新入荷ワイン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


超限定ブルゴーニュ(3/20火アップ)

おすすめスパークリング(9/4水)

オリーブオイル、食後酒(9/4水、待望のオリーブオイル’18)

※誠に恐れ入りますが、長期キープをお断りさせていただいております。




  クール便の場合に限り重量制限の為、1箱10本までとなります。



※在庫確認~メール、FAXの返信に少しお時間をいただきます。

キープの短いご注文を優先させていただく場合がございます。


クール便の場合の計10本以上お買いあげにて対象商品5%OFFサーヴィス終了 → ドライ便で計12本以上の場合のみ適応継続とさせていただきます → 電気代や梱包資材、クール代等の値上がりなどあらゆるコストアップでそろそろ止めざるを得なくなりそうです、、、

ドライ便指定で、もし吹きこぼれや熱劣化などあった場合、当店もヤマト運輸さんも一切保証できません



【 WEB発送・ご注文のお客様へ 】
(メール・FAX・お電話などによるご来店以外のご注文

10月1日(火)から、消費税増税により酒類の販売価格が変わりますので、
増税前のご注文は、9月26日(木)にて一度締め切りとさせていただきます。
(9/27(金)午後までのお支払い(ご入金の確認)、及び9/30(月)出荷分までの
ご注文のみ承らせていただきます。)

















9/15(日)アップ~蔵出しシャトー・ド・ベル’17

無名でこんなにもおいしい上質シャブリ!







 



画像左が、現当主のAthenais/アテナイス女史

’16は、霜被害でほとんど造れなかった
~日本への輸入もないそうです、、、


’17は澱が少ないようですね




Chateau de Beru, Chablis Terroers de Beru '17

シャトー・ド・ベル、シャブリ・テロワール・ド・べリュ’17

税別¥4500

<あと5本>絶対おすすめ!

パーカー89点(2020~2030年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


MVF(旧クラスマン)2019年度版15.5/20グラス

「2019.9月初旬に飲みました。コンディションよくピュア。冷やし過ぎないほうがおいしい。ごま、ほんのり甘さのある皮と種を含むレモン、キラキラした海のミネラルなどの非常によい香り。抜栓直後だけわずかに果実味が弱くドライで、若干平坦か?というガッカリ感があったのですが、時間の経過とともに少し果実味が増して、うまみと塩ミネラルも強くなったことで一部のニコライホフやルフレーヴにも共通するような真夏に最強の美しく角のない酸とミネラルのレモン水系ワインとなった。このタイプには樽と無駄な贅肉はかえって邪魔になるので、素晴らしく杯が進む。焼き鮭と合う。アフターの最後までまったく生臭さでないので、寿司にも合いそう。ただし冷やし過ぎないほうがより合うと思う。抜栓の次の日にはさらに向上して、ちょうど蒸し暑い日で、果実の日だったのでたまたま一番おいしい条件がそろってすごかった。うまみ塩オレンジ・レモン味。点数評価には決して現れない良い個性」

アルコール12.5%

キャップシールなし、薄いロウキャップ

ドメーヌを象徴するキュヴェ

ベリュ渓谷の端にある畑
’06からビオロジック
’11からビオディナミ

キンメリジャンの上に広がる粘土質石灰土壌

樹齢約40年

馬で耕作!

手摘み、ステンレスタンク醗酵&熟成

基本的に無濾過&無清澄

畑とセラーが隣接しているために、特に亜硫酸の量を減らすことが出来る銘柄だそうです

デメテル、ユーロリーフあり!




Chateau de Beru, Chablis Cote Aux Pretres <soufre> '17

シャトー・ド・ベル、シャブリ・コトー・プレトス<スフル>’17

税別¥5400

<あと3本>超限定品!

※スフルではないキュヴェの評価が、
パーカー90点(2020~2030年)
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


アルコール12.5%

キャップシールなし、薄いロウキャップ

もともと亜硫酸極小なので、そこまで大きな違いはないそうです。




Chateau de Beru, Chablis Orangerie '17

シャトー・ド・ベル、シャブリ・オランジェリ’17

税別¥5700

<あと2本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー90点(2020~2030年)
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


※あと1回再入荷が決まっております!

「2019.9月中旬に飲みました。今飲むとテロワール・ド・ベリュ’17より大分こちらの方がおいしく感じられ何故差が1点なのか理解できん?オランジェリの方が亜硫酸が少ないトップノーズで果実のエネルギーと厚みは言うまでもなく、骨格とミネラル、余韻もさらに上の傑出した出来。大幅に価格を超えた内容に感じられた。良いコンディションが大前提のピュアな質感とアフターに残る強烈塩ミネラルも必見。大抵の村名ピュリニーよりおいしくバランスとスタイルまで素晴らしい。この価格で買えるうちに飲んでおくべき!抜栓の次の日もかなりおいしいが、初日の方がよりおいしかった気がする」

アルコール12.5%

キャップシールなし、薄いロウキャップ

デメテル、ユーロリーフあり!







Chateau de Beru, Chablis Orangerie '15

シャトー・ド・ベル、シャブリ・オランジュリ’15

税別¥5500

<売り切れ>絶対おすすめ!

限定品!~24本完売。ありがとうございました※再入荷不可能!

MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

キャップシールなし、薄いロウキャップ

「2018.9月上旬に飲みました。ただのシャブリより定価で税別¥800上のフラッグシップ。相当うまいと聞いていましたが、ヴァンサン・ドーヴィサ・クラスの価格帯なのでそれこそ本当に相当おいしくないと許されないと思い、ハードルを上げて試飲しましたが、やはりかなりおいしかったです。冷やし過ぎないほうがおいしい。やや濃いイエロー。亜硫酸少ないトップノーズで、高貴系最上のシュナンブランやシャントレーヴ’15オークセ・ブランとも共通する複雑な圧巻のトップノーズ!海のミネラルが強く、クドさゼロのハチミツ・レモンと甘い青い梅などのやや華やかな香り。ややオイリーな落ち着いた質の良い果実、キレのある酸とミネラルで、樽ではないエキスの厚みから、アフターにはうっすらバター感が残り縦に長く伸びる。ドーヴィサともラヴノーとも違うスタイルでかなり上質。今から数年間非常においしい。’15でも’14のような量も質もよい酸。抜栓の次の日も非常においしい。5人で飲んで全員絶賛でした~!昨日何故か書くの忘れましたが、結構コクあります。キレうまみに優れ焦点ビシッ!っと定まり、最後に海塩が残る。ユッタ・アンブロジッチにも似たアフターがすごい。満足度が1級以上ですのでこの価格はしょうがないというかそれでも許せる品質。意外なことに抜栓の4日後でも非常においしい。他に試飲が大量にあって忘れてました。ごくわずかに揮発酸が出ただけで(個人的に揮発酸は少しでも苦手な方なのですが、それでも)アタックから余韻まで品質的には少しも落ちて感じない芯のあるエネルギー感」

アルコール13%

デメテルとユーロリーフあり!

土壌:粘土質石灰土壌、キンメリジャンの上に広がる粘土質土壌
ベル村に位置する標高 300m 以上の畑から

面積:1.5ha 平均樹齢:30年以上
密植度:6500本/ha 剪定:ギュイヨ
栽培:ビオディナミ農法

醸造:手摘みで収穫。空圧式圧搾機を使い低い圧力でプレス。ステンレスタンクで発酵し、その後2~4年樽で18ヶ月間の熟成。畑とセラーが隣接しているため最低限のSO2へと減らすことが可能。無清澄・無濾過で瓶詰め。

デカンター・オンラインやVINOUS、ゴーミヨ誌などでも高評価されはじめております!




Chateau de Beru, Chablis Cote aux Pretres'15

シャトー・ド・ベル、シャブリ・コート・オー・プレトス’15

税別¥5200

<あと1本>限定品!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

キャップシールなし、薄いロウキャップ

アルコール13%

デメテルとユーロリーフあり!

キンメリジャンの上に広がる粘土質石灰土壌。
(ウミユリ石灰岩由来の砂質が多く見られる)

畑以外でオランジュリとの違いはステンレスタ ンクで発酵した後の熟成の部分、
ステンレスタンク 20%、2~4 年樽 80%で熟成。熟成期間は 24 ヶ月。

より強くヨード、塩分を感じ、焦点が定まったワイン。塩味とすら感じられるほどに強いミネラルを持つ。


<ドメーヌについて>
シャブリの南東に位置する小さな村Beru/ベルに本拠を置くドメーヌ。 400年の歴史を誇る名家で、所有するシャトーには15世紀に造られた世界最古とされる日時計と暦が現存しているという。20世紀初頭のフィ ロキセラ禍に伴い、所有していた畑は一旦打ち捨てられることとなる。80 年代に入り、当時の当主であったEric de Beru伯爵がその当時から 著名だった区画Clos Beru/クロ・ベルを含む全ての畑に再植樹した。 当初はブドウを全てネゴシアンへ売却していたが、その後それらの畑は近 隣の栽培家に貸し出されてしまった。2006年に伯爵が他界したあと、伯爵夫人Laurence/ロランス氏とその娘で現当主のAthenais/アテナイス氏がドメーヌを率いることとなる。アテナイス氏は 2002年にそれまで勤めていたパリの投資銀行を退職し、ボーヌの醸造学校で栽培醸造学を修め、サヴィニー・レ・ボーヌのChandon de Briailleで研鑽を積む。現在は家族経営のドメーヌに新たな息吹をも たらすべく、着実な歩みを続けている。畑のユニークなテロワール、とりわけドメーヌが誇るクロ・ベルのテロワールを余すところなく表現し、それをもたらしてくれる環境そのものを守るため2005年よりビオロジック農法を採用。2011年からはビオディナミ農法へと転換した。


<栽培>
化学肥料の使用、トラクターによる土壌圧縮、そして除草剤の使用は土中微生物を含む土中バランスに破壊をもたらすと 考えている。特に土中微生物に関しては、植物の成長に必要な栄養素や微量元素、ミネラルが植物の同化において重要 な役割を果たしていることから、化学肥料は与えない。また、除草剤を使用せず畝と畝の間の雑草には馬を使っての鋤き返 しで対応し、定常的な施肥を行わないことで土中バランスの維持に努 めている。これにより空気中の湿度変化に左右されない深さまでブドウ が根を下ろし、土中成分をより吸収しやすくなると考えている。北部に 位置する畑であるため、真菌によって引き起こされるベト病やうどんこ病 といった疾患の懸念があることから、各畑で入念な状態観察を行い、 必要に応じて自然由来の硫黄やハーブなどで慎重を期して対処してい る。これにより徐々に抵抗力を高め、ブドウが自力で病害に対抗できる ようにしている。




<ネゴシアン Athenais>

ドメーヌとしてリリースしているワインを補完する目的で2010年に設立されたメゾン。リリースするワインは、シャブリのあるヨンヌ県のアペラシオンのみに絞っている。ビオロジックまたはビオロジックに転換中の畑のブドウを手摘みで収穫、ドメーヌのセラーでドメーヌのワインと同じ醸造を行い、無清澄・無濾過で瓶詰めする。


Athenais(Chateau de Beru), Chablis 1er Cru Montmains '15

アテナイス(シャトー・ド・べリュ)、シャブリプルミエクリュ・モンマン’15

税別¥7600

<あと3本>超限定品!

※再入荷不可能!

アルコール12%

ロウキャップ、細かい澱あり

いろいろ試飲したインポーター様曰く、ドメーヌと全く変わらないナチュラルで複雑な味わい・高い品質だったそうです!

土壌:礫質に富む粘土質石灰土壌、キンメリジャン土壌
栽培:ビオロジック農法
醸造:10kg入りのカゴを使用し、手摘みで収穫。
ドメーヌのセラーの空圧式圧搾機を使い低い圧力でプレス。2~4年樽で発酵・熟成。熟成期間は16ヶ月。無清澄・無濾過で瓶詰め。最低限必要な量のSO2へと減らせるよう、各醸造段階で細心の注意を払っている。



9/15(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ジャン・コレ’17ヴァイヨン

5/20(月)アップ~蔵出しドメーヌ・ジャン・コレ’17モンテ・ド・トネル

有機栽培の割合を増やしている、強いミネラル







※画像は、モンテ・ド・トネルです。

 


現時点ですべての畑で100%有機栽培ではないが、
徐々に有機栽培の割合を増やしている

ついに’18からほとんどのワインにビオ認証が付くそうです!
日本だから長年の付き合い(インポーターさんの営業努力のおかげ)でこの価格でまだ買えるだけ、’17の品質は全銘柄が価格を超えています!




Jean Collet, Chablis 1er vaillons '17

ジャン・コレ、シャブリプルミエクリュ・ヴァイヨン’17

税別¥3800

<あと9本>絶対おすすめ!

パーカー90~92点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 トロフィー&ゴールド受賞!!!


15本完売。

「2019.7月初旬に試飲しました。DIAM5コルク。数年前に苦手なヴァニラの香りがあったのが、’17にはそれがなくなり樽香自体がとても控えめ。さらにストレートでミネラリーに進化したイメージで固さのない飲み頃NOW~。今のおいしさはモンテ・ド・トネル’17より上だが、数年の熟成後に化けるのはモンテ・ド・トネルの方だと思われます。果実味豊かでみずみずしく、よい酸とミネラルのわかりやすさもあるバランス」

アルコール12.5%

平均樹齢30年

キンメリジャン(石灰質の粘土)土壌

『 ステンレスタンクで発酵させ、1/3を“フードル”(かみなり)と呼ばれる8,000Lの木樽、1/3を228Lの小樽、1/3をステンレスタンクで8ヶ月間熟成。収穫の翌年7月にアッサンブラージュされボトリングされる。小樽熟成のワインが加わることにより更に複雑な味わいを表現しています。ジルの長男ロマン・コレの若い感性がドメーヌに新たな伝統を生み出しました。 (輸入元資料より) 』




Jean Collet, Chablis 1er Montee de Tonnerre '17

ジャン・コレ、シャブリプルミエクリュ・モンテ・ド・トネル’17

税別¥4000

<あと9本>絶対おすすめ!

パーカー91~93点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点!!!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 銅賞受賞!


「2019.7月初旬に飲みました。DIAM5コルク。抜栓直後は明らかにまだ固く骨格が大きい。樽はほとんど感じないくらいでミネラルは多い。ミネラルの質もヴァイヨンより硬質な印象。飲み始めて5分程度でもううまみが増してくる。温度を上げても全然緩くならない、洋ナシ、黄桃、キウイ、ミネラルなどの香り。果実がまだほぐれていないイメージだが厚みとコクがある本格派。さすがほぼグランクリュの1級。抜栓の次の日も非常においしい。2~3年後に化けそう!」

アルコール12.5%

樹齢33年

キンメリジャン(石灰質の粘土)

『 シャブリ・グラン・クリュサイドに位置するモンテ・ド・トネールの畑からはグラン・クリュに匹敵する濃縮感の高いシャルドネが収穫される。そのためコレではモンテ・ド・トネールをグラン・クリュと同じく、228リットルの小樽とフードルを併用し発酵・熟成。新樽の使用率は30%。熟成期間は10ヶ月間。 柑橘系や洋梨や桃等の濃厚な香り、厚みのある口当たり、果実味の中に、シャブリらしいしっかりとしたミネラル分が感じられる。長期熟成により味わいは更に複雑味を増す。上手に保管すれば15年~20年は見事な熟成感のあるシャブリを味わえる。 (輸入元資料より) 』





ジャン・コレ、シャブリ’17(750ml)

税別¥2500

<あと30本>絶対おすすめ!

パーカー90点!(2018~2028年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

バーガウンド・コム 86~89点!


インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 銅賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

74本以上完売!!!

「2019.1月下旬に飲みました。DIAM5コルク。数年前よりもさらにおいしくなってきている印象。当然’15より酸がしっかりで、’17は酸とミネラルにキレがあり上質で、みずみずしく、うまみ塩ミネラルが強い価格以上の満足度。果実にもエネルギー感じる。ゴマ、レモンキャンディ(うっすら砂糖漬け風味も)、リンゴ、ミネラルなどの香り。ミネラルは無味無臭と言われるが、だったらこの明らかにミネラルとうまみが豊富だとわかるトップノーズは何?どう説明するわけ?ということになるので科学より実体験・経験と比較対象の積み重ねの方が重要度上のことがあるのだと思います。抜栓の4日後まで非常においしい。そして特筆すべきは意外に力強さとコクも兼ね備えているので相当に幅広く肉を含む料理に合う。田舎風テリーヌやサーモンとクリームチーズのテリーヌでも豚キムチ鍋でも合う。和食でも寿司でも基本的には問題なさそうだ。重宝するなぁ~」

アルコール12.5%

平均樹齢15年

ポートランド系石灰質土壌

’10 デカンター・ワールド・ワイン・アワード2012年度 銅賞受賞!

『 温度コントロールされたステンレスタンクで発酵・熟成。発酵温度は18℃に保たれ果実の味わいを見事に表現する。発酵・熟成後、収穫年の翌年4月にボトリング。~白い花の香り、シトラス系のフルーツ香、豊かな果実味ときれいな酸味のバランスがとてもよく、またシャブリの土地や空気までをも表現したようなミネラル感のある味わい。(輸入元資料より) 』


9/15(日)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ’14シャルモワ

’14は’11以上に素晴らしかったです!

話題の新ドメーヌ!ブルゴーニュでの新しいやり方が始まりました




 





ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ、サントーバンプルミエクリュ・ル・シャルモワ’14

特価・税別¥5000

<あと21本>絶対おすすめ!

パーカー88~90点(2016~2026年、ニール・マーティン、
~This is a lovely Saint Aubin to enjoy over the next 4-5 years, one of the best wines from Au Pied du Mont Chauve this year.
ワイン・アドヴォケイト222号)


SAKURA Japan Women's Wine Award 2018年度 ゴールド受賞!

15本完売。

2年以上経過してかなりおいしくなっているはず!
しかも2年前と同じ価格です!!!



「2017.7月下旬に試飲しました。かなりおいしかった’11をさらにわずかに上回るくらい良い出来!冷やしすぎないほうがおいしい。樽香は少し弱くなっただろうか?オイリーでなめらかな厚みのあるピュアな果実、酸はキレキレではないが緩さがなく、ミネラルもしっかりの飲み頃NOW~。まだまだお買い得感が強く、もっと人気出ていい造り手だと思うなぁ~」

アルコール13%

Domaine Au Pied du Mont Chauve

’11が軒並みミッシェル・べタンヌなどから高評価される!

『 シャサーニュ村に本拠地を置くネゴシアン、Maison Picard/メゾン・ピカール社。同社が所有する約135haの畑の中から最良の区画のみを選出し、実験的にビオロジック&ビオディナミ栽培を実践してきた。それらの畑をメゾンとは完全に切り離し、高品質のワインを生産するドメーヌを設立する構想が持ち上がった・・・
オーナーのFrancine/フランシーヌ氏がまず行なったのは、メゾンの醸造スタイルを一新し、ワインの品質を飛躍的に向上させる事。約2年間の歳月を費やし、新生Maison Picardとして見事再スタートさせた。そしてこれを機に、今まではメゾンのワインにブレンドされていたピュリニーやシャサーニュ等の最良の区画を、メゾンとは全く独立させた形でドメーヌを立ち上げた。そうして誕生したのがDomaine Au Pieds du Mont Chauve/ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ。2010年がファーストヴィンテージとなる。ドメーヌの所在はシャサーニュモンラッシェ村。栽培醸造はメゾン・ピカールの3代目であるフランシーヌ・ピカール女史とメゾン新生の立役者でもあるファブリス・レーン氏などを含む4名のスタッフで行われる。ファブリス氏はBouchard Pere & Fils社で白ワインの醸造責任者を歴任。その後、Maison Nicolas Potelでニコラ・ポテル氏の片腕として辣腕をふるい、退社後、それまでの華々しい経歴をかわれドメーヌに招聘された。

サントーバン、シャサーニュ、ピュリニーに15haの葡萄畑を所有。レ・ヴェルジェ、レ・カイユレ、ル ドゥモワゼルなどの1級畑はベルナール・コランから買収しており、手付かずの自然の状態であった畑を2006年より25年のキャリアを持つ南仏のビオディナミスト、ドゥ・セニュール氏のをコンサルに迎え、ビオディナミ農法を慣行。一部のピノノワールの畑を除き2013年にはすべての畑をビオディミに移行する。フラッグシップとなる、PULIGNY MONTRACHET 1er LES DEMOISELLES/ピュリニー・モンラッシェ1級レ・ドモワゼルは特級畑のル・モンラッシェとシュヴァリエ・モンラッシェに隣接する最上級の区画。その昔は『レ・ドモワゼル・モンラッシェ』としてリリースされていた事実上のグランクリュ。イギリスの著名ワインジャーナリストJancis Robinson女史が既に大変高い評価をしており、また、R.Parker.comのテイスターのDavid Schildknecht氏、Michel Bettane氏等、世界を代表するジャーナリストが噂をききつけて、ドメーヌまで訪問をしている。今後、話題沸騰のドメーヌである。ドメーヌ名【AU PIED DU MONT CHAUVE】はモンラッシェの語源となる【はげ山のふもと】を意味する。 (輸入元資料より) 』


9/15(日)アップ~蔵出しドメーヌ・バロ・ミロ’16

上品で余韻が長いムルソー村のシャルドネ!






 





Domaine BALLOT-MILLOT et Fils, Bourgogne Blanc '16

ドメーヌ・バロ・ミロ、ブルゴーニュ・ブラン’16

(ブルゴーニュ・辛口白)


特価・税別¥3900



輸入元定価・税別¥5,300

<あと11本>限定品!

VINOUS 90点(2019~2025年、
~A brilliant value!、ニール・マーティン)


「2019.9月初旬に飲みました。オイリーで凝縮感はあるが、あくまで上品。上質な酸とミネラルが通向きの飲んでいて飽きない個性。冷やし過ぎないほうがおいしい。百合などの花、蜜リンゴなどの香りで、樽はほとんど感じられない。コンディションよく、落ち着いて、超キメ細かなわずかなほろ苦さを含むコクで塩を含むミネラルが残るアフター。時間とともにうまみと塩味が少し増してコクと余韻が出てくる。派手さはないが非常によいワイン。抜栓の次の日も非常においしい。このクラスとしては余韻が長い。抜栓の2日後も非常においしい。なんと抜栓の10日後もほとんど落ちずに楽しめた!」

アルコール12.5%

畑はムルソー・コミューンに位置し、樹齢25年
口当たりはしなやか、繊細なアロマをお楽しみください。


ドメーヌの歴史は古く、17世紀から代々継承しています。現当主は17代目のシャルル・バロが5年前に、父(フィリップ)から引き継いで以来、評価急上昇のドメーヌです。まだ若いシャルルですがとても意欲的な造りをしています。彼の信念は“すべてはバランスである”と。ムルソーが陥り易いヘヴィ過ぎるワインになることを避けています。ムルソーに蔵を構え、Meursault、Chassagne、Pommard、Volnay、Beaune に約11ヘクタールにわたり畑を所有。

「伝統」に基づいた的確な作業を正確に施すことと、最先端の「技術」には常に興味を持ち、導入することにより「そのヴィンテージ」らしさを引き出すことが出来ると考える。10年前より、耕作作業を施すことによって除草剤の使用は一切なし。トリートメントに関しては「lutte raisonee」=必要なときに必要なだけのトリートメント、を。近い将来ビオへの取り組みは本格化。勢力的に畑を大事に手入れする作業は、テロワールを最大限に引き出します。そして【厳しく剪定する】=グリーン・ハーベストをすることよりも効果は絶大。低収穫率を確実にし、結果より濃縮した果汁になります。収穫は全パーセル手摘みにて行われる。新樽オークは1/3未満に抑え、ワインの複雑さが自然に促されるよう、カーヴで静かに開花を待ちます。 (輸入元資料より)


9/15(日)アップ~蔵出し超特価ピエール・ダモワ’15ブルゴーニュ・ルージュ

※全商品すべての値引き対象外となります。

’99以降、さらに評価を高めています!日本で過小評価されている生産者のひとり




他のジュヴレシャンベルタン1はこちら





PIERRE DAMOY, Bourgogne Rouge '15

ピエール・ダモワ、ブルゴーニュ・ルージュ’15

超特別価格・税別¥3800

↑なんと36%OFF!

輸入元定価・税別¥5900

<あと12本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~89点!(Outstanding Top Value!)

「2019.7月下旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。抜栓直後のトップノーズには樽の焼き栗、カプチーノがあり、ブラックチェリー、ブルーベリー、スパイスなど。ほのかに甘味も感じる凝縮感のある果実味、非常にキメ細かいが多めのタンニンで’15としては低くない酸だが重心自体は低め。香りだけなら’15によくあるわずかにクドい系かと思いきやアフターにエグみはなくバランスよく楽しめる。意外に飲んでいて飽きないし、やはりクラスを超えた高い品質。抜栓の4日後まで非常においしい」

アルコール13%

『 完熟したダークベリーの華やかな果実味に土のニュアンスが混じり、豊かなボリュウムと長い余韻を持ちます。 超ブルゴーニュAC級と言える、非常に力強い贅沢な出来栄えです。 (輸入元資料より) 』

’14 スペクテーター90点



色と果実味の濃い、やや樽の強いタイプですが、タンニンの質もよく、エキスも充実、あくまでバランスは保たれています

「基本的にはリュット・レゾネ(減農薬農法)を実践し、化学肥料や除草剤などは使用しないことで大地の力を活かし、厳しい剪定とグリーンハーヴェストなどによってかなり収穫量を抑えています。収穫は小さなケースを使っての手摘み作業を行います。30分以内に醸造所に運び込まれ、数人のグループで入念な選果を行います。

100%除梗した後、ステンレスタンク(区画別に醸造、タンク容量は15~60HL)で醸造所内の室温(約18℃)にて長めのプレマセレーションが行われます。全体での醗酵期間は約4週間(温度は高くても32℃)です。ピジャージュは必要と思われるときのみ(但し1日に2回まで)です。その後、ワインは全て木樽に移されます(アペラシオンによって30~100%の新樽を使用)。バトナージュはしません。樽熟成は16~24ヶ月。原則的に澱引きもコラージュもせず、フィルターもかけずに瓶詰めされます。(輸入元資料より)」


9/15(日)アップ~蔵出しソーン・ドーターズ’17

個性のあるまろやか厚みが、ブレンドならではのおいしさ!



 



Thorne & Daughters, Rocking Horse Cape White '17 (Bot River)

ソーン・ドーターズ、ロッキング・ホース・ケープ・ホワイト’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥4000

<あと9本>絶対おすすめ!

ワイナート94号 93点!

VINOUS 93点!
(2019~2028年、ニール・マーティン)

スペクテーター92点(NOW~2027年)

プラッターズ・ガイド2019年度 ホワイト・ブレンド・オブ・ザ・イヤー受賞!!!


「2019.8月中旬に飲みました。濃いイエロー。バター、ナッツ、黄桃の香り主体。果実味豊かで厚みと粘性がありまろやか~からのすごくきめ細かな苦みを伴う甘旨コクで、非常に完成度が高く、個性があり、余韻が長め。この銘柄に関しては冷涼でミネラリーな方向性ではなく、エルミタージュ・ブランあたりの北ローヌの優れた白の方向性に感じられました。とはいえコンディションよく、酸が活き活きしている。樽も香りと味わいに感じるがこの樽の使い方ならいいなぁ~(新樽は不使用)。樽アレルギーの方でも飲めそうな気がする。抜栓の3日後まで非常においしい」

このキュヴェはソーン&ドーターズの基盤となるワインで、キュヴェ名「ロッキング・ホース」とは、当主ジョンが娘たちのために古樽を使って作った揺り木馬に由来します。

W.O. Western Cape

【品種・産地】ルーサンヌ23%(ステレンボッシュ)、シュナン・ブラン22%(パールドバーグ)、セミヨン・ブラン21%(フランシュック)、クレレット・ブランシュ17%(ステレンボッシュ)、シャルドネ17%(ステレンボッシュ)

【収穫】早めに手摘みにて  【全房使用率】100%
【発酵】果汁には極力手を付けないで自然発酵(天然酵母) 無濾過

【アロマ】ライムの葉、白桃、エキゾチックな木片、甘い乾燥ハーブ
【パレット】しっかりとした酸、焦げた砂糖、オレンジの花、ルイボスの葉の香りをまとった優しいタンニン
アルコール度数:13.54%

’15 パーカー91点

’14’13 パーカー92点

【ウエスタンケープの空気と太陽を詰め込んだ渾身のワインたち】

当主:ジョン・セコム氏 設立:2012年
年間生産量:わずか5000本

妻ターシャとともに自身のワイナリーを持つ場所を探し、世界中を旅したのち、満を持して2012年にウエスタンケープ・エルギンに居を据え、2013が初ヴィンテージの新しい生産者です。彼らの求める厳しい条件に合う畑からのみ醸造しているため年産も5000本と非常に少量のブティックワイナリーです。 彼らは長いワインの歴史を持つこの地の自然に沿い、その個性を表現できるようなワイン造りを目指しているため、契約農家のブドウや購入するブドウは全て蔵から近い地域のものを採用し、フレッシュな状態をキープしたまま醸造をスタートすることを心がけています。

35年~70年の高樹齢の畑を所有する栽培農家と契約し、常に彼らのブドウの出来に合わせ てたワイン造りをしています。 とくにこの地域にセミヨンが多く植えられていたことから、セミヨン・ブランとその自然亜種である セミヨン・グリの古木から得られる果汁を一緒に醸造してみたいというアイデアから「ティンソルジャー・セミヨン」のキュヴェが生まれました。 また他にも、ウエスタンケープでは珍しい品種(例えばルーサンヌ)を古い歴史のある畑に植え、その果汁をブレンドすることにより新しいスタイルのワインを作ることにも挑戦しています。その結果生まれたのが「ロッキング・ホース」のキュヴェです。

それぞれの畑で、その収穫に最も適したタイミングを見極めることを重要視しています。また、アルコール度数の強いスタイルのワインは求めていないので、糖度バランスにも非常に気を使います。 区画ごとに収穫された葡萄は直ちに醸造所へ送られ、プレス後のジュースには酵母やSO2等の添加は一切されません。その後、状態に応じて228Lから600Lの樽(4~8年使用・ブルゴーニュ樽) に振り分けられマロラクティック発酵までを行います。新樽は一切使用しません。発酵が終わったことを確認後に少量のSO2を添加し、瓶詰されます。
(輸入元資料より)


9/15(日)アップ~蔵出しレ・オー・デュ・テルトル’12

飲み頃に入った素晴らしい個性のセカンド!











Les Hauts du Tertre '12 (Margaux)

レ オー デュ テルトル’12

(マルゴー・辛口赤)


税別¥3600

<あと14本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 91点(2017~)

ファルスタッフ 88点


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

※あと2回再入荷が決まっております!

「2019.8月初旬に飲みました。繊細でエレガントなとてもよい個性。香りも黒い実ではなく赤い実果実主体。上品なスパイス香、花、香水など。うっすらアールグレーのような香りもあり、味わいも上品。縁がうっすらレンガがかった明るいガーネット。繊細だが青くはなく、意外と味付きしっかりで、軽くても予想より長い余韻。ブルゴーニュ好きにもおすすめできるボルドー。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

カベルネ ソーヴィニヨン 約40%、メルロ 約30%、カベルネ フラン 約30%、年によってはわずかにプティ・ヴェルド

このセカンドの樹齢約15~25年

シャトー・デュ・テルトル格付け5級のセカンド
シャトー・ジスクール格付け3級と同じオーナーで、安定した品質を誇ります。
所有する50haの畑の主に砂利質に植えられた若木から造られます。醸造はステンレスタンクで行い、その後熟成は18ヶ月間フレンチオークで実施します。セカンド比率は通常の年で25-30%。

カシスやプラム、ハーブの香り。マルゴーらしい果実の甘さや樽由来のバニラのニュアンスも感じながらも決してくどくなく、ほどよい熟成感があって料理ともあわせやすい、丁寧に造られたことを感じさせるワインです。

醸造は、格付け3級のシャトー ジスクールの醸造チームが担当。素朴ながら、安定した味わいには多くのファンがいます。
(輸入元資料より)

 


9/15(日)アップ~蔵出しコンフィダンス・ド・プリューレ・リシーヌ’12

凝縮感とコクのあるセカンド!







Confidences de Prieure Lichine '12 (Margaux)

コンフィダンス ド プリューレ リシーヌ’12

(マルゴー・辛口赤)


税別¥3500

<あと7本>おすすめ!

デカンター・オンライン87点

スペクテーター・オンライン87点

ファルスタッフ 90点


「2019.8月初旬に飲みました。セカンドとは思われないほど、凝縮して重い味わい。色調も濃くて縁がうっすらオレンジの濃いガーネット。凝縮したカシス、ブラックベリーなどの黒い実の果実香、タール、スパイスなどの香り。凝縮してコクとタンニンあるセカンド。飲みごたえがある。一般的なセカンドワインのイメージより濃くて重心が低くがっしりしている。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

メルロ 約65%、カベルネ ソーヴィニヨン 約30%、年によってはわずかにプティ・ヴェルド 約5%

シャトー プリューレ リシーヌ格付け4級のセカンドワイン
(2008年より名称変更。2007年ヴィンテージ以前はシャトー ド クレールフォン)
収穫から醸造までファーストラベルと全て同じ方法で行われますが、平均樹齢約25年の若木のものを使用。

メルロの熟した果実の味わいがよく表れている1本。果実味のボリュームがあり、飲み応え十分ですが同時にマルゴーらしい柔らかさと繊細さも感じられます。
ステファン デュルノンクールがコンサルタントを務め、斬新なアイディアなども加えた新しいステージに到達しました。
(輸入元資料より)

 


9/15(日)アップ~蔵出しシャトー・ミル・ローズ’16マルゴー



※画像は、オー・メドックの方です。

 


1999年の設立からリュット・レゾネで除草剤を1度も使っていない!

2010年からほぼビオディナミ、エコセール認証あり
ABマーク、ユーロリーフあり!




Chateau Mille Roses '16 (Margaux)

ミル・ローズ‘16(マルゴー)

税別¥3900

<あと10本>絶対おすすめ!

パーカー87点(2019~2028年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年11月試飲)

Bettane+Desseauve 91点!

Jancis ROBINSON 16/20点!


「2019.9月中旬に飲みました。縁が紫がかったガーネット。ヒマラヤ杉香弱くて、カシス、ミント、スパイス、木樽、ナッツ、ヨード、ごくごくわずかにヴァニラなどの香り。’16に多いパターンの酸が低くなくフィネスがあり、香りも味わいも樽が控えめ。凝縮感と骨格がありつつこのバランスはいいなぁ。タンニンの質が極めてよく、コクはあり、アフターが明らかに下ではなく上に抜ける!なので清涼感あり上品で飲み飽きない。予想より固くなく、ある意味飲み頃NOW~。抜栓の次の日も非常においしい。わずかしか柔らかくはならない」

アルコール13%

カベルネソーヴィニヨン50%、メルロー50%

平均樹齢28年

砂利質土壌

新樽約33%(フレンチオーク80%、アメリカンオーク20%)で約12ヶ月熟成





Chateau Mille Roses Haut Medoc '15

シャトー・ミル・ローズ‘15

(オー・メドック・辛口赤)


税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター88点

ジャンシス・ロビンソン15/20点

LVF誌15~15.5/20点


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

30本完売。ありがとうございました

「2018.5月初旬に再度試飲しました。よく凝縮して熟度も樽香もよいインパクトのあるトップノーズ。味わいも凝縮して多いがとても質のよいタンニン、’15としては酸の量と質がよく、そのおかげでまったくグルナッシュ的ではない果実感でアフターまで清涼感を残し飲み飽きない。かなり良い出来で、明らかに価格を超えている!」



「2018.1月に試飲しました。6~7年前に飲んだ時より明らかに品質が上がっているが、どこまでが完熟凝縮の’15であるためなのかは判断が難しいところ。程よい樽、(若干カリフォルニアよりの)かなり凝縮した豊かな果実味、多いがキメ細かく溶け込みつつあるタンニンでコクがあり、大きいが緩くはない丸さもある印象で、余韻が長め。それでいてアルコールの浮きはない。驚くほど価格を超えたよい出来!やはり予想通りボルドー’15は¥5000以下などの下位銘柄が明らかに例年以上の出来であることが多いようだ。飲まないと損なレベル!シャトー・ボーモン’15があれほどの味ですからね」

アルコール13.5%

※同じ名前のAOCマルゴーの方が、上級品となります。念のため。

平均樹齢27年

砂利・砂質土壌

’15は、カベルネソーヴィニヨン45%、メルロー40%、プティ・ヴェルド15%

新樽25%にて12ヶ月熟成
(225リットル、フレンチオーク80%とアメリカンオーク20%)

ミル・ローズ = 『 千本のバラ 』の意味

マルゴーに隣接する隠れた銘醸地、マコーに位置。ブルゴーニュ、プロヴァンス等で学んだフォール氏によって、99年に設立。スケールがありながら、きめ細やかで美しいスタイルです。 (輸入元さんコメント)


9/15(日)アップ~蔵出し特価ペデスクロー’14

大幅な品質向上により、まだ過小評価されているポーイヤック!







リュット・レゾネ(減農薬)を実践

全体の責任者:エマニュエル・クルーズ氏
コンサルタント:エリック・ボワスノ氏
(シャトー・ディッサンの品質を上げたチーム!)




CHATEAU PEDESCLAUX '14

ペデスクロー’14

(ポーイヤック・辛口赤)


特価・税別¥5500

<あと11本>

ジェームス・サックリング 93~94点!

最新パーカー92点(2019~2030年、
ニール・マーティン、2017年3月試飲)

Wine Enthusiast 92点

スぺクテーター・オンライン89点(NOW~2024年)

最新VINOUS 89(アントニオ・ガローニ)

デカンター・オンライン89点

Terre de Vins 17/20点


MVF(旧クラスマン)16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)17/20点
Les Vins du Medoc de L'Anneeに選ばれる!

アルコール14%

’14のデータ
全体の55%がファースト用のブドウとなった年

M48%、CS47%、PV3%、CF2%


2009年。2008年以来のChateauLilian Ladouys(Saint-Estephe)の所有者、FrancoiseおよびJacky LorenzettiがPedesclauxを買収。 数年のうちに、ムートンとラフィットの隣にあるシャトーオーミロン、そしてシャトーベレのブドウ畑を続けて購入することで、35から48ヘクタールのブドウ畑の面積が生まれました。

メドック格付け5級。近年醸造設備に力を入れ2010年からは重力を用いたワインにストレスをかけない造りを実践しています。
所有する28haの畑にはCS50%、ME45%、CF5%が栽培され、ステンレスタンクで醸造したのち新樽比率33%で12-14ヶ月間の熟成を施します。
やさしい果実味と穏やかなタンニンが特長です。

2009年にオーナーが代わり、大規模な投資により醸造設備を一新。めざましい品質向上を遂げている注目のシャトーです
シャトー名は、1810年に畑を買い、シャトーを設立したユルバン ペデスクローに由来します
ポーイヤックの中でも北側、川沿いの恵まれた区画を所有
(シャトー・ムートン・ロートシルト、ポンテカネなどのすぐ近くの畑!)、ブドウがバランスのとれた成熟を見せる環境となっています
(輸入元資料より)




ペデスクロー’10

(ポーイヤック・辛口赤)


超特価・税別¥4350

<売り切れ>おすすめ!

英国ソムリエ・ワイン・アワード2016年 金賞受賞!

最新パーカー89点(ワイン・アドヴォケイト205号)

最新スぺクテーター91点(2014~2025年)

スペクテーター90~93点(バレル・サンプル)

最新ゴーミヨ誌18/20点!!!

デカンター・オンライン90点(2015~2036+年)


MVF(旧クラスマン)2014年度版16/20グラス

MVF(旧クラスマン)2013年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版17/20点!

「2013.5月に別の輸入元ボトル’10をプチ試飲しました。青さがなく凝縮して固すぎず、タンニンの質が良くアフターにも若いボルドーにありがちなエグみがなく明らかに価格以上の品質だと感じました。やはりこのシャトーは近年明らかに向上していますね!」

 


9/15(日)アップ~<※12本限定!>蔵出し特価コスデストゥルネル’14

9/5(木)アップ~特価グレ’14

超特価コスデストゥルネル’10






※画像は’03です。

 

 





GOULEE '14 Medoc

グレ’14(メドック・辛口赤)

特価・税別¥3900

<あと9本>

ジャンシス・ロビンソン16.5+/20点!

パーカー88点(2017~2023年、ニール・マーティン)

スペクテーター・オンライン89点(2018~2024年)

VINOUS 88点(2017~2024年、アントニオ・ガローニ)

Wine Enthusiast 89点(2022~)


メルロ 78%、カベルネ ソーヴィニヨン 18%、カベルネ フラン 4%



GOULEE '08 Medoc

グレ’08(メドック・辛口赤)

税別¥4200

<売り切れ>

格付け第2級、コス・デストゥールネルがメドックの北部グレという地名に所有するブドウ畑から造るワイン。ジロンド河に面する絶好の立地条件で、所有する28haの畑は小石混じりの砂礫質土壌に広がり、カベルネ・ソーヴィニョン80%、メルロ20%が栽培されている。醸造は低温発酵を行い、新樽比率50%で14ヶ月間の熟成を施す。




CHATEAU COS D'ESTOURNEL '14 (Saint-Estephe)

コスデルトゥルネル’14

(サンテステーフ・辛口赤・750ml)


特価・税別¥18000

<あと12本>
貴重な蔵出し正規品!

※再入荷すると¥3,240以上値上がり致します。

最新パーカー94点(2022~2047年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年11月試飲)

最新VINOUS 96点!!!(2022~2055年、
ニール・マーティン、2018年3月試飲)

VINOUS 95+点!!!(2022~2044年、
アントニオ・ガローニ、2017年2月試飲)

スペクテーター・オンライン94点(2020~2035年)

Wine Enthusiast 97点!!!
(2028~、Cellar Selection!)

ファルスタッフ 93点

最新デカンター・オンライン95点!(2024~2040年)

ジャンシス・ロビンソン18/20点

ゴーミヨ誌18/20点


MVF(旧クラスマン)18/20グラス!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)17.5/20点

’10は、CS65%、M33%、CF2%

アルコール14%

キャップシールにICチップ付き




CHATEAU COS D'ESTOURNEL '10 (Saint-Estephe)

コスデルトゥルネル’10

(サンテステーフ・辛口赤・750ml)


超特価・税別¥30000

<あと1本>

※再入荷するとかなり値上がりすると思われます。

最新パーカー97+点!(2018~2048年、Robert Parker、
~This beauty will take longer to round into shape than the dramatic and compelling 2009.
ワイン・アドヴォケイト205号)

パーカー95~97点(Robert Parker、ワイン・アドヴォケイト194号)

スペクテーター・オンライン97点!(2025~2045年)

インターナショナルワインセラー94+点

Wine Enthusiast 95点!

ファルスタッフ 98点!!!

最新デカンター・オンライン95点!(2020~2050年!、2018年7月試飲

デカンター誌5/5点!

ゴーミヨ誌19/20点

ジャンシス・ロビンソン18.5/20点


MVF(旧クラスマン)2014年度版19.5/20グラス!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版18/20点

’10は、CS78%、M19%、CF2%、PV1%


2000年からミッシェル・レビエール氏による経営となり、さらなる設備投資を行った!

カベルネソーヴィニヨンの樹齢が上がってきている。低収量

2002年からビオロジーを実践


「“フランス・ワインの明日を担う若いリーダー達”と題して、今最も注目を集める10人の生産者に選ばれる!(ワインスペクテーター2003.9月号より)」

古いボルドーをいろいろ飲む機会があるといつも、コスははっきりした個性を持って目立つ存在なんですよね。他のシャトーと熟成した後の香りの質がなんか違うような気がします

『1971年設立。樹齢は20年から70年と様々だが平均で35年程、それを機械は使わず手摘みで収穫する。醸造場に運ばれたぶどうはベルト・コンベヤー式の選果台上で人手によって良いものだけが選別され、ワインづくりに入る。温度管理の出来るステンレスのタンクでおよそ3週間という長めの発酵、その後、新樽100パーセント――基本的には100パーセントだが、ヴィンテージ毎のぶどうの出来具合によって比率は変化する――を用いて15~18カ月間の熟成に入る。出来上がるワインは各要素が凝縮した、色合いの濃い深みのあるものながら、コスの名の由来の通り、粘土質が少なく砂利の多い土壌でつくられるため、他のサン=テステフのワインに較べ、しなやかさとフィネスを合せ持つ素晴らしいものとなる。そして格付けは2級ながら、マルゴー、ラトゥール等の1級格付けにせまる酒質を反映して、スーパー・セカンドと称される一群のシャトーのひとつとして絶大な信頼を集めている。(輸入元資料より)』


9/15(日)アップ~蔵出しジラード’16

凝縮感のある当たり年!







店頭では前から人気です!




Girard Cabernet Sauvignon Napa Valley '16

ジラード カベルネ・ソーヴィニョン ナパ・ヴァレー’16

税別¥4800

<あと30本>絶対おすすめ!

パーカー90点(2019~2030年)

スペクテーター90点(NOW~2025年)

VINOUS 89点(2018~2026年)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2019.5月上旬に飲みました。凝縮感とインパクトはありつつ、樽が強すぎず、酸が低過ぎないこととアフターにコクとともにわずかなミント風味が清涼感を残すので意外と飲み飽きないバランスの飲み頃NOW~。あと少しで溶け込む多いが丸いタンニン。アルコールは高すぎないが、調子に乗って短時間にたくさん飲むとあとからガツンと来ます(笑)樽香もヴァニラではなくビターチョコレートなので香りも甘クドくなく好印象。癖の強すぎない青カビチーズを練りこんだパンととても合う。ハンバーグとかだと最後のミント風味がかえって相性を難しくさせてしまうかも。抜栓の次の日も非常においしい」

81本完売!!!

先日某ゲーム系テレビで某タレントさん達がセレブな自宅でおいしいおいしいと飲んでいた銘柄がこれだったはず!
(一瞬しかラベルが映らなかったので、、、)
実家とかホームパーティーへの手土産には、こういったわかりやすくおいしいワインが最適な場合が多い!

アルコール14.5%

当たり年!

90%カベルネソーヴィニョン、5%カベルネフラン、2%メルロ、
2%マルベック、1%プティ・ヴェルド

ワインは紅茶の葉、黒い果実、なめし皮、スパイスのアロマが感じられ、口に含むとブラックベリー、カラント、シナモン、ナツメグ、クローヴが感じられ、後味にヴァニラ、タバコの葉が感じられます。
(輸入元さんコメント)

ジラードのカベルネ・ソーヴィニョンはナパ・ヴァレーの高品質なぶどうを産出するいくつかのサブ・アぺレーションのブドウから醸造されます。産地の多様性は味わいにインパクトを与える幾層にも重なる複雑味を生み出すと考えています。この複雑味は樽によるところもあります。私達は 40 以上にもなる樽メーカーと取引があります。このカベルネの最終的なブレンドを行う時、私達はロットの選別だけでなく、ワインを熟成する樽の選別まで行います。この選別を行う事で樽熟成からくる幾層にもなる複雑味も得ることができます。

樽熟成: フレンチオーク 100 %(新樽 40 %) で 20 ヶ月
醸造家: グレン・ ヒューゴ


ジラード・ワイナリーがナパ・ヴァレーの素晴らしい品質を反映するワイン造りを始めたのは、その畑に最初にブドウが植えられて 30 年経った時でした。ナパ・ヴァレーはその品質によって世界で最も有名なニュー・ワールドのワイン産地になりました。ジラードがその地に自分の根を下ろした復興の頃と時を同じくしてナパ・ヴァレーの名声は上がっていきました。
ナパ・ヴァレーのベンチマーク年となった 1976 年はフランス人審査員によって自国のワインとナパの新興ワインとのブラインド・テイスティングが行われた年です。そこで皆が驚いたのは、白・赤両方のカテゴリーでカリフォルニアワインが一番に選ばれた事でした。フランスの猛反発をよそにこの有名なパリ・テイスティングはカリフォルニア・ワインがオールド・ワールドと対等に肩を並べるワインになった事を証明しました。

今日、ジラードはその頃と同じような復興の道をたどっています。カリフォルニアで長年ワイン造りに携わってきたパット ・ ロニーは新しい世紀に入ってまもなくワイナリーを購入しました。パットのワイン業界でのキャリアはシカゴにある有名なレストラン 『 パンプ ・ ルーム 』 のソムリエから始まりました。その後出身地であるカリフォルニアに戻り、最終的にはソノマにあるシャトー ・セント ・ ジーンの社長にまで上り詰めました。
ジラードでのパットはシャルドネとカベルネベース等の今までのワイン造りを続ける一方で、ナパで一世紀にもなる樹齢のジンファンデルやプティット ・ シラーの品種にも注目したワイン造りをしています。また、ヴァレーの西と東の端にそれぞれ位置するダイヤモンド ・ マウンテンとハウエル ・ マウンテンの新しい畑の植樹も進めています。 ジラードのゴールは今までと同じようにリッチで完熟したブドウ、そしてナパ・ ヴァレーのフレーヴァーを十分に表現することです。
(輸入元資料より)


9/4(水)アップ~おすすめオリーヴオイル

熱を加えずに、そのままお使いください

ちぎりたての生のイタリアン・パセリのような心地よい風味でフルーティー!





※↑’18からラベル・デザイン変更。


 


いつも完売後に『 もう無くなったんですか~?次いつ入りますか? 』と問い合わせをたくさんいただきます




ラシーヌさんが、ワイン同様完璧な状態で輸入したもの。

オリーブオイルも高温で劣化しますので管理のよいインポーターが輸入したものをワイン専門店で購入すると本来の味わいが楽しめますよ!


試しにちょっと贅沢な使い方だなと思いつつ、缶詰ではない生のマッシュルームをこのオリーブオイルで揚げ焼きしてクレイジーソルトをかけたら激うまでした~!













サンテ・ベルトーニ、エクストラヴァージン・オリーブオイル’18

(南イタリア・サルディーニャ・500ml)


特別価格・税別¥2200

<あと2本>

※近日さらに再入荷決定!

やっと最新の中身で買えました。
1ヴィンテージ飛ばしたこともあり、長く楽しめます。

’18の賞味期限「2020年12月31日と表記してあります





サンテ・ベルトーニ、エクストラヴァージン・オリーブオイル’16

(南イタリア・サルディーニャ・500ml)


特別価格・税別¥2100

<売り切れ>大人気!

’16の賞味期限「2018年12月31日と表記してあります

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

’15が超フルーティーだったのに対して、’16はややスパイシーなおいしさでどちらもおいしいです。青い風味は大体同じくらいでしょうか。

120本以上完売!!!ありがとうございました


’13も家族全員日常的に使っています。ほぼすべての野菜がワンランク上のおいしさになります。また、パスタの味がなんとなく決まらないときに最後にあとがけするだけでいきなりおいしく変わります。あとはパンの種類によってはバターの方がおいしい時(例えばカンパーニュの時はバターの方が合うとか)も稀にあります。やっぱり買ってすぐ開けたてが一番おいしく、少しずつ使って最後の方はわずかに風味が落ちていますね。それでも一般のスーパーで買えるものよりはるかにおいしく感じられます


「相当に使い勝手がよくおいしく、かつヴァリューな印象!もっともおいしく感じられたのは、パン系と合わせた場合で、小皿にこのオリーブオイルをたっぷり垂らして、クレイジー・ソルト(岩塩、ペッパー、オニオン、ガーリック、セロリ、タイム、オレガノが混ざったもの)をお好みの量かけたものにパンをつけて食べるとすごくおいしいし、大抵の手ごろな価格帯のワインとさらに美味しくマリアージュします。もちろんさらにチーズがあれば言うことなし。バローネ・コルナッキアのオイルと比べるとサンテ・ベルトーニの方が、ちぎりたての生のイタリアン・パセリのような鼻に抜ける風味が少し強く、味わいもよりフルーティーに感じられました。これは大発見!!!NHK教育テレビ『毎日がイタリアン』のジャーダさんにも使ってほしいフルーティーさです(笑)(’09に関する当店コメント)」


生産地:カブラスとオロセイ(サルデーニャ島のオリスターノ県とヌオーロ県)

100kgのオリーブから、種類によって12リットルないし16リットルとれる

『 魚介類、茹でたまたはローストした肉類、サラダ、野菜類、カルパッチョその他の繊細な料理によく合う。豆類にかけても、火を通した野菜にかけるピンツィモニオ(オリーブオイル、酢、塩、胡椒で作るドレッシング)として使っても、生野菜にかける美味しいソースとして使ってもよく引き立ち、特にブルスケッタとは最高の相性を見せる。 (輸入元さんコメント) 』


9/8(日)再入荷~蔵出しドメーヌ・ファニー・エ・ヨアン・カヴァニャ’18

真にナチュラルな味わい!秀逸なジャケール!









 



Domaine Fanny & Yoan Cavagna, Chassez le naturel VdF '18

ドメーヌ・ファニー・エ・ヨアン・カヴァニャ、シャスル・ル・ナチュレ‘18

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2000

<あと13本>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声をいただいているワインです!
17本完売。~※近日再入荷決定!

「2019.5月末に試飲しました。亜硫酸の少ないトップノーズ。ピュアで真にナチュラルな全体像。果実と質感に優れ、コンディションよく酸とミネラルの質もよく複雑性すらある。最近ロワールのヴァン・ナチュールが高い上にばらつきが激しいので、本当にこういうワインを待ち望んでいました!!!明らかに価格を超えた満足度でスタイルも秀逸」

アルコール10.5%

ABマーク、ユーロリーフあり!

(...il revient au galop...) 「性格は変わらないものである。(本性は追い払ってもすぐ戻ってくる)」

品種:ジャケール100%

樹齢 50~100年!

地域:アプルモン 土壌:粘土石灰堆積岩

栽培方法:ビオロジック(エコセール認定)

醸造:天然酵母。ファイバー製、もしくは、ほうろう引きの鉄製タンクにて発酵。
MLF なし。樽熟なし、瓶熟なし。ボトリングまでタンクにてシュール・リー。
瓶詰前に軽くフィルター。

味わい:フルーティーで程よい酸味。シトラスや青りんごのアロマ。さわやかな印象であるが甘さを感じる果実感。少しの野性味。


9/4(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ロルテュ’18クラシック・ブランと’17グラン・キュヴェ・ブラン

圧倒的に素晴らしい出来の2種類の辛口白!

 

 

 

 

当店扱いのドメーヌ・ド・ロルテュはすべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!




ランドックでも現代技術で造りこんだタイプではない洗練があります。今までのイメージが変わると思いますよ!




ドメーヌ・ド・ロルテュ、クラシック・ブラン(ベルジュリー・ド・ロルテュ)’18

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥2500

<あと4本>絶対おすすめ!

「2019.7月初旬に飲みました。傑出したコンディションありきの絶妙なおいしさ。華やかメロン、花、白桃などの強い香り。ジューシーに凝縮した新鮮な果実味、酸はキレてはいないが低くなく活き活きしており、極めて心地よく杯が進むみずみずしくうまみの多いクリーンな味わい。アフターには少し塩ミネラルも残る。例年より味が濃いが、クドさはない素晴らしい出来!抜栓の次の日も非常においしい。間違ってグラン・キュヴェの方を開けてしまったのかと思ったくらい(笑)の激お買い得品!!!トップノーズの鮮烈メロン香だけでもこの価格の価値あります」

アルコール%

’18は、ルーサンヌ40%、ヴィオニエ20%、ソーヴィニヨンブラン20%、シャルドネ10%、ソーヴィニヨン・グリ10%という個性的なブレンド比率




ドメーヌ・ド・ロルテュ、グラン・キュヴェ・ブラン’17

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)

税別¥4000

<あと32本>絶対おすすめ!
超限定品!※すでに再入荷不可能!

デカンター・オンライン92点(2018~2024年)

輸入元さんで人気炸裂!手に入りにくくなっております!

「2019.2月初旬に飲みました。濃いイエロー。冷やしすぎないほうがかなりおいしいタイプ。コンディション最上でピュアで透明感があり、フルーツが強く華やか。果実味も豊かですが、それ以上にエキス感が分厚く、粘性コクがありつつ最後の超キメ細かなほのかなほろ苦さとうまみ塩麴ミネラルが強く残る。グーズベリーやグレープフルーツの厚みのある果実香に花、ミネラル、熟成香ではないムスク、ごくごくわずかにスモークなどの非常によい香り。抜栓の次の日~抜栓の2日後は完全に桃とバナナのネクター風味!これも非常においしい。酸自体はそれほどキレていないのにバランスが悪くなく余韻が長い。過去最高の出来かもしれない!」

アルコール13%

’17は、シャルドネ50%、ヴィオニエ20%、ソーヴィニヨン・グリ20%、プティ・マンサン10%

VDP・デュ・ヴァル・モンフェラン

杏のようなアロマ、風味豊かで余韻が長い。ブイヤベースやエスカルゴ、柔らかいチーズに合う





ドメーヌ・ド・ロルテュ、クラシック・ルージュ(ベルジュリー・ド・ロルテュ)’16

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥2500

<あと4本>

コトードランドック・AOCピクサンルー

’16は、シラー65%、グルナッシュ10%、ムールヴェードル25%のブレンド

キレイな果実味と酸味。白身の肉料理とともに


『 ドメーヌ・ド・ロルチュは、1980年、農業技師ジャン・オーリヤック氏がブドウ栽培には とても困難なモンペリエ近くの断崖に僅か5ヘクタールの畑を開墾するところから始 まりました。栽培風土が表現され、珍無類なブレンドは独自の発想によるもので、新し い味の世界が開かれています。(輸入元資料より) 』


9/8(日)再入荷~蔵出しポール・アルマンNV

涼しげな新鮮果実の味わい!








Paul Armand, Blanc de Blancs Brut NV

ポール・アルマン、ブランドブラン・メトード・シャンプノワ・ブリュットNV

(フランス・辛口白泡)


税別¥1900

<あと5本>絶対おすすめ!

10本完売。

「2019.9月上旬に飲みました。」



「2019.5月末に試飲しました。泡の質を含めコンディションよく、キレイな果実味と酸のバランス。さすが北の畑のよい部分が表現されお買い得感も充分な雑味なく単調ではない味わい」

アルコール12%

ポール・アルマンは 1972 年創業のコート・デ・バールに本拠を構えるシャンパン・メゾンがブルゴーニュで手掛ける小さいブランド。本家メゾンは古木の葡萄を手摘みで収穫、コールド・セッティング、ノン MLF といった醸造法で果実のフレッシュ感を重視するスタイル。ポール・アルマン、ブラン・ド・ブランはシャブリ近郊、オーセロワのシャルドネのみを使用したヴァン・ムスー。
シャンパン同様、メゾンならではのフレッシュ感、きめ細やかな泡立、酸と果実のバランス感は踏襲され、驚きのコストパフォーマンスを生む。

※葡萄の収穫を機械で行う為、クレマン・ド・ブルゴーニュではなくヴァン・ムスーとなる。

品種:シャルドネ100%
ロケーション: シャブリ、オーセロワ地区
土壌:石灰質 栽培: リュット・レゾネ

醸造:機械で収穫後・選果実は丹念にすべて手で行われる。
醸造はシャンパン製法。 瓶熟 12~18 か月。
ドサージュ 8~10g/l デゴルジュマン 2017 年 7 月 31 日。

味わい:リンゴやドライフルーツ、スパイスのニュアンス。きれいな酸と果実感のバランスが非常によい。きめ細やかな泡とアフターにほんのり感じる旨味がある。(輸入元資料より)


9/4(水)アップ~蔵出しジャン・ルイ・ヴェルニョンNVミュルミュルこのロットついに最後の再入荷!

何故か?まだ無名ですが、非常に上質!

コンディション抜群で、うまみとミネラルの広がるアフター














 

インポーター2社から買っています



個人的に大好きだったリンゴ入りヨーグルトの透明感のある乳酸香トップノーズは、今ではもうなくなってしまいました(特に若いうちは)が、味わいはやはりおいしいです。


これはマロラクティック醗酵してる銘柄かどうか、デゴルジュマンからどのくらい熟成しているかで変わるようですね。

ここもアルチザン(職人的栽培醸造家)グループのひとり

<※重要な情報>
ヴェルニョンの品質をググっと押し上げた
カリスマ『 クリストフ・コンスタン 』さんが離れてしまいました
(才能を評価されて、すごいところに引き抜かれたのか?)。
今後しばらくすると味わいが変わってしまいます。



もともとビオロジックですが
<HVE3> Haute Valeur Environnementale
環境に配慮した農法認定も取得済み





Jean-Louis Vergnon, Champagne Blanc de Blancs Brut Nature Premier Cru <Murmure> NV

ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・ブリュット・ナチュール・プルミエ・クリュ <ミュルミュル>NV

特価・税別¥5800

<あと24本>ラシーヌ輸入の限定品!

最新スペクテーター91点(2018.11月試飲)

バーガウンド・コム 93点!!!(2017年11月試飲、
Issue 68、2016年2月デゴルジュマンものに対する評価)


VINOUS 88点(アントニオ・ガローニ、
2016年2月デゴルジュマンものに対する評価、2016年12月試飲)


輸入元担当者さま絶賛の1本!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
リピート率、急激に上がっております!

「2019.3月末に飲みました。今の当店在庫はまだ<クリストフ・コンスタン>さんによる中身ですのでご安心くださいませ。味が落ちていたり変わっていたら買わないつもりでシビアに試飲。トップノーズだけでもう合格(笑)透明感のある極めてピュアなよい香り。味わいもコンディション最上の美しさと艶のある舌ざわり。酸の質が傑出しており、強いうまみと塩ミネラルが残る伸びのある長いアフター。これさえあれば他の生産者によくあるマーケティングの産物的な上級ミレジメ必要ないというくらいの1万円強の満足度があります。ぜひ皆様お試しください。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい。複雑性のある塩グレープフルーツのニュアンス」

アルコール12%

257本完売!!!

ブリュノ・ナチュール表記で、ドサージュ・ゼロ

ヴェルテュのシャルドネ100%

この銘柄は基本的にマロラクティック醗酵しない

『 Murmure 』 = ひそひそのような意味の造語
上質なシャンパーニュのキメ細かな泡立ちをイメージしたもののようです




Jean Louis Vergnon, Champagne Grand Cru Resonance Extra Brut '09

ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン・ド・ブラン <レゾナンス> エクストラ・ブリュット’09

税別¥10000

<あと3本>おすすめ!
超限定品!

※再入荷不可能!

最新パーカー91点(2018~2033年、2019年4月試飲)

MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5/20点

「2018.8月中旬に飲みました。’09であってもキレのあるよい酸とミネラルで一安心。温度が上がってくると厚みとコクが出る。特にコクは下位銘柄よりも明らかに上なのですが、その分アフターの苦みが少し強め。キメは細かくうまみとミネラルを伴っているので上質です。このドメーヌは下位銘柄のお買い得度合いが凄すぎてレゾナンスはそういう意味では少し不利かも?やはり上級品にもグレープフルーツのニュアンスがあり、ヨーグルトは弱め。まだ少し若いが今すぐ開けてもおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

デゴルジュマン2017年2月

熟成84ヶ月以上

アルコール12%

ドサージュ3g/L(’08の時のデータ)

ル・メニル・シュール・オジェのブドウのみで造られる。グレープフルーツの皮や蜂蜜、ローストしたアーモンドにミモザのヒント。直線的で鋭い酸が口中に広がり、チョーキーで塩気を感じさせるミネラルがフィニッシュまで長く続く。シャープで緊張感があり、緻密な泡が生み出すテクスチャーは繊細でなめらか。メニルの個性を存分に表現した、まさにメニルを愛する人のためのキュヴェ。
(輸入元さんコメント)

’08 パーカー92+点

’08 スペクテーター93点

’08 バーガウンド・コム 91点




ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン・ド・ブラン <コンヴェルサション>ブリュットNV(ハーフ・375ml・RM)

税別¥3100

<あと2本>絶対おすすめ!
ラシーヌ輸入の限定品!




ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン・ド・ブラン <コンヴェルサション>ブリュットNV(750ml・RM)

税別¥5800

<あと1本>絶対おすすめ!
フィラディス輸入の限定品!

最新パーカー89点(2018~2028年、2019年4月試飲)

最新バーガウンド・コム 93点!!!(2017年10月試飲)

WEBマガジン『Panch』にてライターのジョン・ボネ氏が選ぶ
<今年(2017年)注目すべきワイン25本>のひとつに選ばれる!!!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点
(さらにOr pour le Prix+Plaisir 2019に選ばれる!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

MVF(旧クラスマン)2017年度版14.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

今回入荷分デゴルジュマン2017年11月

前回入荷分デゴルジュマン2017年12月

前々回入荷分デゴルジュマン2017年10月

59本完売。

「2018.5月中旬に飲みました。昔飲んだ一番おいしかった時よりも今回さらにおいしく感じられた!ピュアで透明感があり、泡の質が抜群によい。ヨーグルト乳酸、グレープフルーツ、砂糖漬けにしたレモンの皮、程よいベリー、強いミネラルの香り主体。艶と複雑性のある果実、ちょうどよい尖っていない上質で絶妙な酸とうまみ、非常に多いミネラルで一貫して美しく流れる。温度上がるとうまみ塩が増す傑出バランスに!この価格帯ではほとんど完璧な内容。1万円でこれより満足度の低い銘柄はかなりあります。個人的にはこれとマルゲがあればプレステージ銘柄は『 家飲み限定 』なら特にいらないかも?という気も。ただのブリュットですが、クドさゼロの複雑さわやかバランス。抜栓の次の日~2日後と泡が少し抜けてさらにおいしい!間違いなく基本のブドウの質がかなりよいので、クリストフ・コンスタンさんが関わった中身はあとどのくらい買えるのだろうか?デゴルジュマンに関わっていなくても栽培・醸造に関わっていれば、リリースまで時間がかかる飲み物なのでまだしばらくいける?」

アルコール12%

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版にて2つ星生産者→3つ星生産者に昇格!

近年、関東の高級寿司店でのオンリスト率が高い銘柄だそうです!



『 1950年創立のジャン=ルイ・ヴェルニョンは、1985年からビン詰めを始めました。2002年にクリストフ・コンスタンが醸造責任者になって、栽培・醸造のすべてが根本的に改められ、年を追うごとに目覚しい向上をしてきています。クリストフ・コンスタンもまた、アンセルム・セロスから大きな影響を受けた一人です。特に、メニル村はアンセルムが住むアヴィーズと同じコート・デ・ブラン地域にありますから、収穫期が近づくと頻繁にアンセルムと情報交換をしているそうです。 「ル・メニルでは、マロラクティック発酵をしないで仕上げるには、10~11グラムのドザージュが大前提になっている。もし、ドザージュしないで仕上げようとするなら、マロラクティック発酵をしなければバランスがとれない」と一般に言われています。けれども、「ブドウを完熟させて収穫すれば、マロラクティック発酵は必要ない」というのが、アンセルムとクリストフの意見なのです。ル・メニルの真髄を表現する正統派シャンパーニュの登場です! (輸入元資料より) 』


9/4(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ラ・ノブレ’16

この価格帯最高のカベルネフラン!しかもピュアで素晴らしい質感!






 



フィネス輸入の超限定品!





ドメーヌ所有、古樹のカベルネフラン画像




DOMAINE DE LA NOBLAIE, CHINON ROUGE LES CHIENS CHIENS '16

ドメーヌ・ド・ラ・ノブレ、シノン・ルージュ <レ・シヤン・シヤン>’16

(ロワール・辛口赤)


税別¥2500

<あと8本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 88点(2020~)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです

20本完売。

「2019.2月下旬に飲みました。’15より少し熟度の低いカシス&ブラックチェリー香だが、やはり青さは香りにも味わいにも一切なく涼しげでバランスよい飲み頃NOW~で素晴らしい。フルーツ感は結構強く、タンニンの質がとてもよく余分な甘みなく、酸が低くなく、ピュアさとミネラルがありおいしい。紫色の強い濃いルビー色。トップノーズは中国料理店に入った時のような香りを含み?漢方系を含む数種類のスパイス、スミレ、ごくわずかにミントなどメントール系清涼感がありつつ、何故かおしるこのような香りも。コンディション抜群の透明感と香りの立ち方・酸の質なピュア・フルーツ。抜栓の次の日も最高においしい。ピュアでつややかでタニックではない上質なワイン。抜栓の2日後も非常においしい。抜栓の3日後もほとんど落ちない」

アルコール13%




DOMAINE DE LA NOBLAIE, CHINON ROUGE LES CHIENS CHIENS '15

ドメーヌ・ド・ラ・ノブレ、シノン・ルージュ <レ・シヤン・シヤン>’15

(ロワール・辛口赤)


税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷不可能!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

42本完売。ありがとうございました

「2018.4月初旬に飲みました。縁が紫がかったやや濃いルビー色。青さなく、よく凝縮しているどころか艶のあるカシスなどの完熟ベリー、シナモンなどの甘苦系スパイス、少しメントール系、ヒマラヤ杉に近いバルサミックなニュアンスとビターチョコレートが少しあるが樽香は控えめ。ピュアで透明感のある質感、果実味しっかり、タンニンのコクがあるが、とてもキメ細かくエグみはない。アフターにはうまみ塩ミネラルと清涼感を残す上質な酸で緩さなく伸びる。有名どころの高価なシノンよりも明らかに複雑であまりにもお買い得!トラぺのオストレアなどと同じく、のどの乾かない食欲の増してくる抜群のコンディション。まだまだフランスも探せば超お買い得品ある。このワインと同じくブルゴーニュ・グラスでおいしいクーレーヌのシノン・ピカス’10がお好みだった方にもぜひ飲んでほしい。抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール13%

ユーロリーフ&ABマークあり!

樹齢35~55年!

ドメーヌのすぐ裏にある複数の粘土シレックス土壌
(この区画はすべて醸造所に隣接している為、収穫~迅速に醸造に移れる)

低収量、手摘み

500リットルの新樽約10%樫樽にて約15ヶ月熟成

’14 パーカー88点

’11 インターナショナルワインセラー89+点

’10 ゴーミヨ誌16.5/20点

’09 スペクテーター91点

’09’05’02 ワイン&スピリッツ誌 92点!

シノン城から車で15分ほどのところに居を構える当ドメーヌは数百年前から葡萄栽培を含む農業を営んでおり、1953年に初めて自社瓶詰をしました。1968年、ボルドーの国立農業専門学校を卒業したフランソワ ビヤール氏がドメーヌを引き継いで畑を少しずつ増やしていきました。フランソワ氏は地元の醸造学校で醸造学の講師としてロワールの若い生産者を何人も育ててロワールワインの発展にも貢献。2003年、彼の息子でありポムロールのペトリュスなどで修業を積んだ現当主ジェロム ビヤール氏がドメーヌを引き継いで、常に品質の向上、テロワールとヴィンテージのキャラクターを尊重するワイン造りを心掛けています。
(輸入元資料より)


9/4(水)アップ~<※極少量!>蔵出しルイ・ロデレール’08クリスタル再入荷!

実はここもエルヴェ・ジェスタンが関わってからさらに評価を高めています!

ベタンヌ&ドゥソーヴ2013年度版から5つ星←4つ星生産者に昇格しました~!!!


 

 

 





ルイ・ロデレール、シャンパーニュ・クリスタル・ブリュット‘08

(オリジナルギフトBOX・辛口白泡・750ml)


税別¥31000


輸入元定価・税別¥35,000

<あと7本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’08は再入荷不可能!

蔵出し正規品

パーカー97+点!!!(2023~2050年)

VINOUS 98+点!!!(2020~2058年)
さらにVINOUS(アントニオ・ガローニ)が選ぶWines of the Year 2018 - Honorable Mentionsに選ばれる!!!

スペクテーター・オンライン97点!(NOW~2033年)

デカンター・オンライン98点!!!(2021~2040年)
さらにBest Champagnes of 2018に選ばれる!!!

Wine Enthusiast 100点!!!(2020~、
Cellar Selection 2017年度TOP5/100位!!!)

ジェームス・サックリン 100点!!!

ファルスタッフ 100点!!!

アルベルト・リュペティ(イタリア)『Grandi Champagne 2018-19』 100点!!!


MVF(旧クラスマン)2019年度版20/20グラス満点!!!
(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版19/20点

アルコール12%

ピノノワール60%、シャルドネ40%

20%マロラクティック醗酵

ドサージュ8グラム/リットル

約15年前からビオディナミを実践

自社畑の特級畑100%



自然な農法、ビオディナミを実践

瓶詰後の熟成期間は平均で5年

大手メーカーのなかで自社畑比率がもっとも高い

ワイナート48号でも大きく取り上げられています

家族経営

ビオディナミを実践した区画と、普通の区画をフランス最高のテイスターの一人であるミッシェル・ベタンヌ氏等を交えて試飲した結果、ビオディナミの区画の方が高評価だったという記事があり、ラックさんがマダム・ルフレーヴとの現地試飲で昔、経験したと聞いた内容とまったく同じ結果となったようですね


9/4(水)アップ~蔵出しポル・ロジェ’08サー・ウィンストン・チャーチル

ほとんど値上がりしていないプレステージ・シャンパーニュ!






 



Pol Roger, Champagne Cuvee Sir Winston Churchill '08

ポル・ロジェ、シャンパーニュ・キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル’08

特価・税別¥23000



輸入元定価・税別¥32,000

<あと7本>超限定品!

ファルスタッフ 100点!!!

Wine Enthusiast 100点!!!(2020~、
Cellar Selection2018年度 TOP4/100位!!!)

One of the great Champagnes both for its richness and its longevity, this latest incarnation is superb. The wine's richness is linked to the ripe fruit and the dominance of Pinot Noir in the blend. It also shines in the perfect balance between the texture, the minerality and the integration of the fruit. It can be enjoyed now, but it will be better from 2020 and then for many years to come.

最新パーカー97点!(2022~2045年、
William Kelley、2019年4月試飲)


パーカー96点(2018~2050年、
~The attack on the palate is fresh and finessed, and in the following seconds, the 2008 reveals great airiness, precision, purity and intensity with a firm, persistent structure in the long, refreshing, perfectly balanced and mouthwateringly salty finish. The 2008 Winston Churchill is a highly complex yet focused and vitalizing prestige cuvee of great, great finesse, chalky expression and exciting elegance. It already drinks great but also indicates immense aging potential. It's most likely one of the finest of this century and one of the greatest Churchills of modern times.
Stephan Reinhardt、ワイン・アドヴォケイト238号)

スペクテーター96点
(NOW~2033年、Collectibles!)



アサンブラージュ ブドウ品種:ピノ・ノワール、シャルドネ

非常に古いグランクリュのシャルドネとピノノワールを使用しており、特別なアサンブラージュの比率は門外不出となっています。
ピノノワールが骨格、幅、強さを与え、シャルドネがエレガンス、フィネス、滑らかさを生み出します。


醸造と熟成

2 度デブルバージュを行います。1 度目は圧搾直後、そして 2 度目は 6 度の低温で 24 時間行 います。低温 18 度以下で、ステンレスタンク内でゆっくりと発酵が進みます。最終ブレンド まで品種や村は別々に仕込みます。マロラクティック発酵を 100%行い、第二次瓶内発酵はポル・ロジェの地下深いセラー(地下 33m、室温 9 度)で行います。現在シャンパーニュでは珍しく、専門の職人による手作業でのルミュアージュを行い、長期熟成後デゴルジュマンをします。ポル・ロジェの代名詞ともいえるとても繊細で持続性ある泡沫はこの深く冷たい湿ったセラーにてもたらされます。
ドザージュ 8g/l
(輸入元資料より)


輸入元テイスティングノート

ゴージャスなホワイト・ゴールド色で途切れなく細やかな泡沫が続きます。バター、ブリオッシュの繊細なアロマとアーモンドとヘーゼルナッツの風味がフレッシュなタンジェリンなどの柑橘類を中心とする黄色の果実の洗練された香りを伴い広がります。そしてワインが開いていくとヌガーやピスタッチオが表れます。フレッシュなアタックは酸と柔らかさのバランスが完璧で、ほのかなアーモンドやドライフルーツ、マルメロを伴う温めた甘い果実のアロマが広がります。グラスの中でワインの温度が上がるとよりまろやかな味わいになり、シルクのような滑らかな質感で卓越した長いフィニッシュに続きます。


9/4(水)アップ~蔵出し超特価ブリュノ・クレール’14ボンヌマールと’14クロドベーズと’14クロ・デュ・フォントニィ

蔵出し超特価ブリュノ・クレール’11クロドベーズ

’11に関しては、すでに今後はいつ開けてもおいしい飲み頃NOW~!

特に’10からは、間違いなく、ごく一握りの超一流生産者の域に達しています!

’09以降タンニン丸いが骨格は緩くない、入手難!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。




↑’11からラベルデザイン変更です。


 

 

 

 

他のジュヴレシャンベルタン1はこちら

他のジュヴレシャンベルタン2はこちら

 



ブリュノ・クレール、シャンベルタン・クロドベーズ’11

超特価・税別¥33000

<あと7本>超限定品!

※再入荷不可能!
何年を買おうと次回から大幅値上がり致します!
’16を買うと¥16,200値上がり致します。

ワイノット1号にて大絶賛される!!!

最新バーガウンド・コム 93点!

最新パーカー94点(ニール・マーティン、
2017~2040年、2014年11月試飲)

パーカー95点(2013年8月試飲)

バーガウンド・コム 92~95点!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 感動した!完璧な調和!の声多数 』

MVF(旧クラスマン)2014年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版18/20点

リアルワインガイド44号 93+・95点!!!(2017~2040年)

20本完売。

「2019.3月中旬に試飲しました。予想より熟成してタンニンが丸くなっており、無駄な贅肉と重さのない完成された均整美の複雑性。あまりにもバランスがよくて一瞬言葉を失う感じでした。間違いなく飲み頃NOW~です。まだまだ熟成可能ですが、伸びしろはこの’11に関しては意外に少なくすでに今がピークの第1段階のような気がします。絶対に勘違いしてほしくないのはコンディションなどの問題で熟成が早いわけではありません。’11のよい部分が表現されている=造り手の腕が素晴らしいということです。色気たっぷりの黒い実果実とトリュフ、腐葉土やお茶系の香りが混ざり合う。深いが重くない」

アルコール13%

3分の2は1912年に植えられた超古樹!

ワイナート43号によると最高に優れた区画を所有しているようです!






ブリュノ・クレール、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・クロサンジャック’15


税別¥28000

<あと8本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

最新VINOUS 96点!(ニール・マーティン、
2023~2050年、2018年11月試飲)


最新デカンター・オンライン97点!!!(2019~2035年)
Part of Top scoring reds, Burgundy 2015

パーカー95~97点!!!(2021~2045年、
The 2015 Gevrey Chambertin 1er Cru Clos Saint-Jacques has a very well-defined bouquet that offers lifted redcurrant and wild strawberry aromas, interwoven with wet limestone and almost flint-like scents. The palate is medium-bodied with very fine tannin. This is seamless and silky smooth, a Clos Saint-Jacques determined to show the other vineyards what it can do. Beautiful delineation and focus on the finish, this is an outstanding Clos Saint-Jacques from Bruno Clair that will offer 20 or 30 years of drinking pleasure.
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)
※ちなみにクロドべーズ’15 PP92~94点です。

インターナショナルワインセラー92~94点

最新バーガウンド・コム 94点!(Outstanding!)

バーガウンド・コム 92~95点!(Sweet Spot Outstanding!)

ブルゴーニュ・オージョルディー 18/20点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19.5/20点!

リアルワインガイド61号 94・95点!!!(今/2022~2050年)

『 特級に匹敵するとされる1級畑。力強く、堅牢で、長期熟成タイプのワインを生む。ブラックベリー、ダークチェリー、甘草のアロマが大きく広がり、キメ細かなタンニンは豊かな果実味の中に溶け込んでいる。余韻はすこぶる長い。 (輸入元資料より) 』




ブリュノ・クレール、シャンベルタン・クロドベーズ’14

超特価・税別¥33000

<あと6本>超限定品!

※’16を買うと¥16,200値上がり致します。

デカンター・オンライン95点!(2020~2032年)

パーカー93点(2020~2045年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト233号)

最新インターナショナルワインセラー94+点!!!
(2026~2038年、ステファン・タンザー、2017年3月試飲)

インターナショナルワインセラー91~93点
(ステファン・タンザー、2016年1月試飲)

最新バーガウンド・コム 95点!!!(Issue 65)

バーガウンド・コム 92~95点!(Issue 61)


ブルゴーニュ・オージョルディー19/20点!

MVF(旧クラスマン)2018年度版18.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版18/20点

リアルワインガイド57号 94・96点!!!(2022~2055年)




ブリュノ・クレール、ボンヌマール’14

超特価・税別¥33000

<あと20本>超限定品!

※’16を買うと¥16,200値上がり致します。

パーカー94~96点!
(~Alongside the Clos Saint-Jacques this is Bruno Clair's best 2014.
2018~2038年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新インターナショナルワインセラー94+点!!!
(2026~2038年、ステファン・タンザー、2017年3月試飲)

インターナショナルワインセラー92~94点
(ステファン・タンザー、2016年1月試飲)

最新バーガウンド・コム 95点!!!(Issue 65)

バーガウンド・コム 93~95点!(Issue 61)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版18/20点

リアルワインガイド57号 94・96点!!!(2022~2055年)

天然酵母を使用

樹齢67年と33年主体

クロドタールに接するモレイサンドニ側の優れた区画!

『 ブリュノ・クレールのボンヌ・マールは珍しいことにモレ・サン・ドニ側にある。土壌は粘土混じりの泥灰土で、黒い果実の香りが華やかに広がり、タンニンは果実味の中にすっかり溶け込んだワインとなる。フィネスがあり、鷹揚な印象ながら、長期熟成のポテンシャルもすこぶる高い。 (輸入元資料より) 』




ブリュノ・クレール、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・クロ・デュ・フォントニィ’14(モノポール)

超特価・税別¥12800

<あと12本>超限定品!

※’16を買うと¥5,616値上がり致します。

パーカー90~92点(2017~2027年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

インターナショナルワインセラー88~91点
(ステファン・タンザー、2016年1月試飲)

バーガウンド・コム 89~92点!(Issue 61)


ブルゴーニュ・オージョルディー17.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

リアルワインガイド57号 92・93点!(2018~2045年)

1級畑フォントニの中にあるモノポールの区画。特級畑リュショット・シャンベルタンの北に隣接(10mも離れていない!)する単独所有畑。力強いジュヴレ・シャンベルタンにおいては、繊細でエレガントなスタイル。ブラックベリーやダークチェリーの香りに甘草のスパイシーさ。タンニンはキメ細かく柔らかい。





ブリュノ・クレール、マルサネ・レ・ロンジュロワ’14

超特価・税別¥4800

<あと9本>絶対おすすめ!

’16を買うと¥1,620値上がり致します。

デカンター・オンライン90点

パーカー89~91点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新インターナショナルワインセラー89点(2020~2028年)

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding Top Value!)

Wine Enthusiast 92点!


MVF(旧クラスマン)2018年度版14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

リアルワインガイド57号 90・91点(今~2036年)

「2017.1月中旬に飲みました。’14はどれもやわらかいだろうと予想して飲むとこれはまだ固い。固いが複雑でうまみを秘めていてポテンシャルが高く余韻が長い。同時に飲み比べたジャン・フルニエのロンジュロワ’14の方がすでにおいしさが出ていてわかりやすさもあったが、ピュアさと透明感、香りのよさ、寝かせた後の伸びしろはブリュノ・クレールの方がある。抜栓の次の日にやっとうまみが出てきてタンニンが少し丸くなってなんとか今飲んでもおいしいと言えるレベルにまで向上した。香りの華やかさの片鱗が出て、実際戻り香がすでに華やか。基本はクラシックで樽が控えめなジュヴレの方向性と言えるかも。3年後くらいに飲みたい。抜栓の3日後まで全く落ちない。わずかずつ向上して最後はすごい量のうまみが口の中に広がる」

アルコール13%

『 マルサネのクリマの中で最も大きく、また1級昇格は間違いなしと考えられているロンジュロワ。タニックでストラクチャーはしっかりしているが、やわらかな果実味がバランスをとる。4~8年で理想的な状態になり、15年はゆうにもつポテンシャルの高さ。 (輸入元資料より) 』




ブリュノ・クレール、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・クロサンジャック’14

超特価・税別¥21000

<あと9本>限定品!

’16を買うと¥10,800値上がり致します。

最新パーカー96点!!!
(2020~2045年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト233号)


パーカー93~95点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新インターナショナルワインセラー93+点!!!(2024~2034年)

最新バーガウンド・コム 93点!!!(Issue 65)

バーガウンド・コム 91~94点(Sweet Spot Outstanding!)


ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 18/20点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

リアルワインガイド57号 93・94+点!!!(2020~2050年)

『 特級に匹敵するとされる1級畑。力強く、堅牢で、長期熟成タイプのワインを生む。ブラックベリー、ダークチェリー、甘草のアロマが大きく広がり、キメ細かなタンニンは豊かな果実味の中に溶け込んでいる。余韻はすこぶる長い。 (輸入元資料より) 』




ブリュノ・クレール、コルトン・シャルルマーニュ’14(辛口白)

超特価・税別¥18000

<あと6本>限定品!

※’14は、再入荷不可能!
’16を買うと¥5,400値上がり致します。

パーカー93~95点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 91~94点


ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 16.5/20点

リアルワインガイド57号 93+・94+点!!!(2018~2043年)

’10は凄かったですね!!!

「フランスのワイン雑誌『ブルゴーニュ・オージョルドゥイ』が主催するテイスティング会でだが、このとき、ブリューノ・クレールのコルトン・シャルルマーニュは(過去のヴィンテージが)最高点を獲得している。(ワイン王国17号、ジャッキーリゴーが選ぶブルゴーニュワインベスト50+1より)」

樹齢41、37年

普通の年の年間生産量:わずか1900本!

『 アロース・コルトン村側にコルトン・シャルルマーニュの区画をもつ。よく熟し、力強さや堅牢さを認めつつ、ピュアな酸味とミネラル感が同居する。香りはグレープフルーツ、蜂蜜、マッシュルーム。熟成とともに香りは複雑さを増し、その緊張感を緩めていく。 (輸入元資料より) 』






ブリュノ・クレール、シャンベルタン・クロドベーズ’12

特価・税別¥34000

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!
’15を買うと¥15,120値上がり致します。

バーガウンド・コム 93~95点!

パーカー95~97点!(ワイン・アドヴォケイト210号)

インターナショナルワインセラー93~96点!

最新Antonio Galloni(VINOUS) 95点!(2024~2042年)

Antonio Galloni(VINOUS) 94~96点!(2022~2042年)


MVF(旧クラスマン)2015年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版18.5/20点

リアルワインガイド48号にて大絶賛される!

これでもお安くしています、、、

 


9/4(水)アップ~蔵出しトロボー’17ブルゴーニュ・ルージュ最後の再入荷!

7/9(火)アップ~蔵出しトロボー’17

 




当店扱いのトロボーは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品!

22年以上前から扱っているので、やっと絶賛されるときが来たかぁ~という気持ち

2014年以降はブドウにストレスを与えない
グラヴィティーフロー導入




ナタリー・トロさん画像




トロボー、コルトン・シャルルマーニュ‘17(辛口白)

税別¥28000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
他のトロボー(どれでもOK)を最低1本以上ご注文お願い致します。
お一人様1本までとさせていただきます。

スペクテーター94点(2021~2032年)

バーガウンド・コム 92点

VINOUS 91~93点





トロボー、ブルゴーニュ・ブラン‘17(辛口白)

特価・税別¥5000

<売り切れ>超限定品!

※割り当てわずか6本のみ、、、

VINOUS 87~89点




トロボー、ブルゴーニュ・ルージュ‘17

税別¥3400

<あと5本>絶対おすすめ!

※お一人様1本までとさせていただきます。

バーガウンド・コム 87点

VINOUS 85~87点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

31本完売。~※再入荷不可能!

「2019.7月上旬に飲みました。他の生産者と比べてあまり値上がりしない優良かつ良心的な生産者。’06から村名ショレ・レ・ボーヌの一部を格下げしてブレンドしていることで両方の銘柄の品質をさらに高めている。縁が紫がかったとても明るいルビー色。バラ、中国茶、熟成香ではない森、ダージリン、酸化ではないヨード、胡椒、ミニトマトなどのまだ少し閉じ気味でも複雑なよい香り。色の印象よりも味はしっかりしており、やさしいようでいて意外に骨格とグリップ、重心の低さがあり、ややクラシックなよいワイン。飲み頃NOW~で少し熟成も可能。食事なしで飲み続ける場合のみアフターに少し残るタンニンが少し固さを感じさせると思われる。鼻に抜ける茶葉の風味が心地よい。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちないどころか少しうまみ増した。抜栓の3日後も非常においしい。まったく飽きの来ない味わいで、紅茶や中国茶の愛好家の方にもおすすめできそう」

アルコール13.5%




トロボー、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ‘17

税別¥8500

<あと12本>限定品!

バーガウンド・コム 91点

VINOUS 89~91点





トロボー、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ラヴィエール‘17

税別¥6200

<あと10本>限定品!

VINOUS 88~90点

バーガウンド・コム 91点





トロボー、コルトン‘17

税別¥17000

<あと12本>超限定品!

VINOUS 89~91点

バーガウンド・コム 92点





トロボー、コルトン・ブレサンド‘17

税別¥17500

<あと12本>超限定品!

VINOUS 91~93点

バーガウンド・コム 93点!


まだ評価が出そろっていません


 


9/2(月)アップ~蔵出しドメーヌ・レリス・マジエール’16

黒蜜風味のよく凝縮したフルーツ感!特に出来のよい’16!



 



ドメーヌ・レリス・マジエール、コトーデュランドック・ルージュ・キュヴェ・レギュイエ’16

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1600

<あと42本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

22本以上完売。~※’16は再入荷不可能!

「2018.5月下旬に試飲しました。コルクだけもうちょっとよいもの使ってほしい、、、抜栓直後のみごくわずかに還元あるが、本当にすぐ抜ける。凝縮したブラックベリー、ガリグ、黒糖、黒蜜、甘苦系スパイス、革、土などのよい香り。果実味とエキスが凝縮して、やや重いが同時にジューシーさもあり余韻が長い。このワインは昔から手ごろなのに何故か?少し心に響く要素がある。明らかに価格以上の品質 ※なお’17も飲みましたが、’16の方が遥かにおいしかったので’16を買えるだけ買いました!」

アルコール%




ドメーヌ・レリス・マジエール、コトーデュランドック・ルージュ・キュヴェ・レギュイエ’10

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1450

<売り切れ>

大当たり年!

※’10は再入荷不可能!




ドメーヌ・レリス・マジエール、コトーデュランドック・ルージュ・キュヴェ・レギュイエ’11

(ランドックルーション・辛口赤)


特価・税別¥1450

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

運よく少しだけ再入荷できました!

「2014.5月末に飲みました。この価格帯としてはものすごいお買い得感で、ただ濃いだけではなくバランスもアフターもよい(長くはないが雑味がない)。その上、時間とともにどんどん変化してゆく楽しさもあります。縁が紫がかった濃いルビー色。抜栓直後はよく凝縮したブラックベリーと黒蜜、黒糖、ガリグ、甘苦系を含む数種類のスパイスなどの香り。果実味豊かで、コクとタンニンもあり、意外に雑味のないアフター。抜栓の3日後までほとんど落ちない」

アルコール13%

DOMAINE LEYRIS MAZIERE CUVEE L'AIGUIER COTEAUX DU LANGUEDOC

コートデュローヌよりの冷涼な畑

シラー主体、グルナッシュのブレンド

カリニャンも栽培しているが、ヴァン・ド・ターブルに使用される

『 ブドウ栽培には有機農法とビオディナミの概念を持ちこみ、人工酵母や補糖を一切行わず、限りなく自然に近いヴァン・ナチュール造りに励んでいます。レギュイエは4ha広がる区画名でSy50%、Gr40%、Cr10%が栽培されています。手摘み収穫されたブドウを6ヶ月樽で熟成させとても香り豊かで優しく、柔らかな仕上がりとなっています。数年の熟成も期待できる1品です。

~レリス・マジエールでは海藻をメインにした肥料を使用し、ベト病などの病気がブドウをおそった時には、通常用いられるボルドー液(石灰と硫酸銅の混合液。両成分が自然界に存在するため有機認証団体に許可されている)ではなく、野生のイラクサやトクサを水に溶かし、水溶液にして散布する。有機栽培にとことん拘る生産者の意気込みが伝わってくる。 (輸入元資料より) 』

2007年からはエコセールとABの認証を取得済み

近隣の畑で使われる化学肥料に犯される心配のない畑を所有している為、完全な有機栽培ができるとのことです


9/2(月)アップ~蔵出しドメーヌ・フィリップ・ジャノ’17再入荷

激しく価格を超えたサントネ!




※上の画像は、1級パスタン。
下の画像は、’14です。




 


正確には’16から息子カンタン・ジャノ(Domaine Quentin Jeannot)氏の代に世代交代したようです




Domaine Philippe Jeannot, Santenay Vieilles Vignes '17

ドメーヌ・フィリップ・ジャノ、サントネVV・ルージュ’17

税別¥2900

<あと24本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 90点(2021~)

すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 これを飲めば全体的に’17がハズレ年だと思い込んでしまっている方でもその考えが消し飛びます! 』

37本完売。

「2019.3月下旬に飲みました。DIAM5コルク。紫色の弱い明るいルビー色。例年よりキレのある酸とキレイな赤い実の果実で樽香も控えめ。アタックは一瞬ブルゴーニュ初心者にとっては酸っぱい酸か?と思いきや旨味を伴うほのかな甘みが同時にあり結局のところ甘酸っぱいおいしさ。決して濃くなく薄くなくいい感じに甘酸っぱさを極めているバランス(笑)あまりの心地よさに杯が進むがおいしくて飽きない酔わない。完熟ミニトマト、アセロラ、胡椒などの香り。凝縮感は’16の方が上だが、’17の方がアフターに酸が伸びてこちらの方が優れていると判断するブルゴーニュ通の方は多いでしょう。それにしても半端じゃないお買い得感!抜栓の2日後までまったく落ちない。抜栓の3日後もまだ楽しめる」

アルコール13%




Domaine Philippe Jeannot, Santenay Vieilles Vignes '16

ドメーヌ・フィリップ・ジャノ、サントネVV・ルージュ’16

税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

67本完売!ありがとうございました

「2018.9月下旬に飲みました。DIAM5コルク。ACブルゴーニュの値段で買えてしまうサントネ。よく凝縮してほのかに甘いチェリー、控えめな樽、少しスパイス、ミネラルなどのよい香り。果実味豊かで、コクがありつつバランスがよく酸とミネラルが低くない。’14を飲んだ時より少し甘いが、あくまで甘酸っぱいイメージでクドさはなく非常に杯が進む飲み頃NOW~。コクはあるが重すぎないところも好印象。自分の中ではリュシアン・ミュザールより好み。非常によく出来ておりお買い得感もかなりある。抜栓の次の日も非常においしい。香りが少し開いてキレイな赤い実の果実というイメージになった。何故いまだに無名?」

アルコール13%

’15 Wine Enthusiast 90点

バリック10-12ヶ月

海抜約400mにある単一区画

樹齢50年以上!

熟した赤系果実の豊かな香り。押しが強く荒削りなワインが多いとされるサントネだが、しなやかな果実、クリアな酸、細かなタンニンを備えた味わいは非常に女性的。余韻にかけてじわりと広がる旨みが心地よい。
(輸入元さんコメント)

’15 24本完売。

’14 24本完売。


行政区画上の県としてのコート・ドールの最南端の村となるサントネは、生産されるワインの85%が赤という、赤主体のアペラシオンである。かつての評価は今よりもはるかに高く、19世紀前半には現在の約1.5倍となる500ha近い畑からワインが造られ、ヨーロッパ各地で楽しまれていた。今日では、その栄光は忘れられがちだが、シャサーニュ・モンラッシェの丘陵から地続きの地勢や、コート・ド・ニュイに似た地層を持つサントネが、ブルゴーニュが誇るピノ・ノワールの銘醸地であることは疑いようがない。
マット・クレイマーは著書の中で、サントネはおいしい赤の産地であり、その価値は食事との相性での中ではかられるべきだと述べている。


素直な果実の風味を追求

1995年に設立されたフィリップ・ジャノは、所在地こそ近隣のサン・セルナン・デュ・プランとなるが、サントネを中心にワインを手掛けるドメーヌである。
設立者のヴァレリーとフィリップ・ジャノ夫妻は、彼らの叔父の一人が運営する醸造所で醸造家として働きつつ、ワイン造りのノウハウを学び、少しずつ畑を買い足し、独立を果たした。現在では、所有畑は10haまで広がり、2人の息子のカンタンもワイン造りに参加している。

栽培では土壌の自然なバランスを尊重し、リュット・レゾネを採用。殺虫剤などの薬剤の使用は最小限に抑え、畑の余分な雑草は除草剤ではなく草刈り機で除去する。

また、収量制限のために、全ての区画でグリーン・ハーヴェストや除葉を実施している。健全でクオリティの高いブドウを得るためには、1年365日、畑仕事は欠かせないという。

醸造面では抽出はあくまでソフトに行い、単純な濃さではなく、素直な果実の風味を追及している。畑とセラーで計2回選果した後、基本的に完全除硬したブドウをステンレスタンクで約1週間低温浸漬させ、自然酵母で10-14日間アルコール発酵。低い圧力でプレスした後、バリックで10-12ヶ月間熟成させる。

温泉地としても知られるサントネは、きらびやかな発展を遂げる前のコート・ドールの風景を思い起こさせる村ともいわれる。フィリップ・ジャノのワインはまさしく、古き良きブルゴーニュの面影を今なお残すサントネそのものの味がする。どこか素朴な雰囲気が漂う、素直なおいしさを備えた香り高いピノ・ノワールだ。彼らのサントネは、「望み通りのピノらしいサントネ」というコメントともに、初掲載のギド・アシェット2015年度版で1ツ星を獲得している。
(輸入元資料より)


9/2(月)アップ~超特価レオヴィル・バルトン’05’09

さらに蔵出し’16も!






 

 





レオヴィル・バルトン’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥15000

<あと8本>限定品!

ファインズ輸入の蔵出し正規品!
※同じ価格であと1回だけ再入荷予定ですが、輸入元が変わります。

最新パーカー95+点!(Lisa Perrotti-Brown)

ジェームス・サックリング 95~96点!

最新VINOUS 95点!(ニール・マーティン)

VINOUS 96点!(アントニオ・ガローニ)

スぺクテーター97点!!!
(Highly Recommended!、2025~2040年)

ファルスタッフ 96点!

Wine Enthusiast 96点!(Cellar Selection!)

ル・フィガロ19/20点

Le Point 17.5~18/20点

Terre de Vins 17/20点


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18~18.5/20点
Palmares! Les Vins du Medoc de L'Anee!に選ばれる!

’16は、CS86%, M14%

新樽比率約60%

レオヴィル・バルトン最新情報
畑の平均樹齢は40年ですが、なかには1953年に植えられた古い樹もあります。合植(消滅したり、ダメージを受けた樹の植え替え方法)を行っていき、栽培密度はヘクタール当たり9100本を維持しています。畑を取り巻く環境も大事な要素です。
< 2012年以来、畑の12%程がオーガニック農法で管理されており、年々、その割合は増えていっています。 >

ブドウは120人程のチームによって収穫され、完全に除梗し、何回かの選別の後、温度管理された発酵槽へ送られます。一日に2回ポンピングオーバーを行いながら、数日間、発酵を続けます。マセラシオンと発酵の後、オーク樽にて18ヵ月熟成されます。樽は基本、60%が新樽で、樽は複数の会社から購入します。発酵の間に、目減り分の補充を行い、3ヵ月毎に澱引きを行い、卵白で清澄を行います。一樽に付き、3~6個の卵白を使用します。

重要の作業のひとつ、ブレンドは例年、1月の末に行われます。テクニカル・ディレクターとコンサルタントのエリック・ボワスノ氏が各区画のワインを注意深く試飲していき、決定します。瓶詰めは6月です。




レオヴィル・バルトン’09

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥19000

<あと4本>

※再入荷すると値上がり致します!

Wine Enthusiast 98点!!!(Cellar Selection!)

最新パーカー94点!(2019~2037年、
Lisa Perrotti-Brown、2019年3月試飲)

パーカー93+点
(ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト199号)

ジェームス・サックリング 95~96点!

最新VINOUS 95点!(2019~2050年!、
ニール・マーティン、2019年3月試飲)

VINOUS 93+点
(ステファン・タンザー、2012年7月試飲)

スぺクテーター95点!
(2017~2035年、2021年度TOP 6/100位!!!)

ファルスタッフ 93点

Le Figaro : 18/20点

Le Point : 17.5/20点

Gault Millau : 17.5/20点


MVF(旧クラスマン)2014年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版18/20点

’09のデータ
77% Cabernet Sauvignon
22.5% Merlot
0.5% Cabernet Franc

Barriques neuves60%






レオヴィル・バルトン’05

(サンジュリアン・辛口赤)

超特価・税別¥17000

<あと4本>限定品!

ワイナート47号 91点

パーカー・オンライン95点(2015~2035年、ニール・マーティン)

最新パーカー94+?(2020~2065年、ワイン・アドヴォケイト176号)

最新スペクテーター96点(2015~)

最新インターナショナルワインセラー94点!

デカンター誌4つ星18.5/20点!(2012/2040)

Wine Enthusiast 96点!

ファルスタッフ 92~94点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2008年度版18/20点

MVF(旧クラスマン)2009年度版19/20グラス

クラスマン2008年度版19/20グラス

リアルワインガイド20号にて大絶賛される!

何故か?異様に入手難となっています

二度とこの価格では手に入らないでしょう!

なんとレオヴィル・ラスカーズ’05より長く熟成すると評されています!

 


9/2(月)アップ~蔵出しコルディエ’17’16

コント・ラフォンと共同で借りていた畑を買って自社畑となりました!

<5年間値上がりなし!!!>の超お買い得品!完熟フルーツの厚みコク!



 





Domaine Cordier, Macon Milly Lamartine Clos du Four '16

ドメーヌ・コルディエ、マコン・ミリー・ラマルティーヌ クロ・デュ・フォー’16

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥3300

<あと12本>

スペクテーター91点(NOW~2023年)

バーガウンド・コム 89点(Outstanding!)

Wine Enthusiast 89点

パーカー88点(2018~2024年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

VINOUS 88点(ステファン・タンザー)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点

フードル16ヶ月熟成(新樽10%以下)

これまでコント・ラフォンと共同で借りていたため、メゾンとして生産されていたが、2013年にその畑を購入し、新たにドメーヌとしてリリース。

高い標高と東向きの斜面により、ブドウはゆっくりと成熟することができる。ライムや白桃、白コショウやミネラルのノートを持つアロマ。口の中での張りつめた緊張感とフレーバーの強さは群を抜いている、マコン最高のテロワール。




ドメーヌ・コルディエ、プイィフュイッセVV’17

税別¥4100

<あと7本>

ブルゴーニュ・オージョルディー2018年5月/6月号 15/20点




ドメーヌ・コルディエ、プイィフュイッセVV’16

税別¥4100

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!!!

パーカー91点!(2018~2026年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

バーガウンド・コム 90点

VINOUS 90点
(2018~2023年、ステファン・タンザー)

スペクテーター89点(NOW~2021年)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました~※再入荷すると’17に移行致します。

「2019.4月初旬に試飲しました。値上がりがないこともあって特にお買い得感が強い!例年通りのよく凝縮して厚みと粘性のある果実味、同時に酸も低くない為バランスよく飽きない。樽こそ強くないものの昔のスタイルのムルソーがお好みの方にもおすすめできる内容で余韻も長め。黄桃、洋ナシ、樹脂、バタークリーム、蜜などのよい香りで、冷やし過ぎないほうがおいしい。オマール海老なんかはもちろん幅広く食事に合いそう」

滅多にないことに’13からずっと値上がりなし価格で頑張り中!

例年、超低収量!




ドメーヌ・コルディエ、プイィフュイッセVV’15

税別¥4100

<売り切れ>

パーカー92点!(2018~2027年、
~The palate is well balanced with crisp acidity, very harmonious in the mouth with attractive orange zest, tangerine and strawberry notes toward the finish. There is a lot going on in this multifaceted and really delicious Pouilly-Fuisse this is a superb wine.
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト232号)


インターナショナルワインセラー90点(2018~2023年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

’14から値上がりなし!

60本完売!ありがとうございました




ドメーヌ・コルディエ、プイィフュイッセVV’14

税別¥4100

<売り切れ>

最新バーガウンド・コム 91点(Issue 64)

インターナショナルワインセラー91点!(2015~2024年)

スペクテーター89点(NOW~2019年)

Wine Enthusiast 90点(Drink now, but better from 2017~)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

アルコール13%

Domaine Cordier 2014 Pouilly-Fuisse Vieilles Vignes




ドメーヌ・コルディエ、プイィフュイッセVV’13

税別¥4100

<売り切れ>限定品!

ブルゴーニュ・オージョルディー18.5/20点!!!

インターナショナルワインセラー89点(2015~2022年)

スペクテーター・オンライン88点(NOW~2021年)

Wine Enthusiast 90点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15/20点

アルコール13%

超低収量20hl/ha!!!

’12 リアルワインガイド50号にて高評価される!

熟成:350L特注バリック12ヶ月

平均樹齢60年を超えるブドウから造られるヴィエイユ・ヴィーニュ!
上品なオークの香りとリッチで粘りけを感じさせる上品な凝縮味と秀逸な余韻の長さを誇る。以前は別のキュヴェとして作られていた上質の区画のブドウをブレンドするようにしたことが このキュヴェの品質を向上させている。




オーナー&醸造責任者
Christophe Cordier

栽培方法
グイヨ仕立て。ブドウ栽培にはリュット・レゾネを採用。
畑は緑に覆われている。「機械にはそれなりの利点はあるが、ブドウにとっては人の手の方が好ましい」という信念のから、除葉はもちろん、収穫も手作業。収量は極めて低く、ブドウが最良の状態に熟成するまで収穫を遅らせる。

醸造方法
空気圧で圧搾後、木製の発酵桶もしくはステンレスタンクで自然酵母を用いてアルコール発酵。マロラクティック発酵と熟成は澱引きせずに行う。清澄はしないが、軽くフィルターを掛ける。


1930年代に創業されたコルディエ。マコネ地区の老舗であり、その牽引者としての役割は偉大である。ブルゴーニュ・ワイン専門誌『ブルゴーニュ・オジュルデュイ』で、2005年のブルゴーニュNo.1のヴィニュロンに選ばれるなど、その名は広く知られ、ラフォン、ルフレーヴを始め、近年マコネ地区に注目し生産を開始したブルゴーニュ屈指の生産者でさえも、教えを請いに彼の元を訪れる。

現在の当主、1967年生まれのクリストフ・コルディエは大変意欲的で、1995年から数多くのキュヴェに分けて販売し、マコネの細やかなテロワールを表現することに注力している。彼が手がけるワインは、ブドウが最良の状態に熟成するまで収穫を遅らせるため完熟した味わいが特徴的で、ブドウが育まれた環境を如実に物語っている。低収量のブドウから生み出されるワインは時としてコート・ド・ボーヌのグランクリュ・クラスをも凌駕する。
(輸入元資料より)


9/2(月)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・キャピタン・ガニュロ’14’17

豊潤なコクと強いミネラルを伴い長く伸びるアフター!








 




人為的介入を出来るだけ控えるアグリキュール・レゾネ
(当然農薬・化学肥料を出来るだけ使用せず、長期にわたって周辺の環境に配慮する)
を基本にビオディナミも導入中

2005年から高価で良質なコルクを採用!




DOMAINE CAPITAIN GAGNEROT,
LADOIX 1er Cru LES HAUTES MOUROTTES BLANC '17

ドメーヌ・キャピタン・ガニュロ、ラドワ・ブラン・プルミエ・クリュオート・ムーロット‘17

超特価・税別¥6400

<あと18本>





DOMAINE CAPITAIN GAGNEROT,
LADOIX 1er Cru LES HAUTES MOUROTTES BLANC '14

ドメーヌ・キャピタン・ガニュロ、ラドワ・ブラン・プルミエ・クリュオート・ムーロット‘14

超特価・税別¥6000



輸入元定価・税別¥8,000

<あと33本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

33本完売。~※’14は再入荷不可能!

「2019.3月下旬に飲みました。Ardeaseal Cork(※ブショネがなく、人工心臓に利用されている素材の人口樹脂コルク)。まだ飲み頃になっていないコルトンシャルルマーニュよりこのワインの方が遥かにおいしいというトップクラスの1級。昔からのブルゴーニュ通の皆さんは結構名前を知っていると思いますが、一般的には超無名。メディア嫌いなんですかね?中程度のイエロー。程よいナッツ、控えめな樽のバタークリーム、洋ナシ、きのこ、ミネラルなどの艶がありクラシックなよい香り。ものの20分くらいで急に香りが濃密になってきて味わいもうまみと塩味が増す。果実味豊かで豊潤、焦点ピッタリ合ったキレのある酸とミネラル、温度を上げても全然緩くならない骨格があり、長く伸びる余韻が、非常に素晴らしくあと半歩で特級クラスというかなり高い満足度があります。ラベルはありえないくらい地味ですが(笑)、味は相当おいしいですよ!抜栓の3日後まで一貫して伸びやかなアフターを堪能できます」

アルコール13.5%

ラドワ・セリニ村のコルトン・シャルルマーニュの畑に隣接している非常に優れた1級畑「オート・ムーロット」自社畑

手摘み~厳しい選果
樽発酵~新樽約10%にて約6ヶ月熟成

メゾン・ガニュロは、1802年設立のラドワ・セリニ村に本拠地を置く家族経営のドメーヌでした。 1864年、ジャン-バティストの一人娘であるマリーと、ブルゴーニュ-フランシュコンテ圏に位置するChamplitte(シャンプリット村)出身で、ネゴシアンを運営していたキャピタン・フランソワと結婚。 それを機に、ジャン-バティストと、フランソワ・キャピタンにより、メゾン・キャピタン・ガニュロが誕生しました。
(輸入元資料より)

16haもの優れた自社畑を所有!

1998年 ロジェ・キャピタン氏が引退~二人の息子パトリスとミッシェルが継ぐ
2009年 パトリスの息子ピエール・フランソワの代となり娘デルフィーヌとともにさらなる進化中


8/26(月)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・アンリ・フェレティグ’17

’17が、リアルワインガイド66号にて絶賛される!

日本ではいまだに無名な為にお安い価格設定です!






 





’17もリアルワインガイド66号にて絶賛されました!

※今回は、利幅をかなり抑えています。




ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・コンボット’17

特価・税別¥11500

<あと5本>超限定品!

※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 90~92点

平均樹齢50年!




Gilbert Et Christine Felettig(Domaine Henri Felettig), Chambolle Musigny 1er Cru Les Carrieres '17

ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・カリエール’17

特価・税別¥12500

<あと7本>超限定品!

※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 89~91点

自泥灰質土壌をもつ希少かつ特異な畑

通常の年で年間:900本程度の生産




ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・シャルム’17

特価・税別¥13000

<あと4本>超限定品!

※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 90~92点

平均樹齢40年

通常の年で年間:わずか724本程度の生産!




Gilbert Et Christine Felettig(Domaine Henri Felettig), Echezeaux '17

ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、エシェゾー’17

税別¥24000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
当然再入荷不可能です!

VINOUS 92~94点

バーガウンド・コム 89~91点


区画:Les Treux

粘土質の多い土壌






Gilbert Et Christine Felettig(Domaine Henri Felettig), Bourgogne Rouge '16

ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、ブルゴーニュ・ルージュ’16

特価・税別¥3000

<あと15本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 87~89点!(Outstanding Top Value!)

パーカー84~86点(2017~2020年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)


リアルワインガイド62号 89・89点!(今~2038年)
なんとあの素晴らしかった’15より高い評価となりました!

すでに34本完売。

「2018.7月中旬に飲みました。うっすら紫がかったやや濃いルビー色。果実の力が強く、凝縮感とエキス感、クラスを超えたコクと骨格があるが、今はまだ少しだけタニック。酸ややしっかりで’15同様果実が樽に勝っているのであと数年でよりエレガントに感じられそうな予感があります。赤い実と黒い実の果実香、サラミ、胡椒などのスパイス、バラ、熟成香ではないきのこ、木樽などの香り。抜栓の3日後までおいしいが、温度を下げ過ぎると若干タニックになる。むしろ抜栓直後の方が少し開いていたかも?」

アルコール13%




ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、ブルゴーニュ・ルージュ’15

特価・税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~89点!(Outstanding Top Value!)

パーカー85~87点(2017~2020年、ワイン・アドヴォケイト228号)

リアルワインガイド58号 87+・88点(今~2033年)

生産者自身の自信作であり、輸入元担当者さまも絶賛の1本!

「2017.6月初旬にプチ試飲しました。昔飲んだ’02の方がエレガントでバランスは良かったが、’15の方が明らかにブドウにエネルギーとポテンシャルがあるので(スタイル自体も少し違うと思う)おそらくこの銘柄過去最高レベルの出来だと思われます。抜栓後6日程度経過したものしか試飲しておりませんので、抜栓直後が逆にわからないのですが、結構強くやや固かったのではないかと思われます。とにかく香りがごくわずかに酸化して弱くなっているだけで味わいは少しも酸化や劣化がなくまだエネルギーに満ちており、酸とタンニンがきつくなく、厚みと骨格があり非常においしい。例年のエグみや渇きもなかった!数年に1度しかないレベルでよいブドウを使っている可能性があると感じました。そしてブルゴーニュ’15赤は抜栓後長持ちするケースが多いと思われます」

アルコール13%

平均樹齢30年以上

新樽約15%で約13ヶ月熟成

’15の輸入量1,200本のみ

よく熟して極めて健全で優れたブドウのみを収穫できたため、茎さえも熟していたので、一部全房発酵を導入したそうです。



100%手摘み

15年以上前から除草剤と殺虫剤不使用

上質なコルクを使用

生産量のほとんどがフランス国内で消費されているドメーヌ


『 ブルゴーニュの有力ワインガイド、「ル・グラン・ギド・デ・ヴァン・ド・フランス 2010」にて「このワイナリーをこうしてガイドに取り上げたのうはワイナリーの畑での仕事や醸造も含め、品質が明らかに目に見えるように向上していると感じたからである。もう少し繊細さが加わると、このワイナリーはシャンボル・ミュジニーの中でもトップクラスのワイナリーに値する可能性もあると言えよう」と絶賛!実際にお会いして話を聞いても、この評価と全く同様で、品質向上を目指して畑、醸造共に改善を繰り返しています。そしてそれが味わいにも表れており、今後の躍進が大きく期待できる生産者です。(輸入元資料より) 』



8/26(月)アップ~蔵出しゾラ・ワインズ’16

ついに大絶賛されました!!!

3/8(金)アップ~蔵出しゾラ・ワインズ’15

不安定感ゼロで、唯一無二の個性!





<上記画像は、北海道余市町ではなく(笑)冬のゾラ・ワインズ自社畑画像です。>
冬になると氷点下10から15にまで気温が下がりますが、何世紀にも亘ってこの地に根付いてきた自品種であることと、自根であり、まさにこの地に発現した種であるため、この地の環境に完璧に適応しており
どんなに厳しい冬も囲いなしで乗り越えることができます。
これほど標高が高く寒くても、ヴァヨツ・ゾルでは絶えず風が吹いているため、霜が深刻な被害を及ぼすことはありません。

反対に、夏は非常に暑いです。
気温は37℃にまで上がりますが、この標高になると夜はとても涼しくなり、昼間の熱を冷ましてくれます。
夏の環境にもブドウは厚い果皮を持つため、適応しています。




 


例によってスターレーン、セレシン・エステイト、キリ・ヤーニなどと同様に凄腕バイヤー大澤さんによる発掘。大澤さんが(アンフォラであっても)不安定なワインを選ぶわけがないのです!
実はブルゴーニュの有名ドメーヌ等のあいだでも1銘柄だけアンフォラ仕込みとか急速に増えております!




Zorah Wines, Karasi '16 (Armenia)

ゾラ・ワインズ、カラシイ’16

(アルメニア・辛口赤)


税別¥3600

<あと4本>

デカンター・オンライン95点!!!
(2019~2026年)

ワイン&スピリッツ誌 94点!!!
(さらにWine of the Weekに選ばれる!)






Zorah Wines, Karasi '15 (Armenia)

ゾラ・ワインズ、カラシイ’15

(アルメニア・辛口赤)


税別¥3400

<あと3本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2018.4月下旬に再度試飲しました。やはり不快な要素がなく、ナチュラルで深みのある逸品。センスと個性を感じる」



「2017.10月上旬に試飲しました。香りと味わいからアンフォラとわからないくらい不安定感や不快な酸化ゼロ。ヴァン・ナチュール・マニアの方じゃなくても普通にバランスよくおいしく楽しめます。ブルゴーニュとは違うタイプのハーブが混ざったようか赤い実の果実香主体?果実味とうまみ・ミネラルがあり、滑らかさと艶と複雑性・余韻があり、唯一無二の個性はあるが、コクがありつつ重くはなく、意外に癖のないきれいなワイン。試飲後だと高くは感じなかったですね。なので売れるか謎?ですけどチャレンジです!」

アルコール% 輸入元シールで見えない

’12 ワイン&スピリッツ誌 91点

’10 ジャンシス・ロビンソン17.5/20点!


ヴァヨツ・ゾル地方 リンド村

冬場は深い雪に覆われる山岳地帯(土壌:石灰岩質土壌)

アレニ・ノワール100%
(世界でもっとも古い数千年前から自国で栽培されてきた自根の地ブドウ)

樹齢20年

醗酵:天然酵母使用
コンクリートタンク醗酵
熟成:アンフォラ(10-12カ月)/瓶熟成:8カ月

赤果実やスパイス香。エキゾチックでソフトな赤果実を持ち乾燥したハーブも感じます。タンニンやミネラルがフィニッシュを彩り、ほのかに石墨のようなニュアンスも感じます。






アルメニア最高峰の造り手「ゾラ・ワインズ」。
アルメニアは隣国ジョージアに並びワイン誕生の地として知られる南西コーカサス地方に位置する国の一つです。ソビエト連邦崩壊後ワイン産業も復興も進み、類まれなるテロワールに目を付けた世界最高峰の醸造家であるミッシェル・ローラン氏やポール・ホブス氏、更にはアントニオ・アントニーニ氏などがアルメニアの地でワイン造りを開始しています。

この中でイタリア人醸造家のアルベルト・アントニーニ氏が手がけるワインがこのゾラ・ワインズで、3人の中で最も早くワイン造りに着手しました。ゾラ・ワインズでは何千年も前からこの地で栽培されてきた世界最古のブドウ品種の一つで、アルメニアで最も重要な固有品種「アレニ・ノワール」を中心に世界を震撼させるテロワールワインを生み出しています。ワイナリーでは、この希少なブドウ品種の特徴を余すところなく表現すべく、カラシ(アンフォラ)を使用し昔ながらの伝統的な手法と現代の技術を融合させワイン造りを行っています。
初ヴィンテージ2010年ではジャンシス・ロビンソンが17.5点を付け、更にはワインライターのエリン・マコイ氏が監修する”Bloomberg 2012”で4000を超えるワインの中から、世界TOP10ワインににランクイン。初リリースにしていきなり世界の脚光を浴びます。この年、同じくTOP10入りしたワインの中にはロマネ・コンティ2009年が含まれていた点でも、初登場から世界で注目を集めた理由がうかがえます。

その後も高評価を立て続けに獲得、マスター・オブ・ワインを始め評論家、マニアや愛好家が集まる数々のワイン会に登場。2015年にはミラノ万博開催時にフォーシーズンズホテル(ミラノ)にて催されたTOPシェフ5名による祝賀ディナーでもサービスされ、話題を集めました。

アルメニア固有品種の未来を切り開く
世界最古のワイン産地として知られるコーカサス地方南部に位置するアルメニアで、イタリア在住のアルメニア人ゾリック・ガリビアン氏によって2001年に設立。
アルメニアは周囲にロシア、グルジア、アゼルバイジャン、トルコ、イランに囲まれた小国で、1991年に旧ソビエト連邦から独立を果たした若い国です。ソビエト領時代は約70年にも及びソビエトの支配下にあり、同じくソビエト領であった隣国ジョージアはワインを、アルメニアはブランデー造りをソビエトから要求され生産を行ってきた歴史があります。また地理的環境から、周辺国の支配や弾圧が繰り返されてきた国でもあり、オスマントルコ帝国による弾圧と虐殺(19世紀末~20世紀初頭)等もあり、多くのアルメニア人が海外に避難しました。カリビアン氏によると、国内で暮らすアルメニア人の数より≪約300万人≫海外で暮らすアルメニア人の数≪約800万人≫の方がはるかに多いと言います。そしてソビエトからの独立後、海外でワイン造りに携わった人や事業で成功を納めた移民の孫や子供たちがアルメニアに戻り、新たなワイン造りをスタートさせ今日に至ります。(とは言ってもワイナリーは数少なく、高品質なテロワールワインを造る蔵は数える程も無い)。

カリビアン氏も同じくイタリアへ移民した一家の一人で、イタリアでは服飾業界で成功を納めました。そして、念願であったワイン造りを行うべく、10年以上もの間理想の畑と環境を探し続けました。当初、トスカーナでブドウ栽培を行う計画を立てていましたが、アルメニアの独立をきっかけに国に戻り、ヴァヨツ・ゾル地方リンド村の手つかずの自然とブドウ栽培に最適な環境を目の当たりにします。(高標高≪1000m以上≫、痩せた土地、水資源、北向き斜面、豊富な日照量と寒暖差、石灰岩と礫を多く含む土壌、風が吹き抜け辺り一帯に何もない自然環境等)。更に最大の魅力が、この地で代々栽培されてきたにも関わらず、ソビエト時代に放置されてしまった地ブドウ「アレニ・ノワール」の存在でした。すぐさま、アレニ・ノワールから醸造されたワインを何本も購入、試飲を繰り返しましたが、イタリア出身の彼にとってこれらワインの品質は非常に粗末な物でした。ただ、この品種が持つユニークで強烈な個性と、品種としての可能性には一切疑うものはありませんでした。そこで、イタリアを代表する醸造家である"アルベルト・アントニーニ”氏に相談を持ち掛け、この地でアルメニアの伝統と、類まれなるテロワールを伝えるべく、アルメニア固有の品種を10年以上の月日をかけて研究。地質学者も招聘し土地を徹底的に調査しました。そして、フィロキセラ被害を受けていない樹齢80年以上の地ブドウで既に山葡萄化した古木等から枝木を取り、標高1400m、手つかずの自然が残る山肌を開墾し、自根でのブドウの栽培を始めました(ブッシュバイン仕立て)。
ほぼ何もない放牧地からの開墾でしたが、大変幸運な事に国立銀行のプロジェクトとして大規模な水道工事が行われる地区に位置していたため、十分な水源も同時に確保することが出来ました。こうしてアルベルト・アントニーニ氏をコンサルタントに迎え入れ、2010年に初ヴィンテージをリリース。
2013年ヴィンテージには、標高1600m地点の、野草が生い茂る地区に放置され野生化したアレニ・ノワールの古木(推定100歳以上)から、フラグシップとなる究極のアレニ・ノワール「イェラズ」を限定でリリース。

現代的な造り手は皆ごぞってアルメニアで国際品種を用い勝負に出ますが、カリビアン氏はワイン造り発祥の地であり、古代品種が多く残るアルメニアの真の魅力である「地ブドウと伝統」に強くこだわりを持ち、地ブドウのみでワイン造りを行います。

世界のソムリエが最も崇拝するイタリア人醸造家
醸造コンサルタントには、2015年デキャンター誌で醸造家が選ぶ「世界TOP5醸造家の一人」に選ばれたイタリアの巨匠、アルベルト・アントニーニ氏が担当!
テロワールを重視した、エレガンスと品種の特性を美しくワインに描く世界屈指の醸造家がコンサルタントに付き、国際品種ではなくアルメニア独自のブドウ品種を、その特性が最も素直な形で現れるように丁寧に醸造。ワイン発祥の地アルメニアの古と今を繋ぎます。

アンティノーリ、コンチャイトロで醸造責任者
ビービー・グラーツ、ラ・クエルチェ、オー・ボン・クリマ、ポッジオ・アル・テッソーロ、ポデーレ・サン・ルイジ、ポッジョトンドなどでコンサルタント
オルミガスなど自身のワイナリーもある

古代品種、アレニ・ノワール
世界で最も古いブドウ品種の一つで、数千年前からアルメニアで栽培されてきた原産品種。(自根であることがDNA検査で証明されている)
病害に非常に強く、厚い果皮を持ち、標高1400Mに位置する畑の昼夜の気温差が20度程となるヴァヨツ・ゾルの厳しい環境からブドウを守り、独特のフレッシュな味わいを保ちます。ネッビオーロとサンジョヴェーゼを足して割ったような印象もあり、ほのかなスパイス感等、独特の風味が魅力です。

アルメニアのアンフォラ「カラシ」を使用
ワイナリーでのワイン醸造は、ブドウ本来の特性とテロワールを最大限に引き出す為、醗酵をコンクリートタンクで行います。(天然酵母)

赤ワイン(カラシイ)は、標高1400m地点の若い(元の枝木は樹齢100年以上)のアレニ・ノワールを手摘みで収穫し、除梗後コンクリートタンクで5~7日かけて醗酵。その後カラシ(アンフォラ)で1年かけて熟成させます。一部のカラシは土の中、一部は外に置かれ熟成が進みます。外に置いているカラシの熟成は土中のものよりも早く、それぞれの状態とワインの品質を見極め最終ブレンドを決定し、コンクリートタンクの中でブレンドが行われます。
最後に、フラグシップであるイェネズは前述している標高1600mの古木から収穫されたブドウを使用し醸造が行われます。

ワイン造り発祥の地

・アララート山とワイン造り
この地がワイン造りの発祥の地として知られる所以は、旧約聖書にも登場します。
現在トルコ領となっているアララート山にはノアの箱舟がたどり着いとされ、この船から降り立ったノアがブドウ栽培、ワイン造りを伝えたと・・(このアララト山の標高は5137m。カリビアン氏はこの頂上に登頂し、記念にアレニ・ノワールを一本植え、世界一標高の高いブドウ畑としてデカンタ誌でも取り上げられました。)

・アレニ洞窟の発見
2007年にはワイン業界を震撼させた世紀の大発見として、当時世界最古の醸造施設(6100年前の醸造施設-アレニ洞窟)が発見されました。宗教的な意味合いの強いワイン醸造施設ではありますが、土製の壺や圧搾機、ブドウの種等が遺跡無いで発見され、今も発掘が続いています。(残念ながら遺跡の前に食堂がある為、景観を損ねることから世界遺産登録が行う事ができないのだとか)
この歴史的大発見の前から、カリビアン氏は土地を購入しゾラ・ワインズの畑の開墾が始まっていましたが、幸運なことにこのアレニ洞窟はゾラの醸造所と畑から渓谷を挟んで丁度真向いに位置しています。
カリビアン氏はワイン試飲会にワインを出展する度に、例えばブルゴーニュの造り手と比較すると「歴史の少ないまだ若い蔵」というイメージを持たれるようで、その際には「自分たちはまだまだ歴史は少ないのだけど、お向かいさんは6000年以上の歴史があるんだよね~」とジョークを交えアルメニアの伝統を紹介するのだそうです。


 

8/24(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ブリス・マルタン’17

ナチュラルな甘旨エキスの超お買い得品!


 

 


醸造はビゾーの一番弟子の某人物が実質的にほとんどすべてやっており、
ブリス・マルタンは、栽培のプロフェッショナル




Domaine Brice Martin, Coteaux Bourguignons Rouge'17

ドメーヌ・ブリス・マルタン、コトーブルギニョン・ルージュ’17

税別¥2400

<あと7本>おすすめ!
限定品!

「2019.8月下旬に飲みました。相変わらず唯一の欠点、バッキバキに割れるロウキャップ、、、開けるときにロウの細かいカスがワインに混ざらないように気をつけてください。縁がはっきり紫がかった予想より濃いルビー色。スミレ、焼きリンゴ、少しシナモンなどの甘苦系スパイス、アメリカンチェリーなどの香り。グラスに注いでわずか10分程度でもう香りが甘くなってきて桃の香りも出てくる。ある程度凝縮してジューシー感もある果実、ちょうどよい酸、意外と多いタンニン、甘い桃のようなほのかな苦みコクの残るアフター。飲み頃NOW~。温度を上げ過ぎないほうがおいしい。ボジョレーくらいの温度がよさそう。抜栓の次の日も非常においしい。この価格で買えるブルゴーニュとしてとてもよい!抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール12%

前回ヴィンテージの時の資料です
’17からは亜硫酸無添加が成功したようです

セパージュ:ガメイ70% ピノノワール30%

区画:Les Pommereys, La Corvee Guichard (Premeaux)

熟成:バリック内で18ヶ月間




Domaine Brice Martin, Bourgogne Rouge '17

ドメーヌ・ブリス・マルタン、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税別¥3300

<あと16本>超限定品!

※お一人様3本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!




Domaine Brice Martin, Bourgogne Rouge '15

ドメーヌ・ブリス・マルタン、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
37本完売。ありがとうございました~再入荷不可能!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2018.10月下旬に飲みました。ただ一つの欠点。バッキバキになるタイプの固いロウキャップ、、、これソムリエさん達サーヴィス大変だろうなぁ。当店でも近年では毎年ドメーヌ・ビゾーはHPに載せれる数入荷出来なくて常に一瞬で消えております。実質的にもう買えないワインの仲間入りしてしまいました。半端じゃなくおいしいですが、どうにもならない。うっすら紫がかったやや濃いルビー色。予想より艶と高級感のある完熟フレッシュ・チェリー、少しスパイスなどのナチュラルなよい香り。果実味豊かで、甘旨エキス厚みがあり、あと少しで溶け込むタンニン、低くはないが丸い酸で、うまみとミネラルの残るアフター。健全でバランスのよい飲み頃NOW~。抜栓の次の日もほのかに甘味のある豊満果実。マセラシオン・カルボニックとか全房のニュアンスが感じられ、甘いバナナ香も。抜栓の3日後まで非常においしい。税別¥5800の某コートドニュイの有名銘柄と同時に飲み比べましたが、ブリス・マルタンの方が遥かにおいしかったし飲んでいて飽きなかった。たぶん市場から一瞬で消えますのでお早めに!!!」

アルコール12.5%

ピノノワール100%

区画:La Corvee Guichard (Premeaux)

熟成:バリック内で24ヶ月

<ドメーヌについて>
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュのコンブランシアン村に本拠を置く、2014年に設立された新進気鋭のドメーヌ。当主はBrice Martin/ブリス・マルタン氏。
現在わずか0.4haを耕作中。
ボーヌの醸造学校で栽培・醸造学の学士及び上級資格を取得。 Maison Bertrand AmboriseとChateau de Chassagne Montrachetで研修を行い、ポマールのMaison Bzrezinskiとニュイ・サン・ジョルジュのDomaine Jean Marc Millotに勤め、特に後者では12年間勤務。

<栽培と醸造>
栽培は初年度の2014年からビオロジックでの栽培を採用。土中微生物の保全を栽培における優先事項と考えており、土を踏み固めないよう重量のあるトラクターなどを使用しないようにしている。農作業は時間がかかろうとも 手作業で丁寧に行うこととしており、これにより病虫害に対して予防的な対処を可能にし、ブドウは数値的な熟度を得られるだけでなく、特にフェノールに代表されるような官能面での熟度も得られることを可能としている。ワインに対しては、醸造段階、とりわけ熟成段階において可能な限り人為的な介在をを行わないようにしている。収穫されたブドウには除梗を行われず、全房のまま醗酵。自然酵母のみを使用し、228Lのバリックで醗酵・熟成。

化学薬品は一切不使用。醸造中に極少量のSO2を添加。無清澄・無濾過で瓶詰め。なお2017 年より、一部のキュヴェでSO2無添加で醸造を行っている。
(輸入元資料より)


9/8(日)アップ~蔵出しピエール・イヴ・コラン’17コルトン・シャルルマーニュ

蔵出しピエール・イヴ・コラン’16アベイ・ド・モルジョ

8/24(土)アップ~蔵出しピエール・イヴ・コラン’17


蔵出しピエール・イヴ・コラン’10バタール

バーガウンド・コムなどで大絶賛されました!

べタンヌ&ドゥソーヴ2018年度版からついに4つ星生産者に昇格!!!






 

他のブルゴーニュ・グランクリュ白はこちら




近年、ますます評価が高まっております
評価が上がっているのには理由があり、味わいにはっきりと表れています!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版から
ついに4つ星生産者に昇格!!!


MVF(旧クラスマン)2015年度版から2つ星生産者に昇格!!!

MVF(旧クラスマン)2014年度版から1つ星生産者に昇格!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版3つ星生産者に昇格!




※左:ピエール・イヴ・コラン氏、
右:キャロリーヌ・モレ女史
(ドメーヌ・ジャン・マルク・モレの娘で、ピエール・イヴ・コランの奥様)


『 サントーバンの銘醸家、マルク・コランの長男であるピエール・イヴは、ジャン・マルク・モレイの娘、カロリーヌと結婚。2001年にシャサーニュ・モンラッシェの教会脇に地下セラー付きの邸宅を購入してマイクロネゴスを始めた後、2005年に両家の畑の一部を相続しドメーヌを創設した。

所有畑の面積は6haほどで、今でもドメーヌとネゴスを兼業している。双方の比率はほぼ2対1。ドメーヌのワインはサントーバンとシャサーニュ・モンラッシェが中心となり、ネゴスものはムルソーやピュリニー・モンラッシェなど。ネゴスもののブドウもドメーヌのスタッフが収穫と選別から行うという徹底ぶりだ。

ブドウ畑では父や兄弟と働いていた時代から化学合成物質を使わない、事実上のビオロジック栽培を実践。

ワイン造りにも一家言あり、バトナージュを用いない。
これは1990年代後半から2000年代の初めのブルゴーニュ白に多く見られるプレマチュア・オキシデーション(熟成前酸化)を避けるためである。昨今のブドウは完熟しているので、バトナージュでグラを引き出さずとも、十分にリッチさが得られるとピエール・イヴは考えている。

また、このドメーヌでは228リットルのブルゴーニュ樽よりひと回り大きな350リットルの樽をおもに使用。微量酸素による熟成が小樽よりも理想的に進み、ピュアでフィネスの感じられるワインとなる。

2007年以降、コルクには蝋封が施され、瓶詰め後の酸化のリスクも最小限に抑えている。したがって、リリース直後のワインは多少還元的で硬いことが多いものの、カラフに移すなどエアレーションを行うことにより、香りを開かせることは容易だ。

完熟したブドウのおかげでワインは自然な豊かさをもち、テロワールからもたらされるミネラル感とのバランスがうまくとれている。ドメーヌものとネゴスものの品質差がまったく感じられないのも特筆すべきことだろう。 (輸入元最新資料より) 』



2016年1月に現当主ピエール・イヴ・コランさんにお会いできました~!

知的で誠実な方という印象を持ちました。
’08’09の頃より明らかに樽が弱くなり造りが還元香的になり、酸とミネラルの量、そして緊張感が増した。結構長く熟成しそうなイメージで、ざっくり言えばユベール・ラミーに近くなってきたイメージ。
数年前よりミネラルが強くなったように感じましたと伝えると、ビオロジック~ビオディナミの成果だろうと言っていました。
前から気になっていたレミリーとシャトニエールの違いも思い切ってご本人に直接聞きましたが、レミリーが白い石灰質主体のミネラリーな畑で、シャトニエールの方が筋肉質な個性となるというのが基本で、ごくまれに年と作柄によって逆転する場合もあるとのことでした。雷の多い時は何故か酸度が下がる?そうです。




Pierre-Yves COLIN-MOREY, Corton-Charlemagne '17

ピエール・イヴ・コラン・モレ、コルトン・シャルルマーニュ’17

税別¥25000

<あと12本>超限定品!
当然再入荷不可能!

※すべての値引き対象外となります。

スペクテーター97点!!!(2021~2030年)
※ちなみにバタール・モンラッシェ’17 95点よりも高い評価を得ました!

デカンター・オンライン96点!!!(ティム・アトキン)

パーカー93~95点(William Kelley)

VINOUS 92~94点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 92~94点






Pierre-Yves COLIN-MOREY, Bourgogne Blanc '17

ピエール・イヴ・コラン・モレ、ブルゴーニュ・ブラン’17

税別¥3200

<あと6本>

パーカー86~88点(William Kelley)





Pierre-Yves COLIN-MOREY, Chassagne-Montrachet Les Ancegnieres Blanc '17

ピエール・イヴ・コラン・モレ、シャサーニュモンラッシェ・レ・ザンセニエール・ブラン’17

税別¥8400

<あと5本>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン95点!!!(ティム・アトキン)

パーカー90~92点(William Kelley)

VINOUS 90~92点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 87~89?点


※あと1回だけ再入荷が決まっています。

「2019.8月下旬に飲みました。うっすら緑がかった予想より少し明るいイエロー。ナッツ、焼き栗、洋ナシ、パイナップル、上品なバタークリーム、はちみつトーストなどの香り。抜栓直後は少し固く、酸もキレがある。冷やし過ぎた今の抜栓直後だと酸っぱいバランスになってしまうかもしれないのでセラー温度がベストだと思われ、時間とともに香りがわずかに甘くなり味わいがバランスよく透明感が前に出てくる。昔のピエール・イヴ・コランしか飲んだことがない方にとっては劇的に変化したように思われるであろう、美しい酸と樽の弱さとアフターの伸びと強烈な塩ミネラル。香りに樽はあるが、味わいの樽はすでによく溶け込んでおり、時間とともにいかにもビオの味というドメーヌ・ルフレーヴのビアンヴィニュ・バタールを連想させるピュアな酸の質を堪能できる。抜栓の2日後までわずかに向上し続ける。当店社長も絶賛の1本!抜栓の3日後も非常においしい。抜栓の次の日以降から樽香がほぼ消えて、樽味がゼロになったことでよりピュアさと美しさが増した。シャサーニュというよりピュリニーのイメージ。世界中で今最も人気のある白ワイン生産者の一人というのがうなずける素晴らしさ」

アルコール13%

なんと樹齢80年!!!
バタール・モンラッシェのすぐ下にある村名の単一畑、
ちなみに隣はトマ・モレなども所有する1級ヴィド・ブルス





ピエール・イヴ・コラン’16は大成功!!!
’15より酸とミネラルが強く、ほとんどの銘柄が固くなくすぐに楽しめる上に骨格が緩くなく温度を上げてもまったくダレない。
明らかに昔よりも自社畑と買いブドウ(ラベル上見分けつきませんが、、、)の品質差がほぼなくなり、
なにより質感が向上して、樽の溶け込み方とアフターのミネラルが凄い!本当の意味で超一流の域に入っております。



Pierre-Yves COLIN-MOREY, Chassagne-Montrachet 1er Abbaye de Morgeot Blanc '16

ピエール・イヴ・コラン・モレ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・アベイ・ド・モルジョ・ブラン’16

税別¥14500

<あと14本>絶対おすすめ!

パーカー87~89点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト237号)

VINOUS 90~92点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 90~92点


MVF(旧クラスマン)2019年度版16.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

34本完売!!!

「2019.5月下旬に飲みました。今適温で飲む限りどう考えてもワイン・アドヴォケイト評価は低すぎます。果実のエネルギー、かなりの粘性と厚みがありつつも酸とミネラル(特にミネラルですが)が低くなく説得力のある複雑な味わいです。縦には伸びないが余韻の持続性がある。常温でもおいしく全くダレないバランス。思い切って温度を上げれば飲み頃NOW~。飲み始めて1時間くらいでさらに向上。10年前より驚くほど樽が溶け込んでいて渇きとエグみがアフターの最後まで皆無!かつ極端に還元的な方向性でもなく、すでに艶と滑らかさがあり無駄に固く尖っていなくて、意外に肩の力が抜けたナチュラル感がありつつも深く凝縮して飲み頃の入り口に入った4万円のバタール・モンラッシェ的な味わい。なのでサントーバン1級レミリーとは明らかに方向性が違います。ここ数年でさらに進化したのか?さすがブルゴーニュの一流ドメーヌ達が自分の家でよく飲んでいるらしいピエール・イヴ・コラン・モレ!」

アルコール13%
ロウキャップ

’15 スペクテーター95点!




Pierre-Yves COLIN-MOREY, Saint-Aubin 1er Cru Cuvee Marguerite Blanc '16

ピエール・イヴ・コラン・モレ、サントーバンプルミエクリュ・キュヴェ・マルグリット・ブラン’16

税別¥6500

<あと2本>おすすめ!

パーカー89+点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト237号)

VINOUS 86~88点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 89点


「2019.6月中旬に飲みました。高品質だが今は少し還元香的で酸がキレキレで固い。明らかに上記モルジョ’16の方が開いており滑らか。ミネラルもキレキレではっきりした塩味とともに縦伸びも感じられる。ユベール・ラミーよりさらにキレがある’17のような’16。醸造中もほとんどバトナージュしていない?というくらいの味。ただし当店の都合上、届いた日に開けたためか?今はナッツとごませんべいの樽香が少し浮いているが、味わい部分の樽はほぼ溶け込んでおり、骨格があり、苦みは少ない。白い花とミネラルの香り主体から抜栓の20分後くらいからほんのり甘いパイナップルとオイリーなオレンジの香り出てくる。冷やし過ぎないほうがおいしい。冷やし過ぎると酸が強すぎるバランスに感じられる方も多いかも?抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%
ロウキャップ

『マルグリット』 = ピエール・イヴの祖母の名前。
2016年の収穫の少なかった1級ワイン、クレオ、コンブ、ペリエールをアッサンブラージュしたものなので当然毎年造られる銘柄ではなく
(本来この価格設定ではドメーヌの利益が大変だろうなぁ)、
ドメーヌを盛り立てた祖母にちなんで、このキュヴェ名を付けた。
大変厚い果実味。酸もしっかりしておりバランスを取る。複雑味を強く感じ、パワフルなボディ。ミネラル味が複雑味の存在を押し出している。

a blend of Les Combes, En Creots and Les Perrieres







 

 

 

圧倒的な果実味、でもバランスよいところが素晴らしい

ワインスペクテーターが選ぶ“フランス・ワインの明日を担う若いリーダー達”に選ばれ、大絶賛されている!

マルク・コランで一番中心となって活躍している息子が、始めたばかりのドメーヌ&ネゴシアン(※ラベル表記に違いはない)

父マルクから受け継いだ6ヘクタールの畑+全生産量の3割ほどとなる買い入れブドウ

奥さんはジャン・マルク・モレの一人娘で、ゆくゆくはジャン=マルク・モレの地所も手中に収めることになる

高級感漂う、重量級ボトルです!

基本的に軽い焼きの新樽100%樽発酵&樽熟成、無濾過、無清澄

決まった栽培農家からしかブドウを買い付けず、栽培はほとんどビオディナミと同じ耕作がなされている


8/24(土)アップ~蔵出しドラモット’08もう最後の再入荷!!!

なんとすでにリリース直後よりもかなりおいしく変化しました!もう飲めます!

常に自宅の冷蔵庫に入れておきたい何度飲んでも飽きないタイプ!

 







 

 





ドラモット、シャンパーニュ・グランクリュ・ブランドブラン・ブリュット’08

税別¥10000

<あと60本>絶対おすすめ!

<※期間限定!>この商品2本以上お買い上げにて
沖縄以外日本全国1箱までドライ便無料!


限定品!70本完売!!!
輸入元在庫’08もう完売してしまいました!
再入荷すると’12に移行致します。

最新パーカー95点!!!
(2020~2040年、William Kelley、
ワイン・アドヴォケイト244号、2019年8月試飲)


パーカー93点!(Stephan Reinhardt、2020~2035年)

ワイン&スピリッツ誌 93点!

Wine Enthusiast 93点!(2020~)

VINOUS 93点!(2018~2033年)

スペクテーター92点(NOW~2028年)

バーガウンド・コム 90点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2019.5月中旬に飲みました。例年では考えられないことですが、リリースからまだ1年経っていないのに(前回試飲時から7ヶ月しか経過していないのに)ビックリするくらいおいしく向上して温度を上げればもう飲み頃と言える状態に入っていました!いつもはリリースから2年以上かかるイメージだったのですが、毎ヴィンテージ飲んでるトッププロの方でもこれは意外だったのではないでしょうか?キレのあった酸が艶やかなうまみエキスのコクになっていて、なんとも複雑な舌触り。非常に調和が取れて長い余韻。2時間ゆっくり飲み続けても全く飲み飽きない凄い内容です。この価格が安すぎると感じられるくらい高品質で意外なことに’08は今こんなにもおいしいなら無理に長く寝かせなくてもいいかも?と思ってしまいますね」



「2018.10月中旬に試飲しました。予想通り果実も酸も骨格もある素晴らしい出来ですが、その分今はまだ少し固い。温度を上げればすでに結構おいしく飲めはしますが3~4年後に化けそうな予感あり」

まだ評価が出そろってませんが、間違いなく各メディア大絶賛となるでしょう!

シャルドネの当たり年!

グランクリュ100%のシャルドネ100%

例年、強く上質な酸味によりキレがあり、残糖少なく、想像以上に長く熟成可能です!

 





8/24(土)アップ~蔵出しヴィエ・ディ・ロマンス’16

キレイで涼し気、複雑な味わいの成功年!










’16は、オーナーのジャン・フランコ氏自身曰く、自身が作った年の中でも、素晴らしい年の1つ!!!




Vie di Romans Chardonnay '16

ヴィエ・ディ・ロマンス、ヴィエ・ディ・ロマンス・シャルドネ’16

(北イタリア・フリウリヴェネツィア・辛口白)


税別¥4700

<売り切れ>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
’16は、再入荷不可能!

パーカー95点!!!(2019~2028年
~just slightly ripe and absolutely beautiful.)

スペクテーター91点(NOW~2023年)


「2018.7月上旬に試飲しました。冷涼感とミネラルがあり、抜栓直後の低い温度は固いが、抜栓後時間が経って常温に近い温度まで上がってくると圧倒的に複雑なトロみが出て驚きます!酸もミネラルも低くなく、気品・骨格・バランス・余韻があるので、もっと高額な高級ブルゴーニュのような味!」

フリウリ・イソンツォD.O.C.

砂利や小石を含む赤みがかった粘土質土壌

醗酵:3分の2をステンレス・タンク、3分の1をバリックにてアルコール醗酵。低温マセラシオン8℃、醗酵温度16-19℃、醗酵期間 20日間   熟成:オーク樽熟成 9カ月(新樽比率20% 50%が225L、残り50%が228L、澱とともに)/瓶熟成 8カ月以上

バニラ、バターのようなアロマに完熟フルーツの香り。芳醇な果実味と上品な酸のバランスが素晴らしく高いレベルで共存している。

’15 Wine Enthusiast 91点

’15 VINOUS 90+点





Vie di Romans, Piere Sauvignon '16

ヴィエ・ディ・ロマンス、ピエーレ・ソーヴィニヨン’16

(北イタリア・フリウリヴェネツィア・辛口白)


特価・税別¥4200

<あと6本>絶対おすすめ!

パーカー94点!(2019~2026年)

スペクテーター90点(NOW~2021年)

ファルスタッフ 91+点

ガンベロロッソ2019年度版 トレヴィッキエーリ!


リアルワインガイド66号 90・90+点(今~2035年)

「2018.7月上旬に試飲しました。こちらは上記シャルドネ’16ほどは、温度を上げ過ぎないほうがおいしい。基本的にはソーヴィニヨンは樽がない方が好きなので、同時に飲み比べる機会をいただいた上級品のヴィエリス・ソーヴィニヨン’16よりもこちらを買いました。酸がキレイでバランスもよい年なのでしょうが、果実味と厚みもありやはり上質。みずみずしく複雑で伸びやかさもある」

醗酵:ステンレスタンクにてアルコール醗酵。低温マセラシオン8℃、醗酵温度16-19℃、醗酵期間 16日間
熟成:ステンレスタンク熟成 8カ月(澱とともに)/瓶熟成 10カ月以上

’15 Wine Enthusiast 91点

’15 VINOUS 90+点





9/15(日)アップ~蔵出しシャントレーヴ’17ラドワ再入荷

8/11(日)アップ~蔵出しシャントレーヴ’17

驚きの絶品オートコート・ボーヌ!!!

ついにウォール・ストリート・ジャーナルやVINOUSなどでも高評価されました~!

着実な進化&今時珍しいくらいお買い得で上質な味わいをぜひ堪能してください!

初ヴィンテージからいきなりすべての銘柄が上質!話題の新ネゴシアン

リアルワインガイド66号、58号、54号、50号、46号、42号、38号にて高評価される!








↑ラベルデザイン変更









 


こことベルトラン・アンブロワーズの値上がりなし具合には
本当に頭が下がりますね!
ともにすでに地位と名声を確立していると思うのですが、素晴らしいことです!





2015.12.7(月)
ご来店いただきましてやっとお会いできました~!
想像していた通りの素敵な方でした。
聡明で誠実である同時に情熱とたくましさも感じ、頼もしい。
輸入元のラック・コーポレーションさんには、感謝の気持ちしかありません。
シャントレーヴさんに対する気持ちが強過ぎで若干舞い上がってしまいました(笑)T氏をはじめとするシャントレーヴ愛のある当店のお客様皆さまのおかげです!決して自分の力ではありません。心から感謝申し上げます。

『 今回は一緒に来れなかったけれどもギョーム・ボットさんと二人でシャントレーヴである 』ということを繰り返し話しておられまして、ギョームさんともお話ししたかったですね。話せば話すほど、おこがましいですがワインの好みが自分とあまりにも似ていて、好きなドメーヌがほぼ栗山さんとギョームさんの友人だったり栽培か醸造で関わったことのある生産者だという(昔はそれほど好みじゃなかったけど最近、造りが変わって好みになったという生産者まで結構一致していました)。なので、シャントレーヴさんが造るワイン基本的には自分たちが飲みたいワインを造るということですので、目指している方向性は僕の好みと一致して当然かもなんて思ってしまいました。

ヴォルネイ・シュール・ロシュ’11を一緒に飲めてよかった。当時はもっといいものが造れたのではないかと実はわずかな後悔もあったそうですが、僕にとってはお世辞抜きで難しい年に素晴らしいワインを造り上げた代表例として大切なワインであり、今さらに熟成してリリース直後よりさらにおいしくなった姿を栗山さんに試していただけたので、それで安心してくださいました。このように造り手側の予測すら上回る良い熟成がたまにあるのです。今後、絶対に目を離せない生産者です。品質に納得できる限りは(’10から僕的に納得できないワインが1つもがないので、すでにその心配すらないくらい信頼できますが)ずっと応援していきたいですね!




2015.12.1(火)最新情報

2013年から(※訂正 本格的には’15から)赤ワインはほぼすべて全房発酵に移行。同時にSO2量も減らしているのでリスクが高い中、さすがの実力で素晴らしいワインが出来ました!

白ではオークセイデュレスを亜硫酸無添加で発酵。

『 よりピュアで透明感のあるワインを造っていければな、と思っています。自然派を目指すことが目的ではなく、より表現力のあるピュアなものができれば、という意識でやっています。 (栗山さんご本人談) 』






※’12から
SARL CHANTERIVES(シャントリーヴ)から SARL CHANTEREVES (シャントレーヴ)に名前が変更となります。似た名前の某生産者から抗議があったもようです



ラック・コーポレーション輸入の限定品!


ブルゴーニュ初のなでしこ醸造家!

CHANTERIVES は、ドイツのラインガウはアルテンキルヒ醸造所で4年間(2011年まで醸造責任者)、リースリングとシュペート・ブルグンダーの栽培と醸造を手がけてきた栗山朋子とサヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ・シモン・ビーズ(エティエンヌ・ソゼで働いたのち、2002年からパトリック・ビーズ氏の右腕として今も活躍している ※少なくとも2014年までは白ワインの醸造責任者のまま。)でシャルドネとピノ・ノワールの醸造を手がけるギヨーム・ボットが、ブルゴーニュにて設立したネゴシアンです。


※買いブドウですので、ワイン名が同じでもヴィンテージによって畑の場所が違う場合があります。基本的にいつも還元香のないキレイなバランスで酸とミネラルが上質、樽はとても控えめ

’10 リアルワインガイド38号にて高評価される!ジャシス・ロビンソン女史に高評価される!

’11 リアルワインガイド42号にて高評価される!

’12 リアルワインガイド46号にて高評価される!

’12は生産量約35%減、、、

’13 リアルワインガイド50号にて高評価される!

’14 リアルワインガイド54号にて絶賛される!

’15 リアルワインガイド58号にて絶賛される!

4年連続で上質だったので、やはり間違いなく実力あります!
価格もまだ良心的なので、ぜひお試しください
(’13’14’15は特にお安く設定してくれた気がする!)


2015.6月時点での’13は抜栓直後よりも、約1時間後、さらに抜栓の次の日と抜栓後にどんどんおいしくなっていくものが多いです。3種類以上試して全部そうでした



’17もサンロマン・ブラン、ムルソー、ラントリュ・ブラン、モンテリー・ルージュ、ポマールの生産なし
ブドウを買うときのポイウントは、まず畑まで何度も出向き、その仕事ぶりを見ること。
自分たちの目が完璧に行き届く範囲に規模を留めること。価格的に15~20%ものプライムのつくビオの畑を優先して回っているそうです。
赤は全房発酵100%で亜硫酸極小。若いうちから楽しめながら、熟成のポテンシャルも高いです。

良い仕事しかしない方達なので当然ですが、’17も自信作とのことです!


’17 リアルワインガイド66号にて絶賛されました!




シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’17(辛口白)

税別¥2700

<あと8本>限定品!

VINOUS 87~88点




Chantereves, Bourgogne Aligote Les Chagniots '17

シャントレーヴ、ブルゴーニュ・アリゴテ・レ・シャニョ’17(辛口白)

税別¥3100

<あと5本>
超限定品!

※お一人様2本までとさせていただきます。

VINOUS 89~91点!

「2019.8月中旬に飲みました。DIAM10コルク。キレのある酸で縦に伸びるアフター。かなり強いうまみ塩ミネラルが残る。アタックよりもアフターにインパクトのあるワインで、冷やし過ぎないほうがおいしい。今でもおいしく飲めるが、おそらく2~3年寝かせて化けた後のイメージをもって造っているのだろうという気がする。なので酸化が進みにくいと思われるDIAM10を採用したのでしょう。リンゴ、シトラス、ミネラル、ハーブ、ごま、白い花、柑橘類の皮などの香り。緩みのない骨格で熟成のポテンシャルありそう。高品質アリゴテ再評価の新旗手として頑張って欲しい!抜栓の6日後までおいしい」

アルコール12%

初入荷の新銘柄!

ラドワに位置する畑

シャントレーヴさん2018年(だと思う)についに樹齢100年以上のアリゴテ畑4アール購入(’18からドメーヌ開始!!!)
なのでこの’17時点ではまだドメーヌ自社畑を名乗れないが、これから主力となる大切な決して侮れないアリゴテ!
わけても魚介のお料理に合うとのことです。




シャントレーヴ、マルサネ・ブラン’17(辛口白)

税別¥3800

<あと7本>限定品!

VINOUS 88~90点




シャントレーヴ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ブラン’17(辛口白)

税別¥9000

<あと11本>限定品!

VINOUS 90~92点

1級畑モルジョは、だれが造っても厚みがある重い粘土質的な粘性のある味わいになるのですが、
骨格がありながらも、そこにいつも酸・バランス・品格を持たせるさすがの仕上がり!





シャントレーヴ、ラントリュ・ルージュ’17

税別¥2500

<あと10本>絶対おすすめ!
26本完売。限定品!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.8月上旬に飲みました。DIAM3コルク。亜硫酸少ない香りと味わいながら安定して上質な危うくないバランス感がさすが。一般的には’16の方が果実の凝縮があると思いますが今このワインを飲むとリリース直後の’16を飲んだ時よりも果実味とうまみエキス感に厚みがあると感じた。ジューシー感がありつつも涼しげで酸とミネラルが上質な点は変わらない。キメ細かなタンニンのコクもあり、ほのかな苦みと混ざり合ってとてもおいしい。少し熟成も可能な味。低めの温度が一番おいしいと思う。うっすらガリグ、赤い実の果実、スミレ、焼きリンゴ、癖のないスパイスなどのピュアな香り。抜栓の次の日も非常においしい。昨日書き忘れましたが、やはり微々発泡あり心地よい。昨日より黒い実ベリー類の果実香が前に出たがそれでも決して重くなく、ジューシーなフルーツ感が豊か。非常に杯が進む。抜栓の3日後まで非常においしい。うっすら甘い桃とパイナップルの風味が前に出てきて白ワイン要素少しありとても心地よい。シラーに濃いとか重いとか先入観を持たないほうがより楽しめるというよい例にもなるでしょう」

アルコール13%

認証あり有機栽培

’17も、VALREAS = ヴォークリューズ県付近のコートデュローヌ・ヴィラージュ
ヴィサンやヴァンソーブルの隣
ブルゴーニュに蔵があるので名乗れないだけ。実質中身のブドウの価格がヴァントゥーよりも高いのでは?と思ってしまいます。

海抜400m強の高地で石灰土壌

<繊細、エレガント、ミネラリーで重くないキレイな酸、温度を上げ過ぎないほうが良い>は共通

丁寧に手摘みし徹底的に選果したあと、
全房ごと発酵タンクに入られ、 SO2無添加(瓶詰時も無添加)で醸造されます。
セミ・マセラシオン・カルボニックの手法を取り入れています。




シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ルージュ’17 マグナム・1500ml

税別¥5900

<あと6本>限定品!



シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ルージュ’17 750ml

税別¥2700

<あと4本>限定品!

VINOUS 88点!




シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ルージュ’14 750ml

税別¥2800

<あと9本>絶対おすすめ!

※すでに再入荷不可能!

「2017.9月下旬に試飲しました。」



「2016.9月上旬に飲みました。」

とても嬉しいことに昔より生産量を増やしてくれました!
マランジュ脇の畑とオートコート・ボーヌの格下げブドウを使用

※この銘柄のみバック・ヴィンテージ再輸入もの
3年以上経ってかなりおいしくなっていることでしょう!




シャントレーヴ、オートコート・ド・ボーヌ・ルージュ’17 750ml

税別¥3800

<あと9本>限定品!

VINOUS 88~90点!




Chantereves, Ladoix Les Bricottes Rouge '17

シャントレーヴ、ラドワ・レ・ブリコット・ルージュ’17

税別¥4200

<あと7本>
超限定品!

VINOUS 88~90点

17本完売。

「2019.8月中旬に飲みました。DIAM5コルク。自分の中では最もヴァン・ナチュールなシャントレーヴ銘柄のひとつ。酸化などのネガティヴ要素ゼロのピュア&ナチュラルでキレイな赤い実の果実香の癒し系だが、骨格は緩くない。初期のシャントレーヴしか飲んだことがない方は、全く違うワインになっていてびっくりすることでしょう。これも進化です。トップノーズも明らかに亜硫酸極小のニュアンス。甘い梅シソと桜餅、湿った土などのよい香り。うまみと癒しのある果実感、ちょうどよい酸、タンニンは多いがとてもキメ細かくストレスフリーなよい流れ方。とてもうまい。これに色気とうまみが熟成で増したら最強かも?抜栓の2日後まで非常においしい。名前やラベルばかりのヴァン・ナチュール・マニアの方ほどこれを飲んでびっくりしてほしい!」

アルコール12.5%

再入荷できることになったので本数制限無くしました

初入荷の新銘柄!
生産量と輸入量極小!

標高の高い畑で、優しいテクスチュア。



そのうちオークセ’17とヴォルネイ’17も買います!








’16 リアルワインガイド62号にて絶賛される!

’16はムルソー、モンテリー、ヴォルネイ、ポマール、マルサネ・ブランに加えて
シャサーニュ・モルジョもすべてリリースなし、、、

こんなに種類と数が減って、よくこの値上げ幅で抑えれたなという拍手を送りたいくらいです。
なかなかいないですよ、ここまで一般消費者の心情まで考えてくれる造り手さんは。

いずれリリースされる自社畑も本当に楽しみですね!



シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ルージュ’16 750ml

税別¥2700

<あと1本>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

50本完売。~※すでに再入荷不可能!



シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ルージュ’16 マグナム・1500ml

税別¥5900

<あと3本>限定品!




シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’16
(マグナム・1500ml・辛口白)


税別¥5900

<あと2本>超限定品!




シャントレーヴ、サンロマン・コンブ・バザン・ブラン’16(辛口白)

税別¥4200

<あと10本>限定品!

皆さんご存知『 Combe Bazin 』というリュー・ディ

ビオロジック、基本的にSO2無添加で発酵、醸造。




シャントレーヴ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’16
(マグナム・1500ml)


税別¥20500

<あと4本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

マグナムはいつもロウキャップ



シャントレーヴ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’16

税別¥10000

<あと11本>絶対おすすめ!
超限定品!

’16は再入荷不可能!

「2019.正月に飲みました。DIAM5コルク。縁がうっすら紫がかった濃いルビー色。結構重い可能性も覚悟していましたが、思ったよりナチュラルかつ複雑なスタイルでした。明らかに全房発酵比率高いトップノーズだが、タンニン多いものの質が極めてよく、酸も低過ぎない。それでいて果実味とエキスの厚み、深みと余韻の長さはあるというさすがのセンス!この味ならまったく高過ぎるということはない価格に感じられた。意外にも飲み頃NOW~。そういえば去年’15を飲んだお客様も当時今でも全然おいしく飲めると言っていましたね。抜栓の3日後までおいしい。一貫してずっとナチュラル深い味わい」

アルコール%


8/11(日)アップ~<※極少量!>蔵出し正規品ジャン・マリー・フーリエ’17










 



 



2011 年 40 歳を迎え、 彼のワイン造りにかける情熱と探究心は自社畑のワインにとどまらず、所有畑以外のワインを造るに至った。 それは私たちにとって、偉大なジャン・マリー氏のワインをより広く堪能できる機会を与えてくれる、素晴らしく価値のあるラインナップとなっている。

<哲学と信念を貫き、ドメーヌと同じ品質を追求>
① 頻繁に行き来ができる本拠地近隣(Gevrey Chambertin から Vosne Romanee)の畑に限定し栽培にも携わる
② 自身の手が行き届くよう、ドメーヌ部門の 20-30%の範囲に生産量を制限
③ 購入元はフィロソフィーが共感し合える元詰めを行う造り手に限定




Jean Marie Fourrier, Vosne Romanee Aux Reas V.V. '17

ジャン・マリー・フーリエ、ヴォーヌロマネ・オー・レアVV’17

税別¥13000

<あと2本>超限定品!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

パーカー88~90+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87~89点


バリック 18 ヶ月熟成(新樽 20%)




Jean Marie Fourrier, Echezeaux V.V. '17

ジャン・マリー・フーリエ、エシェゾーVV’17

税別¥40000

<あと1本>幻の超限定品!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

パーカー90~92+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 90~93点


バリック 18 ヶ月熟成(新樽 20%)




Jean Marie Fourrier, Latricieres Chambertin V.V. '17

ジャン・マリー・フーリエ、ラトリシエール・シャンベルタンVV’17

税別¥45000

<あと2本>幻の超限定品!

デカンター・オンライン97点!
(2025~2032年、ティム・アトキン)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

パーカー90~92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~93点


バリック 18 ヶ月熟成(新樽 20%)




Jean Marie Fourrier, Chambertin V.V. '17

ジャン・マリー・フーリエ、シャンベルタンVV’17

税別¥90000

<あと1本>幻の超限定品!

デカンター・オンライン97点!
(2023~2033年、ティム・アトキン)

VINOUS 94~96点!(ニール・マーティン)

パーカー90~92点(William Kelley)


バリック 18 ヶ月熟成(新樽 20%)



9/7(土)アップ~<※4本限定!>蔵出しドメーヌ・ガヌヴァ’15アンティッド

8/11(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ガヌヴァとアンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ

年に1回少量だけ買うことが出来ます!!!
































 


1650年まで歴史を遡ることができる、ジュラを代表する伝統的なドメーヌで、現在は14代目のジャン・フランソワ・ガヌヴァ氏が運営しています。1976年までは牛を飼育してコンテチーズ の生産もしていましたが、現当主の父親の代からはワイン造りのみを行うようになりました。現 当主のジャン氏は1980年から父親とともにワイン造りを始めましたが、ビオディナミを学ぶために、ブルゴーニュ地方のシャサーニュ・モンラッシェの「ドメーヌ・ジャン・マルク・モレ」で働き、ビオディナミの哲学を習得し、当「ドメーヌ・ガヌヴァ」にて1998年からビオディナミによるワイン造りをスタートさせました。
(輸入元資料より)


【白ワイン】全てマロラクティック発酵を行い、醸造中はSO2不使用。熟成樽:228L、300L、400L
【赤ワイン】100%徐梗し、熟成樽はブルゴーニュ産を使用 醸造

ワイナート85号、ワイン・アドヴォケイトなどで大絶賛される!

※全銘柄が次のヴィンテージまで再入荷不可能!!!
フランスでも日本でもなかなかラベルを見ることすらできないくらい入手難!


赤ワインの還元香だけが懸念でしたが、今回入荷分は輸入元さんで試飲時すべて問題なくバランスもよかったそうです!


ドメーヌ・ガヌヴァはデメテル、ユーロリーフあり!


LVF誌 2018年度ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!!!




この1種類だけ追加で買えました~!!!

Domaine Ganevat Cotes du Jura Blanc Antide '15

ドメーヌ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・ブラン・アンティッド’15

(フランス・ジュラ・辛口白)


税別¥12000

<あと4本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー93~94点
(2019~2025年、ワイン・アドヴォケイト234号)


MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

アルコール14%

サヴァニャン・ヴェール 100%

デメテル、ユーロリーフあり!

栽培:ビオディナミ
植樹:1933年
土壌:リアス泥土土壌
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%
熟成:古樽フードルにてウイヤージュ(補酒)を行いながら、シュールリーにて30カ月間








Domaine Ganevat, Vin Jaune 2008

ドメーヌ・ガヌヴァ、ヴァン・ジョーヌ’08

(ジュラ・辛口黄ワイン)


税別¥16500

<売り切れ>幻の超限定品!

※他のガヌヴァを最低1本以上同時にお買い求めお願い致します。
すべての値引き対象外となります。

パーカー95点!(2019~2030年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト243号)


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

【ヴァン・ジョーヌ】サヴァニャン種から造られる、ジュラ地方を代表するワインで、10年間(!)ウイエ(補酒)せずに古樽で熟成されてから出荷されます。
【品種】サヴァニャン100%
【テイスティングノート】産膜酵母(フロール)由来のナッツ、クミンなどの豊かな香りが特徴的で、個性溢れる素晴らしいキュヴェに仕上がっています。
アルコール度数:14.5%





Domaine Ganevat, Vieux Macvin du Jura (Alc17.5%)

ドメーヌ・ガヌヴァ、ヴュー・マクヴァン・デュ・ジュラNV

(ジュラ・甘口)


税別¥7200

<あと3本>超限定品!

パーカー93点(ワイン・アドヴォケイト225号)

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

【マクヴァン】発酵中にアルコールを添加することにより発酵を中断させて,糖分を残して造る、甘口のワイン「Vin de Liqueur/ヴァン・ド・リクール」です。
【品種】サヴァニャン100%
【果汁】2003年の果汁
【添加】1991年もののマール
【熟成】樽にて8年間 アルコール度数:17.5%





Domaine Ganevat, Cotes du Jura Blanc Les Gryphees Vieilles Vignes '15

ドメーヌ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・レ・グリフェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ’15

(ジュラ・辛口白)


税別¥7000

<あと9本>絶対おすすめ!
超限定品!

「2019.8月中旬に飲みました。シャントレーヴ’17新アイテム赤白とこのガヌヴァに関しては、もう開ける前からかなりすごいワインのはずだとワクワクしてました。あいみょんの新曲を待つギター女子くらいのワクワクです(笑)濃いイエロー。抜栓直後から猛烈なエネルギー感がすごくてこの銘柄ですでに偉大な雰囲気はっきり出てます。わずかに還元状態のトップノーズだがそんなことは本当に些細な事という味わいの凄まじさ!デュガ・ピィの白を思わせるような凝縮感と濃度と粘性。酸もしっかりで山のミネラルも強靭。インパクト大のエキスの塊で余韻の広がりと長さが圧倒的。クラフト・シードル的コク苦みもありつつ。抜栓の3日後までまったく落ちない。炒りゴマ、洋ナシ、ごくわずかにスモークした黄桃コンポート、はちみつに漬けた青い梅、粘性を感じさせる蜜などの香り。これはもう品質と個性を考えたら激安といってもよいかもです。抜栓の6日後でもほとんど落ちない」

【キュヴェ】シュール・リーで2年間熟成され、清澄も澱引きもせず瓶詰めされます。
【キュヴェ名】「Gryphees/グリフェ」とはフランス語で「牡蠣の殻の化石」を意味します。
【品種】シャルドネ100%
【土壌】砂質と泥炭質 【熟成】中古樽使用
アルコール度数:14.5%




Domaine Ganevat, Cotes du Jura Chardonnay Les Grands Teppes VV '15

ドメーヌ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・レ・グラン・テップ・ヴィエイユ・ヴィーニュ’15

(ジュラ・辛口白)


税別¥9000

<あと9本>超限定品!

パーカー96~97点!!!(2020~2030年、
~ This is a monumental Jura Chardonnay that should age very nicely and for a long time in bottle.
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト234号)


MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版18/20点(クー・ド・クー!!!)

’14 ワイナート85号 93点(表紙となった銘柄!)

【キュヴェ】 『レ・シャラス・ヴィエイユ・ヴィーニュ』に最も近いタイプで、より大柄でリッチで男性的
【品種】シャルドネ100%
【植樹】1919年
【土壌】赤い泥灰土と砂利質 【熟成】中古樽使用
アルコール度数:14.0%




Domaine Ganevat, Cotes du Jura Chardonnay La Cuvee du Pepe '05

ドメーヌ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・ラ・キュヴェ・デュ・ペペ’05

(ジュラ・辛口白)


税別¥16500

<あと5本>超限定品!

パーカー96+点!(~Super powerful stuff!、2019~2030年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト243号)


【キュヴェ】バックビンテージの入荷です。既に出荷している2008年は早期にピークを迎えたため先に瓶詰を行いましたが、2005年は更なる熟成が必要であったため、より長く、13年間樽熟成させました。
【品種】シャルドネ100% 【中古樽使用】 アルコール度数:14.0%




Domaine Ganevat, Cotes du Jura Chardonnay Cuvee Marguerite MAG '15

ドメーヌ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・キュヴェ・マルグリット’15

(ジュラ・辛口白・マグナム・1500ml)


税別¥16500

<あと1本>幻の超限定品!

パーカー94~95点!(2020~2030年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト234号)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版18/20点
Les Vins du Jura de L'Anee!に選ばれる!

’14 ワイナート85号 94点!

樹齢113年!自根の超古樹!!!

【キュヴェ】生産量が非常に少ないので、マグナムのみリリース
【品種】シャルドネ100% (「ムロン・ア・クー・ルージュ」という名のとても生産量の少ないシャルドネの古代品種)
【植樹】1902年  【土壌】グレー泥灰土
【熟成】中古樽使用
【テイスティングノート】圧倒的な凝縮感とエキゾチックな香りのする最も豊かでみずみずしい味わい。
アルコール度数:14.0%







Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de France Rouge "Pet Nat J'ai soif" (2017)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ペットナット・ジェソフワ(’17)

(フランス・微発泡・辛口赤)


税別¥3800

<あと5本>幻の超限定品!

【キュヴェ名】”J'ai soif."とはフランス語で 「のどがカラカラ~」の意味
【キュヴェ】ボークルーズ地区のグルナッシュで造る微発泡ワイン(ペットナット)
【品種】ボークルーズ地区のグルナッシュ100%
【醸造】瓶詰後に瓶内二次発酵を行い、デゴルジュマン(澱引き)を行わずに出荷されます。
アルコール度数:14.0%




Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de France Rouge "Le Jaja du Ben" (2017)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ル・ジャジャ・デュ・ベン(’17)

(フランス・辛口赤)


税別¥4200

<あと6本>幻の超限定品!

ABマーク、ユーロリーフあり!

【品種】①ボジョレー地区の樹齢80年のヴィエイユ・ヴィーニュのガメイ
②ジュラ産のピノ・ノワール  ③プルサール
④樹齢30~40年自社畑の10種のジュラ土着品種(プティ・べクラン、グロ・ベクラン、アンファリネ等)
【品種割合】約60%:①、②  約40%:③、④
【土壌】花崗岩、泥灰質 【醸造】トロンコニック樽にて約10か月間野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】100%
アルコール度数:【2017年】13.0%




Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de France Rouge "Le P'tiot Roukin" (2017)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ル・プチオ・ルカン(’17)

(フランス・辛口赤)


税別¥4200

<あと5本>幻の超限定品!

【品種】12品種:主にヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)のガメイ、シラー、プルサール、自社畑のジュラの土着品種(プティ・べクラン、グロ・ベクラン、アンファリネ等)
”ル・ジャジャ・デュ・ベン”とは異なる区画のブドウを使用
【醸造】セミ・マセラシオン・カルボニックをトロンコニック樽にて20日間行い、野生酵母による自然発酵
【テイスティングノート】熟したクランベリーなどの黒い果実、クレーム・ド・セリーズのようなアロマ。率直なアタックで、丸みを帯びていながら存在を主張するタンニンがあり、スパイス風味の余韻があります。
15℃程でのサーヴが好ましいでしょう。今から8年程が飲み頃です。
アルコール度数:【2017年】13.0%




Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de France Rouge "Poulprix"(2017)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・フランス・ルージュ・プルプリ(’17)

(フランス・辛口赤)


税別¥6200

<あと3本>幻の超限定品!

【品種】トゥルソー モンドゥーズ シラー
【熟成】フードルにて、約10カ月間野性酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】100%
【テイスティングノート】骨格のしっかりした、引き締まった味わいです。
アルコール度数:13.5%




Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de Table Blanc "Le sa Vient d'ou" (2017)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・ターブル・ブラン・ル・サ・ビアン・ドゥ(’17)

(フランス・辛口白)


税別¥6000

<あと2本>幻の超限定品!

【キュヴェ名】「Le sa Vient d'ou?"とは、フランス語で「どこから来たの?」という意味
【品種】サヴァニャン、ヴィオニエ、ピクプール、クレレット、グルナッシュ、リースリング
【醸造】醸造方法の異なる複数キュヴェのアッサンブラージュ(樽熟成・漬け込み醸造・産膜酵母下にて熟成したものなど)
アルコール度数:13.0%
無清澄・無濾過・SO2無添加




Anne et Jean-Francois Ganevat, Cotes du Jura blanc Chardonnay "La Barraque" '16

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・ブラン・シャルドネ・ラ・バラック’16

(フランス・辛口白)


税別¥6000

<あと5本>幻の超限定品!

ユーロリーフあり!

【品種】シャルドネ 100%
【畑】「リアス」  【土壌】泥土土壌
【ブドウ樹】ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)
【醸造】人為的介入ナシで野生酵母による醸造を行い、樽熟成2年間
アルコール度数:13.0%
無清澄・無濾過・SO2無添加




Anne et Jean-Francois Ganevat, Arbois Savagnin "Petit Curoulet" '16

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、アルヴォワ・サヴァニャン・プティ・キュルエ’16

(フランス・辛口白)


税別¥6800

<あと2本>幻の超限定品!

【品種】サヴァニャン 100%
【土壌】大粒の砂利が混ざる泥土土壌
【醸造】フードルにて2年間ウイヤージュ(補酒)をしながら野生酵母にて人為的介入ナシで醸造
アルコール度数:13.0%
無清澄・無濾過・SO2無添加


2013年に、ドメーヌ・ガヌヴァで働くジャン・フランソワ氏と、彼の妹アンヌが共同で立ち上げたネゴ シアンです。その頃ジュラ地方は、2012年は霜害、2013年は春の雨により結実が半減したことから、両年とも収量が非常に少なく極少量しかワインを造れませんでした。そこで二人はこのネゴス部門を設立し、同時にボジョレー地方の醸造家の友人から 「ブルーイ」、「フルーリー」、「モルゴン」の畑を合わせて1.5ha購入しました。 現在は自社畑の他に、サヴォワの「ドメーヌ・ジャッキーノ」、ならびに「ドメーヌ・デュ・セリエ・デ・クレ」から、ビオロジックやビオディナミで栽培されているブドウを購入しています。

地元「ジュラ」と他の産地のブドウをブレンドすることにより 『ヴァン・ド・フランス』 のカテゴリーになりますが、そのことによって自由な発想で造られるワインは、 発売と同時に本国フランスで即完売となる、ファン垂涎の人気を博しています。

【品種】土着品種に着目しています。
【栽培】ビオディナミ、もしくはビオロジックで管理されている畑のブドウのみ

自社所有ではない畑のブドウは収穫後全てブドウの状態でロタリエにあるドメーヌに運ばれます。 除梗後、野生酵母で、出来る限り干渉しない方法で発酵を促し、一部、アンフォラでの熟成も行っています。全てSO2は無添加です。
(輸入元資料より)



2019/8/11(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ガヴォティ’17’16

うまみ塩ミネラルの凝縮が素晴らしい極めて心地よい白!








 


これもソシエテ・サカグチ・セレクション!!!

現在ビオディナミに転換中




Domaine GAVOTY, Cotes de Provence Grand Classique Blanc '17

ドメーヌ・ガヴォティ、コート・ド・プロヴァンス・ブラン<グラン・クラシック>’17

(南フランス・プロヴァンス・辛口白)


税別¥2400

<あと7本>絶対おすすめ!
限定品!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2019年度版14/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版14.5/20点

18本完売。

「2019.5月末に飲みました。Nomacorc classic green100%Recycle。これは用途やお好みによっては春~夏にかけて特に最高のワインになり得ます。トップノーズは予想以上にとてもよい香りで、青りんご、みかんの缶詰(うっすら白桃やメロンも)、ハーブ、ミネラル香りからもう味が塩っぽいとわかる。冷やし過ぎない温度がベストの果実味、みずみずしくミネラリーで、低くないちょうどよい酸、超キメ細かな極めて心地よい苦みとはっきりと強いうまみ塩ミネラルが残る長めのアフター。予想より厚みとヴォリューム感があるが、アルコールは14.5%もあるように感じない極めてよいバランス。なんと抜栓の1週間後までまったく落ちない!カシィの白とロゼが好きな方にとっても最高のワインとなるでしょう」

アルコール14.5%

ブドウ品種:ロール100%

樹齢約20年
粘土石灰質土壌




Domaine GAVOTY, Cotes de Provence Cuvee Clarendon Blanc '16

ドメーヌ・ガヴォティ、コート・ド・プロヴァンス・ブラン<キュヴェ・クラランドン>’16

(南フランス・プロヴァンス・辛口白)


税別¥3800

<あと12本>絶対おすすめ!
超限定品!

MVF(旧クラスマン)2019年度版15.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15/20点

「2018.8月中旬に飲みました。あまり緑がかっていない明るいイエロー。こちらも香りがすでにはっきりとうまみ塩ミネラルを連想させる素晴らしいもので、塩オレンジと塩グレープフルーツ、青りんご、アーモンド、花、ミネラルなどのやや華やかなとてもよい香り。うまみとミネラルの凝縮が凄くて、厚みと複雑性がありつつ、上記クラシック・ブランと同様の上質な苦みと塩ミネラル。少し熟成も可能。相当においしいので超無名でも売る自信があるということで買いました。樽なし最上級のヴェルディッキオとか好きな方にもおすすめできそうなイメージですね。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール14%

ブドウ品種:ロール100%

樹齢約35年
粘土石灰質土壌





Domaine GAVOTY, Cotes de Provence Grand Classique Rose '17

ドメーヌ・ガヴォティ、コート・ド・プロヴァンス・ロゼ<グラン・クラシック>’17

(南フランス・プロヴァンス・辛口・ロゼ)


税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー88~90点(NOW)

Wine Enthusiast 87点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

「2018.7月上旬に飲みました。NOMA Classic Green コルク。クラシックで落ち着いた雰囲気の正統派で、コンディション抜群&冷涼で骨格があり緩みなし。抜栓直後はやや地味かもしれませんが、時間とともにうまみと塩ミネラルが強くなり(バランスの妙なのか?)、じわじわググッとおいしくなってゆきました!やや濃いサーモンピンク。青梅ジュース、ピンクグレープフルーツ、シトラス、イチゴなどの香り。ある意味中庸とも言えるが、真夏にずっと飲み続けても飽きないという強みがあり、抜栓後も長持ち。アルコールの浮きが一切出ないで抜栓の3日後まで非常においしい。最終的にはドメーヌ・ル・ルー・ブルー’17よりも余韻が長く、より飲み飽きない」

アルコール13.5%

グルナッシュ50%、サンソー35%、カリニャン10%、ロール5%

粘土石灰質土壌

現当主はRoselyne Gavoty

1906~1980までの当主だったBernard Gavotyさんは
Clarendon(上級銘柄のキュヴェ名)の偽名で『フィガロ』誌に音楽評論を書いていた


8/11(土)アップ~<※12本限定!>蔵出しヴァイサー・キュンストラー’18エンキルヒャー・エラーグルーブ

急斜面にある自根の超古樹が若手だから超割安で買えてしまう!

今後、間違いなく高評価されて高価&入手難となるでしょう!


















 


ラシーヌ輸入の限定品!

危険を感じるほどの急斜面で、ブドウにとってはかなり理想的な環境!

現代で無名で優れた生産者の青田買いはすでにほぼ不可能なのですが、ここは実際の品質と価格の差が開き過ぎていると感じた







Weiser-Kunstler, Enkircher Ellergrub Kabinett 2018(Mosel)

ヴァイザー・キュンストラー、エンキルヒャー・エラーグループ・カビネット’18

(ドイツ・モーゼル・やや辛口白)


税別¥3200

<あと12本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー92~93点!
(~Fabulous! 2023~2040年、ワイン・アドヴォケイト243号)


アルコール8.5%
ユーロリーフあり!

接ぎ木されていないブドウを使用、強烈な塩ミネラルと厳格な構造

トロッケン表示のないリースリング100%





Weiser-Kunstler, Wolfer Sonnenlay Kabinett Trocken 2016 (Mosel)

ヴァイザー・キュンストラー、ヴォルファー・ゾンネンライ・カビネット・トロッケン’16

(ドイツ・モーゼル・辛口白)


税別¥2700

<あと3本>初入荷の限定品!

パーカー88点(Stephan Reinhardt、
2022~2032年、ワイン・アドヴォケイト236号)


アルコール9.5%




ヴァイザー・キュンストラー、エラーグループ・シュペトレーゼ・トロッケン’11

(ドイツ・モーゼル・辛口~やや辛口白)


税別¥2700

<売り切れ>

限定品!

50本完売。ありがとうございました~※再入荷不可能!

パーカー90+点(David Schildknecht、ワイン・アドヴォケイト206号)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

モーゼルで特に最高といわれる青色粘板岩土壌の単一畑!

他のタイプのシーファー土壌よりも上品で華やかで複雑な傾向だそうです

’12 ゴーミヨ誌91点

’10 Wine&Sprits誌 91点

’10 ファルスタッフ91点

畑:Enkirch(エンキルヒ)村の Ellergrub (エラーグルーブ)

栽培技術:自然農法による耕作。除草剤や殺虫剤を使用しないので、畑の土は生命力に溢れ、花が咲き小動物が生息している。急斜面の畑なので機械を使わず、全て人の手によりで作業を行う。一本の支柱に添わせてブドウ樹を栽培。

栽培面積:2ha

品種:リースリング 100%

樹齢:平均で65年ほど(2014年時点)、中には100年ほどの樹齢に達するブドウ樹もある。

収穫量:30hl/ha
土壌:デボン紀に形成されたとされる青色スレート粘板岩土壌

【醸造】
圧搾技術:破砕し、12時間のスキン・コンタクトの後、空気圧プレスによりゆっくりと圧搾

醗酵技術:自然酵母で古い木製のフーダー(容量1000リッターの木樽)にて醗酵

清澄・濾過技術:珪藻土を用いたフィルターで自然に濾過

醗酵中の亜硫酸添加:なし

全亜硫酸量:92mg/l

【味わい】
濡れたスレート岩を感じさせるような味わい。ミネラルに富み、深みのある辛口のリースリング。余韻は長い。




ヴァイザー・キュンストラー、ガイスプファート・グローセ・オイレ’11

(ドイツ・モーゼル・辛口~やや辛口白)


税別¥3400

<あと22本>絶対おすすめ!

限定品!

21本完売。~※再入荷不可能!

パーカー90点(2013~2020年、
David Schildknecht、ワイン・アドヴォケイト206号)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2016.1月中旬に飲みました。緑がかっていないイエロー。抜栓直後はリースリングなのに洋ナシのような香り!+アップルパイ、グレープフルーツ、オレンジ、ミネラルに(鼻にツンとくる揮発酸とは全く違うタイプなので絶対にマイナスイメージの嫌な酸化や劣化と勘違いしてほしくないのですが)近所のスーパーでは買えないようなとても上質なおいしいりんご酢のニュアンスを加えたようなふわっとした厚みを感じる複雑な良い香り。上記2アイテムよりもSO2少ないニュアンスがある。果実味しっかりで、キレキレではないがまったく低くない酸、少し塩っぽく長いアフター。抜栓の次の日は明らかに向上してアフターの塩っぽさが増した。とてもきめ細かな苦みとミネラルの残る長いアフター。抜栓の2日後は今度はオレンジの香りが主体となる。昨日のバランスがベストだったと思う」

アルコール12%

畑:Traben(トラーベン)村のGaispfad (ガイスプファート)

栽培技術:自然農法による耕作。除草剤や殺虫剤を使用しないので、畑の土は生命力に溢れ、花が咲き小動物が生息している。急斜面の畑なので機械を使わず、全て人の手によりで作業を行う。一本の支柱に添わせてブドウ樹を栽培。

栽培面積:0.7ha

品種:リースリング 100%

樹齢:55年(2014年時点)

収穫量:25hl/ha

土壌:赤色及び青色スレート粘板岩土壌

【醸造】
圧搾技術:破砕し、24時間のスキン・コンタクトの後、空気圧プレスによりゆっくりと圧搾

醗酵技術:自然酵母で古い木樽にて醗酵

清澄・濾過技術:珪藻土を用いたフィルターで自然に濾過

醗酵中の亜硫酸添加:なし

全亜硫酸量:86mg/l

【味わい】
複雑な味わいの辛口のリースリング。その年の優れたブドウのみで作っている。ハーブのような味わい、とりわけミネラルが際立つ。長い余韻を伴う円熟した味わい。



醸造所解説 :
銀行員だったコンスタンティン・ヴァイザーが2005年に立ち上げた醸造所。ヴァインスベルクの醸造学校でワイン栽培醸造技術者の資格を取ったあと、モーゼルのエンキルヒにあるイミッヒ・バッテリーベルク醸造所で経営責任者となった当時から、土地のことをよく知っており、エンキルヒャー・エラーグルーブの1.8haの畑に出合う。耕地整理されていない、自根の一部100歳にもなる葡萄樹のみの区画が、この醸造所の土台である。2006年からアレクサンドラ・キュンストラーとともに醸造所を経営しているが、彼女もまた醸造家の訓練を受けてプロフェッショナルとして貢献している。ワインはどれをとっても美味しい。2010年産は生産年を真っ正直に表現している。まさに飾り立てない自然なリースリング。品がよく澄んだ甘口のエラーグルーブは磨かれた酸味があり、モーゼルを代表する資格十分。

造り手について :
ワイン造りへの大いなる熱意と覚悟をもって2005年に醸造所を設立してから、今日までその情熱は衰えることはない。コンスタンティン・ヴァイザーはフランケンにあるバイエルン・シュヴァーベン地方の出身。同じくフラインケン出身でパートナーであるコンスタンティン・ヴァイザーと、モーゼルで出会う。モーゼルリースリングへの情熱と専門知識をお互いに理解し、補完し合っている。コンスタンティン・ヴァイザーは醸造を担当、アレクサンドラ・キュンストラーは運営や実務を担う。二人とも葡萄畑での仕事を愛している。また、『クリッツクライネ・リング』というプロジェクトに参加していて、耕作放棄地となっている急斜面の葡萄畑の救済を通じ、葡萄畑の広がる美しいモーゼル特有の景観の維持に貢献している。

哲学 :
『偉大なワインは葡萄畑で出来る』- 樹齢の高い木からブドウを収穫し、収穫量を低く抑えることがワイン造りの基本であると考える。そうして育てたブドウは愛情をこめて丁寧に醸造することで、モーゼルリースリングの偉大さを表し、伝えることができる。ワインを『造る』のではなく、ブドウがワインに変化することを畏敬の念を持って導いていくことが私たちの使命である。耕地整理されていない古い畑に育つ、接ぎ木をしていない自根の葡萄樹の個性とポテンシャルは素晴らしい。この資質を生かすために、手作業だけで手間暇を惜しまず畑の世話をする。私達のワインは私達の生き方でもあり、生きることの素晴らしさ、味わう愉しみ、喜びが詰まっている。そのようなワインはモーゼル独自の、他に真似することのできないリースリングであると考える。

畑 : Enkircher Ellergrube, Trabener Gaispfad, Enkircher Zeppwingert
所有する3つの畑は全て急斜面にあるテラス状の畑で、畑名はエンキルヒャー・エラーグルーべ、トラーベナー・ガイスプファート、エンキルヒャー・ツェップヴィンゲルト。これらの畑は1897年当時の畑の格付けで最上級に位置づけられている畑であった。畑での作業は自然に従うべきものであって、あらがうものではないと考えている。よって除草剤は使用しない。そうすることで畑は、様々な草花や生物が活動する『生きた畑』となる。丁寧に土壌を耕し、葉の茂り方を調節することで、完熟し香りに満ちたブドウが実る。


~2005年産はわずかに2000本あまり。醸造には友人のダニエル・フォレンヴァイダーが経営するフォレンヴァイダー醸造所の一角を借りた。それが初リリースでいきなり「ゴー・ミヨ2007年版」にランクインし、ドイツのワインジャーナリストたちの注目を集め、瞬く間に完売!!!
ヴィノテーク2007・7月号より (筆・北嶋裕氏)


8/11(日)アップ~蔵出しディエボルト・ヴァロワ’08フルール・ド・パッション

当たり年の入手難な最上級品!





 


豊通輸入の蔵出し正規品!




Diebolt Vallois, Champagne Grand Cru Fleur de Passion Brut '08

ディエボルト・ヴァロワ、シャンパーニュ・グランクリュ・フルール・ド・パッション・ブリュット’08

税別¥14000

<あと6本>超限定品!

※’08は、再入荷不可能!

Richard Juhlin 96点!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

Guide RVF 18/20点

アルコール12%

※左画像のオリジナルギフトBOX

最高の年にのみ造られる!
’08はチョーキーなミネラルが強く、生産者にとっても自信作!

有機肥料しか使わない低収量の
特級畑Cramantの樹齢50~65年のブドウを使用!

この最上キュヴェだけマロ・ラクティック発酵を基本的には行わない。
4~5回使用されたバリックにて約6ヶ月熟成後、8年以上瓶熟成してリリースされる。無濾過

シャルドネ100%

ドサージュ6~8グラム/リットル

’06 ファルスタッフ 96点!

’05 インターナショナルワインセラー93点

’04 パーカー93点





ディエボルト・ヴァロワ、シャンパーニュ・ブランドブラン・ブリュットNV

(RM・辛口白泡)


特価・税別¥4500

<売り切れ>おすすめ!

※再入荷すると¥540値上がりします。

最新パーカー・オンライン90点(David Schildknecht)

最新バーガウンド・コム 90点!

バーガウンド・コム 91点!

パーカー88点(ワイン・アドヴォケイト197号)

インターナショナルワインセラー91点

スペクテーター90点

デカンター誌4つ星!

Le Point(フランス)16/20点!

ワイン&スピリッツ誌にて絶賛される!

ゴーミヨ誌 17.5/20点!


クラスマン2008年度版14.5/20グラス

302本完売!!!

シャルドネグラスで飲むことをおすすめします!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいております!

「2015.5月に飲みました。予想以上に明るい色調で、香りと味わいからも多分この銘柄に関してはリザーヴワインの量が少ないと感じる。その分フレッシュでみずみずしく、酸は尖っていないがまったく不足がなく、泡が弱いこともありとても杯が進む。コクはそれほどないがアフターのグレープフルーツ的わずかな苦みとミネラルが心地よい。暖かい季節にゴクゴク飲めるタイプなので、温度は上げ過ぎないほうがよさそう。アペリティフ~メインの食事の前くらいまで活躍してくれるでしょう。値上がり後の価格だとお買い得感はちょっと厳しいものがあるだろうか。抜栓の次の日もおいしい。まったく落ちないし、はっきりした向上もない」



「2006.11月に試飲しました。黄リンゴ、白桃、ミネラルなどの香り。強すぎない泡、酸とミネラルの質がよく、ピュアでエレガント、やや深みがあり、雑味と甘さ控えめ。価格を超えた印象。もう1度ゆっくり時間をかけて飲んでみたい。~後に下位ラインナップただのブリュットNVを飲みましたが、ブランドブランの方が遥かに高品質だと感じました」

2008年ワイン&スピリッツ誌TOP100ワイナリー・オブ・ザ・イヤー獲得!

1992年ゴーミヨー誌にてシャンパーニュ・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー獲得!

スペクテーターなどでも高い評価を得ている!

コート・デ・ブラン地区

クラマン村主体、シュイィ(100%グランクリュ)

タンク発酵、上級キュヴェは樽発酵

家族経営による小規模優良生産者

フランス3つ星レストランやホテルでもオンリストされている


8/11(日)アップ~<極少数!>蔵出しシャトー・デ・トゥール’09と入手難のオリーブオイル

もっとも入手難な南ローヌのひとつ!赤はどれを飲んでも甘く凝縮、白は苦み控えめ

ベタンヌ&ドゥソーヴ2009年度BEST生産者TOP5に選ばれる!

※ラヤスは、すべての値引き対象外となります。








 




この地域特有の赤く酸化した石はほとんどなくサラサラの砂質土壌がメインで、この土壌から繊細なグルナッシュが生まれます。 (フィネスHPより)


当店扱いのシャトー・ラヤス&シャトー・デ・トゥールはすべてコンディション抜群で有名&超入手難なフィネス輸入ものです!



※すべて再入荷不可能!!!
すべての値引き対象外となります。




シャトー・デ・トゥールもMVF(旧クラスマン)2014年度版から2つ星生産者に昇格しました~!!!




シャトー・デ・トゥール、エキストラバージン・オリーブオイル 500ml

税別¥3800

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1本までとさせていただきます。

初入荷!自社で栽培、製造、瓶詰
賞味期限2020年6月19日

実は超入手難で試せたことがありません、、、





シャトー・デ・トゥール、ヴァケラス・ルージュ’09

税別¥9000

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー93+点!(ワイン・アドヴォケイト197号)

VINOUS 93点!(2012年1月試飲)


MVF(旧クラスマン)2019年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点

 


9/2(月)アップ~蔵出し正規品ルロワNVついに最後の再入荷!









※すでに皆さんご存知でしょうが、
低温で保管しても非常に吹きこぼれやすいのでご注意ください。




メゾン・ルロワ、ブルゴーニュ・フルール・ド・ヴィーニュ・ブランNV
(辛口白)


税別¥4000

<あと22本>大人気!

※ついに再入荷不可能となりました!
液面が最初から低いボトルが割と多いですが、その点は予めご了承くださいませ。

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
色気が出てかなりおいしくなっているらしく、
『 何回飲んでも飲み飽きない 』とリピーター続出!!!

506本以上完売!!!

’09’10’11のブレンドなのでノン・ヴィンテージ表記となります。

5年以上前の初リリースから同じ中身のままですので、熟成感が出てきていると思われます

Fleurs de Vignes = 「ぶどうの花」という名のワイン

3つのヴィンテージの良質なシャルドネを選りすぐって造られた、ちょっと珍しい特別なキュヴェ

果汁たっぷりの果実の微妙な甘味があり、フレッシュな味わいは今すぐに飲んでも美味しい。また、ミネラルをイメージする酸と果実味が複雑にからみあって長い余韻をもたらし、未来の熟成を予感させます。のびやかできれいな酸を蜂蜜のような風味が包みこみ、バランスよくまとまっています。そしてルロワらしいリッチな薫香が、質の高さを物語っています。 (輸入元さんコメント)

アルコール12.5%

※2009年~2011年の3ヴィンテージのブレンドですが、
それぞれヴィンテージごとにステンレスタンクにて熟成させています。

熟成期間は、
2009年:約2年半
2010年:約1年半
2011年:約6ヶ月

木樽は使用していません。

その後、ブレンドの為1つのステンレスタンクに入れますが、
すぐにボトリング、ボトルにて熟成とのことです。
ブレンド比率については、不明というか未発表。

オクセーデュレスでブレンドしたそうです。

 


8/11(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ナタリー&ジル・フェーヴル’17

大きく向上してまだお買い得感があるシャブリ!







 


ワイン王国112号などでも大きく取り上げられました
ここもシャブリのニューウェーブのひとつ!



<HVE> Haute Valeur Environnementale Level 3
環境に配慮した農法認定を2015年に取得済み!




Domaine Nathalie et Gilles Fevre, Chablis Premier Cru Fourchaume '17

ドメーヌ・ナタリー&ジル・フェーヴル、シャブリプルミエクリュ・フルショーム’17

税別¥5200

<あと9本>絶対おすすめ!

Le Concours General Agricole 2019 金賞受賞!

ブルゴーニュ・オージョルディー15.5/20点


「2019.7月末に飲みました。DIAM5コルク。フレッシュなリンゴ、ハーブ、パイナップル、グレープフルーツ、ミネラルなどのややオイリーなよい香り。ピュアでみずみずしく、キメ細かい苦みはそれこそグレープフルーツ的で、複雑性もある味わいからアフターは強い塩ミネラルとクエン酸が残り縦伸びがありドライ。おいしいグレープフルーツに塩をかけて食べた時のイメージ。真夏にかなりおいしく感じられる逸品!冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓の2日後まで非常においしい。いつの間にこんなにおいしくなった?」

アルコール13%

’15 ワイン&スピリッツ誌 91点

’14 パーカー91点

’14 バーガウンド・コム 91点

10ha。樹齢35~65年のVV。
「たっぷりとしたミネラル分をそのままお楽しみいただくため」樽は使用せず、ステンレスタンクで約6ヶ月間の熟成。余韻が長く、気品溢れるスタイルです。




Domaine Nathalie et Gilles Fevre, Chablis Grand Cru Preuses '17

ドメーヌ・ナタリー&ジル・フェーヴル、シャブリグランクリュ・プルーズ’17

税別¥10400

<あと2本>限定品!

デカンター・オンライン95点!!!
(2020~2030年、ティム・アトキン)


ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点!

’16 Concours des Vins de Chablis 2019 金賞受賞!

’16 ミッシェル・べタンヌ絶賛!

’15以降このグランクリュにのみICチップ付きキャップシール採用

2.5ha。平均樹齢40年のVV。
25%を新樽、1回使用樽、2回使用樽3分の1ずつで8ヶ月間熟成。レ・プルーズは合計約9ha程度で、うち約4分の1の所有になります。厳格なリュット・レゾネ栽培と女性醸造家の感性によって生まれ変わったレ・プルーズを是非ご賞味下さい。




実際に畑から採れた化石画像


厳格なリュット・レゾネ。化学肥料、除草剤、殺虫剤等は一切使用しない

2004年に新築した極めて清潔な醸造所。その時からグラヴィティー・フロー。
天然酵母のみで発酵。小型のステンレスタンクで区画ごとに醸造


 

畑の分割相続は、それが有名生産者であれば尚のこと、時にドラマティックな展開をもたらします。
 ウィリアム・フェーヴルの親戚ジル・フェーヴルは、フェーヴル家の所有する歴史的な優良畑を1988年からどっさりと相続し、グランクリュ「レ・プルーズ」に至っては、一夜にして最大所有者になりました。
 相続直後からすべての畑を実質ビオロジーのリュット・レゾネ栽培に切り替え、長らくはぶどうで販売していましたが、2004年、小さいながらも最新式の醸造所を新築し、自社ビン詰めを開始しました。
 奥さんのナタリーさんは、長年に渡って「ラ・シャブリジェンヌ」の醸造長を務めていたブルゴーニュ女性醸造家の筆頭格。 ここに、歴史的なシャブリ新世代ドメーヌが誕生しました。




ジュリーさん(娘)画像


 日本のワイン市場においてシャブリは黎明期から常に存在してきましたが、市場の紆余変遷の中で、超大手ネゴシアンのシャブリを中心として安売り大量販売競争を繰り返してきた面があります。しかしながら今日の、とりわけ新しい世代の造り手がミネラル重視で造るシャブリは、従来では考えられなかったような高い品質に達しています。しばらくシャブリから離れていた向きも、白ワインシーンに新しい豊かさを感じていただけると思います。
(輸入元資料より)



8/11(日)アップ~蔵出し超特価ミッシェル・ブーズロー’16ブラン

リアルワインガイド39号にて高評価されました!

リリース直後こそ樽が少し強いが、優雅でいて芳醇、洗練された味わいでしたが、近年では樽が控えめになり、ミネラルが強くなってきました!

クラスマン2008年度版にて1つ星 → 2つ星生産者に昇格しました~!

 





Domaine Michel Bouzereau, Bourgogne Blanc '16

ドメーヌ・ミッシェル・ブーズロー、ブルゴーニュ・ブラン’16

特価・税別¥3500

<あと5本>

MVF(旧クラスマン)2019年度版14.5/20グラス

’14 デカンター・オンライン90点!

Lieu-dit: Magny, Sous la Velle (Meursault),
Champs Perriers (Puligny-Montrachet)





’13は、例年よりも生産量約30%減


ミッシェル・ブーズロー、ブルゴーニュ・ブラン’13

超特価・税別¥3500



輸入元定価・税別¥5,000

<売り切れ>

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)

パーカー87~89点(2015~2019年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト216号)


リアルワインガイド51号にて高評価される!

ムルソー村内の上質なブドウ主体
ドメーヌHPの表示では(少し古い情報かもしれませんが)
リュー・ディー:Magny, Sous la Velle (Meursault),
Champs Perriers (Puligny-Montrachet)

過去に何度も試していますが、ブルゴーニュ・グラスで少し高めの温度で本領発揮します。凝縮しているがピュア。ほのかな甘みを伴う粘性がありつつも酸が低くなくアフターにしっかりミネラルが残るというクラスを超えた高い品質!


化学薬品を使用しない自然な農法

(長いリュット・レゾネの後、現在ではビオロジー)

低収量、100%手摘み、厳しい選果

野性酵母のみ使用、現在では低い新樽比率で樽熟成

「実に明確な味の白で、収穫年毎にその特長を活かすという柔軟な醸造技術も身につけている。優雅で純粋な造りが基本とされ、一部の生産者のムルソーにみられるような強く焙った香りや還元臭はほとんどみられない。(クラスマンより)」


8/11(日)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・ラ・スフランディエール’16キュヴェ・ミルランデ

ピュアでナチュラルな質感とアフターの塩っぽいミネラルが上質!



※画像は、ただのレ・キャール’12です。

 




豊通輸入の蔵出し正規品!




Domaine La Soufrandiere, Pouilly Vinzelles Les Quarts Cuvee Millerandee '16

ドメーヌ・ラ・スフランディエール、プイィヴァンゼル・クリマ・レ・キャール<キュヴェ・ミルランデ>’16(辛口白)

超特価・税別¥7500

↑ なんと32%OFF!!!

輸入元定価・税別¥11,000

<あと5本>幻の超限定品!

デカンター・オンライン94点!
(2022~2035年、William Kelley)

パーカー93点!
(2020~2030年、ワイン・アドヴォケイト238号)


バーガウンド・コム 91~93点

MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)







2013年ヴィンテージ情報
~ 2年続いた生産量の大幅な減少、困難な年のマジック ~
2012年と似通って年間通して非常に雨の多い年であった。開花は6月初旬、雨がちで1週間北風が吹く中開始し、この季節としては例外的な寒さであった。その為、大部分の花房が育たずエリアによっては深刻な大幅収量減を招いた。

そして2012年と同様に、ドメーヌの畑ではうどん粉病の発生を未然に防ぐ為に葡萄の周りの除葉を徹底して実施。夏場は比較的涼しく乾燥しており収穫は遅めで9月27日より開始し10月10日に終了。収穫された葡萄は健全で小粒(多くの結実不良)であり、凝縮していた。その結果2013年産のワインは張り詰めた活力と果実味が詰まった特徴を持つ素晴らしい出来映えとなった。畑では困難続きであったが、瓶の中でワインが魔法の様に偉大な変貌を遂げる事を再び証明した年である。

~ 生産量の大幅な減少、困難な年のマジック ~
年間通して非常に雨の多い年であった。ドメーヌの畑ではうどん粉病の発生を未然に防ぐ為に葡萄の周りの除葉を徹底して実施。収穫された葡萄は健全で小粒(ミルランダージュ)であり、凝縮していた。畑では困難続きであったが、瓶の中でワインが魔法の様に偉大な変貌を遂げる事を証明した年である。





ドメーヌ・ラ・スフランディエール、プイィヴァンゼル・クリマ・レ・キャール<キュヴェ・ミルランデ>’13(辛口白)

超特価・税別¥6500

↑ なんと35%OFF!!!

輸入元定価・税別¥10,000

<売り切れ>幻の超限定品!

※再入荷不可能!もともと少ない生産量な上、特に収量減の’13ですが12本だけ手に入りました~!

ワイナート78号 91~93点

バーガウンド・コム 91~93点

インターナショナルワインセラー93点!(2017~2028年)

ゴーミヨ誌17/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版17/20点

『 レ・キャール 』内の樹齢80年以上の区画からとれる
ミルランダージュ(結実不良)のブドウのみを使用した特別なキュヴェ!


こちらはロウキャップ

手摘み、標高250m、20度の斜面

わずか0.5ha

’13は、低収量20hl/ha!

それによってより一層凝縮した味わいとなる。ビオディナミを始めてから年月が経ち土壌が活性化した事により葡萄樹も蘇り、均一した果粒が生る様になり、特に2013年は非常に少ない量だが理想的な結実不良葡萄が採れた。

’12 パーカー94点!

’11 パーカー95点!




ドメーヌ・ラ・スフランディエール、プイィヴァンゼル・クリマ・レ・キャール’12(辛口白)

超特価・税別¥5000

↑ なんと41%OFF!!!

輸入元定価・税別¥8,500

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 89~91点

ゴーミヨ誌15.5/20点

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版16.5/20点

「2015.4月末に飲みました。これも難しい年に本当に素晴らしいワインを造った良い例!香りからアフターまで一貫してピュアでナチュラルでエレガント。樽は全然感じられない。ただピュアなだけではなく味付きしっかりで塩っぽいミネラルがはっきり感じられつつ余韻は長く、クドさゼロでまったく飲み飽きない。これはすごいワインだ!ただし樽の効いたファットな厚みではないので、わかる方にだけおすすめしたい。キレキレではないうまみののったちょうどよい酸、程よい厚み。トップノーズにはシャンパーニュのような香りが含まれ、ふんわり蜜、ミネラルなどの透き通った良い香り。抜栓の2日後まで素晴らしくおいしい。マコネ地区にしては間違いなく高価ですがギュファン・エナンより価値があると思うし、もはや考え方次第。だって実際これよりおいしくない¥7000くらいのピュリニーモンラッシェもあるわけですので」

アルコール13%

’13 ニューヨークタイムズ紙で3つ星評価!

’13 ワイナート78号 90~92点

’13 インターナショナルワインセラー91点

’11 パーカー93点

’11 スぺクテーター90点

ブレット兄弟が「魔法の様な」と形容するプイィ・ヴァンゼル最高のテロワールを持つ畑。4haと比較的広い面積を所有する為、樹齢45~80年の高樹齢葡萄を分けて造られる。レモン等柑橘系果実、ミネラル感とエネルギー感があり、長い余韻と複雑味のある長熟ワイン。コート・ドール産の銘醸白ワインと肩を張る南ブルゴーニュのグラン・ヴァン。

100%手摘み

天然酵母を使用、樽発酵、新樽不使用

補酸も補糖もなし

Domaine La Soufrandiere, Pouilly Vinzelles Les Quarts 2012

ABマーク、デメテル・マークあり!


『 1947年にジュール・ブレットが購入したマコン南部ヴァンゼル村のドメーヌ。長年に渡り分益小作により収穫の全量を地元協同組合へ販売していたが、1998年に脱退。3代目であるジャン・フィリップとジャン・ギヨーム・ブレット兄弟はそれぞれ1991年から2000年に掛けて栽培醸造学を修めてコント・ラフォンやヴェルジェなどの一流生産者の下で修行を重ね、2000年のヴィンテージから自ら醸造、瓶詰めを開始。

兄弟は「優れたワインは優れたブドウから」という明確な信念のもと、出来うる限りテロワールを反映させるため、設立当初(2000年)からビオロジックとビオディナミ農法を実践し、自然な方法での収量の制限を行っている(約40hl/ha)。

初ヴィンテージからタイユヴァンのジャン・クロード・ヴリナ氏の目に留まり一躍脚光を浴びる。2012年にはブルゴーニュワインの専門誌「ブルゴーニュ・オージュルデュイ」が選ぶ2012年の年間最優秀醸造家に選ばれる。「メイユール・ヴァン・ド・フランス2014」2つ星、「ベタンヌ&ドゥソーヴ2014」3つ星とメディアの注目度も高い。 (輸入元資料より) 』


8/11(日)アップ~<大人気!>蔵出しシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ’10レミリー

すべてのワインが一貫してピュアで上品、エレガントな質感でミネラルが強い!





 




モンティーユの経営になってからは、有機栽培となり、収量20%以上低くして、新樽比率も20%以下のエレガント&ミネラリースタイル


『 石灰質の石ころがゴロゴロ転がる畑。アカシアの花、レモン、洋梨、蜂蜜、ほのかにヘーゼルナッツ。スモーキーなニュアンスとピュアなミネラルのフレーバー。凛とした気品を備えた白ワイン。 (輸入元最新資料より) 』




シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、サントーバンプルミエクリュ・レミリー’10

税別¥7000

<あと12本>絶対おすすめ!

最新インターナショナルワインセラー91+?点!

バーガウンド・コム 89点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

136本完売!!!
※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

約5年経過してかなりおいしくなっているはず!
価格と実際の満足度を考えるとこのワインは圧倒的でしょう!!!



「2014.10月に再度試飲しました。透明感があり上品で酸とミネラルがしっかり、バランスよくアフターも長め。ミネラリー一辺倒ではなく、果実味の厚みもあり、まだ向上する。当店社長大絶賛の1本!!!」



「2013.2月に再度試飲しました。’07と’10を比較試飲する機会に恵まれました。酸とミネラルにキレがありまだ固いが、ポテンシャルが高くとてもよい出来。寝かせると大分複雑性が増す銘柄」

樹齢45年以上



 

 

モンティーユつながりでついにラック・コーポレーションさんが輸入を開始!

ヴィラージュ以下の銘柄にはブショネのない『DIAM』コルクを使用

2005年頃からビオディナミに移行

果汁やワインにストレスがかからないように重力を利用したグラヴィティ・フローを実践

低収量30~35hl/ha

新樽比率10~15%とかなり低く、24~36ヶ月乾燥させたものを使用

『 ピュリニー中心に20ヘクタール以上を所有する規模の大きいドメーヌで、バタールにシュヴァリエ、そしてモンラッシェと3つのグラン・クリュを擁し、白が多いものの赤も4割近くの生産量があります。

責任者を務めるのはエティエンヌ・ド・モンティーユ、ヴォルネーで一、二を争うドメーヌ、ド・モンティーユの当主です。エティエンヌが就任して以来、シャトーの評価は飛躍的に高まりました。栽培は自身のドメーヌと同様、認証は受けていないもののビオディナミを導入しています。つくりでは600リットルとピエスのほぼ3倍の大きさのドミ=ミュイでの樽熟成がこのシャトーの大きな特色で、加えて新樽はほとんど使用しません。

入荷は2007年となりますが、エティエンヌ自身、2002年に手掛けて以来最も成功したミレジムだと太鼓判を押しています。 (輸入元資料より)』


9/5(木)アップ~蔵出しドメーヌ・マッス’16ラ・ブリュレ

まだまったく無名ながらスタイルも非常によく、明らかに価格を超えた高い品質!

これほどお手頃かつ上質なブルゴーニュがまだ日の目を見ていなかったとは驚きです!



 


ほとんどのACブル赤白よりもこれらの方がお買い得!!!
どれも飲み頃NOW~でまったく固くない。樽のエグみや渇きも皆無。すでに豊富なうまみも表現されております。




Domaine Masse, Givry Premier Cru La Brulee Rouge '16

ドメーヌ・マッス、ジヴリープルミエクリュ・ラ・ブリュレ・ルージュ’16

税別¥3100

<あと17本>おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

110本完売!!!

「2018.4月初旬に試飲しました。一見、旨薄のようで結構果実味凝縮して強い。今でも非常においしいですが、樽が溶け込んで、よりうまみが出たらさらにおいしくなるでしょう」



「2018.2月下旬に飲みました。縁が紫がかった中程度のルビー色。予想よりフルーツ感が強く、ほのかな甘みがある。酸は低くないが、ミネラルが何故か’15よりわずかに低い。温度は上げ過ぎないほうがよい。’15より樽のコーヒー香が少し強く、温度を上げ過ぎるとわずかにクドい。まだ’16の個性をつかみきれていないのですが、この銘柄に関しては果実は強めで、タンニン丸い。抜栓の次の日もおいしい。うまみが増して、バランス的にミネラルが少し伸びたような?なので昨日よりクドくない。温度はやはり低めがよい。わずかに向上。抜栓の2日後、何故かさらに向上して抜栓直後より明らかにおいしくなった。これなら大幅に価格以上の味わいと言える」

アルコール13%




Domaine Masse, Givry Le Creuzot Monopole Rouge '15

ドメーヌ・マッス、ジヴリー・ル・クリュゾ・ルージュ’15

税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2017.1月末に飲みました。抜栓直後の低めの温度でごくわずかに還元香がある時もあるようだ。(2月中旬に再度試飲した際にあった。)明らかに価格を超えた味わいでしかもまったく問題なく飲み頃NOW~。一見軽く、エレガント&チャーミングなようでいて、短時間で果実香、果実味、うまみが増してくる。熟しているが同時に酸とミネラルもしっかりで甘酸っぱさと清涼感も同時に感じられるナチュラルなよいバランス。抜栓の2日後まで非常においしい。ACブル以下の価格で買えるお買い得品!」

アルコール13%

樹齢25年

醗酵:ステンレスタンク 主醗酵後、オーク樽にてマロラクティック醗酵
熟成:オーク樽熟成 10カ月(新樽比率30%)

生産量:わずか3,000本

ドメーヌが単独所有する畑「レ・クリュゾ」から造られる。スミレや赤果実の可愛らしく華やかな香りと、旨味溢れる果実味が素晴らしい赤ワイン。 (輸入元さんコメント)




Domaine Masse, Givry Premier Cru La Brulee Rouge '15

ドメーヌ・マッス、ジヴリープルミエクリュ・ラ・ブリュレ・ルージュ’15

税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

ブルゴーニュ・オージョルディー2016年7月/8月号 14.5/20点

2017.2月輸入元札幌ブルゴーニュ試飲会人気No.1だった生産者!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

すでに139本完売!!!ありがとうございました~※再入荷不可能!

「2017.1月末に飲みました。明らかに価格を超えた味わいでしかもまったく問題なく飲み頃NOW~。熟した豊かな果実味で酸もタンニンも固くなくジューシーでうまみとミネラルが豊富。ナチュラルでエレガントなバランスで尖っている部分がなく、アフターにうまみと酸とミネラルが伸びて甘酸っぱさも感じられる。下位村名の単一畑ル・クリュゾ’15モノポールよりも少しだけ果実に厚みと余韻があり、熟成のポテンシャルも高い印象だが非常に似ている。’15らしい完熟フルーツがありつつ、酸とミネラルもしっかりなのでアフターに清涼感があるところとタンニンは非常に丸いが骨格が緩くないところにもセンスを感じる。抜栓の2日後まで全く落ちない。実力は間違いなく、ACブルの価格で買える1級。超無名だからこそのものすごいお買い得感!」

アルコール13%

樹齢20年

低収量:35hl/ha

熟成:ステンレスタンク 3週間
オーク樽熟成 11カ月(新樽比率35%)

良く熟れた小粒の赤果実の香り。柔らかく丸みのある味わいで、滑らかでつややかな舌触り。全ての要素がバランスよく保たれている。 (輸入元さんコメント)

2015年は、収穫量減だが、熟して丸みがあり果実味溢れる豊かな味わいのワインを造ることができた年!


評価急上昇中!今後の躍進に期待がかかる注目の若手生産者!

’12 リアルワインガイド50号にて2銘柄が絶賛されました!
『 これはもう驚異と言ってもいい超ハイCPのワイン 』

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版にて他銘柄’14’15が絶賛される!

LVF誌2013年4月号 『 設立からたった10年で、ジヴリのアペラシオンにおいてトップに躍り出た。 』


現当主のファブリス・マッス氏で4代目。ドメーヌはジヴリの奥にあるバリゼイという村に位置し、AOCジヴリとAOCブルゴーニュを生産しています。ジヴリというマイナーな産地の生産者であることと、近年まで自社瓶詰めの割合が低かったこともあり、ほとんど知られていませんでしたが、優秀な若手生産者としてトロフィーを獲得したり、フランスのワイン評価誌でもそのコストパフォーマンスが高く評価されたりと、ファブリスの代になってから評価は急上昇中。フランスのソムリエも注目している生産者です。

ワインのスタイルは、果実味重視で柔らかなタイプ。除梗は基本的に100%行い、ピジャージュはせずに醸造されます。品質と価格のバランスが非常にいいワインを生産している、今後の活躍が期待できるドメーヌです。
(輸入元資料より)


8/11(日)アップ~<※極少量!>蔵出し正規品サッシカイア’16

蔵出し正規品超特価サッシカイア’15

スペクテーター2018年度TOP100第1位!!!

 





Tenuta San Guido, Sassicaia '16 (Bolgheri Tuscany)

テヌータ・サン・グイド、サッシカイア’16

特価・税別¥19500

<あと4本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー100点!!!(2021~2050年、
~To my mind, the 2016 Sassicaia stands tall next to the epic 1985 vintage that set the ultimate benchmark for vino italiano.
Monica Larner)

デカンター・オンライン100点!!!
(~ In this vintage, its character is - if possible - more restrained than usual and definitely more so than the exceptional 2015.
2020~2045年)

スペクテーター97点!
(Collectibles!、2021~2043年)

VINOUS 96+点!(2024~2041年

~Even with all of its intensity, the 2016 is precise and beautifully polished, not to mention absolutely delicious. Don't miss it.
アントニオ・ガローニ)

Wine Enthusiast 98点!!!

ジェームス・サックリング 97~98点!!!


’16も85 % Cabernet Sauvignon 15 % Cabernet Franc




Tenuta San Guido, Sassicaia '15 (Bolgheri Tuscany)

テヌータ・サン・グイド、サッシカイア’15

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


超特価・税別¥19500

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

’15は蔵出し正規品!
4本だけ運よく追加で買えました~!
’16は少し値上がり致します。

ワイン&スピリッツ誌 97点!

デカンター・オンライン98点!!!(2022~2050年)

ジェームス・サックリン 98点!!!

最新パーカー97点!(2020~2045年、
Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト235号)

VINOUS 95点!(2022~2040年、アントニオ・ガローニ)

スペクテーター97点!(Collectibles!、2023~2042年)
さらに2018年度TOP100第1位に選ばれる!!!

Wine Enthusiast 97点!!!(2022~2035年、Cellar Selection!)


この’15が、La Gazzetta dello Sport TOP50 Vini d'Itaria 第1位に選ばれる!!!

85 % Cabernet Sauvignon 15 % Cabernet Franc




Tenuta San Guido, Sassicaia '10 (Bolgheri Tuscany)

テヌータ・サン・グイド、サッシカイア’10

税別¥32000

<あと5本>限定品!

※<期間限定条件!>
このワイン1本のご注文にて日本全国1箱分ドライ便無料!

最新デカンター・オンライン96点!

最新パーカー91点(Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト230号)

パーカー96点!(Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト208号)

最新VINOUS 96点!(2020~2040年、
アントニオ・ガローニ、2015年10月試飲)

スペクテーター94点(2016~2027年)

Wine Enthusiast 97点!!!
(2018~2040年、Cellar Selection!)


イタリア・ソムリエ協会(ビベンダ)2014年度版 5つ房!

トスカーナのよく凝縮した当たり年!

85 % Cabernet Sauvignon 15 % Cabernet Franc

フレンチオーク24ヶ月熟成


 


7/28(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ベルトー’17第2弾

7/13(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ベルトー’17第1弾

進化しただけではなく、ラインナップも増えて要注目!フィサンの女神!

リアルワインガイド63号、59号、55号、51号にて高評価される!














 



シャントレーヴのお二人からもアメリー・ベルトーさんは大変実力のある若手だと聞きました!さらにワイナート78号『 ブルゴーニュ注目の造り手12 』でも掲載!

シャントレーヴさん等と同様、ブルゴーニュの新しい流れの主流として活躍を期待してしまいますね!


『 フィサン村は長らく旗艦となるドメーヌを渇望していました。そして今、アメリーの手によって、ベルトーがフィサンを牽引するドメーヌへと戴冠するのです 』。(Wasserman Reportより)





※当店扱いのドメーヌ・ベルトーは100%オルヴォー輸入の蔵出し正規品です。すでにほぼすべての銘柄が再入荷不可能!


輸入元さんによるアメリー・ベルトー女史初来日レポート


http://www.orveaux.co.jp/blog/2015/04/16/3870



ちょっと擦れただけですぐに破けるラベルなので、出来るだけ気をつけます。下手したら縦入れ段ボールからシュッと出すときに破ける、、、



’17は、二コラ・フォールが栽培を手伝うようになった最初の年。
全体的に少し値下がり!




ドメーヌ・ベルトー、ブルゴーニュ・レ・プリエール’17

税別¥2900

<あと7本>おすすめ!
超限定品!

パーカー87点(William Kelley)

VINOUS 86点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 86点


「2019.7月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。スミレ、ほのかに甘くピュアなベリー、胡椒、うっすら赤身肉、ミネラルなどの香り。さすがオルヴォー輸入もの!コンディション抜群でピュアでエレガント。甘酸っぱくてみずみずしい、樽がとても控えめな飲み頃NOW~。酸もタンニンも尖っていない’13を飲んだ時より進化したイメージ。うまみが多めで、抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしい。抜栓の1週間後もまだ楽しめる!」

アルコール13%




ドメーヌ・ベルトー、オートコートドニュイ・ルージュ’17

税別¥3300

<あと11本>限定品!

この銘柄は例年よりすでに開いているそうです。




ドメーヌ・ベルトー、フィサン’17

税別¥4500

<あと7本>

パーカー87~89点(William Kelley)

VINOUS 87~89点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87~89点






Domaine Berthaut, Fixin Blanc Champs des Charmes '17

ドメーヌ・ベルトー、フィサン・ブラン・シャン・デ・シャルム’17(辛口白)

特価・税別¥4700



輸入元定価・税別¥6,000

<あと6本>

パーカー88点(William Kelley)

VINOUS 85~87点(ニール・マーティン)


初入荷!

葡萄:シャルドネ
畑・土壌:沖積層の深い石灰質
樹齢:2009年に植樹。
醸造・熟成:24時間前清澄。樽発酵(新樽25%)




ドメーヌ・ベルトー、フィサン・レ・クロ’17

税別¥5000

<あと5本>超限定品!

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)




ドメーヌ・ベルトー、フィサン・レ・クレイ’17

税別¥5500

<あと5本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

パーカー90~92点(William Kelley)

VINOUS 91~93点!(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87~90点

ブルゴーニュ・オージョルディー18.5/20点!!!





ドメーヌ・ベルトー、フィサンプルミエクリュ・アルヴレ’17

税別¥9000

<あと3本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

パーカー90~92点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89~91点

ブルゴーニュ・オージョルディー17.5/20点!






ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ジュヴレシャンベルタン’17

税別¥6700

<あと9本>限定品!

パーカー87~89+点(William Kelley)

VINOUS 88~90点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87~90点






ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ジュヴレシャンベルタン・クロ・デ・シェゾー’17

税別¥7200

<あと5本>超限定品!




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・カゼティエ’17

税別¥13000

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

割り当て3本のみ、、、






ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ヴォーヌロマネ’17

税別¥8400

<あと10本>超限定品!

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~91点

ブルゴーニュ・オージョルディー15/20点


’13は驚くほどのおいしさでした~!!!

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!新ラインナップ!

1級畑クロ・デ・レアから地続きのレ・レアを含む2区画

平均樹齢60年!





ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’17

税別¥16000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー90~93点?(William Kelley)

樹齢70年!

新樽比率40%、無濾過&無清澄

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・プラント’17

税別¥13000

<あと3本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー90~92点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)


樹齢70年!

新樽比率40%、無濾過&無清澄

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、クロ・ヴージョ’17

税別¥22000

<あと3本>超限定品!

パーカー91~93点(William Kelley)

VINOUS 92~94点!(ニール・マーティン)


樹齢40~80年!

新樽比率40%、無濾過&無清澄

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!

わずか1樽のみの生産!

わずか0.06haの所有




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・プティ・モン’17+フィサン’17

税別¥19500

<あと4セット>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。

パーカー91~93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)


ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!新ラインナップ!

特級畑リシュブールの斜面上部に位置する、ヴォーヌロマネで最も美しい1級畑

わずか0.1haの所有



※下記は全て輸入元資料より。


栽培:ブドウは、ビオロジックの考えに基づいた理性的な方法で栽培します。
テロワールを尊重した安定した土壌のもとで栽培されています。

殺虫剤の使用は制限を設け、土には、化学薬品を使っていません。除葉、グリーンハーヴェストによりブドウの成熟が最適になるように風通しを良くしています。

醸造:厳しい選果の後、最小限の手数でコンクリートタンクで発酵させます。
約5日間の低温マセラシオン。天然酵母で発酵。

1日2回のルモンタージュ、発酵の最終段階でピジャージュして優しく抽出。
約5日間のポスト・マセラシオン(発酵後浸漬)

ほぼ全てのワインは1,500~3,000リットルの大樽(フードル)でマロラクティック発酵。春に樽に移します。

新樽はほとんど使用せず、最大で24か月と比較的長い熟成期間を要します。


7/28(日)アップ~蔵出しドメーヌ・マリウス・ドゥラルシュ’17ペルナンヴェルジュレス

7/10(水)アップ~蔵出しドメーヌ・マリウス・ドゥラルシュ’17アリゴテ

常温がおいしい圧倒的なアリゴテ!!!






 




今更ですが、ラドワ、ペルナン地区の白ワインは価格以上においしいものが多くてついつい買い過ぎてしまいますね!




Marius Delarche, Bourgogne Aligote '17

マリウス・ドゥラルシュ、ブルゴーニュ アリゴテ’17

税別¥2100

<あと26本>

嬉しい値下がり!

アルコール12%

おそらく’15より少し酸とミネラルが強いタイプのはず




Marius Delarche, Bourgogne Aligote '15

マリウス・ドゥラルシュ、ブルゴーニュ アリゴテ’15

税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま大絶賛の1本!
(プチ・コルトン・シャルルマーニュ!)

30本完売。ありがとうございました~※再入荷不可能!

「2019.4月下旬に飲みました。やや明るい~中程度のイエロー。味わいの予想から最初から温度高めでスタート。(実際にピノノワールを飲むときの15℃くらいの温度がおいしかった)抜栓直後はゴマ、レモンキャンディー、パイナップル、ミネラル、花などのよい香りで、香りだけで凝縮感とうまみののった塩ミネラルが連想できる上質なもの。果実味と厚み・コクがあり、’15といえども尖っていないだけで全然低くはない酸、緩くなく少し熟成可能で余韻まである味付きしっかりの傑出アリゴテ。抜栓から20分くらいでドライ・パイナップルと蜜の甘くやや華やかな香りに発展する!大袈裟ではなくブラインドで¥5000のシャルドネと間違えるイメージです。しかも樽からの疑似的な厚みではないところがすごい。今この価格というのもすごい!ペルナン村のアリゴテはブーズロン地区より深みと凝縮感がさらに上!抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール12%

ペルナン・ヴェルジュレス村内の区画で0.2ha。
石灰質土壌。平均樹齢15年。
50%をステンレスタンクで、50%を2~4回使用樽で醸造し、12ヶ月間熟成後にブレンド。

コルトンの丘の延長にある畑でACブルゴーニュレベルのテロワールでない恵まれた畑から生まれるアリゴテのパワーはすさまじいものがあります!一口目においしさの衝撃でびっくりしました!プティコルトン・シャルルマーニュ?と思えたほどです!ブラインドではアリゴテときっとわからないでしょう!これが上代で2,600円!飲んた人だけが得をするワインだと思います!酸味も少ないため、和食全般でも、お寿司でも大丈夫だと思います!
(輸入元さんコメント)




Marius Delarche, Pernand-Vergelesses Blanc '17

マリウス・ドゥラルシュ、ペルナンヴェルジュレス・ブラン’17

税別¥4600

<あと4本>絶対おすすめ!

「2019.7月中旬に飲みました。トップノーズのナッツとごませんべいの樽香が意外と強いが、味わい部分の樽はよく溶け込んでおり素晴らしい出来!思った通り、ここの白ワインは全部上質。果実味豊かで、酸とミネラルが上質で、このクラスにして少し高貴な複雑な印象があり、重くはないが味付きしっかりで、ずっと飲んでいても飽きない。冷やし過ぎないほうがおいしいが、真夏に開けるなら最初しっかり冷やしてもすぐに温度が上がるから大丈夫。今更言うまでもないことですが、やっぱりムルソーとピュリニー値上がりしすぎたらペルナン・ラドワしかないなと。値上がりを嘆くのであれば知名度を捨てて品質で選ぶしかないでしょう。こことかパスカル・クレマンくらい上質なら誰も文句を言わないはず。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%

「レ・プラント・デ・シャン・エ・コンボット」と「ラ・モラン」の2区画で合計1.13ha。
石灰質土壌。平均樹齢35年のVV。
新樽率20%で12ヶ月間樽熟成。





Marius Delarche, Corton Charlemagne '15

マリウス・ドゥラルシュ、コルトン・シャルルマーニュ’15

税別¥14000

<あと3本>限定品!

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点

「アン・シャルルマーニュ」に1ha。石灰質土壌。
平均樹齢40年のVV。新樽率35%で12ヶ月間樽熟成。



人気のマリウス・ドゥラルシュもいよいよ世代交代です。
 長年にわたってペルナン最高の造り手と尊敬されてきた偉大な父フィリップ・ドゥラルシュの下で、2003年から栽培と醸造の修行を重ねてきたエティエンヌ・ドゥラルシュ。実質的に彼が独力で仕込んだ2005年ヴィンテージの最終的な出来を見て、お父さんは引退を決意しました。
 「木製発酵槽の使用など、父の伝統的でシンプルな醸造法は変えるつもりはありません。また、厳格なリュット・レゾネによる栽培も引き継ぎます。ただ、将来的なビオロジー栽培への転換の可能性も含め、もっともっと畑に出て土壌を活性化していきたいと思っています」。

 シャトー・ド・ボーカステルでの修行経験もあるというエティエンヌは、25歳にして、甘い点など微塵も感じられない一人前のヴィニュロンの風格。これからのペルナンを背負って立つ男です。
 マリウス・ドゥラルシュの白は、ペルナンやコルトン・シャルルマーニュの美点を余すところなく堪能できる現代ブルゴーニュ白の傑作です。コストパフォーマンスに優れたペルナンの赤は、繊細な料理を引き立てる軽やかで上品なスタイルです。


2006年
栽培における特記事項
リュット・レゾネ栽培

醸造における特記事項
赤は除梗100%。白は除梗しない。天然酵母のみで発酵


7/28(日)アップ~蔵出しクリスチャン・モロー’16クロ

6/2(日)アップ~蔵出しクリスチャン・モロー’17クロ

昔よりもややシャープなスタイル、強いミネラル



 



2015年収穫直前のブドウ画像

以前からリュット レゾネを実践、2002年からは徐々にビオロジックに移行し、2010年にはすべての畑がビオロジックとなりました。

ユーロリーフ取得済み
2013年にはABマーク認証取得!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!




クリスチャン・モロー、シャブリグランクリュ・レ・クロ’17

特価・税別¥7900

↑27%OFF!

輸入元定価・税別¥10,800

<あと8本>

デカンター・オンライン97点!!!
ワールド・ワイン・アワード2019年度 最高賞のBest in Show受賞!!!
(2021~2030年)

バーガウンド・コム 92~94点

最新パーカー94点!(2023~2037年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)

パーカー92~94点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン、2020~2038年)

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点


インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 金賞受賞!

16本完売。

毎年大人気!




クリスチャン・モロー、シャブリグランクリュ・レ・クロ’16

税別¥8200

<あと12本>超限定品!

※’16は再入荷不可能!

ワイン&スピリッツ誌 96点!!!

Wine Enthusiast 95点!!!
(2021~、Cellar Selection!)


バーガウンド・コム 93点!

パーカー91点(2019~2029年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)

スペクテーター91点(NOW~2024年)

最新VINOUS 92点(ニール・マーティン、2021~2036年)


VINOUS 91~94点(ステファン・タンザー)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018年度 金賞受賞!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17/20点(クープ・ド・クー!!!)

アルコール13%

収穫は手摘みで行われ、選果台をかねた収穫用の車を畑に横付けして、収穫と選果を同時に行っています。

「1ダースの生産者しかいない」という手摘み収穫にこだわり、「2人しかいない」というテーブル上での選果を行う。

25~50hlの小さめのタンクで区画ごとに醸造。発酵にはすべて天然酵母を使用しています。ファビアンがワイン造りに参加してから、オーク樽を使って発酵されるようになりました。オーク樽で発酵させる比率はグラン クリュで約50%、プルミエ クリュで約30%。但し、新樽比率は2%と低く抑え、テロワールの特徴を隠してしまわないようにしています。


『 キンメリジャンの粘土・石灰質土壌で、南向きの日当たりの良い斜面の上から下まで幅広く所有しています。レ クロらしい引き締まった酸味と豊かなミネラル分を持ち、柑橘系の香り豊かな凝縮感のあるワイン。(輸入元資料より)』


7/28(日)アップ~<※極少数!>蔵出しエンビナーテ’17パロ・ブランコと’17タガナン・パルセラ・マルガラグア

6/29(土)アップ~蔵出しエンビナーテ’17ロウサス・ビニャス・デ・アルデア

3/16(土)アップ~蔵出しエンビナーテ’16アルバーラ


すでに超入手難!日本ではまだ全く無名ながら、
スペインワインのエレガント&フィネス潮流の筆頭格!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。
















 


クロ・デ・フのペドロ・パッラさん曰く、スペイン最高の生産者!!!
(一緒にお食事させていただいた際に直接聞きました)
冷涼な畑←特にガリシア産 の素晴らしいテンションとミネラル
天然酵母、低アルコール、ロウキャップ

ワイン・アドヴォケイトのLuis Gutierrez氏が大絶賛!!!
この方は、デリケートなピノノワール的味わいのホアン・ダンゲラやホセ・パラシオス、マンドラゴラ・ビノスをちゃんと評価している上に、
クロ・デ・フのアレナリア’14にも94点を付けているので繊細さやミネラルに間違いなく理解があるテイスターだと僕は思います。

WEBマガジン『Panch』ライターのジョン・ボネ氏にも大きく取り上げられる!
意外なことに生産量のほとんどがアメリカに輸出されてしまうそうで、もともと入手難ですが、さらに手に入らなくなっております、、、

The wines of Envinate, one of Spain's most exciting producers!
(Jamie Goode氏)




Camino Novo (Ribeira Sacra) 畑画像




※全銘柄すべての値引き対象外となります。
全銘柄再入荷不可能!
わずかなラベル不良は、あらかじめご了承の上、ご注文お願い致します。





Envinate, Lousas Vinas de Aldea '17 Ribeira Sacra

エンビナーテ、ロウサス・ビニャス・デ・アルデア’17

(スペイン・ガリシア地方・DOリベイラ・サクラ・辛口赤)


税別¥2900

<あと28本>絶対おすすめ!
超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー93点!!!(2019~2022年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト241号)


「2019.7月上旬に飲みました。縁が紫がかった濃いルビー色。トップノーズは少し還元して癖があるが、味わいは本来の素晴らしさの片鱗を見せている。ただし輸入直後でまだ真の実力を発揮しきれていない時期。ブラックチェリー、プラム、ルバーブ、樹脂、白ユリ、スパイスなどの香りから時間とともに香りから癖がなくなってきて甘い赤黒果実香主体となる。しっかりした果実味、低くない酸、予想よりタンニンとグリップが強くコクがあり、うまみがまだ表現されきっていない。あと少しでナチュラル感が前面に出そうな予感があり、実際アフターの最後の方に高級感とミネラルを感じる。飲み頃は1~2年後だろうか?抜栓の次の日もおいしい。全体的に少し向上。抜栓の2日後も香りは変わらず、味わいはよりクリアでピュアになって少し向上。抜栓の6日後もまだ楽しめる。アフターが少しずつピュアになってゆく」

アルコール13%

’16より少しタンニンが丸く、すでにバランスよいと思われます。






Envinate, Lousas Vinas de Aldea '16 Ribeira Sacra

エンビナーテ、ロウサス・ビニャス・デ・アルデア’16

(スペイン・ガリシア地方・DOリベイラ・サクラ・辛口赤)


税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー94点!!!(2019~2024年、2019年2月試飲)

最新Jamie Goode 95点!!!(2018年8月試飲)

Jamie Goode 94点!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

51本完売!ありがとうございました

「2018.5月上旬に飲みました。ぜひブラインドでワイン会等で出してみてください。ただ保管と温度とグラス、また抜栓後の時間で結構表情を変えるデリケートなワインなので要注意。縁が紫がかった中程度のルビー色。抜栓直後のおいしさがすごい!特にトップノーズは、最上の造り手のピノノワールかピノノワール的なガメイのようで透明感のあるピュア&ナチュラル。冷涼感のある赤い実の果実で、うまみとミネラルが多く、果実味・骨格も弱くなく、今はまだアフターに少しだけタンニンが残る飲み頃NOW~。驚きのセンスと才能。時間とともに香りがさらに発展して、もう完全にピノノワール!!!梅ガム、イチゴ、桃などの赤い実主体の果実をデニッシュ生地のパンにのせたようなとてもよい香り。フィリップ・パカレやビゾーと共通するニュアンスを含み、ブラインドでナチュラルなピノノワール¥6,000~?という感じ。抜栓の2日後までおいしい。温度を下げ過ぎるとタンニンが目立つし、上げ過ぎるとバランスが少し悪くなるというむずかしさはあるかも?ブルゴーニュ・グラスがベストだと思う」

アルコール12.5%

メンシア90%、メレンサオ/ブランセリャオ/カイーニョ/アリカンテ計10%

’15 パーカー93+点!!!

’12 VINOUS 91点




Envinate, Albahra '16

エンビナーテ、アルバーラ’16

(スペイン・アルマンサ・辛口赤)


税別¥2300

<あと12本>超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー93点!(2018~2021年、ワイン・アドヴォケイト234号)

ジェームス・サックリング 97点!!!

さらに2018年度Best Value under $30 第2位に選ばれる!!!
さらに2018年度 Top 100 Spanish wines 第6位に選ばれる!!!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

24本完売。

「2019.1月下旬に飲みました。見た目通り非常に開けやすいタイプのロウキャップ。縁が紫がかったやや濃いルビー色。ごくごくわずかにガスが残っている印象。上記評価がまったく大袈裟すぎない素晴らしいうまみ酸とミネラル、ピュアで清涼感のある全体像。それだけでも価値があるのですが果実の質感も素晴らしく、黒い実だけではなく赤い実も混じりつつよく凝縮した酸っぱくない梅シソ、フルーツトマト風味もあってある程度コクと高級感のあるナチュラル系ローヌと思って飲むことも可能なイメージでしょうか。余韻も長く伸びて完成度が高い。大幅に価格を超えた高い品質。抜栓の5日後まで落ちない」

アルコール13.5%

ガルナッチャ・ティントレラ100%






※ここから下は
カナリア諸島内・テネリフェ島産
自根の超古樹!!!
火山性土壌
低収量、基本的に醸造中の亜硫酸なし、もしくは最小限、無濾過



Envinate,Taganan Parcela Margalagua '17

エンビナーテ、タガナン・パルセラ・マルガラグア’17

(スペイン・テネリフェ島・辛口赤)


税別¥4300

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー97点!!!(2019~2027年、
To me this is a bargain, because it delivers world class at an unbelievable price. The challenge is to find it... Buy it if you can!

割り当てわずか6本のみでしたので試飲できません、、、




Envinate,Taganan Parcela Margalagua '16

エンビナーテ、タガナン・パルセラ・マルガラグア’16

(スペイン・テネリフェ島・辛口赤)


税別¥4200

<あと13本>絶対おすすめ!
超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー96+点!!!(2018~2026年、
~this is fermented with full clusters, and they keep some of the white grapes that are intermixed in the vineyard with the red grapes. It's subtle and very ashy-volcanic and with a sharp, pungent palate with deep flavors. The palate reveals superb precision and clarity, with salty minerality not yet as expressive as the 2015 but with huge potential to develop in bottle. This could be even better than the 2015.
ワイン・アドヴォケイト234号)

「2018.12月初旬に飲みました。このブドウからこんなに繊細で複雑なワインが造れるなんて凄すぎるという感動があります。まるでピノノワールとか標高高い畑のガルナッチャで有機栽培の優れたドメーヌという味。今すぐ開けるとまだわずかにタンニンが溶け込みきっていないがそれでもすでにかなりおいしい。ピノノワールとは違う赤色の強い明るいルビー色。抜栓直後のみごくわずかに還元しているが、すぐにキレイな赤い実の果実香主体となり、アセロラ、イチゴミルク、フルーツトマトなどのピュアなよい香り。口の中でもイチゴミルク感があり、しっかりした酸とミネラル、タンニン少なくないがキメ細かく、アフターの最後のうまみミネラルが長く持続する。他にない個性と質感。抜栓の2日後までまったく落ちない。ブルゴーニュグラスで温度を上げ過ぎないが最適だと思われる。 ※なお、そのままスクリューをさせばOKのペリペリ剥がれる系の薄いロウキャップですのでご安心ください」

アルコール12.5%

ネグラモル(マデラに使われるティンタ・ネグラ・モーレ)
、リスタン・ネグロ、モスカテル・ネグラ、その他土壌品種




Envinate, Palo Blanco '17

エンビナーテ、パロ・ブランコ’17

(スペイン・テネリフェ島・辛口白)


税別¥4000

<あと6本>超限定品!

パーカー95点!!!
(~Superb.2019~2024年)


すでに再入荷できないので試飲出来ません。




Envinate, Palo Blanco '16

エンビナーテ、パロ・ブランコ’16

(スペイン・テネリフェ島・辛口白)


税別¥4000

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー94点!(2018~2024年、ワイン・アドヴォケイト234号)

「2018.5月中旬に飲みました。ある程度好みは分かれそうですが、品質と個性が素晴らしい。まずはやや涼しげでキレのある酸とミネラル。アフターに強烈塩ミネラルが残り、さっぱりする。意外にポーク・パテに合う。トップノーズは、ごくわずかに還元的だが嫌な風味はなく、ゴマ、レモン、ミネラル主体+ぼやけていない青りんご。ガリシア産だけではなく、テネリフェ島産もすべてが高品質のようで安心。抜栓の2日後まで非常においしい。ずっと塩ミネラルが強烈!」

アルコール11.5%

リスタン・ブランコ
シェリーのパロミノ種の別名
なのでスペイン・へレス周辺はもちろんとして、ランドック南西地域とアルマニャックでもでも栽培されているらしいです。



生産地域: Canary Islands, Galicia, Extremadura and Almansa
カナリア諸島、ガリシア、エストレマドゥーラ、アルマンサ
オーナー/醸造責任者/栽培責任者/コンサルタント:
Roberto Santana ロベルト・サンタナ(カナリア諸島)
Alfonso Torrente アルフォンソ・トレンテ(リベイラ・サクラ)
Laura Ramos ラウラ・ラマス(ムルシア)
Jose Martinez ホセ・マルティネス(アルマンサ)

【ドメーヌについて】
ドメーヌ創業年: 2008年
ドメーヌ解説: エンビナーテ(「ワイン、あなた自身」という意味)は、ワインメーカー仲間の4人組、すなわちロベルト・サンタナ、アルフォンソ・トレンテ、ラウラ・ラモス、ホセ・マルティネスの構想から生まれた。この4人組は、アリカンテのミゲル・エルナンデス大学で醸造学を学んでいた、2005年に結成された。大学卒業後、彼らはワイン造りのコンサルタント業を始め、これがのちに「エンビナーテ」へと発展することになる。彼らは、リベイラ・サクラやカナリア諸島といった、主として太平洋気候から影響を受けた地域で、個性的な畑地(パーセル)に焦点を当てるプロジェクトを進めてきた。そのグループとしての目的は、明快かつ簡潔な表現法でもって、各畑のterruno(テルーノ;テロワール)を体現する、あくまで純で真正なワインを造ることにある。

【畑について】
栽培方法: リュット・レゾネ
その栽培方法の開始時期: ドメーヌ設立以来
その栽培方法を適用している畑名:すべての畑に適用
栽培方法の将来的な展望:常に変わらず現在と同じ栽培法を続ける


認証機関: 認証は取得していないが、畑は出来る限り自然な農法を心がけている
土壌: 火山性(カナリア諸島)、スレート粘板岩と花崗岩(リベイラ・サクラ)
微気候: 海洋性気候
自社ブドウ畑面積: カナリア諸島は7ha(すべてピエ・フランコ)、リベイラ・サクラは4ha
契約ブドウ畑面積: 22ha
自社ブドウ畑の数: カナリア諸島:15、ガリシア:12
自社栽培ブドウ品種数: 35種

【醸造について】
酵母のタイプ: 野生酵母
圧搾方式: 手動にて垂直式プレスを使用(リベイラ・サクラ)、空気圧式プレス(カナリア諸島)
醗酵容器の素材と容量: コンクリートタンク(3100L)、木樽(228-600L)、開放槽(500-1000L)
熟成容器の素材: ニュートラルなフランス製オークバレル
(輸入元資料より)


7/28(日)アップ~蔵出しアルヘイト・ヴィンヤーズ’17カルトロジー再入荷

6/16(日)アップ~蔵出しアルヘイト・ヴィンヤーズ’17’16


伝説の白と再評価され始めたサンソー!












 




クリスとスザーン夫妻画像




Alheit Vineyards, Cartology '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、カルトロジー’17

(南アフリカ・W.O.ウエスタン・ケープ・辛口白)


税別¥4600

<あと7本>絶対おすすめ!
超限定品!

ワイナート94号 92点!

VINOUS 93点!
(ニール・マーティン、2019~2028年

~The palate is beautifully balanced with a gorgeous tangy, marmalade-tinged opening. The acidity is extremely well judged (as it nearly always is) and a touch of stem ginger and rhubarb emerges toward the poised, energetic finish. Excellent. )

スペクテーター92点(2021~2031年)

Wine Enthusiast 90点(2021~)


生産者自身曰く、『 カルトロジー’17は過去最高の出来!!! 』

ティム・アトキンMW『サウスアフリカ 2018 スペシャル・リポート』
ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー受賞!!!

13本完売。

「2019.5月に飲みました。1年前に’16を試飲した時も驚いたが’17はさらにそれより上質という印象!こんなワインがあるというだけで南アフリカの名声を高める効果のあるすごい銘柄の一つ。エネルギーが炸裂していて説得力のある味わい。トップノーズは濃厚チーズの乳酸ニュアンスと焦がしバター、ビスキュイ、キャラメル、アーモンドなどで、まるでまだ飲み頃に入っていないハイポテンシャルなシャサーニュモンラッシェ1級的な雰囲気ありつつも15分くらいでさらに香りが発展してゆく。温度を上げてもまだ固く、ほぼ固体?というくらいの噛めるような凝縮厚みエキスとコクがあり、果実のエネルギーとポテンシャルが凄い!酸とミネラルも弱くなく、余韻が長く、鼻に抜けるパイナップルとコクのあるバターの強い風味も持続する。抜栓の次の日も非常においしい。昨日よりパイナップルと黄桃のニュアンス強い。抜栓の2日後もまったく落ちない」

’16’15 ジェイミー・グッド 94点!

’15 パーカー93点!

【品種①】シュナンブラン:87%、4つの異なる地域の9つの畑のブレンド、産地:スカーフバーグ
畑立地:標高440~550m 土壌:主に花崗岩 樹齢:35~60年
【品種②】セミヨン:23%、仕立て:ブッシュヴァイン(古樹)、樹齢は最も古いもので1936年植樹 どちらのブドウからもミネラルに富むフィネスのあるジュースが得られ、その味わいがカルトロジーの骨格を作っています。

【全房使用率】100%:スキンコンタクトを行うことにより、繊細且つ塩味や苦味が全体の味わいを引き締めています。

【熟成樽】5年~14年の古樽にこだわり、ブドウの持つフレッシュな果実味と蜂蜜のような香りを感じることができます。
アルコール度数:13.5%

old bushvines, naturally fermented




Alheit Vineyards, Nautical Dawn '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、ノーティカル・ドーン’17

(南アフリカ・W.O.ステレンボッシュ・辛口白)


税別¥6400

<あと5本>幻の超限定品!

ワイナート94号 95点!!!

VINOUS 94点!!!
(ニール・マーティン、2019~2030年
~The expressive palate features orange pith, white peach and guava, and the acidity is very well judged with just the right amount of salinity toward the finish. What a superb debut! )

スペクテーター92点(NOW~2021年)

Wine Enthusiast 93点!


【品種】シュナン・ブラン100%
【産地】フォルスベイ地区の2つ畑
【畑】「ステレンホフ」:海から4km、標高60m、南東向き、
植樹:1978年、土壌:花崗岩、灌漑なし
【畑】「カリビブ」:海から13km、標高220、南東向き、土壌:花崗岩、灌漑なし

2013年に友人からこの「ルステンホフ」の畑を紹介された当初彼は標高300m以下の畑には興味がなかったのですが、それでも試してみたところ、2015年にはかけがえのないものとなり、わずか数年でファン垂涎のワインになりました。
アルコール度数: 13.0%




Alheit Vineyards, Flotsam & Jetsam Stalwart Cinsault '16 (Hermanus)

アルヘイト・ヴィンヤーズ、フロットサム・ジェットサム・スタルワート・サンソー’16

(南アフリカ・W.O.ウエスタン・ケープ・辛口赤)


税別¥2750

<あと5本>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン91点

パーカー89点(2017~2026年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)


「2018.6月に試飲しました。今、再評価され始めているサンソーは、ピノノワールやシラーと同じで全房発酵との相性が特によいブドウ品種。南アフリカの風土とも相性がよいそうですね。サンソーの可能性を引き出した、少し野性味のあるピノノワール風味!タンニン多いが丸く、うまみとミネラルが多い味わい。酸もそれほど低くないよい出来!」

アルコール12%

≪フロットサム・ジェットサム≫シリーズは2015年より取り組むセカンドブランドです。かつては造り手の“まかないワイン”として活躍していたサンソーに、敢えてスポットライトを当てて単品種で醸すという、昔の南アフリカワインへのオマージュを込めて造られたシリーズの第1弾です。
純粋なブドウのフレッシュさを楽しめる味わいを目指して造られています。

【品種】サンソー100% 【産地】ダーリン(内陸)

【土壌】赤土を含む花崗岩
【植樹】1982年
【全房使用率】100%  【発酵】5~6年の古樽にて足踏みにて優しく破砕
【マセラシオン】2週間ほど 【熟成】7~8年の古樽にて約7か月

【テイスティングノート】サンソーの持つチャーミングなベリーの香りや、爽やかな酸味、フレッシュハーブのような青さが清々しい味わいです。少し冷やした13~14℃でのサーヴをお勧めします。 アルコール度数:12.0%


当主:クリス・アルヘイト氏。2011年に自身のファーストヴィンテージである「カルトロジー」をリリースし、瞬く間に南アフリカで最も評価され、注目をあびるようになったワイナリー。 ワイナリー設立前、クリスとスザーン夫妻はケープワインインダストリーで働きながら、世界のワイ ナリーを多く訪れ、その土地や地域でしか表現できないワインに感銘を受け、「ケープ土着の品種を使って、南アフリカのアイデンティティを表現したワインを造りたい」と思うに至ります。そしてクリス氏は、標高300メートル前後に立地し海風や山おろしの吹く乾燥した区画に植えられている古木に着目しました。残っていた記録によると、この地では1656年に既にシュナンブランとセミヨンが植えられていたことから、彼は白ワインに特化した醸造家を目指すことを決め、ワイナリー設立に至ります。 風土と品種をそのまま大切にボトルに詰め込んで、大いにその個性を表現しています。

南極大陸から流れる海流の影響を受け、緯度の割に冷涼な気候を保っています。ワイナリーの本拠地はヘルマナスですが、葡萄は各地の栽 培家と契約して条件にかなったものを購入しています。主に30年以上の古木が植わった小区画の畑ですが、最も古い樹は1936年に植樹され たもので、拠点から400km近くも離れた畑のものを使用しています。樹齢のみを考慮しているのではなく、各区画の立地条件を非常に重要視し ています。彼は天然の高い酸が生み出す澄んだ味わいを持ったシュナンブランを収穫するため、大西洋からの冷涼な海風は畑に不可欠と考 えています。

収穫後、葡萄は全房にてゆっくり味見をしながらプレスしています。その後低温のタンクで24時間静置しますが、この際酵素やSO2など、添加物 は一切加えません。それらを加えることは、バクテリアの持つポテンシャルを崩し、発酵を妨げることになると考えているからです。また、マロラク ティック発酵までのスムーズな移行は収穫時の酸が関与するとの考えから、収穫日の決定には非常に気を使っています。また新樽は一切使 用せず、全て古樽を選んでいます。 クリス曰く、相撲の力士よりも体操選手のような、「パワーにあふれていながら軽やかで重たくないワイン」を作ることを目指しています。
(輸入元資料より)


9/1(日)アップ~蔵出しストーム・ワインズ’17

南ア最高のピノノワールの一つ!そのスタイルも素晴らしい!






 



Storm Wines, Ridge Pinot Noir '17

ストーム・ワインズ、リッジ・ピノノワール’17

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥4800

<あと24本>絶対おすすめ!
超限定品!

「2019.7月上旬に飲みました。ついにここまで来たか!という圧倒的な内容。フレダ・ピノノワール’17も非常においしかったが、この『リッジ』はさらに繊細で複雑・優雅な傑出バランス。コンディション抜群でアフターの伸びもあり自分の中では今迄に飲んだ南アの中でこれが最上のピノノワール!苦手な松脂系の樽香が一切なく、樽がとても控えめでタンニンの質がよいが、骨格と酸とミネラルはしっかり。ブラインドで南アとわかる人はまぁいないでしょう。果実香もピュアでややフローラルな赤い実の果実主体で、クドさゼロのイチゴケーキ、紅茶、上品なスパイス、熟成香ではないきのこ類などの非常によい香り。当然少しもジャミーではなく、フランス的な調和。エレガント&ミネラリーでうまみが広がる味わい。アフターにはちゃんとグリップがあり骨格も決して緩くない為、まだ向上する。ほのかな甘みを感じるが、やっぱり上品でよいバランス。抜栓の次の日以降には(決して劣化とか酸化の類と勘違いされたくないのですが)それこそブルゴーニュの出汁系なめらか古酒のようなバランス。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール13.5%

【産地】Hemel-en-Aarde Ridge/ヘメル・アン・アールデ・リッジ
【標高】3地区の中で最も高く約330mあり冷涼「フレダ」の畑よりもブドウの生育が1カ月ほど遅く、じっくりと味わいを深めていきます。
【畑立地】東向き 【土壌】4億年前のデボン紀のボックフェルド・シェール:石が多く粘土が豊富な頁岩
【2017年】夏の間の昼夜の寒暖差によって色、酸味、風味が非常に豊かになった素晴らしいヴィンテージ
【アロマ】ブラックチェリーなどの豊かなベリー系のニュアンスとスパイス、ミネラルのアロマ
【味わい】シルクのようなタンニンと官能的なダーク系の果実味が口中に広がり、スパイシーな香りが鼻に抜け、しっとりとした落ち着きと優雅さを与えてくれる極上のピノ・ノワールです。

’16 ワイナート94号 92点!

’16 VINOUS 92点!(ニール・マーティン)

’16 デカンター・オンライン94点!!!

’15 パーカー91点




Storm Wines, Ignis Pinot Noir '17

ストーム・ワインズ、イグニス・ピノノワール’17

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥4900

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

アルコール13.5%

まさかの割り当て3本のみ、、、

花崗岩土壌のピノ・ノワールで3キュヴェの中で最も繊細。ブルゴーニュ愛好家垂涎のキュヴェ。

【キュヴェ名】「Ignis/イグニス」とはラテン語で「火」の意味で、畑の土壌を形成しているのが火成岩の花崗岩で、そのゴロゴロとした石が赤みを帯びた茶色であることから名付けられました。
【産地】Upper Hemel-en-Aarde-Valley/アッパー・ヘメル・アン・アールデ・ヴァレー
【標高】3地区の中間に位置し、約125m
【畑立地】北向き  【土壌】砂利の混ざる風化した花崗岩
【2017年】夏の間の昼夜の寒暖差によって色、酸味、風味が非常に豊かになった素晴らしいヴィンテージ
【醸造】除梗したブドウと全房のブドウを交互にタンクに入れ、10日間低温浸漬を行います。
【熟成】フレンチオーク小樽にて11カ月:新樽比率25%
【アロマ】ラズベリーやワイルドストロベリーのアロマ、ほんのりとウッディでスパイシー
【味わい】アロマに感じられたフルーティーさとシルクのようなタンニンが絶妙な調和を見せ、美しいバランスを持ち、凛とした印象のとてもエレガントなピノ・ノワールです。

’16 ワイナート94号 90点

’16 VINOUS 90点(ニール・マーティン)

’15 スペクテーター91点

’15 パーカー91点


2012年、南アフリカの首都プレトリア出身で、ピノ・ノワールの名手ハネス・ストーム氏によってヘルマナスに設立されたワイナリーです。ワインコレクターだった父の影響でステレンボッシュ大学で栽培と醸造を学びますが、学生の頃から、かの「ハミルトン・ラッセル」で研鑽を積み、後にワインメイカーに就任します。大学時代に虜になったピノ・ノワールとシャルドネを扱う彼の技術は卓越しており、小規模生産者の栽培コンサルタントを務めるなど若くして敏腕ぶりを発揮してきました。本拠を置くヘルマナスのHemel-en-Aarde/ヘメル・アン・アールデはケープタウンから東へ120kmの海の近くに位置し、南極から流れるベンゲラ海流と大西洋からの涼しい南東の風の影響を受けており、灼熱の南アフリカにおいて並外れた冷涼な海洋性気候でピノ・ノワールとシャルドネの聖地と言えます。また、西ケープ州の他のワイン産地よりも年間の降水量が多いため、干ばつの影響を受けにくい利点もあります。ハネスはとても勤勉家で温かく愛に溢れた人柄で、彼の周りのワイン造りに携わる人々や友人たちからだけでなく、地域の人々や流通に関わる人たちからもとても愛されています。今季より念願叶って取り扱いが可能になりました。豊かなヘルマナスの大地とハネスの手によって育まれたブドウから生まれるエレガントで繊細なキュヴェをどうぞお楽しみください!

ケープタウンから東へ120kmに位置するリゾート地ヘルマナスにある海洋性気候のワイン産地「ウォーカーベイ地域」は、シロナガスクジラが見れることでも大変人気ですが、この中の地区「Hemel-en-Aarde」が2009年に3分割されました。この3地区すべてに畑を持ちワイン造りをしているのは「ストーム・ワインズ」だけです。
(輸入元資料より)


①Hemel-en-Aarde Valley/ヘメル・アン・アールデ・ヴァレー:標高は高くなく粘土がちな頁岩で温暖
②Upper Hemel-en-Aarde Valley/アッパー・ヘメル・アン・アールデ・ヴァレー:中間に位置し風化した花崗岩土壌
③Hemel-en-Aarde Ridge/ヘメル・アン・アールデ・リッジ:標高が330mもあり最も高いため寒く、土壌は頁岩

3つの異なる地区(ワード)の個性を活かすため、人的介入は最小限にとどめ、 徹底した少量生産を貫くことにより、最大限にその魅力を発揮しています。

【全房使用率】
テロワールの特徴を生かすため15~20%以内に抑える

【熟成樽】
「ハミルトン・ラッセル」のお下がりのフランソワ・フレール製小樽、ルイ・ラトゥール製の小樽

【熟成期間】
約11~18カ月


7/28(日)アップ~蔵出しクロ・デ・フ’16プール・マ・ギュール再入荷

ピノノワール好きの為の最高のデイリーの一つ!







 



2018.4月下旬にご来店いただきました~!!!
その後、白石区のおいしくフランスのビストロのような雰囲気も良い
『 BISTROT PETITE REGION (ビストロ・プティット・レジョン) 』さまで一緒に食事するチャンスに恵まれまして、さらに理解が深まりました。ペドロ・パッラさん人間的にもいい人で楽しかったです。
話がすごくて写真撮っておりません。最後は時間もおしていた(笑)

コント・リジェ・べレールで働いたのち、あらゆる国で大活躍!
ムルソーのドメーヌ・ルーロのコンサルタントも!地質学の権威でもあり、繊細な味わいとミネラルを理解できる日本を大切なマーケットと考えてくれております。
ご本人が新樽と強い抽出が嫌いで、黒い実の果実よりも赤い実の果実の方を好む。その上、冷涼な畑でビオロジックによる
英語でのテイスティング・コメント上の『 テンション 』を重要視している。

ミッシェル・ラファルジュとミュニュレ・ジブール、エンビナーテ(スペイン)が大好きで
おいしいと思ったら女性生産者(醸造家)だったということも増えているようで、そこも当店と好みが似ているかも

地味に凄い情報:ペドロ・パッラさん曰く、
DIAM コルク採用ボトルは、横に寝かせて保存する必要がないそうです。
’17ヴィンテージくらいから採用決定。
現在流通しているワインにはごく一部のみ採用中。

無灌漑で自根であることよりも、畑の地質と場所の方がより重要と言っておられました。

どうりで昔のチリのイメージを完全に覆すバランス感なわけですね。その上、全ワインが大幅に価格を超える繊細・高貴系。逆にチリのまだ無名な畑主体であるために実現できているだけの実は価格と全然合っていない高品質。お安くおいしいワインを飲みたければ本当にもう先入観は捨てるべき。

今ではもう注目されてしまっているイタタ・ヴァレーに最初に目を付けたのは
ペドロ・パッラさんとレジェンド故マルセル・ラピエール氏!!!
さすが才能ある方は違う!



スターレーン、グラハム・ベック、セレシン・エステイトなどを発掘して大ブレイクさせた凄腕ニューワールド・バイヤー(女性)による超おすすめ品です!

特に新着のアレナリアに関しては『 背筋が、ゾクゾクっとするくらい素晴らしい品質で、酸もまったく低くない!熟成も可能 』とのことです。

デカンター誌絶賛のテロワリストが造るスーパープレミアム・チリ産ピノノワール!

TOCAO’13が、ジェームス・サックリング 2016年度TOP100入り、
リアルワインガイドの表紙のワインとなるなど評価も上がってきております!





デカンター誌パワーリスト50に2009、2011、2013年と3回も選ばれた!
クロ・デ・フのペドロ・パッラ自身のドメーヌ
無農薬・無灌漑・ほぼすべて自根

USの人気ワイン・コラム the guardian でも高評価される!


より詳しく知りたい方は、輸入元HPこちらをクリック


http://mot-wine.mottox.co.jp/winery/publish/html/1607.html






Clos des Fous, Pour Ma Gueule '16

クロ・デ・フ、プールマギュール’16

(チリ・イタタヴァレー・辛口赤)

税別¥1350

<あと16本>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン91点!!!(2018~2022年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

38本以上完売。

「2019.2月下旬に飲みました。期待通りデイリーの枠を超えたほとんどよく出来たピノノワールという素晴らしいワインをまた造ってくれた!ただし’15よりも冷涼感は控えめで(おそらく気候条件よりも全房発酵比率を上げて酸が下がったため)トップノーズと中域に濃密感が出ている。昔の全房発酵ではなく、今の全房発酵。ちょっとニコル・ラマルシュさんの下位銘柄を連想させるようなピュアな赤い実の果実香があり、ほのかに甘い豊かな果実味、滑らかでやや複雑、よく溶け込んだタンニン。低めの温度でグルゴー二ュ・グラスがおすすめ。デイリーワインの価格帯が濃いだけでつまらないワインが多い時代は終わりつつあるのか?抜栓の次の日も非常においしい。温度を下げることや食事と合わせることで酸の低さは気にならなくなる。’15との違いも面白く、この価格でこんなにも楽しめる最強デイリーの一つ」

’16は、サンソー 79%、パイス 13%、カリニャン 8%




クロ・デ・フ、プール・マ・ギュール’15

(チリ・イタタヴァレーD.O.辛口赤)


税別¥1350

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド60号 87+・88点!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2018 ゴールド受賞!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2017 シルバー 受賞!

パーカー90点!
(A red you want to buy by the case, one of those thirst wines is the 2015 Pour Ma Gueule. It is a complex blend from Cauquenes (Maule) and Itata, with some 50% Cinsault and one-third Carinena, plus small amounts of Syrah, Pais and Malbec from old, dry-farmed vineyards. The grapes were separately harvested, fermented and aged in stainless steel and concrete vats and then were blended. It's juicy, ripe and balanced, terribly tasty, not terribly complex but greatly satisfying. All the varieties are nicely assembled, easy but not banal, with the granite minerality in the palate, which is so difficult to find in wines and even more so at this price level. A bargain!
2017~2019年、Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト230号)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

131本完売!!!ありがとうございました~※ついに’15は再入荷不可能!

「2018.4月下旬に再度試飲しました。’16以上に冷涼で繊細で、まさにブルゴーニュ通のための最強デイリーワインの一つと言えそうです!!!」



「2017.8月下旬に試飲しました。トップノーズだけごくわずかに癖のあるスパイス香が含まれるが、味わいがあまりにも価格を超えた上質で冷涼で滑らかでうまみとミネラルの多い素晴らしい内容。明らかに質感・バランスがデイリーワインのレベルにない。決して濃厚ではないが、シンプルではないというセンスの良さ」

アルコール%

サンソー52%、カリニャン33%、シラー8%、パイス4%、マルベック3%

樹齢50年!!!
(スペインから最初にワイン用ブドウが持ち込まれ栽培が行われた歴史的な産地なので樹齢が高く、農薬や灌漑も使わず栽培されている!しかも冷涼な畑!)

細かな水晶を多く含む古生代の花崗岩土壌


プール・マ・ギュールとはブルゴーニュで使用される表現で、醸造家がプライベート用に造る特別なワイン。自家消費したくなるようなとっておきのイタタブレンドをお楽しみ下さい。


7/28(日)アップ~蔵出しディアバーグ’16ピノノワール
<ドラム・キャニオン・ヴィンヤード>

タイラー・トーマスさんに変わってからの大成功年!








 

 

 

当店で今までで一番売れたカリフォルニアです!

2018.5.14(月)
ワインメーカー Tyler Thomas氏にお会いできました~!
植物科学も学んだ醸造責任者、そしていい人。

2011.9.5(月)
スターレーン・ヴィンヤードのゼネラル・マネージャー Kurt Ammann氏にご来店いただきました~!




Dierberg Vineyard, Pinot Noir Santa Rita Hills < Drum Canyon Vineyard >'16

ディアバーグ、ピノノワール・サンタ・リタ・ヒルズ <ドラム・キャニオン・ヴィンヤード>’16

税別¥6500

<あと10本>絶対おすすめ!

パーカー92点(2020~2030年、
~Medium-bodied, it offers intense flavor layers with lots of earthy nuance, a sturdy frame of grainy tannins and seamless freshness, finishing very long.


Wine Enthusiast 93点!

「2019.7月下旬に飲みました。紫色の弱いやや明るいルビー色。’13も素晴らしかったですが、’16は微妙な差ではありますが、さらに素晴らしかった気がします。艶のある華やかな赤い実の果実、フルーツガム、酸化傾向ではない上質なヨード香、少しラベンダーなど花の香りも混ざり合う。よく凝縮しているが無駄な重さやエグみがなく、エキスの濃密な厚みが素晴らしい。全房発酵使いがさらに上手になったのか?非常にセンスを感じる造りで、甘さ控えめ(’13よりさらに甘さ控えめだったと思う)で酸も低くなく、タンニンの質がとてもよく、骨格があり、余韻が長め。飲み込んだ後もやはりクドくない。すぐ先入観で酸が低いとか連呼せずにもっと本質を見て欲しい(笑)抜栓の次の日も非常においしい。少しも甘緩くならないのでダレない」

アルコール13.9%

’16は、全房発酵比率25%

醗酵:天然酵母のみを利用し小型の開放式ステンレスタンクにて醗酵
熟成:フレンチオーク樽 14カ月(新樽35%)

年間生産量:8,436本

成長期の日中の寒暖差:昼24℃ - 夜12℃
水はけのよい急斜面、一日中畑に吹き込む強い風により
高い酸としっかりした骨格を表現

’15 VINOUS 93点!

’15 スペクテーター92点




Dierberg Vineyard, Pinot Noir Santa Rita Hills < Drum Canyon Vineyard >'13


ディアバーグ、ピノノワール・サンタ・リタ・ヒルズ <ドラム・キャニオン・ヴィンヤード>’13

税別¥6500

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー94点!(2015~2023年、ワイン・アドヴォケイト220号)

Wine Enthusiast 93点!

バーガウンド・コム 89点(Issue 67号、2020+、2017年6月試飲)


すでにお客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2018.5月中旬に再度、試飲しました。」



「2018.4月上旬に試飲しました。あれ?昔のディアバーグ・ピノノワールと全然味が違うと思ったら、初めて試飲する上級品でした(笑)熟度と繊細さやエレガンス、ほのかな甘旨に加えて酸とミネラルも低くない予想以上の傑出バランス。甘すぎず緩くなく、クドさがなく杯が進む上に余韻が長い。同時に必ずしも酸がすべてではないというよい例でもあるかもしれないです」

アルコール14.1%

※サンタ・マリア・ヴァレー・ピノノワールの上級品です!初入荷!

畑名「Drum Canyon Vineyard」
サンタ・リタAVA内の自社畑
霧の影響が強く冷涼な標高の高い南向き急斜面
斜面であるため日照量は得ることができるが、一日を通して強い風が吹き抜ける為に涼しい
ピノノワールの区画は小高い丘の斜面に位置しており、樹齢も上がってますがかなり土壌も痩せているので若木のように見えるほどキャノピーも低く、幹も細いブドウ樹。

水はけのよい砂質ローム土壌

タイラー・トーマス氏による大成功年!

醗酵:天然酵母のみを利用し小型の開放式ステンレスタンクにて醗酵
熟成:フレンチオーク樽 15カ月(新樽20%)

年間生産量:9,500本

新鮮なブラックチェリーや野イチゴ、スパイスのアロマを持ちます。丸みを帯びた口当たりでしっかりとした酸が特徴。様々な赤系ベリーが現れ、ほんのりモカも感じるエレガントな1本。
(輸入元さんコメント)





7/20(土)アップ~<※入手難!>蔵出しドメーヌ・デリアンスNVクレマン

高樹齢の自社畑ブドウから造られる贅沢仕様!






◇自社畑のブドウのみを使用

メルキュレイとジヴリの間に位置する、
トラシー・ル・フォール村とメルセ村にある僅か2haの自社畑のブドウを使用。
石灰岩土壌で平均樹齢は40年。収穫を含めほとんどを手作業で行うことで、
「ワインの品質は畑で決まる。畑での作業と収穫中の選果に重点を置く」
という信念を貫いている。




Domaine Deliance N.V. Cremant de Bourgogne Brut Reserve NV

ドメーヌ・デリアンス、クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット レゼルヴNV

税別¥2400

<あと24本>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。

デカンター・オンライン93点!!!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2019.4月上旬に飲みました。冷やし過ぎないほうがおいしい。グレープフルーツ、少しブリオッシュ、ミネラルなどの香り。ややキレのあるよい酸と予想より少しコクがあり、よいバランスでキメ細かな苦みを伴う長めの余韻もちゃんとある。全く知らない生産者でしたが、明らかに価格以上のよい出来。抜栓の次の日も非常においしい」

36本完売。~※すでに再入荷不可能!


ステンレスタンクで10日間の発酵後、無濾過で瓶詰。

『 おそらくあなたはシャンパーニュではないかと困惑する!
純粋に素晴らしい、エクセレントなワイン。美しいバランス、エレガンスに刺激的なフレッシュさがあり、これらの要素は果実のリッチさと奥深さによってさらに強調されている。 』 by Decanter

瓶内熟成:18か月
ドサージュ:5.5g/L
品種:ピノノワール50%、シャルドネ30%、アリゴテ20%

ドメーヌの歴史は1935年に遡る。1972年には先代が自社畑の植樹に着手。
現在は創業者の曾孫にあたる4人が少しずつドメーヌを発展させて行き、
合計17haの自社畑を所有する家族経営のドメーヌに成長している。


◇クレマンに特化する最高のドメーヌのひとつ

現在、流通しているクレマン・ド・ブルゴーニュは大手が手掛けるものがほとんどだが、少しずつ高品質なクレマンの生産にフォーカスする造り手が現れている。
その代表格がドメーヌ・デリアンスである。彼らは自社でスパークリングワイン醸造設備を持ち、大手の委託醸造とは一線を画すクオリティとコストパフォーマンスを実現している。

彼らの拘りは最高レベルの品質を目指し、
クレマン・ド・ブルゴーニュの最高の生産者として広く認知されること。


◇デゴルジュマンを手作業で行う稀有な生産者

このBrut Reserveは手作業に拘り、
デゴルジュマンも1本ずつ手作業で行っている。
そのため生産本数は12,000本とクレマン・ド・ブルゴーニュとしては希少である。


7/20(土)アップ~蔵出しボルゴ・アンティコ’18

ワンランク上のプロセッコ、泡の質も良い


 


ラシーヌ輸入の限定品!

2009年からDOCGに昇格
ビオロジック栽培を実践
SO2最小限







Borgo Antico, Conegliano Valdobbiadene Prosecco Superiore Millesimato Brut '18

ボルゴ・アンティコ、コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート・ブリュット’18

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥1900

<あと7本>絶対おすすめ!

17本完売。

「2019.6月下旬に試飲しました。数年ぶり飲みましたが理由はわからないが’18の出来が素晴らしく、今までで一番だと思う。それで値上がりがないんだから最高のデイリー泡と言えます。抜群のコンディションによる透明感と泡のキメ細かさがあるので、もはやもっと高価で有名なイタリア泡よりおいしいと感じる方も多いのではないでしょうか?バランスがいい感じで調和しているので、酸が低いという声はあまりでないでしょう」

アルコール11.5%

’17 ファルスタッフ 91点!

’17 パーカー87点





ボルゴ・アンティコ、コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート・ブリュット’14

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥1900

<売り切れ>

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

アルコール11.5%

36本完売。ありがとうございました

※この’14から幅広ボトルから普通のシャンパンくらいの大きさのボトルに変わりました。これでギフト用などにも使いやすい&ご家庭の冷蔵庫にも入りやすいですね!




ボルゴ・アンティコ、コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート・ブリュット’13

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥1900

<売り切れ>

アルコール11.5%

1年前から値上がりなし!’10の時よりもお安いということは値上がり幅の小さい銘柄



ボルゴ・アンティコ、コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート・ブリュット’11

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥1700

<売り切れ>

リアルワインガイド41号旨安賞に選ばれる!

アルコール11.5%

北イタリア白2011~2012は、非常によい出来のものが多いです

リアルワインガイドさんではファゾーリ・ジーノのプロセッコ’11の方が高評価でしたが、’10を飲み比べた限りでは基本的にこちらの方がコクのある泡のしっかりした本格派で、抜栓後も2日間くらいはまったく問題なく楽しめる、普段アダミやマンザーネを飲んでいる方にも自信を持っておすすめ出来る銘柄です




ボルゴ・アンティコ、コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート・ブリュット’10

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥2000

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

48本完売。~※近日さらに再入荷予定!

「2012.4月に飲みました。アフターにわずかな雑味を感じるプロセッコが多い中、抜群のコンディションもあって雑味ゼロでプロセッコらしいごくほのかま甘味にうまみがのって酸も低くない。この価格にしてアダミのスタンダード品(税込¥2700前後)よりもおいしいかもしれない。値下がり後はさらにお買い得な内容となっております。かなり幅広く食事を生かすタイプで、理想的なアペリティフでもあるし、春~夏に特においしいタイプ。明るいイエロー。シトラス、ライム、ハーブ、青リンゴ、ミネラルなどの少しロエロ・アルネイス的華やかさのあるよい香り。抜栓の次の日もおいしいが、抜栓直後のバランス感がベストだった気がする」



「2011.10月に短時間で試飲しました。高級感のあるラベル。ピュアで泡の質がよく、洋ナシやリンゴ、白い花、ミネラルなどの香りがあり、単調な青リンゴ風味だけでは終わらないなかなか上質で心地よいプロセッコ。酸とミネラルが低くなく、若干の複雑性も感じられるよいバランス。あらゆる食事を生かしてくれそう。ラシーヌさんが輸入したシャンパーニュの泡の質の素晴らしさはすでにプロの間では常識となっていますが、プロセッコですら泡の質のよさがはっきりとわかる内容となっております!」

アルコール11.5%

『 このワインを育んだ大地はモレーンであり、深く、粘土質で、重い土壌である。 ~あわせるお料理は、魚や白身の肉をベースにしたもの、リゾット、ミネストラ、サラミやプロシュートなどがおすすめ。アペリティーヴォにはもってこいである。 (輸入元さんコメント) 』

グレーラ100%


『ボルゴ・アンティコ・ワイナリーは、代々マルケージン家が経営。マルケージン家は、常に伝統の偉大さを念頭に置きながら、目指すべきところをきちんと定めた上で、ワインを少量生産している。自社畑から収穫されたブドウの使用、自然の成り行きに従った収穫、醸造からビン詰めに至るまで、ワインづくりのどの過程においても、非常に高い品質が約束されている。

特に、ボルゴ・アンティコが位置するコネリアーノ・ヴェネトの丘陵地は、エリア全体がブドウの栽培地として有名。昔から、理想的に発泡し、文字通りイタリアの主要なスパークリング・ワインとして認識されている白ワインの1つであるプロセッコの生産地として、また、どんな料理にもあうスティル・ワインやアペリティーヴォにも最適な微発泡性ワインの生産地としても賞賛されている。 (輸入元資料より) 』


7/20(土)アップ~蔵出しアダム’17トロッケン

この価格帯でずば抜けた品質!










 


ラシーヌ輸入の限定品!


若手ながらもすでにドイツ国内では入手難で、センスと実力があり
とにかく畑の状態がもっともよい生産者の一人として名声を得ています!




A.J. Adam, Riesling Trocken 2017 (Mosel)

アダム、リースリング・トロッケン’17

(ドイツ・モーゼル・辛口白)


税別¥2300

<あと10本>絶対おすすめ!

パーカー90点(Stephan Reinhardt、
2018~2027年、ワイン・アドヴォケイト236号)


スペクテーター・オンライン89点(NOW~2024年)

「2019.6月下旬に試飲しました。透明感と良質な酸、果実味があり、みずみずしくバランスのよいまさにお手本のようなクラシックなスタイルのリースリング。毎年夏になるとこういったタイプの辛口白を絶対に何度か飲みたいという気分になる。過熟オイリーでも、レモネードでもなく落ち着いた調和」

スクリューキャップ

アルコール11%




A.J. Adam, Riesling Trocken 2016 (Mosel)

アダム、リースリング・トロッケン’16

(ドイツ・モーゼル・辛口白)


税別¥2200

<売り切れ>

最新パーカー89点(Stephan Reinhardt、
2018~2028年!、ワイン・アドヴォケイト236号)


スペクテーター・オンライン89点(NOW)

スクリューキャップ

アルコール10.5%

クラシックなモーゼルのイメージ。ハルプトロッケンよりのトロッケンとのことです。

’15 スペクテーター88点




A.J. Adam, Hofberg Feinherb 2011 (Mosel)

アダム、ホーフベルク・ファインヘルプ’11

(ドイツ・モーゼル・やや辛口白)


税別¥3600

<売り切れ>限定品!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

樹齢50年!

Hofbergの区画にある最良のブドウを使用。
クォーツと鉄を含んだ青色スレート粘板岩土壌。

発酵と熟成:ステンレスタンク100%。10月中旬に収穫。自然に残った糖分でよいバランスがとれたワイン。

すべてのブドウは手作業で収穫したブドウを圧搾しステンレスタンクとフーダー(大)樽の両方で発酵する。野生酵母使用。






’12の方が酸にキレのあるクエン酸の残る辛口。’11はほのかな甘みのあるジューシーな味わいで個人的には’11の方がバランスも余韻も好きでした

’13を仕入れると税別¥3500まで値上がりしてしまいます。


アダム、オーツリースリング・ドローナー’12

(ドイツ・モーゼル・中辛口白)


税別¥2850

<売り切れ>

スぺクテーター90点(NOW~2017年)

リースリング・リング・テイスティング2014で入賞しました!


(↑※世界中のリースリング種のワインだけを集めたイベント、『リースリング・リング・テイスティング2014』4月25日(土)にてその中で、一般来場者の方々に一番美味しいと思ったワインを『マイ・ベスト・リースリング』としてお選び頂く投票で、第2位獲得!)

アルコール12%

円安なのに何故か?出来もよいのに’11よりも8%くらいお安い超お買い得品!




AJアダム、オーツリースリング ドローナー’11

(ドイツ・モーゼル・中辛口白)


税別¥3100

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー93点(ワイン・アドヴォケイト206号)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売!ありがとうございました

「2013.2月に飲みました。ここ数年間に飲んだ同価格帯のドイツの中ではやはりアダムとクレメンス・ブッシュが明らかにずば抜けていると感じました。ピュアで透明感があり、ミネラルが強く、酸が上質な為に全体的に上品な印象。シトラス、リンゴ、砂糖漬けのオレンジ、ライム、強いミネラル、わずかにアーモンドやスパイスなどのややオイリーな香り。ピュアでありながらもややインパクトがあり、太い生きた酸、うまみも多く、雑味ゼロのごくごくわずかな苦みを伴い、じわ~っと伸びる酸の優れたアフター。抜栓の次の日も最高においしい。春~夏がもっともおいしく楽しめるが、オールシーズンおいしく飲むこともできるという印象」

アルコール12%

モーゼルでもっとも注目されている若手のひとり!

畑:ドローン村を囲むように広がるHofbergの丘の麓にある畑のブドウを使用

樹齢:20年から30年

発酵と熟成:ステンレスタンク50% 大樽(フーダー)50%

すべてのブドウは手作業で収穫したブドウを圧搾しステンレスタンクとフーダー(大)樽の両方で発酵する。野生酵母使用


『 モーゼルの中流、小さな町ドーロンにアンドレアスJ・アダムは位置します。完全発酵型の昔ながらのモーゼル・ワインを手掛け、若手の中でも一目置かれる存在として、いま、ドイツ国内ではすでに入手困難とされています。認証は得ていませんが、畑はもちろんのとこセラーにおける作業も、より“自然”な方法で取組んでいます。

モーゼルのテロワールの特長とアンドレアスの醸造センスが織り成すワインは圧倒的なスケール感と甘口や辛口などではとても分類し難い、優雅で高貴な味わいに仕上がっています。(輸入元資料より) 』


7/20(土)アップ~蔵出しマルク・コラン’16

サントーバン最高の生産者の一人!

樽の使い方が非常に上手、芳醇な味わい→エレガント&ミネラリーなスタイルに移行!



 



ブドウ栽培はリュット・レゾネで一部実験的にビオロジックが行われており、白ワインは次男のジョゼフが、ピュアさとエレガントさ、それに余韻の長さを追求して醸造。赤ワインは三男のダミアンがフレッシュさと弾けるような果実味、シルキーなタンニンをモットーに醸造している。長女のカロリーヌはダミアンとともに営業を担当。3兄弟の結束がこのドメーヌの地位をさらに高めているようだ。
(輸入元最新資料より)




↑一部、馬で耕作しているようです。

近年では、バトナージュの回数と新樽比率を減らし、ミネラルを表現する造りとなってきています

 



マルク・コラン、ブルゴーニュ・ブラン’16

税別¥2800

<あと14本>限定品!

パーカー88点(2018~2024年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 86点


『 ラ・コンブ 』は、’15までシャサーニュ区画のみでしたが、
’16からピュリニーの区画のブドウが加わったため、ラ・コンブの表示がなくなりました。
’15までより酸とミネラルがしっかりしていることが予想されます。

10本完売。~※すでに再入荷不可能!




マルク・コラン、ブルゴーニュ・ブラン・ラ・コンブ’15

税別¥2800

<売り切れ>

パーカー86~88点(ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)


36本完売。ありがとうございました




マルク・コラン、ブルゴーニュ・ブラン・ラ・コンブ’14

税別¥2650

<売り切れ>

パーカー86点(ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 87点

24本完売。ありがとうございました

なんと’12から12%値下がり!!!




マルク・コラン、ブルゴーニュ・ブラン・ラ・コンブ’12

税別¥3000

<売り切れ>

バーガウンド・コム 86点

すでにお客様から絶賛の声をいただいております!

30本完売。ありがとうございました



7/20(土)アップ~蔵出しジェラール・ベルトラン’17’16ラ・クラプ

素晴らしいワインが出来る上級クリュ<ラ・クラプ>の赤白!

蔵出しジェラール・ベルトラン’15


大量生産でお買い得なだけではない生産者!








 


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Vins(TOP 5/100位!!!)に選ばれる!

所有している広大な畑すべてが有機栽培というすごさ!


2015年に昇格したばかり!ランドック最高の畑の一つである
AOP Languedoc La Clape
ラングドック・ラ・クラプ




Gerard Bertrand (Chateau L'Hospitalet), Grand Vin Blanc La Clape '17

ジェラール・ベルトラン(シャトー・ロスピタレ)、グラン ヴァン ブラン ラ・クラプ’17

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,430

<あと3本>絶対おすすめ!

「2019.6月下旬に試飲しました。勝手に赤ワインのクリュだと思っていたら、白もこんなに素晴らしいとは!涼しげなキレではなく、高級感と骨格、厚みと粘性があり余韻が長い偉大な雰囲気を纏ったワインでした。洋ナシ、白桃、少し青いメロン、花などの香り。口に含むとやたら存在感・エネルギーがあり、粘性と余韻に優れている。ヴォリューム感とアルコールが強めですが、当店としては珍しくそれが嫌じゃないというかむしろこのワインの個性に合っているという印象でまろやかで分厚いうまみエキスからのアフターの戻り香には華やかさを残す完成度の高さ。苦みは控えめでとてもキメ細かく心地よい。実際にじっくり飲み続けていても全然飽きが来なかった。なんと抜栓の1週間後まで落ちない!」

アルコール14.5%

デメテルとユーロリーフあり!

AOP ラ・クラプ

ブールブーラン 40%, ルーサンヌ 30%, ヴェルメンティーノ 20%, ヴィオニエ 10%

ラングドックルーションのプレミアムワインのパイオニアであるジェラール・ベルトラン。地中海の気候を存分に感じられる、ジェラール・ベルトランのフラッグシップとも言えるワインです。

各品種は、最適なタイミングで全て手摘みで収穫されます。収穫された後、空気圧プレスによって丁寧にプレスにかけられ、品種ごとに樽で醗酵を行います。その後7-8ヶ月間、樽による熟成を行います。
柑橘系の果物、梨や花梨、アニスなどのハーブと炒ったヘーゼルナッツの、いきいきとして力強いアロマ。ミネラル感や、白胡椒、火打石を思わせる味わい、余韻にはアカシアのハチミツのニュアンスが感じられます。
(輸入元資料より)




Gerard Bertrand (Chateau L'Hospitalet), Grand Vin Rouge La Clape '16

ジェラール・ベルトラン(シャトー・ロスピタレ)、グラン ヴァン ルージュ ラ・クラプ’16

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,430

<あと6本>

パーカー92点!(2019~2025年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点

アルコール15%

AOP ラ・クラプ

シラー 60%, グルナッシュ 30%, ムールヴェードル 10%

’15 パーカー91点

’15 スペクテーター92点

ラングドックルーションのプレミアムワインのパイオニアであるジェラール・ベルトラン。地中海の気候を存分に感じられる、ジェラール・ベルトランのフラッグシップとも言えるワインです。

各品種は、最適なタイミングで全て手摘みで収穫されます。収穫された後、数時間寝かせた後に、除梗をし、品種ごとに醸造。20-25日間の醸しを行い、冬の終わり頃に225Lの樽に移し12-16ヶ月間熟成。
スパイスや、イチゴなどの赤系果実の凝縮したアロマ。なめらかでシルキーなタンニンと、果実味あふれる味わいが口いっぱいに広がります。
(輸入元資料より)





GERARD BERTRAND, TERROIR LANGUEDOC '15

ジェラール・ベルトラン、テロワール・ラングドック’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥2000

<あと6本>おすすめ!

パーカー90点
(2017~2020年、ワイン・アドヴォケイト230号)


「2019.3月中旬に飲みました。’15であっても例年通りのバランスで味わいも酸があり甘さ控えめ。よく凝縮して緩くない果実味、タンニンは少なくないがほぼ溶け込んだ飲み頃NOW~。凝縮した黒い実の果実、ガリグ、わずかに甘苦系スパイスを含む数種類のスパイスなどの香りで樽は控えめ。抜栓の次の日も甘くならずに緩くなくおいしいコク。抜栓の2日後もまったく落ちない。本来ならちょっと値上がりのところをEPA値下がりで’14と同じ価格に出来ました!」

アルコール14%




GERARD BERTRAND, TERROIR LANGUEDOC '14

ジェラール・ベルトラン、テロワール・ラングドック’14

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥2000

<売り切れ>おすすめ!

スペクテーター90点(NOW~2022年、
Smart Buys! & <Big Reds>部門 100 Top Value of 2016に選ばれる!!!)

パーカー86~88点(2016~2018年、ワイン・アドヴォケイト224号)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

32本完売。ありがとうございました~※’14は再入荷不可能!

「2018.2月下旬に飲みました。レゼルヴ・スペシャル・シリーズよりもやはり品質も個性もありました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。凝縮したブラックベリー、甘苦系スパイス、ガリグ、ほのかなクドさのないヴァニラとシナモンなどの香り。凝縮した果実味、タンニンの質がよく、酸とミネラルも低くない飲み頃NOW~。香りに甘さあるが、味わいは甘さ控えめで、アフターに塩を含むミネラルが残り大量生産型の味わいではなく、まるで小規模優良ドメーヌのような印象。抜栓の次の日も非常においしい。やはりタンニンの質がとてもよい」

アルコール13.5%

基本的にシラー約70%、グルナッシュ約30%

2種類のブドウ品種はそれぞれ最適なタイミングに手摘みで収穫。シラーは全房、グルナッシュは100%除梗し、理想とするアロマと滑らかでタイトなテクスチャーを得るために各タンクごとに注意深く醸造。ワインの一部は225Lのボルドー樽に移され、約10ヶ月熟成後、数ヶ月寝かせてから出荷されます。スパイスやハーブ、甘みを感じる凝縮した果実味を備え、ふんだんに使われた樽のニュアンスを感じる、高級感ある味わいです。

父から畑を受け継ぐブドウ栽培家でありながら、元ラグビー仏代表という異例のバックグラウンドを持つジェラール・ベルトラン氏がラグビー引退後、本格的に家族経営のワイナリーを設立。ラングドック・ルーションエリアへの明確なビジョンを持ち、30年にわたりパイオニアかつベンチマークとして活躍しています。ブランド、卓越性、陽気さ、そしてイノベーションの価値を具現化し、現在では14のドメーヌを所有。多岐に渡るブランド展開を行い、世界160カ国に輸出して名声を得ています。

ラングドック・ルーションに所有する6つのドメーヌ(600ha)をビオディナミに変換をしており、残りの8ドメーヌも今後、ビオディナミに変換を予定しています。
買いブドウでも異例の長期契約で変換推奨&サポートをしており、今後もオーガニック、ビオディナミ認証取得を行う予定です。
(輸入元資料より)


2019/9/12(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’10’12’13貴重なバック・ヴィンテージ!

さらに蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’16とメゾン・ド・モンティーユ’16

※ラベルが激似なのでお気を付けください。

7/9(火)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’14’11タイユピエと’12カイユレ

さらに’11シジーついに最後の再入荷!

蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’16とメゾン・ド・モンティーユ’16

※ラベルが激似なのでお気を付けください。

昔(ユベール世代)の10年以上寝かせて楽しむスタイルも素晴らしかったですが、

現在の薫り高く、エレガントでシルキー、甘美なスタイルもまた素晴らしい!





 

 

 



Etienne de Montille
エティエンヌさんに何度かご来店いただきました~!!!感謝感激!

函館でワイン造りを開始!!!
サンタバーバラでもジム・クレンデネン氏とワイン造りを開始するようです!

実は数年前にも来てくれたらしいのですが、運悪く年に数回しかない当店の臨時休業日にあたってしまい、まさかの会えなかったという、、、
20年以上前から扱っているので、はじめて会った気がしない。ずっと会えなかった親友にやっと会えたという感じ
品揃えをお褒めいただき(お世辞だと思うけど)、ワインをお買い上げいただきました~(笑)
PMOにはかなり気を付けているようです。
2014年のブルゴーニュ白は、大成功の当たり年であり、自信作とのことです!






北海道函館市のド・モンティーユ情報

HTBニュース 2019/7/19

函館新聞 2018/11




※いろいろなワインを同時に飲み比べるとよりよくわかるのですが、モンティーユの特に赤は、他の生産者と違う独自の個性(特にトップノーズとエキス感)があります。白も本当に素晴らしいですが、特に赤の他にない個性をぜひとも堪能していただきたいと思います。

近年、全房発酵を増やしているそうです

2005年にはムルソーの村にシェとカーヴを購入、設備も新たに陣容を整え、ヴォルネーとポマール以外の区画からのワインの生産も開始

モンティーユが多用しているDIAMコルクは、30年の熟成に耐えるDIAM30とのこと。

白ワインの早期酸化現象を避ける為にも抗酸化作用をもつ澱がたくさんできる600リットルの樽を使用し、バトナージュをほとんどしないそうです


今ではムルソーのジャン・マルク・ルーロの元妻でエティエンヌさんの妹のアリックスが2006年から白ワインの醸造責任者(ドメーヌ・ド・モンティーユとシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェすべて)。彼女は以前ボワセ・グループにて醸造を取り仕切っていた経歴を持つ才女。フランス国内に衝撃を与えた話題の映画「モンドヴィーノ」では、天才醸造家としてクローズアップされ、後に兄のエチエンヌと共にこのメゾン・ドゥー・モンティーユを立ち上げる。明らかに別格と思えるアリックスのワインには、凛とした毅然なる姿勢が伺える。口に含んだ瞬間に凛々しさを感じ取れる酒質には彼女の生き様が反映されている。



その後アリックスさんが、体調を崩してしまい
現在の醸造担当者:Jacques MONTAGNON氏
最終的な責任者は、エティエンヌさんのまま




Domaine de Montille, Vosne-Romanee 1er Cru Aux Malconsorts '12

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・マルコンソール’12

超特価・税別¥34000

<あと12本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー93~95点(ニール・マーティン、
This is just superb. ワイン・アドヴォケイト210号、2013年試飲)

最新インターナショナルワインセラー95点!!!(2025~2035年、
ステファン・タンザー、2015年3月試飲)

バーガウンド・コム 92~94点!(Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版19/20点

’16を買うと税別¥43,000以上です、、、




Domaine de Montille, Vosne-Romanee 1er Cru Aux Malconsorts Christiane '13

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・マルコンソール・クリスティアンヌ’13

超特価・税別¥54000

<あと3本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー94~96点(ニール・マーティン、
2017~2035年、ワイン・アドヴォケイト216号、2014年試飲)

インターナショナルワインセラー92~95点!(2023~2038年、
ステファン・タンザー、2015年1月試飲)

バーガウンド・コム 94~96点!!!(Outstanding!)


’16を買うと税別¥60,000以上です、、、




Domaine de Montille, Pommard 1er Cru Les Rugiens Bas '10

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ポマールプルミエクリュ・レ・リュジアン・バ’10

超特価・税別¥15000

<あと18本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’16を買うと¥8,640値上がり致します。

最新パーカー94点(ワイン・アドヴォケイト200号)

パーカー90~92点(ワイン・アドヴォケイト194号)

最新インターナショナルワインセラー92+点!
(ステファン・タンザー、2013年3月試飲)

インターナショナルワインセラー92~94点(アントニオ・ガローニ)

バーガウンド・コム 92~94点!
(2021年、Sweet spot Outstanding!)

デカンター誌18.5/20点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点

誰もが認めるモンティーユのフラッグシップ!
まだ飲み頃には到達していません




Domaine de Montille, Pommard 1er Cru Les Pezerolles '10

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ポマールプルミエクリュ・レ・ペズロール’10

超特価・税別¥11000

<あと18本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’16を買うと¥5,400値上がり致します。

パーカー92~94点(ワイン・アドヴォケイト199号)

最新インターナショナルワインセラー92点
(ステファン・タンザー、2013年3月試飲)

インターナショナルワインセラー92~94点(アントニオ・ガローニ)

バーガウンド・コム 91~94点!(Sweet spot Outstanding!)


≪リュジアン≫がポマールの特級、≪グラン・ゼプノ≫がアペラシオンのお手本ならぺズロールは“アウトサイダー”である。ブラインドテイスティングで当てるのは難しい。型にはまらないタイプ。フローラルな香り、微妙に赤いベリー系の果実。骨格は軽く女性的。テクスチャーは柔らか。

7年経って飲み頃に入った当たり年!




Domaine de Montille, Nuits-Saint-Georges 1er Cru Aux Thorey '10

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・オー・トレイ’10

超特価・税別¥9000

<あと7本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’16を買うと¥3,240値上がり致します。

パーカー90~92点(ワイン・アドヴォケイト199号)

最新インターナショナルワインセラー88~91点
(ステファン・タンザー、2012年1月試飲)

インターナショナルワインセラー90~92点(アントニオ・ガローニ)

バーガウンド・コム 90~92点


2005年ごろにマルコンソール、クロヴージョとともに取得した自社畑!

7年経って飲み頃に入った当たり年!








左が、ドメーヌ・ド・モンティーユ
右が、メゾン・ド・モンティーユ




メゾン・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥3400

<あと9本>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

27本完売。

アルコール12.5%

こちらは買いブドウのネゴシアンものですが、例年よく凝縮してエキス感も感じられよい出来。




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥3900

<あと12本>絶対おすすめ!

24本完売。

「2019.6月中旬に飲みました。DIAM10コルク。紫色の弱いやや濃いルビー色。このクラスでも非常によく凝縮してエキス感もあり、タンニン少なくなく、酸は低くないが丸くまだ少しだけ固いというポテンシャルが高い村名クラスの充実具合。’14のような近づきやすい華やか赤い実果実ではなく、現時点での’16は黒い実の果実香主体で、例年より中国茶と鉄サビ系ミネラルのニュアンスが強くややスパイシー。とてもキメ細かな苦みを伴うコク。余韻長めで熟成も可能。抜栓の次の日もおいしい。やはり中域に厚みある。抜栓の2日後もまったく落ちない。真の飲み頃は1年後くらいからかもしれない」

ユーロリーフあり!
アルコール12.5%

函館でワイン造り開始してからというもの、普段日本のワインにしか興味のないお客様からもモンティーユをご要望いただきまして、しばらく買えなくなっていましたが、やっと入荷できました~!!!





ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥3800

<売り切れ>

バーガウンド・コム 86~88点

パーカー85~87点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

VINOUS 86~88点(ステファン・タンザー)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました~※なんとすでに再入荷不可能!




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’14

税別¥3600

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~88点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 やっぱりさすがとしか言いようがない!かなりおいしい! 』
『 どう考えてもクラスを超えている! 』などなど

264本完売!!!ありがとうございました※ついに再入荷不可能となってしまいました!

「2017.9月下旬に試飲しました。無駄な濃さや樽ではない目の詰まり感、肉厚エキスとミネラルがすごい。やはり明らかに価格とクラスを超えている!」



「2017.7月に飲みました。う~ん凄すぎる。完全にクラスを超えた¥5000の満足度がある飲み頃NOW~。当店の常連様がやけに絶賛の嵐だったので、毎年おいしいとわかっているし飲む必要ないかなとも思っていましたが(笑)やっぱりすごかった!実は酸がしっかりしているもののほのかな甘みがある豊かな果実と中域のエキス感が分厚い為に、総合的なバランスが少しも酸っぱくなく、余韻が長い。タンニンもミネラルもあり、少し熟成可能。しかもまったく飽きずにアルコールの浮きゼロで杯が進みすぎるタイプ。凝縮感はあるのに何故かガブ飲みも出来てしまうバランス。抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール12.5%




Domaine de Montille, Vosne-Romanee 1er Cru Aux Malconsorts '14

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・マルコンソール’14

税別¥31000

<あと7本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’15を買うと¥8,640値上がり致します。

パーカー94~96点!(ニール・マーティン、
~The palate is supple, saline on the entry with super-fine tannin, very pure and detailed with an exquisite, poised, sophisticated finish that is real Malconsorts. This is just sublime.
2019~2035年、ワイン・アドヴォケイト228号)

インターナショナルワインセラー93~96点!

バーガウンド・コム 92~95点!






ドメーヌ・ド・モンティーユ、コルトン・クロ・デュ・ロワ’11

税別¥18200

<あと8本>限定品!

スぺクテーター90~93点(Bruce Sanderson's Recommended)

最新インターナショナルワインセラー91点

インターナショナルワインセラー90~92点

バーガウンド・コム 91~94点

ジャシス・ロビンソン16.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版18.5/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

16本完売。





Domaine Montille, Beaune 1er Cru Les Sizies '11

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ボーヌプルミエクリュ・レ・シジー・ルージュ’11

超特価・税別¥6600



輸入元定価・税別¥9,000

<あと6本>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
’13を買うと¥1,512以上値上がり致します。

インターナショナルワインセラー87~89点

バーガウンド・コム 87~90点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

77本完売!!!~※ついに再入荷不可能となりました!

さらに1年半以上経過しておいしくなっているはず!



「2017.9月下旬に試飲しました。’11全体をハズレ年だと思っている方が多いようですが、一部エリック・ド・シュルマンのようにすごいワインがありますし、この銘柄のように熟成によって化けた例も当然あります。’14と飲み比べる貴重な機会をいただきましたが、今比べると明らかに’11の方が開いており華やかな香りと豊富なうまみがあり非常においしい飲み頃NOW~。この畑’11に関しては予想より少しだけ熟成スピードが早いかもというすでにうっすら色気と滑らかな複雑性が出ています。タンニンの質が良く、ちょうどよい酸で、ミネラル量も充分」

’09’10も好評で完売でした!高価なワインがほとんどのモンティーユの中でもっともお手頃なボーヌ1級




Domaine de Montille, Volnay 1er Cru Les Taillepieds '11

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・レ・タイユピエ’11

特価・税別¥14000



輸入元定価・税別¥18,000

<あと2本>絶対おすすめ!!

デカンター・オンライン90点

インターナショナルワインセラー90+?点
(ステファン・タンザー、2014年3月試飲)

バーガウンド・コム 91~94点
(Sweet Spot Outstanding!、2013年4月試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版17/20点

約2年経過して大分おいしくなっていると思われます!
『 感動レベルの1本だった! 』との声も多く寄せられております!
海外のお客様の多くは’11は飲まずにハズレ年だと思い込んでいてビビッて買えずにいるようですが(笑)こういった成功銘柄は飲めた方だけがわかる逸品!



「2017.9月に試飲しました。この2年前の試飲時点ですでに青さがなく、程よい凝縮感と豊富なうまみとミネラルがあり、少し固さがあるものの調和が取れ、余韻が長い飲み頃NOW~だったので今ではさらに色気が出てきておいしくなっているはず!やはりモンティーユ’11は、薫り高く青さがなく、複雑性がある非常によい出来」

アルコール%




Domaine de Montille, Volnay 1er Cru Les Taillepieds '14

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・レ・タイユピエ’14

特価・税別¥13200



輸入元定価・税別¥16,500

<あと9本>絶対おすすめ!!

VINOUS 90+点(2020~2028年、
ステファン・タンザー、2017年3月試飲)

パーカー91~93点(ニール・マーティン、2019~2035年、
ワイン・アドヴォケイト222号、2015年12月試飲)

バーガウンド・コム 90~93点
(Outstanding!、2016年4月試飲)


2年以上経過して大分おいしくなっていると思われます!



「2017.9月に試飲しました。2年前の時点では相当な凝縮感と大きな構造、長い余韻でしたので、そろそろ化け始めていてもおかしくないくらい?明らかにグランクリュクラスの品質で長熟も可能な逸品です!」

アルコール%




Domaine de Montille, Puligny-Montrachet 1er Cru Le Cailleret '12

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・カイユレ’12(辛口白)

特価・税別¥17500



輸入元定価・税別¥24,000

<あと8本>超限定品!

インターナショナルワインセラー93+点!
(ステファン・タンザー、2014年9月試飲)

パーカー91~93点(ニール・マーティン、
ワイン・アドヴォケイト210号、2013年12月試飲)

バーガウンド・コム 91~93点
(Sweet Spot Outstanding!、2014年6月試飲)

デカンター・オンライン92点

何度も感動レベルだったとの声が寄せられている銘柄!
いつも特級クラスの満足度があります!!!

※’12は、再入荷不可能!
上記評価はすべて5年程度前のもので、今では相当おいしくなっているでしょう!

“ル・カイユレ”という名前はこの丘の位置が小石の多い土壌ということから由来する。1993年から造られる0.85haのこのドメーヌの≪レ・カイユレ≫は、最もモンラッシェに近い区画である。本当に開いた状態で楽しむためには4から8年かかるだろう。 (輸入元資料より)

 

 




7/9(火)アップ~蔵出しトロボー’17

 




当店扱いのトロボーは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品!

22年以上前から扱っているので、やっと絶賛されるときが来たかぁ~という気持ち

2014年以降はブドウにストレスを与えない
グラヴィティーフロー導入




ナタリー・トロさん画像




トロボー、コルトン・シャルルマーニュ‘17(辛口白)

税別¥28000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
他のトロボー(どれでもOK)を最低1本以上ご注文お願い致します。
お一人様1本までとさせていただきます。

スペクテーター94点(2021~2032年)

バーガウンド・コム 92点

VINOUS 91~93点





トロボー、ブルゴーニュ・ブラン‘17(辛口白)

特価・税別¥5000

<売り切れ>超限定品!

※割り当てわずか6本のみ、、、

VINOUS 87~89点




トロボー、ブルゴーニュ・ルージュ‘17

税別¥3400

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 87点

VINOUS 85~87点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

24本完売。~※次が最後の再入荷となります!

「2019.7月上旬に飲みました。他の生産者と比べてあまり値上がりしない優良かつ良心的な生産者。’06から村名ショレ・レ・ボーヌの一部を格下げしてブレンドしていることで両方の銘柄の品質をさらに高めている。縁が紫がかったとても明るいルビー色。バラ、中国茶、熟成香ではない森、ダージリン、酸化ではないヨード、胡椒、ミニトマトなどのまだ少し閉じ気味でも複雑なよい香り。色の印象よりも味はしっかりしており、やさしいようでいて意外に骨格とグリップ、重心の低さがあり、ややクラシックなよいワイン。飲み頃NOW~で少し熟成も可能。食事なしで飲み続ける場合のみアフターに少し残るタンニンが少し固さを感じさせると思われる。鼻に抜ける茶葉の風味が心地よい。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちないどころか少しうまみ増した。抜栓の3日後も非常においしい。まったく飽きの来ない味わいで、紅茶や中国茶の愛好家の方にもおすすめできそう」

アルコール13.5%




トロボー、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ‘17

税別¥8500

<あと12本>限定品!

バーガウンド・コム 91点

VINOUS 89~91点





トロボー、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ラヴィエール‘17

税別¥6200

<あと10本>限定品!

VINOUS 88~90点

バーガウンド・コム 91点





トロボー、コルトン‘17

税別¥17000

<あと12本>超限定品!

VINOUS 89~91点

バーガウンド・コム 92点





トロボー、コルトン・ブレサンド‘17

税別¥17500

<あと12本>超限定品!

VINOUS 91~93点

バーガウンド・コム 93点!


まだ評価が出そろっていません


 


7/9(火)アップ~蔵出しエティエンヌ・ソゼ’17

ワイナート47号などで絶賛されています!

※全商品が、全ての値引き対象外となります。




↑※’10以降の新ラベル


 

 




 




MVF(旧クラスマン)2017年度版 Les Stars de l'annee 2017 に選ばれる!!!

『 ピュリニー独自の透明感を大切にした知的な味わい (ワイナート47号より) 』

最近になってやっとソゼおいしくてびっくりしたという声が多くなってきました。意外なことに皆さん実は飲んだことがなかったというケースが多くあり、、、ルフレーヴより手頃でラモネより手に入りやすい、そして実力の差はそれほどない(個性も違いますが)という素晴らしさです!!!

7年以上前から栽培はビオディナミ




2016.1月下旬やっとお会いできました。リアルワインガイド51号にも書いてあるようにジェラール・ブードさんが引退してから上記画像のブノワ・リフォーさん(超ナイスガイ!)が造っている。ジェラール・ブードさんの娘であるエミリーさんの夫であり、2002年から働いています。もうたくさん飲んでわかってはいたのですが明らかに新樽とバトナージュを減らした還元的な造りになっていますのでリリース直後は香りが閉じ気味で味わいも固いが、嫌な還元香は皆無で透明感のあるピュアで美しい、そして骨格と余韻とミネラルのある真に素晴らしいワイン。例えば村名ピュリニーだけでも’11よりも’13の方が樽がさらに少し控えめに感じた。それぞれの畑の個性の違いも明確にくっきり表現されている。アフターに多く残るミネラルは、やはりビオディナミの成果でもあるだろうとのこと。このレベルだとシャントレーヴさん同様、買いブドウか自社畑かはもはやほとんど関係ないという実際の上質さ具合!




エティエンヌ・ソゼ、ブルゴーニュ・ブラン‘17

税別¥5100

<売り切れ>超限定品!

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)




エティエンヌ・ソゼ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・ぺリエール‘17

税別¥20000

<あと5本>超限定品!

VINOUS 91~93点

デカンター・オンライン95点!!!
(ティム・アトキン、2020~2027年)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)


’17は上級品のみロウキャップ




エティエンヌ・ソゼ、バタール・モンラッシェ‘17

税別¥96,000



輸入元定価・税別¥120,000

<あと1本>幻の超限定品!

VINOUS 92~95点

デカンター・オンライン96点!
(ティム・アトキン、2021~2030年)

バーガウンド・コム 93~95点!


毎年買えるわけではありません。


 

 


7/9(火)アップ~蔵出しロベール・グロフィエ’17

GGVF2015年度版にて4つ星生産者に昇格しました~!!!




※’11から上記のようにラベルデザイン変更がありました。




 

※画像は’04です。

 

 

 


ブドウの仕立てはブルゴーニュで主流のギュイヨではなくコルドン・ド・ロワイヤ。
収量を抑えやすいことに加え、新梢を扇形に広げることで風通しをよくする効果があるという。

今日、ロベール自身は引退状態にあり、息子のセルジュが実質的にドメーヌの当主を務め、ボーヌの醸造学校で学んだ孫のニコラが栽培と醸造に携わっている。
瀟洒なお屋敷はドメーヌ・クロ・ド・タールの隣にあり、醸造棟とは別棟の住居の下にはプロの訪問客を迎え入れる、清潔な瓶熟庫兼試飲ルームが用意されている。
醸造棟もじつに清潔で、発酵と貯酒の両方に使われるステンレスタンクの生光りする様子は美しい。

除梗に関してはヴィンテージに応じ、2007年、2009年は完全除梗。2008年、2010年は3分の1が全房。2011年は40%を全房とした。ジャスパー・モリスMWの「インサイド・バーガンディ」によれば、1984年までは100%無除梗で、それから後、1990年代は完全除梗だったそうだ。
8~9度で10日間ほどの低温マセレーションの後、自生酵母による自然発酵。
新樽率は村名ジュヴレ・シャンベルタンで20%、1級レ・ザムルーズで40~50%、ボンヌ・マールで50~60%に留め、12~13ヶ月間の樽熟成を施す。製樽会社はレモンとフランソワ・フレールがお気に入り。

ロベール・グロフィエのワインは最もベーシックなパストゥグランから果実味がみっちりと詰まっている。特級のシャンベルタン・クロ・ド・ベーズですらタンニンは滑らかでしなやかなタッチ。したがって若いうちから楽しめながら、さらに熟成させるとまた新たな一面を見せてくれる。偉大な造り手のひとつである。 (輸入元最新資料より)



※このページ内のロベール・グロフィエ’15’16’17はすべて
ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です。

’17もリアルワインガイド66号にて絶賛される!




ロベール・グロフィエ、ブルゴーニュ・パストゥグラン‘17

税別¥3700

<あと11本>おすすめ!
超限定品!

VINOUS 85~87点

「2019.7月末に飲みました。例年よりもしっかりした酸なので軽く冷やしたバランスが落ち版おいしく感じられた。お買い得という表現は使えない価格になりましたが、真夏にもおいしく飲める赤ワインという意味ではありがたい。うっすら紫がかったやや明るいルビー色。タンニンがすでに溶け込み、甘酸っぱい梅ジュース的でさっぱりミネラリー。エレガントなスタイルも好印象。コクと厚みには少し欠けるが飲み方次第でかなり楽しめます。抜栓の1週間後もまったく落ちない!」

アルコール12.5%



ロベール・グロフィエ、ブルゴーニュ・ルージュ‘17

税別¥6200

<あと12本>超限定品!

VINOUS 86~88点






’16もリアルワインガイド62号にて大絶賛される!



ロベール・グロフィエ、ブルゴーニュ・パストゥグラン‘16

税別¥3500

<あと8本>超限定品!

※輸入元在庫一瞬で完売!

MVF(旧クラスマン)2019年度版14/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版14.5/20点




ロベール・グロフィエ、ブルゴーニュ・ルージュ‘16

税別¥6000

<あと6本>超限定品!

※輸入元在庫一瞬で完売!
当店でも一瞬で完売の可能性があります

VINOUS 88点

MVF(旧クラスマン)2019年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15/20点(クープ・ド・クー!!!)




ロベール・グロフィエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・サンティエ‘16

税別¥23000

<あと12本>限定品!

スペクテーター95点!!!(2022~2042年)

最新VINOUS 92+点(ニール・マーティン、2019年3月試飲)

VINOUS 91~93点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17/20点




ロベール・グロフィエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レザムルーズ‘16

税別¥47000

<あと1本>超限定品!

スペクテーター94点(2021~2040年)

最新VINOUS 96点!!!(ニール・マーティン、2019年3月試飲)

VINOUS 92~94点

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17.5/20点




ロベール・グロフィエ、ボンヌマール‘16

税別¥47000

<売り切れ>超限定品!

※ラベルに少し擦れキズがあります。
あらかじめご了承くださいませ。

VINOUS 92~94点

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版18.5/20点




ロベール・グロフィエ、シャンベルタン・クロドベーズ‘16

税別¥50000

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
クロドベーズのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
明らかに例年以上に入手難!!!

スペクテーター96点!(2023~2047年)

最新VINOUS 97点!!!(ニール・マーティン、2019年3月試飲)

VINOUS 92~95点

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版18/20点




ロベール・グロフィエ、ブルゴーニュ・ルージュ’14

特価・税別¥5600

<あと23本>絶対おすすめ!
超限定品!

※この銘柄の再入荷分(今の在庫)はファインズ輸入の蔵出し正規品となります。
もちろん再入荷不可能!

デカンター・オンライン90点(Best value Burgundy 2014! Stephen Brook)

パーカー85~87点(ワイン・アドヴォケイト222号)

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点(クープ・ド・クール!!!)

24本完売。

「2018.9月中旬に飲みました。おそらく30%程度全房発酵?というイメージでした。二コラ・グロフィエさんも才能ありますね。何故なら濃密で魅惑的な風味は生かし、甘く凝縮したジューシーなめらか艶のある果実からの低くない酸とミネラルで、青さやエグみなど皆無の例年通りに明らかにクラスを超えた複雑で上質な味わいだから。もうちょっと甘いと少しクドいという絶妙バランス。抜栓直後のみわずかに固さを感じたがすぐにやわらかくなる飲み頃NOW~。甘いチェリー、溶け込んだ樽、ミネラルなどの複雑なよい香り。抜栓の次の日も非常においしい。酸とミネラルが伸びてよりエレガントに変化した。抜栓の2日後も非常においしい。初日は完熟風味もあり、今日と昨日はより涼し気に感じる」

アルコール13%

ラックもの 割り当て12本のみでした、、、

’12’13は(特に’12ですが)普通ではないおいしさでしたね!


7/9(火)アップ~<※極小数!>蔵出しニコラ・ジェイ’17

ジャン・二コラ・メオによるオレゴン・ピノノワール!














フィネス輸入の超限定品!
北海道で買えたのはおそらく当店だけ





’17は、重くなくエレガントなブルゴーニュスタイル




Nicolas-Jay, Willamette Valley < OWN-ROOTED > Pinot-Noir '17

ニコラ・ジェイ、ウィラメットヴァレー <オウン・ルーテッド> ピノノワール’17

(アメリカ・オレゴン州・辛口赤)


税別¥13000

<あと3本>初入荷!幻の超限定品!

※すでに再入荷不可能!

アルコール13.5%

この自根ワインは、まだ台木が比較的珍しかった頃に植えられ、少なくとも30年以上経過した古木のブドウをブレンドしている。自社畑のビショップ・クリーク・ヴィンヤードからはワインに黒い果実のニュアンスを、
マクミンヴィルAVAで最も古いハイランド・ヴィンヤードは樹齢45年で、ワインに凛とした印象を与える。ニーサ・ヴィンヤードの1990年に植樹されたポマール・クローンのブドウはエレガントな赤い果実とスパイシーさを加え、このワインを完成させてくれる。

新樽率は50%でプラムの砂糖漬けや黒い果実の香り、タッチは果実味が広がり若いうちはオリーブやローストした肉、塩味も感じられる。
控えめながらミネラルや緊張感があるので少しタイトなニュアンスもあるが、とても繊細で高いポテンシャルを秘めたワイン。 (輸入元資料より)

まだ評価出ていません




ニコラ・ジェイ、ウィラメットヴァレー・ピノノワール’17

(アメリカ・オレゴン州・辛口赤)


税別¥9000

<あと3本>超限定品!

※’14から値上がりなし!
まだ評価出ていません

アルコール13.5%





Nicolas-Jay, Willamette Valley Pinot-Noir '16

ニコラ・ジェイ、ウィラメットヴァレー・ピノノワール’16

(アメリカ・オレゴン州・辛口赤)


税別¥9000

<あと5本>超限定品!

※’14から値上がりなし!

スペクテーター94点!(NOW~2024年)

パーカー90点(2018~2022年、ワイン・アドヴォケイト238号)

デカンター・オンライン89点(2018~2025年)


Wine Enthusiast 92点
(Cellar Selection!、NOW~2030年)


アルコール13.5%




Nicolas-Jay, Willamette Valley Pinot-Noir '15

ニコラ・ジェイ、ウィラメットヴァレー・ピノノワール’15

(アメリカ・オレゴン州・辛口赤)


税別¥9000

<あと4本>超限定品!

Forbes誌(オレゴン・ピノノワールのワインメーカー特集)にて高評価される!

ジェームス・サックリン94点!

最新VINOUS 92点!(2020~2026年、2018.1月試飲)

Wine Enthusiast 93点!(Editors' Choice)

スペクテーター91点(NOW~2021年)

パーカー87点(2017~2020年、
Lisa Perrotti Brown、ワイン・アドヴォケイト232号)


最新バーガウンド・コム 90点(Issue 75)

バーガウンド・コム 89点

デカンター・オンライン90点(2017~2025年、William Kelley)

Six Nations Wine Challenge 2018 ダブル・ゴールド受賞!

アルコール13%

去年は6本しか手に入りませんでした!

生産者曰く、’15は20年程度熟成可能
ビオディナミのブドウ主体

ワインメーカーズ・ノートは、’15はリッチで傑出したバランス、ジューシーなフルーツ感で、ミネラルがあり、余韻が長い。という感じで絶賛です!

話題のジャン・二コラ・メオによるオレゴン・ピノノワール!

ピノノワール100%

樹齢30年

ビショップ・クリーク区画

’15は新樽33%の樫樽で約15ヶ月熟成




Nicolas-Jay, Willamette Valley Pinot-Noir '14

ニコラ・ジェイ、ウィラメットヴァレー・ピノノワール’14

(アメリカ・オレゴン州・辛口赤)


税別¥9000

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!

Wine Enthusiast 94点!(Editors' Choice)

スペクテーター93点(Outstanding!、NOW~2024年
2016年 TOP96/100位!)

パーカー89点(2016~2024年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト225号)


インターナショナルワインセラー92点

バーガウンド・コム 90点(Outstanding!)

「2016.3月末に試飲しました。一番の個性は上品で複雑な滑らかさだと思いますが、非常によい出来で固さがあまりなく熟成も可能。リリース直後は固く野暮ったかったルイ・ジャドのオレゴン・ピノノワールとはえらい違いです。ジャミーでも果実味を強調したタイプでもなく、樽が控えめで溶け込んでおり、酸とミネラルが低くない。エキスを伴うほのかな甘みはあるが、甘すぎずよいバランス。アルコールのヴォリューム感も強くなく非常に好印象」

アルコール13.5%

ピノノワール100%

樹齢30年

ビショップ・クリーク区画

新樽32%の樫樽で15ヶ月熟成

2014年のオレゴンは春先から収穫まで天気が良く温暖だったので十分な日照量があり、糖度やタンニンの熟し具合、果皮の色付きなど素晴らしく成熟した葡萄を収穫することができました。複雑で深みのある長熟に適したワインになっており、最高のヴィンテージと言われています。


7/31(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ペリリエール’17

黒蜜、黒糖+ガリグの凝縮感で驚きの品質!!!

ハズレなしのドメーヌ的組合エステザルグ!





 


農薬や除草剤不使用




エステザルグ(ドメーヌ・ド・ぺリリエール)、コスティエール・ド・ニーム・ルージュ’17

(南フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥1500

<あと10本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

50本完売。

「2019.5月上旬に飲みました。縁がはっきり紫がかった濃いルビー色。よく凝縮しているがジューシー感が残っているうえに意外に低すぎない酸もフレッシュ感を少しキープしており非常においしい。バスケットいっぱいの(黒い実だけではない)完熟ベリー、黒胡椒、少しナツメグ、シナモン、ガリグなどの良い香り。果実味豊かでコクとある程度のグリップがあり引き締まるアフターで驚くほどよい出来。いつもながらこの価格で本当によいのか?抜栓の次の日も非常においしい。ガリグ香が前に出て、中域の甘旨エキスが強くなる。抜栓の2日後も非常においしい。わずかにヨード香も感じられるようになり、心地よい甘苦系スパイス」

アルコール14%
無濾過

嬉しい値下がり!




エステザルグ(ドメーヌ・ド・ぺリリエール)、コスティエール・ド・ニーム・ルージュ’15

(南フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥1700

<売り切れ>

アルコール14%




エステザルグ(ドメーヌ・ド・ぺリリエール)、コスティエール・ド・ニーム・ルージュ’13

(南フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥1700

<売り切れ>絶対おすすめ!

こちらはラシーヌ輸入の蔵出し限定品!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

122本完売!!!ありがとうございました

「2015.8月初旬に飲みました。縁がはっきり紫がかった濃いルビー色。抜栓直後のみ’12よりも還元香あるが、やはり味わいは大きく価格を超えた素晴らしいもの。非常に果実味豊かでジューシー、タンニンは多めだが丸く、酸はやや低く、甘苦さの残る長めのアフター。よく凝縮して甘みのある辛口で、後口が甘苦いにもかかわらず何故か重くなく、雑味なく、まったくクドくないバランス。やはりエステザルグをラシーヌさんが輸入すると相当によいようです。’12よりわずかにコクが弱いかも?くらいで同等の素晴らしい出来!甘いブラックベリー、黒蜜、ガリグ、肉、スミレ、黒胡椒、甘苦系スパイス等の甘い香り。抜栓の次の日も非常においしい。夏に冷房の効いていない場所で飲むときには温度が上がり過ぎないように調整しましょう」

アルコール14%



エステザルグ(ドメーヌ・ド・ぺリリエール)、コスティエール・ド・ニーム・ルージュ’12

(南フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥1700

<売り切れ>絶対おすすめ!

こちらはラシーヌ輸入の蔵出し限定品!

リアルワインガイド48号旨安大賞に選ばれる!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

277本完売!!!ありがとうございました~※再入荷すると’13に移行致します。

「2014.8月末に飲みました。縁がはっきりと紫がかった濃いルビー色。甘苦系を含む数種類のスパイス、ジューシーなブラックベリー、うっすら干し肉、時間とともに甘い黒蜜と黒糖の香りとガリグ香が主体となる。豊かな果実味はよく凝縮して重さもあるが、ピュアでジューシーな部分が残っている為、重すぎない。酸はやや低いが、多めのタンニンはとても丸く、アフターにも雑味なく、鼻に抜けるガリグ風味が残る意外に長めのアフター。とてもおいしい。明らかに価格以上の品質!今の為替でこのお買い得感はすごすぎる!抜栓の2日後まで非常においしい。マ・デ・ブレサドのニーム・トラディション・ルージュよりもピュアでかつスケールが大きく余韻が長い。南仏にあまり興味がない当店社長ですら『 これはかなりいいぞ! 』と言っています(笑)」

アルコール14.5%

シラー70%、グルナッシュ30%

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

瓶詰時までSO2を使用しない

ビオディナミの造り手たちとの交流が深い

エステザルグは常にノン・フィルター

『 本ドメーヌは、コートデュローヌ南部に隣接しガードン河を境とする固有なエリア、コスティエール・ド・ニームにある。 ニーム南部に広がる、ガリーグ(地中海沿岸特有丘陵地帯を覆う野性の雑木林)とカマルグ(ローヌ川下流の三角地帯)の間にある傾斜の緩やかな台地という特徴からコスティエール(Costieres)と名付けられている。このエリアには川由来の、小石が多く砂を含む粘土質土壌がみられる。ドメーヌ・ド・ペリリエールの畑はSernhac地区の東・南東向きの丘の斜面にあり、こうした土壌の特徴を持つ。 (輸入元資料より) 』



『 カーヴが出来たのは1965年。エステザルグ村の10軒の生産者が集まった。今でも同じメンバーで運営している』醸造設備の共同使用を目的に造られたエステザルグ協同組合。僅か10軒の生産者で構成されており、フランス国内でも最も小規模の協同組合のひとつ。『我々協同組合の目的はワインを量産する事では無い。造り手と区画の特徴を顕著に表わしたワインを造る事』醸造長のドニは話す。ここに持ち込まれるワインの全ての醸造はドニ・デュシャンが行う。その代わりに各畑の作業はそれぞれの生産者が責任もって管理。造り手達は畑仕事に集中する事が出来、より質の高い葡萄を手に入れる事が出来る。

以前はエステザルグで造ったワインは全てネゴシアンに販売をしていた。しかし1990年に南仏でより自然に近いワイン造りを提唱していたジャン・フランソワ・ニックが醸造長に就任した事で、品質主義へと方向を転換した。また以前は10生産者の葡萄を集めてワインを造っていたが、現在は各生産者毎にドメーヌ・ワインとしてリリースしている。ノン・フィルター、ノン・コラージュ、酵素等は使用せずSO2の添加も出来る限り抑えている。ジャン・フランソワの後を継いで醸造長に就任したドニもこの理念を継承。将来的にはビオディナミへの転換も視野に入れて更なる品質向上に取り組んでいる。 (輸入元資料より) 』


7/24(水)アップ~蔵出しラール・ワインズ’17

カレンダー・ピークの醸造も担当している才能溢れるドノヴァン・ラール氏!







 



Rall Wines, Cinsault '17 (Swartland)

ラール・ワインズ、サンソー’17

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥3800

<あと5本>絶対おすすめ!

VINOUS 94点!!!
(ニール・マーティン、2020~2035年)

輸入元担当者さま大絶賛の1本!


「2019.5月中旬に飲みました。紫色の弱いやや明るいルビー色。ほのかに甘く多少華やかさもある赤い実の果実、スイカ、カンパリ、花などのよい香り。ジューシーでやや密度のある味わい、基本はエレガント&ミネラリー。全房発酵でも上手に酸を残しておりセンスあるよいバランス。タンニンがとても丸い飲み頃NOW~。ピノノワール的味わいなので、やや低めの温度でブルゴーニュ・グラスがよさそう。香りよりも味わいはさらによく、余韻に風味の持続あり!飲んでいて飽きない。抜栓の2日後まで非常においしい。やはり南アのサンソーうまい!」


【品種】サンソー100%
【産地】ダーリング50%、スワートランド50%
【土壌】砂質 【収穫】早朝手摘みにて行う
【全房使用率】100%

【発酵】足によるピジャージュを1日1回行い、野生酵母による自然発酵
【スキンコンタクト】8日間 【熟成】フランス産の大樽にて7カ月寝かせ、ブレンド
【サンソー】ラール氏は、シュナン・ブランが南アフリカを代表する白ブドウであるのと同様に、サンソー黒ブドウを代表するに値する価値のある品種だと考えていますが、まだ南アフリカにはこの畑のように、サンソーの古樹が植わる手付かずの区画はたくさん眠っているそうです。

【アロマ】赤いチェリーやクランベリーの他、熟したフルーツ、腐葉土、スパイスなど、複雑でエレガント
【パレット】フレッシュな酸味としなやかなタンニンが骨格をなす、軽やかながらとても繊細で美しい赤ワインです。 ジューシーで非常に豊かな果実の風味が口中いっぱいに広がり、余韻が長く続きます。
アルコール度数:13.6%
ロウキャップ

’18 ワイナート94号 90点

’16 パーカー92点




Rall Wines, Cinsault Blanc '17 (Swartland)

ラール・ワインズ、サンソー・ブラン’17

(南アフリカ・辛口白)


特価・税別¥3500

<あと2本>おすすめ!

VINOUS 91点!
(ニール・マーティン、2018~2025年)


「2019.7月上旬に飲みました。ワイン会などでも重宝しそうな誰にもブドウ品種を当てられないワイン(笑)抜栓直後はわずかに還元的だが、パイナップル、ごま、少し青いバナナ、うっすらマンゴーなどの香り。少しクリーミーな質感でしっかりした酸。アンフォラとはわからないくらいみずみずしくミネラリーな辛口で、個性が強い。おそらくまだ少しだけ固く、アフターに少し塩ミネラルも感じられる。面白い良いワインですが、すごくわかりやすい味ではないかも、、、抜栓の次の日もおいしい。酸化が進まない。抜栓の3日後もおいしい」


【品種】サンソー・ブラン:おそらく1930年代にサンソー・グリから突然変異を起こしたもので、南アフリカで唯一の畑(品種)で、かつてはブランデー用として栽培されていました。

【産地】ウェリントン 【畑面積】僅か0.2ha 【植樹】1989年
【醸造】72時間の浸漬のち、アンフォラにて醸造と熟成、9カ月間
(※焼く温度が高いので、クヴェヴリと比べて酸化が少ないアンフォラ。)

【アロマ】ライムなどの爽やかな柑橘類、黄色いプラム、アーモンドなど複雑ながらエレガントで美しいブーケ
【パレット】骨格のしっかりした酸味が、レモングラスのニュアンスを伴いながら丸みを帯びた旨味と溶け合う。
アルコール度数:10.5%
ロウキャップ


他にもティム・アトキン、ジェイミー・グッド、ジャンシス・ロビンソン、デカンター・オンラインなどからも絶賛されている造り手!

2008年に若いドノヴァン・ラール氏が西ケープ州の中でも、カルトワインのメッカであるスワートランドに設立し運営しているワイナリーです。限りなく古い畑のブドウを使用し、手造りの極めてユニークな極上のワインを少量造ることがモットーです。

スワートランドやステレンボッシュのブドウ生産者と密接に仕事をし、適切に熟しバランスがとれた果実を確保すること重要視しています。畑を選択するにあたって最も大切な要素は、土壌の質とブドウの樹齢です。現在のところ、この2つのワインには主にスワートランドの10か所の畑のブドウを使用しています。白には花崗岩ベース、赤には片岩ベースの畑です。 彼のポリシーである不干渉主義でワインを造るに当たって最も大切なことは、収量が少なく成長のバランスがよいブドウを選ぶことです。こうしたブドウは、補酸もせず、天然酵母のみ使用して造られます。

白は、小さなバスケット・プレスで全房のままプレスし、最小限の澱とSO2とともに樽に移します。醗酵が自然に始まり、全体的に澱とともに10 か月間熟成させ、その後ブレンドし、瓶詰をします。 赤は全房のまま抽出は最小限に留めつつ、果皮とともに2か月おいておきます。その後、白ワインと同じバスケット・プレスでプレスし、古いフレンチオーク樽に移し、22か月熟成させます。その後ブレンドし、瓶詰をします。 (輸入元資料より)


7/9(火)アップ~蔵出しクラヴァン・ワインズ’17

南アフリカの才能ある造り手のサンソーはどれもうまい!


 



Craven Wines, Cinsault '17 (Stellenbosch)

クラヴァン・ワインズ、サンソー’17

(南アフリカ・ステレンボッシュ・辛口赤)


税別¥3300

<あと7本>おすすめ!

VINOUS 92点!
(ニール・マーティン、2018~2028年)

Wine Enthusiast 91点


「2018.6月下旬に試飲しました。これに関してはピノノワール的というよりクリュ・ボジョレーのガメイっぽい印象があり、重くなく程よいうまみで溶け込んだタンニンの飲み頃NOW~。個性と高い品質があり、造り手もセンスが良い印象。短時間での試飲でしたが、ナチュラルかつ味がのっていて、じっくり飲んでも飽きが来ないイメージ」

フレッシュで軽いサンソーのワインを目指して造られたキュヴェ
【産地】ステレンボッシュのポットラリーの丘

【除梗】あり:クラヴァン氏は基本的に赤ワインの醸造では除梗を行いませんが、サンソーに関しては低い酸度をできるだけ失わ ないようにするため、除梗を行います。(全房発酵では酸度が下がる傾向にあります)

【発酵】開放式ステンレスタンクにて、足で軽く踏むことにより抽出を最小限に留め、房をなるべく崩さないようにポンピングオー バーは1日に1~2回優しく行います。
【熟成】500Lのフレンチオーク古樽使用 無清澄、無濾過
【瓶詰時期】サンソーのフレッシュな個性を引き出すため他の赤ワインよりも早い
アルコール度数:12.5%

’16 デカンター・オンライン91点

’16 パーカー90点

オーストラリアで生まれ育ったミック・クラヴァン氏が、妻と共に2014年に立ち上げたドメーヌです。 彼は南アフリカにおいて今注目を集めている前衛的なワインを造り出す若いワイン生産者たちのひとりで、同世代の生産者達と共に、自然に対してのリスペクトを掲げながら、その年のブドウの出来具合に合わせたワイン造りをしています。ステレンボッシュの単一畑、単一品種にこだわり、ユニークで唯一無二のキュヴェを揃えます。 彼はオーストラリアの大学で醸造を学びましたが、カリフォルニアのワイナリーで働いていた際に南アフリカ出身で実家がワイン醸造家という女性と出会い、彼女との結婚を機に南アフリカに移住をしました。夫婦ともに、そのワインへの飽くなき追求心と愛情は底知れず、ステレンボッシュにおける今大注目のホープです。

ミック・クラヴァン氏のワイン造りは、ライトでナチュラルな仕上がりを目指しています。毎年基本的に同じプロセスを用いて、自然に忠実なワイン造りをしていますが、それぞれ土壌の違いやブドウ品種、天候に合わせた醸造方法を施しています。一貫してこだわっているのは、軽やかで柔らかく、食事に寄り添うようなワイン造りです。 白ブドウはステレンボッシュのブドウ栽培農家から毎年購入し、黒ブドウは妻の家族が所有していた畑を引き継いで自社栽培しているもので、いずれもブドウ樹は高樹齢を誇ります。彼は「醸造家/ワインメイカー」としてだけではなく、非常に頻繁に畑作業を行っており、契約しているブドウ栽培家らとも密にコミュニケーションを取っており、「上質なワイン」造りの原点である「上質なブドウ」の確保に努めています。

全てのキュヴェにおいて野生酵母による自然発酵を行い、清澄なしでフィルターもかけておらず、SO2も瓶詰時に少量使用するのみで、極めてナチュラルな造りをしています。
(輸入元資料より)


7/9(火)アップ~蔵出しサディ・ファミリー・ワインズ’16’17

南アフリカ最高の生産者の一人!幻の超限定品!









 



Sadie Family Wines, Columella '16 (Swartland)

サディ・ファミリー・ワインズ、コルメラ’16

(スワートランド・辛口赤)


税別¥16000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
1年に1回しか買えない銘柄!

ワイナート94号 97点!!!

VINOUS 93点
(ニール・マーティン、2020~2035年)

スペクテーター94点(2021~2031年)


【全6品種】シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル、サンソー、ティンタ・バロッカ、カリニャン
【産地】スワートランド:パールドバーグ(2区画)、カステルバーグ(4区画)、マルムズバリー、ピケットバーグ

【畑立地】標高の高い冷涼な南向き斜面
【土壌】花崗岩、スレート、砂質
【収穫】畑で選果しながらイチゴ摘み取り用の小さなケースに手摘みにて収穫
【全房使用率】100%
【発酵】全8区画を別々に、3300Lの開放槽にて、24℃で3週間予備発酵ののち、野生酵母による自然発酵
【熟成】フレンチ・オーク(新樽比率:10%)にて12か月ののち、楕円形のフードルに移し替えて更に12か月 無清澄・無濾過 長期熟成は勿論可能ですが、今でもとてもバランスの良いワイン。
アルコール度数:13.6%

’14’13’12 パーカー96点!!!

’11 Wine Enthusiast 95点!!!

’09’06’04 ファルスタッフ 96点!!!

’08 ファルスタッフ 97点!!!




Sadie Family Wines, Treinspoor '17 (Swartland)

サディ・ファミリー・ワインズ、トレインスプール’17

(スワートランド・辛口赤)


税別¥7400

<あと3本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
1年に1回しか買えない銘柄!

VINOUS 93点
(ニール・マーティン、2019~2032年)

スペクテーター・オンライン92点(NOW~2023年)

【キュヴェ名】畑のそばに古い線路「トレイン・スプール」があるので、そのことから名付けられました。
【品種】ティンタ・バロッカ100%:スワートランド地区で古くから重要な品種
【産地】ウェスタン・ケープのマルムズバリーから西、ダーリング方面へ4キロ程

【土壌】花崗岩とテーブルマウンテンの砂質が混ざった土壌
【植樹】1974年:ティンタ・バッロカは美しい色味と引き締まった酸味によりブレンド用の品種として認知されていますが樹齢を経ると複雑味に優れ、一品種のみで深い味わい醸し出すことはなかなか知られていません。
【仕立て】ブッシュヴァイン:ティンタ・バロッカは果皮がたいへん薄く紫外線に弱い品種ですが、この地域のブッシュ・ ヴァインは果樹自身が枝ぶりを変化させて房を光から守るという、驚くべき進化を目の当たりにすることができます。
アルコール度数:13.0%

’16 デカンター・オンライン93点

’15 パーカー96点!!!

’14 パーカー94点!

’13 ファルスタッフ 92点


ティム・アトキンMWなども大絶賛の超入手難生産者!

スペイン・プリオラートのテロワール・アル・リミット創業者のひとり!

当主は今日の南アフリカワインを牽引するイーベン・サディ氏。10代の頃から15年間ヨーロッパのワイナリーで修業し、南アフリカに戻った後は「スパイス・ルート・ワインズ」で醸造責任者を勤めま した。その後1998年にスワートランドに自身のワイナリーを設立し、翌年の1999年に古樹による 低収量ブドウから造る混醸の白ワイン「コルメラ」と赤ワイン「パラディウス」を発表すると、瞬く間に注目を浴びました。それ以来、南アフリカにおいて最も革新的でインスピレーションに溢れるワインメーカーとして最高の評価を得ています。 彼の畑は全て灌漑なしで、古樹からのみ造られるワインはずば抜けた出来栄えを誇り、他の生産者からのリスペクトを厚く受ける造り手です。
完璧を求める職人気質で、機械化とは無縁の環境下で全ての作業を重力を利用するなどした手作業で行い、スワートランドのテロワールをワインに 表現すべく、大いなる情熱を傾けてワイン造りを行っています。

畑は全て灌漑なしで管理されています。
「パラディウス」と「コルメラ」:古木を用いて、南アフリカの大自然を体感できるような圧倒的なスケール感が表現されています。

その他キュヴェ:古木を用いて、その100年以上にもわたるブドウ樹の歴史と、複雑な土壌の特 性を紐解くかのような、格式がありながらも滋味溢れる味わいをコンセプトに、上記2種とはまた別のアプローチで造られています。 生粋のサーファーなので海に入る時間も大事にしたいそうで、生産量がこれ以上増えることは今のところ無いとのことです。
(輸入元資料より)


7/9(火)アップ~<※6本限定!>蔵出しポルセレインベルグ’16

個性的なラベルの超入手難シラー!


 



Porseleinberg '16

ポルセレインベルグ’16

(南アフリカ・スワートランド・辛口赤)


税別¥11000

<あと6本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

デカンター・オンライン95点!!!
(2020~2029年、Top SouthAfrican red!

VINOUS 94点!!!(2021~2038年)

スペクテーター93点(2020~2029年)


【品種】シラー100%

【2016年】現地でも驚くほどの干ばつで、年間を通して例年の半分ほどの降雨量しかなく 「a hell of a challenge/地獄の挑戦」と言われたほど乾燥しており、非常に困難な年でした。しかしロウ氏の手による丹念な畑仕事や、新たに特注のフードルを2つ購入し対処したことにより、非常にドライな気候を逆手に取り、シラーに最適な凝縮感が生まれ、素晴らしいワインに仕上がり、評論家からも「絶対的に見事なワインを造り上げた」と高評価を得ています。

【畑面積】30ha 【土壌】片岩質
【収穫】手摘み
【全房使用率】100%
【発酵】コンクリートタンクにて、足踏みにより自然醗酵を促し、1日2回ポンピングオーバーを行う
【熟成】フードル:70%、卵型のコンクリートタンク:30%にて12ヶ月間
【瓶詰期】2017年3月

【アロマ】非常に豊かなアロマは2015年よりも鮮やかで、ブラックベリー、ビルベリー、ラズベリーなどのべり―系ニュアンスと、自生しているハーブ、砕いた黒コショウ、僅かに木炭などが感じられます。
【味わい】このワインの特徴でもある非常にきめ細かいタンニンと、ブラックベリーなどの果実味、片岩質土壌由来の美しいミネラル感が見事な骨格を形成しており、非常に複雑で長い余韻が得られます。

【生産者推奨飲み頃】2022年~2035年ごろ
アルコール度数:14.0% (初めて14.0%を突破しました)

’15 ファルスタッフ 94点!

’14 パーカー96点!!!

カリー・ロウ氏により2009年設立されました。 彼は『スワートランド・インディペンデント・プロデューサーズ』の主要メンバーであり、他のメンバーからは”レジェンド”と呼ばれており、名実ともにスワートランド地区において特別な存在です。 手掛けるワインはこのキュヴェ1種のみという見事な潔さで、ワイン名に冠された「ポルセレインベルグ」とはスーワトランドにある丘の名前で、このキュヴェはその丘にある畑で育てられたシラーのみを使用しています。 2010年が初ヴィンテージでしたが、リリース直後南アフリカ国内のみならず国際的に高い評価を受け、瞬く間にカルト的人気の、ファン垂涎の的のワインとなりました。
エンボス加工された凹凸のある純白のワインラベルは、ドイツのハイデルベルグ社製の年代物の活版印刷機を用い、当主のカーリー・ロウ氏自らが一枚一枚刻印し仕上げるというこだわり様です。
(輸入元資料より)


7/2(火)アップ~蔵出しサラッコ’18(750ml)

最高のモスカートのひとつ!厚みと複雑性、キレイな酸があります







※画像は、モスカート・ダウトゥンノ’07です。





サラッコの人気が全国的に高まってきたようで、昔のようにいつでも買えるワインではなくなってきてしまいました、、、









サラッコ、モスカート・ダスティ’18

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・750ml)


税別¥2100

<あと13本>絶対おすすめ!

輸入元が変わって値下がり!

VINOUS 94点!!!
(~Outstanding, concentrated, complex and very pure Moscato d'Asti.
2018~2026年!)


最新パーカー91点(ワイン・アドヴォケイト244号)

「2019.7月上旬に飲みました。透明に近いくらい非常に明るいイエロー。天然レモネード、砂糖漬けの柑橘類、レモングラスなどのハーブにうっすらソーヴィニヨンブラン的な香りが混ざり合って極甘でも爽やかに飲めて杯が進む。フレッシュ感を増す微発泡としっかりした酸でアルコールも低いので非常によいバランス。抜栓の次の日も非常においしい。しっかり冷やした方がおいしい。これにもし強いミネラルが加わったら満点レベルの文句のつけようのない甘口となることでしょう。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール5.5%

※’18も750ml コルク
でした。

’17 パーカー92点!!!

’17 Wine Enthusiast 92点!!!

「2017.1月上旬に’15を飲みました。少し温度が上がってもおいしいし、抜栓の3日後に微発砲が抜けてもおいしいが、一番おいしいのは抜栓当日の微発砲とフレッシュ感が残っている間と言えそう。レモネード、砂糖漬けの柑橘類、ハーブなどのよい香り。味わいもまさに天然の甘さのレモネード。アタックよりもアフターにかけて伸びる酸で多少ミネラルも感じられる気がする。べたつかない&もったりしない甘さで杯が進み過ぎるバランス。ワイン初心者~ワイン通までOK。ピュアで雑味ゼロ。皆さまご存じの通り上質な甘口ワインに特に大切な要素は酸なのですが、’15だから酸が低いということはまったくない」

’08 インターナショナルワインセラー90点

カスティリオーネ・ティネッラ村

石灰岩土壌

 

『 サラッコの当主パオロ・サラッコ(44歳)は、モスカート・ダスティの名手として熱狂的に愛され、格別な扱いを受けている造り手です。 代々モスカート・ダスティを作るサラッコ家の4代目で、1984年にアルバの醸造学校を卒業しました。父の代までは、そのモスカート・ダスティをタンクごとネゴシアンに売っていましたが、パオロの代になって元詰めを始めました。欧米での人気が高いため、ことさら新たなマーケットを必要としていなかったとのことでしたが、ようやく日本市場入荷となりました。 

~マット・クレイマーは、『イタリアワインがわかる』(未訳)の中で、次のように述べています。

 「私にとって、モスカート・ダスティ最上の生産者は、パオロ・サラッコである。私の知るかぎりでは、サラッコのモスカートは、テクスチュアの濃密度と空中に張り渡されたロープのような優雅さを漂わせるという点にかけては、誰よりもキオネッティ夫人の作にちかい。味わいはすなわち、濃醇で密度が高く、フレッシュで純粋。サラッコは、モスカート・ダスティのベンチマークとなる生産者である」 (輸入元資料より) 』



6/29(土)アップ~蔵出しAFグロ’13’10

貴重なバック・ヴィンテージ!







 



A.F.Gros, Richebourg '13

AF・グロ、リシュブール‘13

超特価・税別¥56000



輸入元定価・税別¥89,200

<あと6本>超限定品!

※このワインのみご注文の場合、すべての値引き対象外となります。

パーカー95点!(2019~2045年、
ニール・マーティン、2016年9月試飲)

VINOUS 95点!(2020~2045年、
ニール・マーティン、2019年5月試飲)

バーガウンド・コム 92~94点(2015年4月試飲)


アルコール%

ニール・マーティンさんのコメントあり得ないくらい大絶賛!
ブラインドで(畑所有していないけど?)フランソワ・ラマルシュが造ったリシュブールのイメージだったとか!

ヴォーヌ・ロマネの名門グロ家出身のアンヌ・フランソワーズ グロがポマールのパラン家のフランソワ パランと結婚し、それぞれの所有する畑をあわせて、1988年にドメーヌを設立しました。
栽培面積は0.60ha。生産量は2400から3000本。

力強さと繊細さを兼ね備えた、大変希少なキュヴェ。
スミレ、カシス、バニラ、スパイスが優雅に香り、ヴェルヴェットのようなふくよかな口当たり。すぐにお楽しみいただいても美味しいですが、10年20年とお待ちいただいても楽しみなワインです。
(輸入元さんコメント)




A.F.Gros, VOSNE ROMANEE AUX REAS '10

AF・グロ、ヴォーヌロマネ・オー・レア‘10

税別¥10000



輸入元定価・税別¥12,300

<あと7本>限定品!

バーガウンド・コム 88点(2012.4月試飲)

※’10は再入荷不可能!

リリースから7年経過して相当おいしくなっていると思われます!

A.F.グロらしいボリューム感があり、香り高く力強いワイン。リッチな味わいと硬質なタンニンはブルゴーニュファンが好きな味わいです。
(輸入元さんコメント)





非常にコンディションよく、輸入元仕入れ担当者のセンス抜群!驚愕の南アフリカ!!!

単に『 冷涼でエレガント、過熟ではないよいバランス 』止まりでは決してなく、
その先の上質感や余韻、スタイルが凄くて本当にわくわくが止まらない!

ブルゴーニュをメインで取り扱う当店が何故?南アフリカ?と思うでしょうが、
価格以上の品質という意味でも、本質的な意味でも圧倒的なので扱うほかに選択肢がありませんでした!

進化のスピードがかなり速く、その速度はブルゴーニュや日本をかるく超えています。

ここにすべては書きませんが、近年安定して品質が高い理由がいくつかあります。
ブルゴーニュや日本と違って、人気が出たとたんにブドウが手に入らなくなったり高騰したりしにくいシステムとか
ワイナート94号の柳忠之さんの記事もとても参考になると思います。

まずは、最先端南アフリカ体験の入りとして最適だと思われるサヴェージ・ワインズ、シーフ・イン・ザ・ナイト’17A.A.バーデンホースト、セカトゥール・シュナン・ブラン’18をお試しいただいて驚いてください!知らないと損をするレベル(笑)
店頭にはすでに他のワインもたくさんありますが今後、徐々にアップ致します。




9/1(日)アップ~蔵出しカレンダー・ピーク’17再入荷

価格と品質のバランスが、嘘みたいなソーヴィニヨンブラン!



 



Callender Peak, Winter Hoek Sauvignon Blanc '17 (Stellenbosch)

カレンダー・ピーク、ウィンター・フック・ソーヴィニヨン・ブラン’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥2000

<あと6本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

62本完売。

「2019.5月上旬に飲みました。試飲後価格を見てかなり驚いた1本。+¥1,200の品質。冷涼感のあるキレイな酸と程よいうまみのバランス。培養酵母の派手だけど単調な香りではなくコンディションもよく、流れ方とバランスが良い。ピュアでアルコール14%もあるように感じなかった。香りもさわやかだけど決して単調ではない柑橘類やミネラル(海のミネラルではなく、山のミネラルなんだそうです)など。嘘みたいなワイン!」

アルコール14%

海からの塩気のあるソーヴィニヨンブランとは一線を画した、岩盤からくる華やかなミネラルが醍醐味の美しく華やかな山のソー ヴィニヨン・ブランです。

【産地】タルバッハの東、果実の産地で有名なシーリーズ
【畑立地】標高1000m!
【土壌】ライム・ストーンとテーブルマウンテン・サンドストーン
【発酵】酵母添加のない自然発酵 アルコール度数:14.0%


『Calender Peak Mountain Vinyards』の名の通り、標高約1000mの地で生まれる美しい白ワインの生産者です。 2014年からは新進気鋭の若手ワインメーカー、ドノヴァン・ラール氏がパートナーとなり、醸造を手がけています。
畑はタルバッハの東、セレス・プラトゥ地域の“Koue Bokkeveld”地区(標高700~1000m)に位置します。 “Koue Bokkeveld”とはアフリカーンスで“Cold Goat Field=寒い羊の草原”の意味で、冬には雪が降るとても冷涼な地域で、主な土壌は主に頁岩と砂土です。 この地域はシーリーズと呼ばれ、南アフリカを代表する果物の栽培地として有名ですが、ワイン用のブドウの産地としては全く無名でした。政府が30余年前に実験的にフランスから輸入したシャルドネ株を植えたところ、類稀な火打石の香りを持つワインができ、ワイン産地として適していることに気が付いたのです。その後、この畑の所有者であるマクドナルド家はリンゴと洋ナシの生産農家でしたが、徐々にブドウ栽培に移行していくことになります。 時がたち2006年、『Ataraxia/アタラクシア』のケヴィン・グラント氏がこの畑から買い付けたブドウで醸造したシャルドが、当時のオークション最高額で競り落とされました。

畑の土壌は石灰岩の一種であるライム・ストーンと、テーブルマウンテンが形成された当初のままの砂質であるテーブルマウンテン・サンドストーンで、 独特のミネラル感と美しく華やかな酸味を生み出します。
気候と土壌、醸造家の織りなす、類稀なるソーヴィニヨン・ブランとシャルドネの個性を味わえる逸品です。
(輸入元資料より)


8/2(金)アップ~蔵出しサヴェージ・ワインズ’17シーフ・イン・ザ・ナイト最後の再入荷!

これを飲んで南アフリカにはまったと言っても過言ではない凄い赤!

6/16(日)アップ~蔵出しサヴェージ・ワインズ’17サヴェージ・ホワイト

他にない調和と複雑性で、やはりダンカンさん天才!!!







 



Savage Wines, Thief in the Night '17 (Cape Town)

サヴェージ・ワインズ、シーフ・イン・ザ・ナイト’17

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥4200

<あと10本>絶対おすすめ!

VINOUS 94点!!!
(ニール・マーティン、2020~2035年)

ジェイミー・グッド 96点!!!

スペクテーター92点(NOW~2022年)

ワイナート94号 92点

『 ちょっとピノノワールっぽいはじめて飲むタイプのシラーで感動した! 』
などなど

20本完売。~※再入荷不可能!

「2019.5月上旬に飲みました。魅惑的なトップノーズと相当複雑な味わいが大袈裟ではなく1万円レベルの品質。そうとうなセンスと才能がある造り手と見た!完全に1万円クラスの品質。複雑滑らかで艶のある果実、かなり味付きしっかりで、タンニンが丸く、全房による濃密な風味の中域~無駄な重さはなくなんとミネラル感まである長い余韻。最高のグルナッシュを使用していることと、サンソーのブレンド比率が高いことで重くない複雑性となったのでしょう。ジャミーだとか酸が低いとかエグみと苦みが強いだとかアルコールの浮きとは無縁。ビオロジックっぽい味。コンディションも抜群!ラヤスとかコマンドG、エンビナーテのアルバーラなんかがお好きな方にもぜひおすすめしたい!」

アルコール13%
ロウキャップ

’12~’15が、ワイン・アドヴォケイトで絶賛されるなど、
世界中の各メディア大絶賛の入手難ワイン

【品種】グルナッシュ48%、サンソー46%、シラー6%

【産地】ピケニルスクルーフ → 標高が高く南ア最高のグルナッシュが取れると言われている特に優れた畑!
【樹齢】グルナッシュ42年、サンソー24年、シラー18年
【仕立て】全てブッシュ・ヴァイン(株仕立て)  
【全房使用率】70% 

【発酵】500Lのフレンチ・オークにてMLFを行う  
【熟成】フードルにて9ヶ月

スミレやベリーなどの溌溂とした印象とスパイスが複雑に絡み合い、グルナッシュとサンソーのハーモニーが柔らかく繊細に広がり、時間がたつにつれて複雑さが増します。今ヴィンテージより新たにサヴェージのラインナップに加わった新キュヴェです。 (輸入元さんコメント)




Savage Wines, Savage White '17

サヴェージ・ワインズ、サヴェージ・ホワイト’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥4200

<あと7本>絶対おすすめ!

※すでに再入荷不可能!
次のヴィンテージまで、半年以上買えません。

VINOUS 93点!
(ニール・マーティン、2019~2032年)

スペクテーター93点(NOW~2026年)

ワイナート94号 90点


「2019.6月上旬に飲みました。シーフ・イン・ザ・ナイト’17を飲んだ時の衝撃からてっきり勝手に赤ワインの生産者に違いないと思っていましたが、元々は白ワインの生産者だったそうで、赤も白も最上の品質を実現してしまうごく一握りの超一流生産者ということになります!花崗岩土壌が主体のようですが、自分の中では今までにない調和と複雑性と心地よさで、クードレ・ボーカステル・ブラン’15とシャトー・ド・べリュのシャブリ・オランジュリ’15のいいとこどりみたいな?まぁとにかく有機栽培の涼しげなフルーツ感と豊富なうまみとミネラルの味わい。ダンカンさん天才的センス!無駄な重さは皆無だが、うまみエキス感など味付きは非常にしっかりで、これ以上ないくらい超キメ細かな苦み、抜群のコンディション×造り手の才能による稀有な質感。冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓の2日後までまったく落ちない」

’15 パーカー93点

’15 ワイン&スピリッツ誌 90点

【品種】ソーヴィニョン・ブラン:49%(エランズクルーフ産)、セミヨン:33%(スカーフバーグ産)、シュナン・ブラン:18%(マルガス産)

【産地】ウェスタン・ケープ州各地(ボットリヴァー、ピケニルスクルーフ、マルガス)

【収穫】手摘み  【発酵】樽使用  【MLF】50~60%
【熟成】古樽にて10ヶ月間

【アロマ】フローラルな香りの後から焼きリンゴ、オレンジの花、タンジェリン・ピールなどが複雑に絡み合います。 【パレット】核となる土壌由来のグラナイト的なミネラルとフルーティーさのバランスが心地よいワインです。
アルコール度数:14.0%



2008年プラッターズ・ワイン・ガイドによる年間最優秀ワイナリー賞を受賞!!!
元南アフリカ・ケープポイント・ヴィンヤーズの醸造長

ダンカン・サヴェージが満を持して立ち上げた自身のワイナリー

サヴェージのワインは海洋性気候や標高にこだわり、自身でケープ・ワインランドの隅から隅まで畑を求め歩き、その地域、畑に根差したワインを作り上げるべく探求心を惜しみません。ケープ・タウン街中の倉庫街に構えた、アーバン・ワイナリーです。 (輸入元資料より)


9/1(日)アップ~蔵出しA.A.バーデンホースト’18セカトゥール再入荷

6/7(金)アップ~蔵出しA.A.バーデンホースト’18’17


南アフリカにおけるビオロジックの先駆者が造る素晴らしい白!!






 




A.A. Bardenhorst, Secateurs Chenin Blanc '18

A.A.バーデンホースト、セカトゥール・シュナン・ブラン’18

(南アフリカ・辛口白)


税別¥2100

<あと7本>絶対おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 94点!!!

VINOUS 90点(Outstanding Value!、
ニール・マーティン、2018~2023年)


スペクテーター89点(NOW)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

57本完売。

「2019.5月下旬に飲みました。完全に+¥1000以上のフランス的な味!時代が変わった。みずみずしく、やや華やかで上品でクリーン。花、オレンジ、白桃、ミネラル、うっすらビスキュイとバターなどの香り。当店の一人がこれアルザス・リースリング?と言ったくらい涼しげで酸とミネラルの質がよい。ロワール白の代わりに使えてしまいそうなバランス感(いまや高級フレンチ・レストランでさえもフランスワイン離れが進んでいます)。フルーツ感はストレートでフレッシュで癖がなく、厚みも余韻もあり、全く飲み飽きない。冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓後1週間ほとんど落ちない!」

アルコール13%
スクリューキャップ

’16 デカンター・オンライン92点!

’12 ファルスタッフ 90点

【品種】シュナン・ブラン、パロミノ、シェリーのようなニュアンスを与えるシークレット品種

【産地】Paardeberg/パールドバーグ地区
【畑】高樹齢の自社畑「Kalmoesfontein/カーモスフォンテーン」と、より高樹齢の契約生産者の畑

【樹齢】50~60年  【灌漑】いずれの畑も灌漑なし
【仕立て】ブッシュヴァイン:低収量で凝縮した果実味

【収穫】全て手摘みで12日間に渡り注意深く行われ、一晩低温にて寝かせます。  【全房使用率】100% 【発酵】コンクリートタンク75%、古樽25%にて、収穫の度にジュースを加え調和させながら自然発酵20日間
【熟成】シュールリーにて、適宜バトナージュしながら7カ月間

【アロマ】ハチミツ、オレンジの花、白桃などとても豊かなアロマ
【味わい】前年よりもやや酸味は穏やかで、熟した果実味が口中いっぱいに広がります。




Keiji Sato / A.A. Bardenhorst, Cage Chenin Blanc '17 (Swartland)

佐藤圭史 / A.A.バーデンホースト、ケイジ・シュナン・ブラン’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥3000

<売り切れ>おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

限定品!~※すでに再入荷不可能!

「2019.5月上旬に飲みました。日本人だからということではなく、品質も個性もあるので買いました。みずみずしく、厚み勝負ではないが味付きはよいナチュラル&ピュアな味わいで、香りも味わいも明らかに亜硫酸少ない、少しの常温保管で酸が壊れそうな印象でした。低温管理が重要な銘柄ですので、ワイン屋で買ってから自宅までの間などもお気を付けください(クーラーバックや保冷剤など)」

アルコール14%
ロウキャップ

【品種】シュナン・ブラン100%

【瓶詰】瓶詰時には既に発酵・熟成ともに安定しており、程よい凝縮感があり芳醇で、フェノリックなニュアンスとのバランスが素晴らしかったため、チャレンジングではあったもののSO2の添加をせず、無濾過、無清澄で瓶詰を行いましたが、満足のいく仕上がりとなりました。

【ラベルデザイン】佐藤氏が「南アフリカに行く」と決めた時に当時4歳だった愛娘が白ワインをイメージして描き、プレゼントしてくれたもの。

栽培 【産地】スワートランド  【畑】「Lankloof Vinyard/ランクルーフ・ヴィンヤード」 (『A.A.バーデンホースト』 所有)
【樹齢】約40年  【仕立て】ブッシュヴァイン(株仕立て)

醸造 【全房使用率】100%  【発酵】古樽にて野生酵母による自然発酵
【熟成】古樽にて11カ月 【瓶詰】SO2無添加、無濾過、無清澄



南アフリカを牽引する生産者のひとりである
『A.A.Bardenhorst/A.A.バーデンホースト』 のアディ氏のもとで、
日本人として初めてワイン造りを行った生産者、佐藤圭史氏の造るスペシャル・キュヴェ!

彼は大学時代に学生生活を送っていたアメリカ合衆国のオレゴンでワインに出会い、ワイン造りの奥深さに魅了されました。20代後半の時に一念発起をし、飲食の世界に転身。
東京・渋谷に自身の「オレゴンワイン」に特化したワインバーを開店しました。
以来彼は、ワインにまつわる様々な翻訳やコンサルタント業などで活躍しながら、世界各地の銘醸地を巡り、ワイン造りの夢を大切に抱き続けていました。
そんなある日、南アフリカから来日中だった 『Craven WInes/クラヴァン・ワインズ』のワインを飲み、衝撃を受けたのです。
彼はすぐに南アフリカでのワイン造りの術を模索し、そこで後の師匠となるSwartland(スワートランド)の
『A.A.Badenhorst/A.A.バーデンホースト』 のAdi(アディ)と出会い、意気投合します。

以来彼は毎年南アフリカと日本を行き来しながら、
『A.A.Bardenhorst/A.A.バーデンホースト』 で収穫や醸造のサポートを務めながら、ワイナリーの卓越した栽培、醸造技術を肌で感じ、アディの
哲学を吸収していきました。そして遂に2017年、念願の自身の名を冠したキュヴェが生まれました。
キュヴェ名は、彼の留学時代の愛称「Cage」に、
彼のワイン造りの哲学である「ワインはその土地や人々、そして大地からの恵みを表現した一杯であるべき」という思いに沿い、南アフリカで
出会った人々やその大地への感謝を込め、C for ”Cape” A for ”Adi” 
G for ”Greeting” E for ”Earth” 「Cage」と名付けられました。
(輸入元資料より)



自称 「イケメン且つダイナミックさを持つ男」 と豪語するバーデンホースト家のいとこ同士、へインとアディが、スワートランドに本拠を置き、共同オーナーを務めるワイナリーです。彼らは 2008年に、1930年代まで使われてそのまま放置されていた醸造所を含む60haの農園を買 い取りましたが、そのうちの28haはブッシュヴァイン(自根)です。彼らの祖父は46年間農家を 務め、その息子たち(彼らの父)もその農家を継いだ生粋の農家一家で、祖父の口癖だった 「当時は信号機もほとんどなくて、ヒッピーがまだたくさんいた時代で、よく採れたての野菜とサンソーで乾杯したものだ」という思いを大切に、その時代を取り戻すかのように、彼らは自然と調和した生活を送っており、その一環の中でナチュラルなワイン造りを行っています。

1950~60年代に植えられたシュナンブラン、サンソー、グルナッシュをメインに、様々なブド ウ品種を灌漑無しで、ビオロジック栽培にて栽培しています。 全ての品種は南、北、西向きの斜面に植えられており、同じ品種でも日照時間などの違いを 吟味してブレンドするなど、天性のセンスを持ってしてバランスの取れたワイン造りしています。 土壌は基本的に花崗岩ですが、表層が粘土質であったり、風化していたり、かなり頁岩が含まれているなど、様々な地質がみられます。 醸造においても自然な造りにこだわっており、全てのワインを全房発酵させ、清澄無し、酸化防止剤も必要最低限の使用に抑えるなど、徹底して自然寄り添ったワイン造りをフィロソフィー としています。
(輸入元資料より)


 

6/22(土)アップ~蔵出しマーチャンズ・シャトーヌフ’16

6/5(水)アップ~蔵出しクードレ・ド・ボーカステル’15ブラン最後の再入荷と待望のクードレ・ド・ボーカステル’16ルージュ


シャトーヌフの品質レベルのコートデュローヌ!











 


2016.11月に札幌で
Francois Perrin氏にお会いすることが出来ました~!

もの静かな紳士だけどワインに関して語ると熱い方でした。
買いブドウのラ・ヴィエイユ・フェルム、自社畑のファミーユ・ぺランも高品質。
シャトー・ド・ボーカステルの出来には圧巻!凝縮して深く、決して濃いだけではないのでこれはアメリカ人でなくとも皆絶賛せざるを得ないというもの。
コート・デュ・ローヌ・ルージュ(クードレ・ド・ボーカステル)がすでに出来の良いシャトーヌフデュパプの香りと味わい!


ワイナート63号フランス偉大なる造り手南編10人に選ばれる!!!







La Famille Perrin, Merchant's Chateauneuf-du-Pape '16 (France, Rhone)

ファミーユ・ペラン、マーチャンズ・シャトーヌフデュパプ・ルージュ’16

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥5000

<あと6本>絶対おすすめ!

※この銘柄2本以上のご注文にて沖縄以外日本全国ドライ便1箱分無料!
(クール代は通常通り1箱税込¥500かかります。)

「2019.6月上旬に飲みました。ほとんど同じ畑でもクードレ’16とは結構違う香りと味わい。サンソーがブレンドされていないこともあるのか?よりタンニンと甘苦コクが強い黒蜜風味。この銘柄はたぶん寝かせてもピノノワールっぽくはならないと思うが非常においしい。如何にも酸が低過ぎない当たり年のシャトーヌフというかなり凝縮したブラックベリー、ガリグ、黒蜜、甘苦系スパイス、革、土などの香り。味わいもかなり凝縮しつつ粘性が感じられ、フレッシュ感と酸は残っており旨味を伴う甘苦コクが複雑なまとまりをみせる飲み頃NOW~。アフターの最後にグリップ感があり、非常にコクがあるが、タンニン自体は溶け込んでいる。そしてヴォリューム感はあるが、アルコールの浮きはない。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール14.5%

品種:基本的にグルナッシュ 60%、シラー20%、ムールヴェードル 20%
畑: 石灰岩主体のごつごつした土壌
醸造: 基本的にフードルでの伝統的な醸造、18 ヶ月熟成

The Wine Merchant’s Range / ワインマーチャンツレンジ

ワインは、テロワールの個性や生産者のスタイルを明確に表現するよう造られています。優れたワイン生産者とのゆるぎない信頼関係により、輸入元に在籍するマスター・オブ・ワイン(MW)率いるバイヤー陣がテイスティングを重ね、厳選した結果、価格以上の価値を実感していただけると自負しています。
コンセプトはそのままに、より現代的なスタイル、かつお手頃な価格で造られたのが「ワインマーチャンツレンジ」。





Chateau de Beaucastel, Coudoulet de Beaucastel Rouge '16

シャトー・ド・ボーカステル、クードレ・ド・ボーカステル・ルージュ’16

(南ローヌ・辛口赤)


特価・税別¥3500



輸入元定価・税別¥4,500

<あと5本>絶対おすすめ!

最新パーカー92+点!(2018~2030年、
Joe Czerwinski、ワイン・アドヴォケイト238号)

パーカー91~93点
(Joe Czerwinski、ワイン・アドヴォケイト233号)

Jeb Dunnuck 92点!

ジェームス・サックリング 94点!!!

デカンター・オンライン92点!(2018~2023年)

ジャンシス・ロビンソン17.5/20点!!!


MVF(旧クラスマン)2019年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

「2019.6月中旬に飲みました。縁が紫がかった予想より濃いルビー色。抜栓直後の香りはまだ少し固く閉じ気味だが、味わいは既に抜群に開いており、果実味豊かでブドウの旨味がかなり凝縮して分厚いエキスとコクのある長い余韻。タンニンは多いが丸く溶け込みつつあり、酸が低過ぎない。最初は甘苦系スパイス、ガリグ、珍しくフミーリアのモナストレル的な風味も。’15と違って今はまったくピノノワールっぽいエレガンスはない(税別¥6,000のシャトーヌフデュパプの味)がやさしさとなめらかさの片鱗はある。熟成のポテンシャルが高いのでまだ変化する。抜栓の次の日何故か?香りも味わいも閉じた、、、その後は抜栓の2日後非常においしく、抜栓の6日後までわずかに落ちる程度で非常に楽しめた。かなりのお買い得品!」

アルコール14.5%

’13’15よりお安く設定してみました~!!!

待望の大当たり年!

’16のブレンド比率
Grenache : 40%
Mourvedre : 30%
Syrah : 20%
Cinsault : 10%

手摘み
フードルで6ヶ月熟成




Chateau de Beaucastel, Coudoulet de Beaucastel Rouge '15

シャトー・ド・ボーカステル、クードレ・ド・ボーカステル・ルージュ’15

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥3800



輸入元定価・税別¥4,500

<あと5本>

ワイン&スピリッツ誌 93点!!!

パーカー92点!(2017~2025年、
~So complex, lush and rich, it can compete with many producers' Chateauneufs.
Jeb Dunnuck 、ワイン・アドヴォケイト233号)

スペクテーター91点(NOW~2020年)

Wine Enthusiast 91点(2025年くらいまで)

デカンター・オンライン90点(2017~2022年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

19本完売。

アルコール14%

’13から値上がりなし!

’15のブレンド比率
Grenache : 40%
Mourvedre : 30%
Syrah : 20%
Cinsault : 10%

手摘み
フードルで6ヶ月熟成




シャトー・ド・ボーカステル、クードレ・ド・ボーカステル・ルージュ’13

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥3800



輸入元定価・税別¥4,500

<売り切れ>絶対おすすめ!

最新パーカー88点(2015~2020年、
Jeb Dunnuck 、ワイン・アドヴォケイト221号)

パーカー87~89点(Jeb Dunnuck 、ワイン・アドヴォケイト179号)

スペクテーター・オンライン89点(NOW~2020年)

Wine Enthusiast 91点(NOW~2023年)

インターナショナルワインセラー90点(2018~2022年)

デカンター・オンライン89点(2016~2018年)


「2016.11月に試飲しました。AOC上はただのコートデュローヌとなりますが、品質はこの時点でとてもよく出来たシャトーヌフデュパプのレベル!果実味とコクがあり、思いのほか複雑な飲み頃NOW~。タンニンの質が良く、酸は丸いがエキス感とほのかな甘苦さがあり、アルコールの浮きもなく、バランスは整っている。上級品との価格差を考えるとこの銘柄のお買い得感は凄いものがある!やっぱり優れた畑&優れた生産者ですね」

アルコール13.5%

Chateau de Beaucastel, Coudoulet de Beaucastel Rouge '13

’13は、グルナッシュ40%、ムールヴェードル30%、シラー20%、サンソー10%

フードルで6ヶ月熟成

シャトー・ドゥ・ボーカステルの所有する土地の一部で、道路を挟んだ最も東の部分に30ヘクタールの畑が広がります。土壌はボーカステルと同じ、アルプスの洪積層に覆われた中新世(第三紀)の海洋性砂岩。

ブドウは手摘みされ、ワイナリーで選別されます。ブドウの果皮は、果実のまま80度まで加熱後、20度まで冷却されます。マセラシオンはコンクリート・タンクで12日間行われます。自然に流れ出たジュースは分離され、残りの果実は空気圧のプレス機に掛けられます。それぞれのぶどうは別々に発酵され、マロラクティック発酵の後にブレンドされます。6ヶ月間大きなオーク樽の中で熟成させ、卵白での清澄後、瓶詰めされます。
(輸入元資料より)

非常に深い赤色でカシスやマルベリーのアロマがありスパイスやタバコのヒントも。大変凝縮しておりドライでまろやか。タイムやリコリスを思わせる味わい。グルナッシュとサンソーがワインに色・強さ・ソフトさを与え、ムールヴェードルとシラーが熟成感と深いクラシックな印象を与えています。シチューやローストしたお肉と一緒に。
(輸入元さんコメント)





Chateau de Beaucastel, Coudoulet de Beaucastel Blanc '15

シャトー・ド・ボーカステル、クードレ・ド・ボーカステル・ブラン’15

(南ローヌ・辛口白)


特価・税別¥3900



輸入元定価・税別¥5,000

<あと16本>絶対おすすめ!

パーカー87点(2016~2018年、ワイン・アドヴォケイト227号)

スペクテーター91点(NOW~2021年)

Wine Enthusiast 89点


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
『 非常においしかった赤よりもさらに白の方がおいしくてびっくり!!! 』
などなど

20本完売。~※’15は再入荷不可能!

「2019.3月上旬に飲みました。本当に素晴らしい華やかな香りで味わいも平均以上。その上、個性がある飲み頃NOW~。やや濃いイエロー。まずはっきりと強い花とビスキュイのトップノーズで、それこそ上品な甘さの高級焼き菓子そのままの香り!他にも洋ナシ、オレンジ、グレープフルーツ、アーモンド、バタークリームなどの香りも含まれ華やか~。アタックはそれほど力強さと厚みを感じないが、みずみずしく、超キメ細かな苦みと塩味が感じられアフターの最後には少し焦がしバターの極めて心地よい戻り香あり!冷やし過ぎないほうがおいしく、飲み始めて20分くらいでオレンジの香りが前に出てくる。濃厚な味わいではないが、心地よさのレベルが凄い。アルコールの浮きもなく好印象。なんと抜栓の1週間後までまったく落ちない!」

アルコール13%

’15は、マルサンヌ30%、ヴィオニエ30%、ブールブーラン30%、クレレット10%

良いブドウだけを厳選しながら手摘みで収穫。空気圧を使ったプレスで圧搾し澱引き。

発酵は一部オーク樽で、残りはステンレスタンクで行います。8ヶ月間オーク樽とステンレスタンクで別々に熟成させた後、ブレンドして瓶詰。







Chateau de Beaucastel, Chateaudeuf-du-Pape Rouge '15

シャトー・ド・ボーカステル、シャトーヌフデュパプ・ルージュ’15

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥11600



輸入元定価・税別¥14,000

<あと12本>超限定品!

※1回だけ再入荷できましたので
20190223 全条件撤廃しました!

最新パーカー96点!(2018~2035年、
Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト233号)

パーカー93~95点(Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト227号)

スペクテーター97点!!!(Collectibles!、2020~2045年)
さらに2018年度TOP100第18位に選ばれる!!!

ジェームス・サックリング 97点!

デカンター・オンライン95点!(2025~2035年)

ファルスタッフ 94点

VINOUS 93~95点

ゴーミヨ誌17/20点

ジャンシス・ロビンソン18/20点!


MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17/20点

’15のブレンド比率
Grenache : 30%
Mourvedre : 30%
Syrah : 10%
Counoise : 10%
Cinsault : 5%
Vaccarese, Terret Noir, Muscardin, Clairette, Picpoul, Picardan, Bourboulenc, Roussanne : 15%

全13品種すべてが1960年代から50年以上ずっと有機栽培!!!





Chateau de Beaucastel, Chateaudeuf-du-Pape Rouge Oenotheque '08

シャトー・ド・ボーカステル、シャトーヌフデュパプ・ルージュ・エノテーク’08

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥15000

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

下記評価はただのシャトーヌフデュパプに対するものです。

Jeb Dunnuck 92点(2011年9月試飲)

最新パーカー90点(2010~2020年、
ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト191号、2010年10月試飲)

スペクテーター93点(NOW~2024年)

インターナショナルワインセラー91点(2011年3月試飲)

Jamie Goode 95点!(2014年9月試飲)

ジャンシス・ロビンソン16.5/20点(2009年11月試飲)

ゴーミヨ誌18.5/20点!

ワイナート63号 90点

MVF(旧クラスマン)2011年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点

’08のブレンド比率
Cinsault : 5%
Counoise : 10%
Grenache : 30%
Mourvedre : 30%
Syrah : 10%
Vaccarese, Terret Noir, Muscardin, Clairette, Picpoul, Picardan, Bourboulenc, Roussanne : 合わせて15%




Chateau de Beaucastel, Chateaudeuf-du-Pape Rouge Oenotheque '98

シャトー・ド・ボーカステル、シャトーヌフデュパプ・ルージュ・エノテーク’98

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥23000



輸入元定価・税別¥30,000

<あと12本>超限定品!

※再入荷不可能!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

下記評価はただのシャトーヌフデュパプに対するものです。

ワイナート63号 95点!

Jeb Dunnuck 93点(2015年8月試飲)

パーカー92点(ロバート・パーカー、
ワイン・アドヴォケイト189号、2010年6月試飲)

スペクテーター95点!
(NOW~2027年、2007年1月試飲)

インターナショナルワインセラー93点(2001年1月試飲)

Wine Enthusiast 96点!!!(2001年12月試飲
、偉大な年で20年は熟成する)

ジャンシス・ロビンソン18/20点(2012年10月試飲)


Jamie Goode 94点!(2013年8月試飲)

’98のブレンド比率
Cinsault : 5%
Counoise : 10%
Grenache : 30%
Mourvedre : 30%
Syrah : 10%
Vaccarese, Terret Noir, Muscardin, Clairette, Picpoul, Picardan, Bourboulenc, Roussanne : 15%

リリースから18年経過のドメーヌ・エイジングもの!!!
ラヤスだけではなく、優れたバランスのよいシャトーヌフは、長く寝かせるとブルゴーニュのようになることが多い!



<エノテーク>は、ドメーヌの理想的な地下セラーで熟成させてからレイト・リリースされる特別な銘柄!

ず~っと昔から有機栽培、かなりの古樹主体

シャトー・ドゥ・ボーカステルは70ヘクタールの 畑を所有しています。アルプスの洪積層に覆われた中新世(第三紀)の海洋性砂岩の土壌。ブドウは手摘みされ、熟練した職人の手によって選別されます。ブドウの果皮は、果実のまま80℃まで加熱後、20℃まで冷却されます(フラッシュ・ヒーティングシステム)これにより殺菌。マセラシオンは古典的な手法で、シラーとムールヴェードルは蓋のない木製の大樽で、他の品種はコンクリート・タンクで行われます。マロラクティック発酵の後、ブレンド作業を行います。その後、ワインは1年間大きなオーク樽の中で熟成され、卵白での清澄後、瓶詰めされます。更に最低1年間セラーで瓶熟されリリースされます。 非常に深みのあるビロードの様な赤色です。幅の広い複雑なアロマで、赤いベリー系の果物、なめし皮、トリュフやジャコウの香りを含みます。コショウ、甘草等の香辛料のシャープな雰囲気も感じられます。

シャトーヌフ・デュ・パプのAOCで認可された13ブドウ品種全てを使用。
ムールヴェードル30%、グルナッシュ30%、シラー10%、クノワーズ10%、サンソー5%。他(ヴァケラス、テレ・ノワール、ミュスカルダン、クレレット、ピクプール、ピカルダン、ブールブーラン、ルーサンヌ)

ペラン・ファミリーは南ローヌの主要アペラシオンに300ヘクタール以上の畑を所有し、個々の品種が最も適したテロワールを見極め、古くからオーガニック栽培を実践しています。その歴史は1909年にシャトー・ド・ボーカステルを購入したことから始まり、3代目のジャック・ペランが全ての基礎を築きました。4代目のジャン・ピエール・ペランはコストパフォーマンスの高いネゴシアン・ブランド、ラ・ヴィエイユ・フェルムを発売し、1989年にはカリフォルニアのボーカステルとも言えるタブラス・クリークをリリースしました。時代とともに革新を続けながらも、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統を受け継いでいます。 (輸入元資料より)


6/26(日)アップ~蔵出しルフレーヴ’17新アイテム4銘柄!

4/28(日)アップ~蔵出しルフレーヴ’17マコン・ヴェルゼ


※ルフレーヴ全ヴィンテージは全ての値引き対象外となります。

















2015年収穫直前のブドウ畑画像




’17の新銘柄は
2004年にマコン・ヴェルゼの畑を購入した後、
2013年にさらに買い足した畑のブドウからなので
すべて自社畑のドメーヌもの!
いまではマコネ地区に20haもの自社畑を所有しているのです!!!

’15以降すべてDIAMコルク




Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse la Chaneau '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・ラ・シェノー’17

税別¥6700

<あと10本>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー91+点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


デカンター・オンライン93点!
(2019~2024年、ティム・アトキンMV)

バーガウンド・コム 91点


場所はソリュトレの岩の麓。東向き。急な斜面。
粘土石灰質土壌、鉄の割合が多く、はっきりした黄土色。
植樹は1980年と1995年。




Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse en Vigneraie '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・アン・ヴィニュレ’17

税別¥6700

<あと11本>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー92点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


バーガウンド・コム 92点!

場所はソリュトレの岩の下の方。完全に南向き。穏やかな斜面。早咲きのテロワール。
粘土石灰質に深層部の土壌が混じっている。
植樹は1996年。





Domaines Leflaive, MACON-VERZE "le monte" '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ・ル・モン’17

税別¥4500

<あと12本>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー90+点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


デカンター・オンライン92点!
(2019~2023年、ティム・アトキンMV)

バーガウンド・コム 89点


粘土石灰質と、バランスの取れた比率でこのリュー・ディーの特徴的なシレックスが混ざっている。

1964-1965年(の間に植えられた樹)
0.94ヘクタール

ヴェルゼの谷に張出したエスコールの小集落の上に位置する。リュー・ディー”le monte”は南西向きの緩やかな斜面の区画。

ビオディナミを実践

ポンプ式のプレス機でゆっくりと行う。タンクに移し24時間かけて固形物を沈殿させ、その後発酵槽に移す。
3分の2が樽(新樽ではない)、3分の1がイノックスタンク。
10か月発酵槽でエルヴァ―ジュ(シュール・リー)、その後澱引きしイノックスタンクへ。6か月タンク熟成(シュール・リー)の後、瓶詰め。
ホメオパシー式のコラージュと、必要であれば軽く濾過する。




Domaines Leflaive, MACON-VERZE "les chenes" '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ・レ・シェーヌ’17

税別¥4500

<あと12本>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー90点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


デカンター・オンライン93点!!!
(2019~2024年、ティム・アトキンMV)

バーガウンド・コム 89点


粘土石灰質。母岩までは届かない深層部の土壌。緩やかな斜面から急な斜面まである。

45アールが1935年、2.98ヘクタールが2002年

ヴェルゼの谷間の中腹にあり、リュー・ディー"les chenes"は南西向きの2つの区画のアッサンブラージュ。

ビオディナミを実践

ポンプ式のプレス機でゆっくりと行う。タンクに移し24時間かけて固形物を沈殿させ、その後発酵槽に移す。
85%セメントタンク、15%樽(3分の1が新樽)。1935年の古木は全て樽熟成。
10か月発酵槽でエルヴァ―ジュ(シュール・リー)、その後澱引きしイノックスタンクへ。6か月タンク熟成(シュール・リー)の後、瓶詰め。
ホメオパシー式のコラージュと、必要であれば軽く濾過する。




ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’17

税別¥4000

<あと1本>

最新パーカー88点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


バーガウンド・コム 88点




ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’15

税別¥4000

<売り切れ>

36本完売。~※’15も再入荷不可能となりました!




’14は、アンヌ・クロード・ルフレーヴの手掛けた最後のヴィンテージ!
’14からほぼ全銘柄DIAMコルク採用のようです
(’14からケースで買うと入っているドメーヌによる飲み頃予想の紙が、今年の出来についての紙
<ピュリニー北部やムルソーで一部雹被害などあったが、最終的にはミネラルが強く、緊張感のある、それぞれの畑の個性が明確に表現された良い年というような説明>
に変わっていました)

’14もリアルワインガイド56号にて絶賛される!




ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’14

税別¥4000

<売り切れ>

スペクテーター92点!(NOW~2020年)

パーカー90点(ニール・マーティン、
2017~2024年、ワイン・アドヴォケイト231号)


バーガウンド・コム 88点

インターナショナルワインセラー89点(2016~2019年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

173本完売!!!ありがとうございました
※ついに’14が再入荷不可能となりました~!


9/1(日)アップ~特価ラ・プティット・マルキーズ’16

8/28(水)アップ~蔵出しレオヴィル・バルトン’16

6/16(日)アップ~蔵出しシャトー・ムートン’16、マレスコ・サンテグジュペリ’16

5/22(水)アップ~蔵出しスミス・オー・ラフィット’16

2/22(金)アップ~<※3本限定!>ル・プティ・シュヴァル・ブラン’16

滅多にラベルすら見かけないシュヴァル・ブランが造っている辛口白!

2/20(水)アップ~フィエフ・ド・ラグランジュ’16とパプ・クレマン’16

2/6(水)アップ~特価パヴィヨン・ブラン’16

1/18(金)~今がお安いボルドー・プリムール’16

蔵出し正規品シャトー・ラグランジュ’16

過去最高の出来かもしれないと言われております!!!
















※’16から微妙にラベルデザイン変更あり。






※画像は’06です。













LA PETITE MARQUISE DU CLOS DU MARQUIS '16

ラ プティット マルキーズ デュ クロ デュ マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥4300

↑34%OFF!

輸入元定価・税別¥6,500

<あと12本>

ジェームス・サックリング 92~93点!!!

Wine Enthusiast 90点(2022~)

最新パーカー89点
(Lisa Perrotti-Brown、2018年11月試飲)

パーカー88~90点(2020~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号、2017年4月試飲)

VINOUS 91点!(アントニオ・ガローニ)

デカンター・オンライン89点(2020~2034年)

ファルスタッフ 93点!!!


カベルネ ソーヴィニヨン 61%、メルロ 38%、カベルネ フラン 1%

メドック格付け第2級シャトー レオヴィル ラス カーズが所有している専用の区画のブドウから造られるクロ デュ マルキのセカンドラベル。ファーストヴィンテージは2015年。主に若木のブドウで、クロ デュ マルキよりメルロのブレンド比率が多いのが特徴です。バラ、プラム、チェリーのジャムのようなアロマ、ハーブやタバコのニュアンスがあり、果実味が広がり程よい酸が感じられるワインです。
(輸入元資料より)




レオヴィル・バルトン’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥15000

<あと8本>限定品!

ファインズ輸入の蔵出し正規品!
※同じ価格であと1回だけ再入荷予定ですが、輸入元が変わります。
なんと’05よりお安く買えてしまいます!

最新パーカー95+点!(Lisa Perrotti-Brown)

ジェームス・サックリング 95~96点!

最新VINOUS 95点!(ニール・マーティン)

VINOUS 96点!(アントニオ・ガローニ)

スぺクテーター97点!!!
(Highly Recommended!、2025~2040年)

ファルスタッフ 96点!

Wine Enthusiast 96点!(Cellar Selection!)

ル・フィガロ19/20点!

Le Point 17.5~18/20点

Terre de Vins 17/20点


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18~18.5/20点
Palmares! Les Vins du Medoc de L'Anee!に選ばれる!

’16は、CS86%, M14%

新樽比率約60%

レオヴィル・バルトン最新情報
畑の平均樹齢は40年ですが、なかには1953年に植えられた古い樹もあります。合植(消滅したり、ダメージを受けた樹の植え替え方法)を行っていき、栽培密度はヘクタール当たり9100本を維持しています。畑を取り巻く環境も大事な要素です。
< 2012年以来、畑の12%程がオーガニック農法で管理されており、年々、その割合は増えていっています。 >

ブドウは120人程のチームによって収穫され、完全に除梗し、何回かの選別の後、温度管理された発酵槽へ送られます。一日に2回ポンピングオーバーを行いながら、数日間、発酵を続けます。マセラシオンと発酵の後、オーク樽にて18ヵ月熟成されます。樽は基本、60%が新樽で、樽は複数の会社から購入します。発酵の間に、目減り分の補充を行い、3ヵ月毎に澱引きを行い、卵白で清澄を行います。一樽に付き、3~6個の卵白を使用します。

重要の作業のひとつ、ブレンドは例年、1月の末に行われます。テクニカル・ディレクターとコンサルタントのエリック・ボワスノ氏が各区画のワインを注意深く試飲していき、決定します。瓶詰めは6月です。






Chateau Mouton-Rothschild '16 (Pauillac)

ムートン・ロートシルト’16

(ポーイヤック・辛口赤)


超特価・税別¥80000

<売り切れ>

※再入荷すると最低でも¥17,280以上大幅に値上がり致します。
二度とこの価格では売れないでしょう。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

ファルスタッフ 99点!!!

ジェームス・サックリング 100点!!!

最新パーカー100点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー98~100点!!!(ニール・マーティン、
2026~2065年、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン99点!!!
(Pauillac'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新Wine Enthusiast 98点!(2026~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 99点!!!(バレル)

最新VINOUS 100点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 95~98+点!!!

最新スペクテーター98点!
(2025~2045年、Collectibles!)

MVF(旧クラスマン)2019年度版20/20グラス!!!(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19~19.5/20点(Top10 des Producteursに選ばれる!)

’16
カベルネ・ソーヴィニヨン 83%
メルロ 15%
カベルネ・フラン 1%
プティ・ヴェルド 1%

2016年は、その濃密さと肉づきの良さから、21世紀生まれの偉大なるヴィンテージと肩を並べる仕上がりです。
(シャトー・ムートン・ロートシルト公式コメント)

’16ラベルはウィリアム・ケントリッジ (William Kentridge)
絵画・彫刻作品はもちろん、映像制作や舞台演出といった分野でもその名を知られる南アフリカのヨハネスブルグ生まれ。
ムートンのラベル・コレクション初となるアフリカ大陸出身アーティスト。





CHATEAU MALESCOT ST-EXUPERY '16

マレスコ・サンテグジュペリ’16

(マルゴー・辛口赤)


特価・税別¥9000

<あと3本>

※再入荷すると¥1,080以上値上がり致します。

ジェームス・サックリング 98~99点!!!

最新パーカー95点!(2021~2045年、Lisa Perrotti-Brown)

パーカー94~96点!!!(ニール・マーティン、
2022~2050年、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新スペクテーター93点(2022~2036年)

スペクテーター92~95点(バレル)

ファルスタッフ 95点!

最新VINOUS 95点!!!(2019年1月試飲)

Wine Enthusiast 93点(バレル)


MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点





Chateau Smith Haut Lafitte Rouge '16

スミス・オー・ラフィット’16

(ペサックレオニャン・辛口赤)


特価・税別¥15800

<あと3本>

最新デカンター・オンライン98点!!!
(2026~2042年、2018年12月バレルではなくボトルからの試飲)

最新パーカー98点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー96~98点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新スペクテーター97点(2023~2038年、
James Molesworth's Recommended 2016 Bordeaux)

スペクテーター95~98点!!!(バレル)

ジェームス・サックリング 97~98点!!!

Wine Enthusiast 97点!!!(バレル)

最新VINOUS 98点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 94~97点!!!

ファルスタッフ 96点!

ジャンシス・ロビンソン18/20点

Winedoctor 98点!!!

Yves Beck 100点!!!


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18~18.5/20点
さらにLes Vins des Graves de l'anneeに選ばれる!!!

※再入荷すると¥1,296値上がり致します。

’16のデータ
CS65%、M30%、CF4%、PV1%

平均樹齢38年

低収量35hl/ha

新樽60%にて18ヶ月熟成




Calon Segur '16

カロン・セギュール’16

(サンテステーフ・辛口赤)


超特価・税別¥14000

<売り切れ>

※すべての値引き対象外となります。
再入荷すると¥3,780値上がり致します。

最新パーカー96点(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー95~97点!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン96点!
(St-Estephe'16最高のワインの一つに選ばれる!)

スペクテーター94~97点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 96点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!(バレル)

最新VINOUS 97点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 94~97点!!!
(St-Estephe'16 Best!!!)

ファルスタッフ 96点!


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点!




LE PETIT CHEVAL BLANC '16

ル・プティ・シュヴァル・ブラン’16

(ボルドー・辛口白)


税別¥17000

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー94+点!(2019~2030年、Lisa Perrotti-Brown)

スペクテーター・オンライン93点(NOW~2024年)

VINOUS 91点(ニール・マーティン、2020~2030年)


アルコール%

’15はHPに載せることが出来ず完売でしたが、
当たり年’16は、奇跡的に3本手に入りました~!!!

滅多に見かけることすらできない。シャトー・シュヴァル・ブランの辛口白ワイン。2014年がファーストヴィンテージ
ソーヴィニヨンブラン100%

厳選した新樽1500~3000リットルにて熟成

除草剤不使用





パプ・クレマン’16

(ペサックレオニャン・辛口赤)


超特価・税別¥13000

<あと1本>

※再入荷すると¥2,160程度値上がり致します。

最新デカンター・オンライン95点!
(2025~2042年、2018年12月バレルではなくボトルからの試飲)

最新パーカー96点!!!(2022~2042年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー95~97点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新Wine Enthusiast 95点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!(バレルサンプル)

最新スペクテーター96点!(2023~2037年)

スペクテーター94~97点!(バレル)

ファルスタッフ 94点

最新VINOUS 96点!!!(2019年1月試飲)






PAVILLON BLANC DU CHATEAU MARGAUX '16

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー’16

(ボルドー・辛口白・750ml)


特価・税別¥32000

<あと5本>限定品!

※再入荷すると大幅に値上がり致します!
久しぶりにこの銘柄の価格を見た方は信じられないかもしれませんが、これでかなりお安い方です。

最新デカンター・オンライン95点!
Part of Top 20 Bordeaux dry whites に選ばれる!

デカンター・オンライン97点!!!(2020~2038年)

最新パーカー94点(2021~2038年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター95点(NOW~2028年)

最新VINOUS 95点!(2021~2036年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

最新Wine Enthusiast 94点!(2021~)

Wine Enthusiast 95点(バレルサンプル)

ファルスタッフ 93点


’16は、ボルドー白としては超低収量23hl/ha!

グラン クリュ第1級のシャトー マルゴーで造られる白ワインです。若さと力強さを感じさせる余韻豊かな辛口の味わいに仕上げ、多くのファンを魅了しています。

「赤ワインの女王」と讃えられるボルドーの名門シャトー マルゴーの白ワイン。19世紀にはヴァン ブラン ド ソーヴィニョンの名で販売されており、1920年から現在のパヴィヨン ブランに改名されました。
11haに植えられたソーヴィニョン ブラン100%で造られるワインです。
いきいきとして適度なミネラルを思わせる味わい。バランスのよいワインです。
(輸入元資料より)




Chateau Lafon Rochet '16

ラフォンロシェ’16

(サンテステーフ・辛口赤)


税別¥6500

<あと12本>

ジェームス・サックリン 93~94点!

パーカー91~93点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン94点!
(St-Estephe'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター93点(2023~2033年)

スペクテーター90~93点(バレル)

最新Wine Enthusiast 94点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!!!(バレル)

最新VINOUS 93点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 95点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!!!

ファルスタッフ 92点


MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点
さらにPalmares Top Producteursに選ばれる!!!

過去最高の出来と言われる待望の’16です!!!

今までラフォン・ロシェによいイメージがない方ほどぜひ飲んでみるべき!!!

2009年から現在に至るまでの現醸造長のルカ氏は、
なんとDRCで働いていた時期があるそうです!

粘土質の多い北東向き斜面

最新で清潔な醸造設備・セラーを完備

グラン クリュ第4級。1960年に現オーナー(シャトー ポンテ・カネと同じ)テスロン・ファミリーが買収、一時やや低迷後、再び優れた品質で上昇中です。
ポイヤックとサン・テステフ村の境界にあり
「CH.ラフィット・ロートシルト」と「CH.コスデストゥルネル」に隣接しているブドウ園。カベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が高く、タンニンと力強さが魅力。 (輸入元資料より)

2007年からBasile Tesseron(バジル・テスロン)氏が関わり始め

2010年ごろからビオディナミを少しずつ導入開始

2013年には基本的にすべての畑で有機栽培・一部ビオディナミ

なんせ早くからビオディナミを導入したポンテカネのテスロン・ファミリーですから!




CHATEAU SOCIANDO MALLET '16

ソシアンド・マレ’16

(オー・メドック・辛口赤)


税別¥5200

<あと2本>

ファルスタッフ 95点!!!

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点

最新VINOUS 91+点(2019年1月試飲)

VINOUS 88~91点


シャトー・ラトゥールから続く砂利質土壌

サン・スーラン村

リュット・レゾネを実践

現所有者のジャン ゴートローがシャトーを購入した1969年、僅か数haの畑と荒廃した建物からの船出でしたが、現在では58haの畑を所有するに至り、格付けシャトーに匹敵する評価を得ています。
栽培比率はCS55%、ME40%、CFとPV5%を栽培し、少し高めの温度で発酵と醸しを行い、新樽比率80-100%で12-15ヶ月間の熟成を施します。
非常に色濃く、豊富なタンニンと高い凝縮感が特徴的です。
(輸入元資料より)




CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '16

クロ・デュ・マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥7200



当店通常価格・税別¥9600

<あと11本>

最新パーカー94点!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー93~95点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点
(~Very good quality!)

最新スペクテーター94点(2023~2038年)

スペクテーター93~96点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 93点!(2023~、Editors'Choice!)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 94点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 94点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!

ジェームス・サックリン 94~95点!

ジャンシス・ロビンソン16.5~17.5/20点!


MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点

’16のデータ
CS73%、M24%、CF3%




CHATEAU BRANE-CANTENAC '16

ブラーヌ・カントナック’16

(マルゴー・辛口赤)


税別¥10000

<あと1本>

パーカー96~98点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン95点!
(Margaux'16最高のワインの一つに選ばれる!)

Wine Enthusiast 95点!(バレル)

最新VINOUS 96点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 90~93点

スペクテーター90~93点(バレル)

ファルスタッフ 94点


ここも今ではビオロジック!

味わいにまとまりがあり、早くから楽しめつつ熟成のポテンシャルも期待できる、いつ飲んでも裏切らない味わい
リュシアン・リュルトン(あのリュルトン家です!)によって進められた栽培、醸造両面の品質改革により格付け2級の名を裏切らない品質を取り戻しました

75ha、作付けはCS55%、ME40%、CF4.5%、MA0.5%。ブラヌ カントナックに使われるブドウの平均樹齢は35年。熟成は60-70%新樽で18ヶ月間行われます。
マルゴーらしい、繊細さやフィネスを感じる一本です。
(輸入元資料より)




2016.11月上旬
シャトー・ラグランジュ現副会長である椎名 敬一氏とお食事する機会をいただきました。相手がビック過ぎてめっちゃ緊張しましたが、気さくにお話ししてくれて助かった次第であります(汗)
よいブドウを使用、樽がきつくない、タンニンの質が良い、無駄な重さがなく、ちゃんと長く熟成する
今では’80年代中盤頃よりもより良いコルクを採用している
超高価な光センサー選果マシーン導入も
白ワインのレ・ザルム・ド・ラグランジュに
レ・フルール・デュ・ラックというセカンドが出来たことも勉強不足で知らなかった、、、

評論家による最新ヴィンテージのバレル試飲~瓶詰直後の試飲では
ラグランジュ特有のボルドーとしては多少高めの酸味(これが上品さを生み出す要素のひとつなのですが、、、)が不利に働き低めの評価が付きやすいものの、数年寝かせると特に近年ではどんな年もちゃんとおいしく変化する


リュット・レゾネ(減農薬)を実践
(2005年からテラ・ヴィティス認証取得済み)

手摘み

2004年からサードワイン導入によりさらに厳しい選別を行う

2007年から最新型瓶詰機の導入

2008年から小型タンクへの切り替え(2011年に完了)

2009年より光センサーによる更なる選果の徹底
↑この機械はものすごく高価なので、ごく一部のワイナリーしか導入できません!
5大シャトーやシャトーヌフのChateau Mont Redon(シャトー・モン・ルドン)など

SO2排出量を減らす試み、SO2排出量を公表するなどの環境への配慮にも取り組む


’01はやや力強い個性で熟成も比較的ゆっくり、
’02は現在飲み頃ピーク付近!
’07はウルトラ・シルキータンニンのなめらかな個性、
’09はいつ開けてもおいしく、特にセカンドのフィエフが大成功した年!!!

いつも比較的流通量は安定しているラグランジュですが、
’17’18の生産量が壊滅的だった影響
一時的に全ヴィンテージが入手難となっております!



LES FIEFS DE LAGRANGE '16

フィエフ・ド・ラグランジュ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


超特価・税別¥3500

↑35%OFF!

輸入元定価・税別¥5,400

<あと13本>

最新VINOUS 90点(2018~2024年、2019年1月試飲)

パーカー90~92点(2020~2040年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン90点(2027~2050年)


Wine Enthusiast 90点

ファルスタッフ 93点!!!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

35本完売。



Chateau Lagrange '16 (Saint-Julien)

ラグランジュ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


超特価・税別¥6800



当店通常価格・税別¥8000

<あと1本>

ファインズ輸入の蔵出し正規品!
23本完売。~※再入荷すると通常価格に戻ります!

最新パーカー95点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー94~96点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン95点!!!
(St-Julien'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター94点(2024~2038年)

スペクテーター92~95点(バレル)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 90~93点

ジェームス・サックリン 95~96点!!!
(出来のよかった’15よりさらに上質!)

ファルスタッフ 93点


最新ワイン王国109号 メドック格付けシャトー36本ブラインド・テイスティングにて大絶賛される!

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点

シャトー・ラグランジュ現副会長である椎名 敬一氏曰く、
個人的には’16は過去最高の出来!!!

’16は、カベルネ ソーヴィニヨン70%、メルロ24%、プティ ヴェルド6%
収穫期間:10/3-10/24(過去最も遅い収穫)




ラグランジュ’15

(サンジュリアン・辛口赤)


税別¥6300

<あと8本>

Wine Enthusiast 95点!!!(2025~)

最新パーカー93点!(2019~2040年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年2月試飲)

パーカー90~92点(2020~2040年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト224号)

スペクテーター91点(2019~2028年)

最新VINOUS 91点(2020~2035年、2018年2月試飲)

インターナショナルワインセラー89点

ファルスタッフ 92~94点

ゴーミヨ誌16.5/20点


デカンター・オンライン93点!(2025~2040年)

ジェームス・サックリン 94点!(2020~)


MVF(旧クラスマン)2018年度版16.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点

’15は、CS約75%、M約15%、PV約8%のブレンド

シャトー公式飲み頃予想2022~2040年




フィエフ・ド・ラグランジュ’15

(サンジュリアン・辛口赤)


税別¥3700

<あと1本>絶対おすすめ!

ファインズ輸入の蔵出し正規品!

最新パーカー89点(2020~2028年、ニール・マーティン)

パーカー87~89点(2018~2026年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト224号)

VINOUS 89~91点


デカンター・オンライン89点

「2017.12月中旬に飲みました。縁が紫がかった中程度のガーネット。トップノーズは珍しくうっすらグルナッシュ的な完熟ベリー、スミレ、シナモンを含む甘苦系スパイス、すでに溶け込みつつある樽などの甘い香り。よく凝縮して青さがなく、味わいはグルナッシュ的ではなく、香りの印象よりもキレイな酸が残り例年通りの上品な複雑性で、明らかに他の多くのシャトーよりも酸味が上質。さすがに抜栓直後だけは少し固いがもうおいしく飲めてしまう。抜栓の次の日には全体的に少し向上してかなりおいしい。抜栓の2日後もおいしいが、昨日がベストだった。 ※ちなみに価格が+¥1000くらいのアミラル・ド・ベイシュヴェル’15と飲み比べましたが、フィエフ’15の方が開いていたし好みでした」

アルコール13%

’15は、CS55%、M41%、PV4%


リュット・レゾネ(減農薬)を実践(2005年からテラ・ヴィティス認証取得済み)

手摘み~かなり厳しく選果

2004年からサードワイン導入によりさらに厳しい選別を行う

2007年から最新型瓶詰機の導入

2008年から小型タンクへの切り替え(2011年に完了)

2009年より光センサーによる更なる選果の徹底
↑この機械はものすごく高価なので、ごく一部のワイナリーしか導入できません!
5大シャトーやシャトーヌフのChateau Mont Redon(シャトー・モン・ルドン)など

SO2排出量を減らす試み、SO2排出量を公表するなどの環境への配慮にも取り組む

 

 

~近年のラグランジュ品質向上&高評価の理由~

『 サントリーが入手した際の最大の幸運は、土壌の優秀さでした。先代のセンドーヤ家が、土地の切り売りを、周辺の、最も力の劣った部分から少しずつ進めていったため、結果として、かつてのラグランジュの最も優秀な部分、いわば精随ともいえる場所だけが残されていたのです。当時でさえ、多くの専門家が「土壌がもつ潜在能力という点では、メドックのトップ10シャトーに匹敵する」と評価していたのは、そのためです。そして、その潜在能力を可能な限り引き出すことが、当面のサントリーの最大目標となりました。

~現在のラグランジュでは、畑を小さな区画に分け、数多くの発酵タンクで別々に醸造する方法をとっています。これによりアッサンブラージュ作業が自由にかつ厳密に行えるようになりました。つまり、基準に満たないワインをはねることが容易になったばかりでなく、年ごとの個性を最大限に生かしつつ、絶妙のバランスを達成できるようになったのです。

~新生ラグランジュは、その設備面に関する限り、1985年に完成、それによる飛躍的なまでの品質向上は、世界のワイン関係者の注目をあびました。しかし、葡萄園が完璧な状態に達するのは、まだまだ先のことです。セカンドラベルは別として、シャトーものの品質基準に見合う葡萄は、通常、樹齢が20年をこえた葡萄樹からしかとれないのです。つまり、サントリーの手で新たに植えた優秀な苗木が、ラグランジュの主力となり、ワインの品質が新しいステージにステップ・アップするのは、早くても2005年頃。(輸入元資料より) 』


≪著作権について≫
当ホームページに掲載している著作物(文章・画像)にかかる著作権は、㈱ワインの店いとう もしくは、情報提供していただいた提供元に帰属します。
当ホームページで掲載している情報・文章・画像などのデータについては、権利者の許可なく複製・転用することを固く禁止します。

Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp