熟成にも十分耐えるストラクチャーをもつ。




Jean Grivot, Richebourg '15

ジャン・グリヴォー、リシュブール‘15

税別¥140,000



輸入元定価・税別¥170,000

<あと5本>幻の超限定品!

パーカー97~99点!!!(ニール・マーティン、
2025~2060年!、ワイン・アドヴォケイト228号)

パーカー96+点!(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト239号)

VINOUS 98点!!!(ステファン・タンザー)

スペクテーター99点!!!
(2023~2050年、Collectibles!)

バーガウンド 96点!!!


わずか0.32haの所有

グリヴォはリシュブールの区画をロマネ・コンティ寄りに所有する。84年にエティエンヌの父、ジャンが入手したものだ。樹齢60年以上の古木から生まれるこのワインは、並外れたパワーと均整のとれたエレガンス。ヴォーヌ・ロマネのモノポール群を別格とすれば、やはり最高のクリマであることを実感させる、計り知れないエネルギー。




リシュブール’15は、
届いてみたら1本入れオリジナル木箱入れで、
蓋の部分がかっこいい加工になっていました。






Jean Grivot, Richebourg '09

ジャン・グリヴォー、リシュブール’09

税別¥120,000

<あと1本>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー・オンライン94~96点(ニール・マーティン)

パーカー94+点(アントニオ・ガローニ、ワイン・アドヴォケイト200号)

パーカー93~96点(アントニオ・ガローニ、ワイン・アドヴォケイト194号)

最新インターナショナルワインセラー96+点!!!
(ステファン・タンザー、2012年3月試飲)

スペクテーター96点(2016~2038年)

最新バーガウンド・コム 97点!!!(2012年1月試飲)

バーガウンド・コム 95~97点!!!(2011年1月試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版18.5/20点

リアルワインガイド37号にて大絶賛される!

ラック・コーポレーション輸入の貴重な蔵出し正規品!





Jean Grivot, Richebourg '05

ジャン・グリヴォー、リシュブール’05

税別¥150,000

<あと1本>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

最新デカンター・オンライン98点!!!
(クライヴ・コーツMW、2018.3月試飲)

デカンター誌5つ星!(2013/2015年~)

パーカー96~97点!(David Schildknecht、
ワイン・アドヴォケイト170号、2007年4月試飲)

最新インターナショナルワインセラー96+点!
(ステファン・タンザー、2008年3月試飲)

ワイナート41号 98点!

最新バーガウンド・コム 97点!!!(2015年11月試飲)

バーガウンド・コム 95点!(2008年1月試飲)


ラック・コーポレーション輸入の貴重な蔵出し正規品!




上位ワインのみDRCやクロド・デュガ同様、馬での耕作!

ちなみに現当主であるエティエンヌ・グリヴォさんの夫人はサヴィニー・レ・ボーヌの名門、ドメーヌ・シモン・ビーズのパトリックの妹であるマリエル女史。


3/21(木)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・アルヌー・ラショー’14ラトリシエール・シャンベルタン

ラショーのラトリシエールは特別な区画!

2/4(月)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・アルヌー・ラショー’16スショ

↑’08からすべてこのラベル

 





※左がパスカル・ラショー氏、右が先日お会いできたシャルル・ラショー氏

2016.1月下旬やっとお会いできました。
(2009年のドメーヌ訪問時はパスカル・ラショーさんのみでした)
見た目がすごい若くてびっくり!と思っていたらまだ20代半ばながらもしっかり者で、説明も論理的
すでにドメーヌの中心となって仕事を年々増やしている将来有望な跡継ぎ
そもそも誰もが羨むようなすごい畑をたくさん所有していますからね

ほぼビオロジック
(’98から除草剤不使用、以降ずっと有機栽培)

手摘み

明らかに10年くらい前(リリース直後は濃くておいしくないが、長めに寝かせると高い確率で大きく化ける!)よりも樽と抽出が弱く、タンニンの質が丸い。
タンニンの量は少なくなく、かなりの複雑性を伴い、
香りと質感がピュアでナチュラルでエレガントだけど深さや骨格が犠牲になっていないという理想的なもの。
ミネラルは決して少なくないが銘柄によっては今はまだ長く有機栽培をしている畑のアフターのミネラル感とは少しだけ違う。
’12からは全房発酵比率(銘柄によって違う、全体の40~50%くらい)を増やしている。



100%蔵出し正規品、ほぼすべてラック・コーポレーション輸入、ごく一部ファインズ輸入品と豊通輸入品です。

’13はピノ・ファン以外はすべて偽造防止&並行もの対策的なキャップシールとなっております。




ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’16

特価・税別¥29800



輸入元定価・税別¥39,000

<あと5本>限定品!

※再入荷すると値上がり致します。
ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品

ワイナート93号 97点!!!

パーカー94+点(2026~2050年、
William Kelley、2019年1月試飲)

最新VINOUS 92点(2021~2038年、
ニール・マーティン、2018年7月試飲)

VINOUS 91~94点(ステファン・タンザー、2018年1月試飲)

デカンター・オンライン93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 93点!(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス(Coup de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点

ラショーが所有している場所は、グラン・スショと呼ばれる絶好の区画!!!

『 3つの特級畑、ロマネ・サン・ヴィヴァン、リシュブール、エシェゾーに囲まれたシュショは1級以上のポテンシャルをもつクリマ。深みのある色合い、スミレのようなフローラルさとともに、熟したブラックベリーの果実香。丁子などのスパイシーさも伴う。余韻は極めて長く、シルキーな喉越し。 (輸入元資料より) 』





ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ラトリシエール・シャンベルタン’13

超特価・税別¥24800

↑なんと34%OFF!

輸入元定価・税別¥37,500

<売り切れ>限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
再入荷すると大幅に値上がりいたします。
’15を買うと税別¥41,000です。

最新デカンター・オンライン93点
(2019~2035年、2019年3月試飲


最新バーガウンド・コム 93点!(Issue 61号)

バーガウンド・コム 92~94点(Issue 57号)

インターナショナルワインセラー91~93点


リアルワインガイド52号にて大絶賛される!93・96点!!!
(何年も連続でレ・スショよりも高い評価を得ています!)

Domaine Arnoux-Lachaux, Latricieres-Chambertin Grand Cru '13

三方を森で囲まれた区画で、コンブ・グリサールから流れ込む冷気のため気候は涼しく、また小石が多い。力強さと繊細さを合わせ持ち、長期熟成のポテンシャルは極めて高い。若いうちはダークチェリーの豊かなアロマと硬質なミネラルが味わいの中心。熟成に従い黒トリュフのニュアンスが生まれる。

シャルル・ラショーさん本人の説明でも東西南北のうちの3方向を森で囲まれた非常に独自のテロワールで、時間帯によって日影ができる畑があることもあって成熟スピードが遅いので、いつも収穫は最後の方となるそうです。
収穫直前の雨さえなければ、かなり複雑でハイポテンシャルな偉大なワインとなります!現にドメーヌを訪問した際の’08試飲でもスショよりこちらのほうが上質に感じた!!!




ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ラトリシエール・シャンベルタン’14

特価・税別¥28000


当店通常価格・税別¥31000

輸入元定価・税別¥37,500

<あと13本>限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’15を買うと税別¥41,000です。

VINOUS 91~94点

最新バーガウンド・コム 92?点


リアルワインガイド56号 93+・95+点!!!(2024~2054年)
※スショ’14よりも高い評価!

’14は、100%全房発酵

『 三方を森で囲まれた区画で、コンブ・グリサールから流れ込む冷気のため気候は涼しく、また小石が多い。力強さと繊細さを合わせ持ち、長期熟成のポテンシャルは極めて高い。若いうちはダークチェリーの豊かなアロマと硬質なミネラルが味わいの中心。熟成に従い黒トリュフのニュアンスが生まれる。 (輸入元資料より) 』

2008年が、初ヴィンテージ!新たに畑を購入したドメーヌもの

生産量多い年で10樽

パスカル・ラショー氏曰く、ドメーヌの自信作!!!


  


3/16(土)アップ~蔵出しカーゼ・バッセ’07ソルデラ

2/1(金)アップ~蔵出しカーゼ・バッセ’13ソルデラ


悲劇の後、初入荷の’13は素晴らしい出来栄え!

※全銘柄が再入荷不可能!












Case Basse, IGT Toscana Soldera '07 750ML

カーゼ・バッセ、ソルデラ・IGTトスカーナ’07

(イタリア・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥57000

<あと2本>幻の超限定品!

ラシーヌ輸入の貴重な蔵出し正規品!

VINOUS 97点!(2017~2037年)




Case Basse, IGT Toscana Soldera '13 750ML

カーゼ・バッセ、ソルデラ・IGTトスカーナ’13

(イタリア・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥50000

<あと5本>幻の超限定品!

ラシーヌ輸入の貴重な蔵出し正規品!

『 樽から試飲した2013年は荘厳な味わいに溢れ、ジャンフランコの熱情を体現していました。 (ラシーヌさんコメント) 』

実は数年前からセラーの環境がさらに素晴らしく良くなって味わいも向上しているそうです!

サンジョベーゼ・グロッソ100%

5年間スラヴォニアン・オークの大樽熟成~さらに約12ヶ月瓶熟成

出来のよい年のみリリースされる!

オーナー:ジャン・フランコ・ソルデラ
Gian Franco Soldera

ビオロジック

幅広く周辺の環境や生態系に配慮する

当然除草剤ずっと不使用

天然酵母のみ使用、補糖と補酸をしない

無濾過、手摘み、常に最高品質コルクを使用



2012年に樽熟成中のほぼ全ワインがとんでもない被害にあうという悲劇がありほぼ手に入らなくなり、
2013年にブルネッロディモンタルチーノ協会脱退で
トスカーナIGTとしてリリースされていますが、中身はブルネッロディモンタルチーノ・リゼルヴァです!!!


モンタルチーノ地区南西部にある極めて優れた畑

・地質は、第三期の始新世に由来する丘陵地
・海抜:320m
・日照:南西向き
・気候:雨が少なくて日照に恵まれ、ために霧を生じない
・日射:澄んだ光線

1970年代の初頭、この地はしばらくの間、小作農民が住み着かずに見捨てられており、土壌は耕されていなかった。が、そのような状況にもかかわらず、とびきり魅力的な環境に囲まれた、美しい土地でした。
ジャンフランコとグラツィエッラのソルデラ夫妻は、カーゼ・バッセ農園の放つ魅力を知るとすぐに、現代の叡智に根ざした農法を用いて、最高品質のブルネッロを造り出すために、全身全霊を傾けることを心に決めた。


Ecosystemエコシステム
カーゼ・バッセの生態系(エコシステム)は、絶えず進化し続ける営為(プロジェクト)である。カーゼ・バッセにおいてジャンフランコ・ソルデラは、建物を修復し、トスカーナの農家を元どおりの建物に戻し、鳥・小動物・昆虫などが隠れ住んで繁殖できるよう、石組の壁を保全している。同じ目的のため、動物たちが棲みつけるように人工的な巣を作り、ハチの巣箱も設けた。果樹以外にも、放置されたままになっていたオリーヴの樹や植物もまた、保全している。彼は、森林を造る計画を進め、人工の池や小さな湖も造る。
グラツィエッラ夫人は、熱心な植物学者にして景観建築家である。今なお彼女は、すでに作りあげた賛嘆すべきコレクション(たとえば、2年以上を費やして見つけ出したノワゼット・ローズ「ラ・ビッシュ」)に、古代種のバラを加えるため世界中を探している。
彼女の呼ぶところの“Sunkissed gardens”(日差しをたっぷり浴びた庭)から、“Wooded gardens”
(木の生い茂る庭)にいたる各所には、バラや多年生草の茂み、はては別して美しい花をつける希少な球根植物が植わり、広がりゆく“White Garden” (白い庭園)には夜行性の授粉動物がたむろする。オリーヴの樹、イトスギ、樹齢数百年を超えるオークの森が広大な庭の背景をなし、当地に固有な地中海性の低木林にうまく溶け込んでいる。



2/22(金)アップ~<※3本限定!>ル・プティ・シュヴァル・ブラン’16

滅多にラベルすら見かけないシュヴァル・ブランが造っている辛口白!

2/20(水)アップ~フィエフ・ド・ラグランジュ’16とパプ・クレマン’16

2/6(水)アップ~特価パヴィヨン・ブラン’16

1/18(金)~今がお安いボルドー・プリムール’16

蔵出し正規品シャトー・ラグランジュ’16

過去最高の出来かもしれないと言われております!!!

さらに超特価ジスクール’14












※’16から微妙にラベルデザイン変更あり。






※画像は’06です。








Calon Segur '16

カロン・セギュール’16

(サンテステーフ・辛口赤)


超特価・税別¥14000

<売り切れ>

※すべての値引き対象外となります。
再入荷すると¥3,780値上がり致します。

最新パーカー96点(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー95~97点!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン96点!
(St-Estephe'16最高のワインの一つに選ばれる!)

スペクテーター94~97点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 96点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!(バレル)

最新VINOUS 97点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 94~97点!!!
(St-Estephe'16 Best!!!)

ファルスタッフ 96点!


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点!




LE PETIT CHEVAL BLANC '16

ル・プティ・シュヴァル・ブラン’16

(ボルドー・辛口白)


税別¥17000

<あと2本>幻の超限定品!

パーカー94+点!(2019~2030年、Lisa Perrotti-Brown)

スペクテーター・オンライン93点(NOW~2024年)

VINOUS 91点(ニール・マーティン、2020~2030年)


アルコール%

’15はHPに載せることが出来ず完売でしたが、
当たり年’16は、奇跡的に3本手に入りました~!!!

滅多に見かけることすらできない。シャトー・シュヴァル・ブランの辛口白ワイン。2014年がファーストヴィンテージ
ソーヴィニヨンブラン100%

厳選した新樽1500~3000リットルにて熟成

除草剤不使用





パプ・クレマン’16

(ペサックレオニャン・辛口赤)


超特価・税別¥13000

<あと2本>

※再入荷すると¥2,160程度値上がり致します。

最新デカンター・オンライン95点!
(2025~2042年、2018年12月バレルではなくボトルからの試飲)

最新パーカー96点!!!(2022~2042年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー95~97点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新Wine Enthusiast 95点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!(バレルサンプル)

最新スペクテーター96点!(2023~2037年)

スペクテーター94~97点!(バレル)

ファルスタッフ 94点

最新VINOUS 96点!!!(2019年1月試飲)






PAVILLON BLANC DU CHATEAU MARGAUX '16

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー’16

(ボルドー・辛口白・750ml)


特価・税別¥32000

<あと5本>限定品!

※再入荷すると大幅に値上がり致します!
久しぶりにこの銘柄の価格を見た方は信じられないかもしれませんが、これでかなりお安い方です。

デカンター・オンライン97点!!!(2020~2038年)

最新パーカー94点(2021~2038年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター95点(NOW~2028年)

最新VINOUS 95点!(2021~2036年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

最新Wine Enthusiast 94点!(2021~)

Wine Enthusiast 95点(バレルサンプル)

ファルスタッフ 93点


’16は、ボルドー白としては超低収量23hl/ha!

グラン クリュ第1級のシャトー マルゴーで造られる白ワインです。若さと力強さを感じさせる余韻豊かな辛口の味わいに仕上げ、多くのファンを魅了しています。

「赤ワインの女王」と讃えられるボルドーの名門シャトー マルゴーの白ワイン。19世紀にはヴァン ブラン ド ソーヴィニョンの名で販売されており、1920年から現在のパヴィヨン ブランに改名されました。
11haに植えられたソーヴィニョン ブラン100%で造られるワインです。
いきいきとして適度なミネラルを思わせる味わい。バランスのよいワインです。
(輸入元資料より)




Chateau Lafon Rochet '16

ラフォンロシェ’16

(サンテステーフ・辛口赤)


税別¥6500

<あと12本>

ジェームス・サックリン 93~94点!

パーカー91~93点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン94点!
(St-Estephe'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター93点(2023~2033年)

スペクテーター90~93点(バレル)

最新Wine Enthusiast 94点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!!!(バレル)

最新VINOUS 93点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 95点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!!!

ファルスタッフ 92点


MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点
さらにPalmares Top Producteursに選ばれる!!!

過去最高の出来と言われる待望の’16です!!!

今までラフォン・ロシェによいイメージがない方ほどぜひ飲んでみるべき!!!

2009年から現在に至るまでの現醸造長のルカ氏は、
なんとDRCで働いていた時期があるそうです!

粘土質の多い北東向き斜面

最新で清潔な醸造設備・セラーを完備

グラン クリュ第4級。1960年に現オーナー(シャトー ポンテ・カネと同じ)テスロン・ファミリーが買収、一時やや低迷後、再び優れた品質で上昇中です。
ポイヤックとサン・テステフ村の境界にあり
「CH.ラフィット・ロートシルト」と「CH.コスデストゥルネル」に隣接しているブドウ園。カベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が高く、タンニンと力強さが魅力。 (輸入元資料より)

2007年からBasile Tesseron(バジル・テスロン)氏が関わり始め

2010年ごろからビオディナミを少しずつ導入開始

2013年には基本的にすべての畑で有機栽培・一部ビオディナミ

なんせ早くからビオディナミを導入したポンテカネのテスロン・ファミリーですから!




CHATEAU SOCIANDO MALLET '16

ソシアンド・マレ’16

(オー・メドック・辛口赤)


税別¥5200

<あと2本>

ファルスタッフ 95点!!!

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点

最新VINOUS 91+点(2019年1月試飲)

VINOUS 88~91点


シャトー・ラトゥールから続く砂利質土壌

サン・スーラン村

リュット・レゾネを実践

現所有者のジャン ゴートローがシャトーを購入した1969年、僅か数haの畑と荒廃した建物からの船出でしたが、現在では58haの畑を所有するに至り、格付けシャトーに匹敵する評価を得ています。
栽培比率はCS55%、ME40%、CFとPV5%を栽培し、少し高めの温度で発酵と醸しを行い、新樽比率80-100%で12-15ヶ月間の熟成を施します。
非常に色濃く、豊富なタンニンと高い凝縮感が特徴的です。
(輸入元資料より)




CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '16

クロ・デュ・マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥7200



当店通常価格・税別¥9600

<あと12本>

最新パーカー94点!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー93~95点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点
(~Very good quality!)

最新スペクテーター94点(2023~2038年)

スペクテーター93~96点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 93点!(2023~、Editors'Choice!)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 94点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 94点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!

ジェームス・サックリン 94~95点!

ジャンシス・ロビンソン16.5~17.5/20点!


MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点




CHATEAU BRANE-CANTENAC '16

ブラーヌ・カントナック’16

(マルゴー・辛口赤)


税別¥10000

<あと1本>

パーカー96~98点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン95点!
(Margaux'16最高のワインの一つに選ばれる!)

Wine Enthusiast 95点!(バレル)

最新VINOUS 96点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 90~93点

スペクテーター90~93点(バレル)

ファルスタッフ 94点


ここも今ではビオロジック!

味わいにまとまりがあり、早くから楽しめつつ熟成のポテンシャルも期待できる、いつ飲んでも裏切らない味わい
リュシアン・リュルトン(あのリュルトン家です!)によって進められた栽培、醸造両面の品質改革により格付け2級の名を裏切らない品質を取り戻しました

75ha、作付けはCS55%、ME40%、CF4.5%、MA0.5%。ブラヌ カントナックに使われるブドウの平均樹齢は35年。熟成は60-70%新樽で18ヶ月間行われます。
マルゴーらしい、繊細さやフィネスを感じる一本です。
(輸入元資料より)




2016.11月上旬
シャトー・ラグランジュ現副会長である椎名 敬一氏とお食事する機会をいただきました。相手がビック過ぎてめっちゃ緊張しましたが、気さくにお話ししてくれて助かった次第であります(汗)
よいブドウを使用、樽がきつくない、タンニンの質が良い、無駄な重さがなく、ちゃんと長く熟成する
今では’80年代中盤頃よりもより良いコルクを採用している
超高価な光センサー選果マシーン導入も
白ワインのレ・ザルム・ド・ラグランジュに
レ・フルール・デュ・ラックというセカンドが出来たことも勉強不足で知らなかった、、、

評論家による最新ヴィンテージのバレル試飲~瓶詰直後の試飲では
ラグランジュ特有のボルドーとしては多少高めの酸味(これが上品さを生み出す要素のひとつなのですが、、、)が不利に働き低めの評価が付きやすいものの、数年寝かせると特に近年ではどんな年もちゃんとおいしく変化する


リュット・レゾネ(減農薬)を実践
(2005年からテラ・ヴィティス認証取得済み)

手摘み

2004年からサードワイン導入によりさらに厳しい選別を行う

2007年から最新型瓶詰機の導入

2008年から小型タンクへの切り替え(2011年に完了)

2009年より光センサーによる更なる選果の徹底
↑この機械はものすごく高価なので、ごく一部のワイナリーしか導入できません!
5大シャトーやシャトーヌフのChateau Mont Redon(シャトー・モン・ルドン)など

SO2排出量を減らす試み、SO2排出量を公表するなどの環境への配慮にも取り組む


’01はやや力強い個性で熟成も比較的ゆっくり、
’02は現在飲み頃ピーク付近!
’07はウルトラ・シルキータンニンのなめらかな個性、
’09はいつ開けてもおいしく、特にセカンドのフィエフが大成功した年!!!

いつも比較的流通量は安定しているラグランジュですが、
’17’18の生産量が壊滅的だった影響
一時的に全ヴィンテージが入手難となっております!



LES FIEFS DE LAGRANGE '16

フィエフ・ド・ラグランジュ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


超特価・税別¥3500

↑35%OFF!

輸入元定価・税別¥5,400

<あと16本>

最新VINOUS 90点(2018~2024年、2019年1月試飲)

パーカー90~92点(2020~2040年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン90点(2027~2050年)


Wine Enthusiast 90点

ファルスタッフ 93点!!!

20本完売。



Chateau Lagrange '16 (Saint-Julien)

ラグランジュ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


超特価・税別¥6800



当店通常価格・税別¥8000

<あと3本>

ファインズ輸入の蔵出し正規品!
21本完売。~※再入荷すると通常価格に戻ります!

最新パーカー95点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー94~96点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン95点!!!
(St-Julien'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター94点(2024~2038年)

スペクテーター92~95点(バレル)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 90~93点

ジェームス・サックリン 95~96点!!!
(出来のよかった’15よりさらに上質!)

ファルスタッフ 93点


最新ワイン王国109号 メドック格付けシャトー36本ブラインド・テイスティングにて大絶賛される!

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点

シャトー・ラグランジュ現副会長である椎名 敬一氏曰く、
個人的には’16は過去最高の出来!!!

’16は、カベルネ ソーヴィニヨン70%、メルロ24%、プティ ヴェルド6%
収穫期間:10/3-10/24(過去最も遅い収穫)




ラグランジュ’15

(サンジュリアン・辛口赤)


税別¥6300

<あと8本>

Wine Enthusiast 95点!!!(2025~)

最新パーカー93点!(2019~2040年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年2月試飲)

パーカー90~92点(2020~2040年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト224号)

スペクテーター91点(2019~2028年)

最新VINOUS 91点(2020~2035年、2018年2月試飲)

インターナショナルワインセラー89点

ファルスタッフ 92~94点

ゴーミヨ誌16.5/20点


デカンター・オンライン93点!(2025~2040年)

ジェームス・サックリン 94点!(2020~)


MVF(旧クラスマン)2018年度版16.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点

’15は、CS約75%、M約15%、PV約8%のブレンド

シャトー公式飲み頃予想2022~2040年




フィエフ・ド・ラグランジュ’15

(サンジュリアン・辛口赤)


税別¥3700

<あと1本>絶対おすすめ!

ファインズ輸入の蔵出し正規品!

最新パーカー89点(2020~2028年、ニール・マーティン)

パーカー87~89点(2018~2026年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト224号)

VINOUS 89~91点


デカンター・オンライン89点

「2017.12月中旬に飲みました。縁が紫がかった中程度のガーネット。トップノーズは珍しくうっすらグルナッシュ的な完熟ベリー、スミレ、シナモンを含む甘苦系スパイス、すでに溶け込みつつある樽などの甘い香り。よく凝縮して青さがなく、味わいはグルナッシュ的ではなく、香りの印象よりもキレイな酸が残り例年通りの上品な複雑性で、明らかに他の多くのシャトーよりも酸味が上質。さすがに抜栓直後だけは少し固いがもうおいしく飲めてしまう。抜栓の次の日には全体的に少し向上してかなりおいしい。抜栓の2日後もおいしいが、昨日がベストだった。 ※ちなみに価格が+¥1000くらいのアミラル・ド・ベイシュヴェル’15と飲み比べましたが、フィエフ’15の方が開いていたし好みでした」

アルコール13%

’15は、CS55%、M41%、PV4%


リュット・レゾネ(減農薬)を実践(2005年からテラ・ヴィティス認証取得済み)

手摘み~かなり厳しく選果

2004年からサードワイン導入によりさらに厳しい選別を行う

2007年から最新型瓶詰機の導入

2008年から小型タンクへの切り替え(2011年に完了)

2009年より光センサーによる更なる選果の徹底
↑この機械はものすごく高価なので、ごく一部のワイナリーしか導入できません!
5大シャトーやシャトーヌフのChateau Mont Redon(シャトー・モン・ルドン)など

SO2排出量を減らす試み、SO2排出量を公表するなどの環境への配慮にも取り組む

 

 

~近年のラグランジュ品質向上&高評価の理由~

『 サントリーが入手した際の最大の幸運は、土壌の優秀さでした。先代のセンドーヤ家が、土地の切り売りを、周辺の、最も力の劣った部分から少しずつ進めていったため、結果として、かつてのラグランジュの最も優秀な部分、いわば精随ともいえる場所だけが残されていたのです。当時でさえ、多くの専門家が「土壌がもつ潜在能力という点では、メドックのトップ10シャトーに匹敵する」と評価していたのは、そのためです。そして、その潜在能力を可能な限り引き出すことが、当面のサントリーの最大目標となりました。

~現在のラグランジュでは、畑を小さな区画に分け、数多くの発酵タンクで別々に醸造する方法をとっています。これによりアッサンブラージュ作業が自由にかつ厳密に行えるようになりました。つまり、基準に満たないワインをはねることが容易になったばかりでなく、年ごとの個性を最大限に生かしつつ、絶妙のバランスを達成できるようになったのです。

~新生ラグランジュは、その設備面に関する限り、1985年に完成、それによる飛躍的なまでの品質向上は、世界のワイン関係者の注目をあびました。しかし、葡萄園が完璧な状態に達するのは、まだまだ先のことです。セカンドラベルは別として、シャトーものの品質基準に見合う葡萄は、通常、樹齢が20年をこえた葡萄樹からしかとれないのです。つまり、サントリーの手で新たに植えた優秀な苗木が、ラグランジュの主力となり、ワインの品質が新しいステージにステップ・アップするのは、早くても2005年頃。(輸入元資料より) 』





CHATEAU GISCOURS '14

ジスクール’14

(マルゴー・辛口赤)


超特価・税別¥5800

<あと8本>

※再入荷すると大幅に値上がり致します。
某インポーターの定価・税別¥10,000です。

Wine Enthusiast 95点!!!(Cellar Selection!2025~)

ジェームス・サックリン 95点!!!(2017.2月試飲)

最新パーカー92点(2020~2038年、
ニール・マーティン、2017年4月試飲)

スぺクテーター91点(2018~2028年)

最新VINOUS 93点!(ニール・マーティン、
2020~2045年、2018年3月試飲)

VINOUS 91+点(アントニオ・ガローニ、
2018~2034年、2017年2月試飲)

デカンター・オンライン90点(2018~2030年)


MVF(旧クラスマン)2019年度版16.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

14世紀まで遡る歴史の中で一時、品質に陰りを見せましたがニコラ タリが1954年にシャトーを購入。劇的な復活を遂げました
その後オーナーがアレクサンダー・ヴァン・ビーク氏に変わり、1999年に醸造所を新築~選果台やグラヴィティーシステムの導入でさらに品質向上!

粘土質の多いラバルド村の力強く複雑な個性

平均樹齢20年以上、手摘み

作付面積
カベルネ ソーヴィニヨン 60% / メルロ 32% / カベルネ フラン 5% / プティ ヴェルド 3%


≪著作権について≫
当ホームページに掲載している著作物(文章・画像)にかかる著作権は、㈱ワインの店いとう もしくは、情報提供していただいた提供元に帰属します。
当ホームページで掲載している情報・文章・画像などのデータについては、権利者の許可なく複製・転用することを固く禁止します。

Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp